移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

愛知揆一参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)    3回    6677文字
  3期(1953/04/24〜)   17回   33958文字




参議院本会議発言一覧

第9回国会 参議院 本会議 第1号(1950/11/21、2期)

運輸委員長及び建設委員長の選挙は、成規の手続を省略して、議長において指名せられんことの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第29号(1951/03/24、2期)

彈劾裁判所裁判員の選挙は、成規の手続を省略いたしまして、議長において指名せられんことの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第25号(1952/03/27、2期)

私は自由党を代表いたしまして、只今上程せられました昭和二十七年度予算名案に対し賛成の意を表するものであります。以下その理由を申述べたいと思うので分ります。終戦後七年になんなんといたしまする占領下の状態を脱しまして、国民待望の平和條約はいよいよ旬日のうちにその効力を発生せんといたしておるのであります。………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第4号(1954/01/27、3期)

今日の我が国経済を概観いたしまするに、経済規模ば拡大し、国民生活も著しく向上して参つたのでありまするが、当面最も重要な問題は、輸出の伸び悩み、輸入の膨張、その結果としての国際収支の逆調であります。而して、このまま推移いたしました場合には、我が国の手持外貨は次第に減少し、経済の自立を達成し得ないばかり………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第5号(1954/01/28、3期)

貿易に関しますお尋ねにつきましては、只今外務大臣、大蔵大臣からお答えいたしました通りで、附け加えることは何もございません。ただこの機会に、いわゆる中共貿易について御質疑がありました点に触れまして数字的に申上げますならば、昨年の夏、国会で日中貿易促進の御決議がなされまして以来、政府としても一段とその趣………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第6号(1954/01/29、3期)

物価の引下げの見通しのお尋ねでございまするが、昨日も申上げましたごとく、私どもの考え方は、基本的に、財政の緊縮、金融の引締めということで基本的な線を打出したいと考えておるのであります。それはなぜかと申しますると、要するに、有効需要が過剰である限りにおいては物価の引下げということは的確に行えないという………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第7号(1954/01/30、3期)

お答えいたします。御承知のごとく、例えば五年前に比べまするならば、日本の産業活動は二倍半乃至三倍になつておりまするし、又国民の消費生活から申しましても、都市農村を通じて見れば、戦前の一〇〇に対して一〇五というところまで回復しておるのであります。これは先日も指摘いたしましたごとく、かくのごとく生産も消………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第12号(1954/02/25、3期)

お答えいたします。繊維産業が、重要産業でありまして、而も輸出に占める比重が極めて多大であるということにつきましては御指摘の通りと考えます。ところで今回の法案におきましては、生産品の数量からいえば七彩程度の、いわゆる一部の高級品のみを対象といたしておるものでありまして、これによりまして繊維産業全体に負………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第15号(1954/03/05、3期)

お答えいたします。佐久間の水利権につきましては、昭和二十八年一月の七日に水利の使用許可申請書を静岡、愛知、長野三県の知事に提出いたしたのでありますが、未だに正式の許可は、ございません。併しながら水利権の許可前の準備工事の着工等につきましては、関係の地元知事及び主務当局の十分なる了解の下に、これを施工………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第16号(1954/03/10、3期)

日本の石油の需給状況は、御承知のように楽観を許さない状況でございますので、イランの石油の輸入につきまして、私どもといたしましても重大な関心を持つておりますることは今更申上げるまでもございません。昭和二十八年度におきましては、約十二万キロ・リツターの揮発油と軽油を輸入いたしたのでございす。ところで只今………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第18号(1954/03/15、3期)

一般会計で三割、特別会計で二割の人員を整理をして、これを生産の方面に転換させるつもりはないか。特にこれを国土総合開発計画のほうに関連させて考えることはできないかというような御趣旨が私に対する御質疑と思いますが、かくのごとく積極的な明るい御提案に対しましては、非常に敬意を表するのでございますが、先ほど………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第21号(1954/03/19、3期)

貿易の統制の問題についてのお尋ねにつきましては、只今外務大臣からお答えがありました通りでございまして、今回の協定附属書Dの規定は、貿易の制限につきましての国連協力の現状を成文化したに過ぎないのでありまして、従つて日本側としては何ら新らしい義務を負うものではないと解しておるのでございます。私はむしろ他………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第22号(1954/03/24、3期)

お答え申上げます。昨年の六月の三十日、米国の第八十三議会で成立いたしました法律第八十八号によりまして、只今御指摘の可燃性の織物の製造販売又は米国内への輸入を含む一切の取引を禁止することに相成つておるわけでございますが、我我の調査いたしましたところで申しますると、この禁止に該当いたしますものを具体的に………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第35号(1954/04/16、3期)

お答えいたします。硫安の生産原価につきましては、通産省におきまして、生産の数量、現在量、価格等、或いは一応現状を前提といたしまして、各種の資料を参考として平均的原価を推算することは可能でもございまするし、これを事務上の参考資料として持ち合せております。従いまして、この分につきましては、懇談会、委員会………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第37号(1954/04/22、3期)

政府は、先ほど御指摘の通り、旧軍港都市を平和産業港湾都市に転換する目的のために制定されました旧軍港市転換法に基きまして、各種施設の平和的な活用を図つておるわけでございます。呉市におきましては、御承知の通り日亜製鋼、尼崎製鉄、淀川製鋼、それからアメリカ系の造船会社NBC、東洋パルプほか数会社をして所定………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第56号(1954/06/01、3期)

只今御採択に相成りました中小企業対策に関する御決議につきましては、政府といたしましては、御趣旨の存するところを体しまして、更に一段の努力をいたす覚悟でございます。具体的に簡単に申述べまするが、先ず中小産業政策といたしましては、御指摘のございました加工貿易の推進によつて、原料高に悩む中小企業の苦難を打………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第2号(1954/12/01、3期)

原子力の問題についてお答えいたします。原子力の研究、利用に関しましては、政府といたしましては、一貫してこれが平和的利用ということを主義といたしておるわけでございます。これがために先般内閣に設置いたしました原子力利用準備調査会におきましても、その内規において明瞭に平和的利用に関するということを規定いた………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第3号(1954/12/02、3期)

石炭の対策につきましては、政府におきましても非常に頭を悩ましている問題でございますが、これを要約いたしますと、二つに分けまして、緊急の対策と恒久の対策を樹立いたしているわけであります。緊急対策といたしましては、おおむね四つに分けて実施をいたしておりまするが、一つは過剰貯炭の処理の問題、これに関連いた………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第5号(1954/12/06、3期)

只今農林大臣から、非常に詳細に砂糖の問題につきましての我々の考え方を御説明いたしたわけでございます。私も全く同様に考えておるのであります。只今もお話がありました通り、本年度の砂糖の輸入についての外貨の割当をいたしておりまするものは八十万トンでございますから、この点だけを取上げて御覧になれば、需要供給………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 参議院 本会議 第7号(1955/01/24、3期)

私は自由党を代表いたしまして、政府の施政方針のうち、主として経済政策の問題につきまして質疑をいたしたいと思います。顧みまするに、私は昨年の一月第十九国会におきまして、当時の政府としての経済政策の大綱を述べたのでありまするが、当時私は国際収支の均衡を回復すること、正常な均斉のある経済を確立するというこ………会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第6号(1958/06/18、4期)

全逓労組の問題につきましては、総理大臣からお答えを申し上げた通りであります。公労法の第十七条によりまして、今回の職場離脱というものは禁止されておる違法な行為でございます。従って、その行為が郵便法第七十九条その他の刑事罰に触れる限りは、処罰を免れないものでございます。従って、法に照らしまして捜査を進め………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第10号(1959/01/29、4期)

コムソモール式の青年同盟のお尋ねでございましたが、現在共産主義を信奉しておると認められる青年学生団体といたしましては、三つあるようでございます。一つは、日本民主青年同盟、略称して民青同と申します。それから全日本学生自治会総連合、いわゆる全学連でございます。最後に日本社会主義学生同盟、いわゆる社学同で………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第12号(1959/02/13、4期)

ただいまお尋ねの件につきましては、先ほど御指摘がございましたように、一月三十日の各新聞等に報道せられ、その結果、大阪法務局においては、直ちにその調査に当ったわけでございますが、特に、二月四日に本省に指図を求めて参りましたので、私どもの方から、ただいまお話がございましたような、いわゆるスパイの強要とか………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第20号(1959/03/27、4期)

大体のところはただいま青木大臣からお答えいたした通りでございますが、いわゆる右翼の問題についていろいろ御心配でございますが、最近のいわゆる右翼の動向につきましては、法務省といたしましても十分に注意をいたしておるのでございます。たとえば、ただいまの状況におきましては、直ちに破防法によって規制することを………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第4号(1958/12/19、4期)

人権擁護につきましてお答えいたしたいと思いますが、御承知のように人権擁護につきましては、戦後新しい制度のもとに機構その他を整備して参ったわけでございますが、なかなか現状におきまして、まだ十分な人員その他を備えるに至っておりません。しかしながら、かかる悪条件のもので、しかも人権擁護ということは、人情の………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第4号(1965/01/28、6期)

総理大臣から詳細にお答えがございましたので、私から特にお答えすることもないようでございますが、一応順を追いまして補足的に御答弁申し上げます。第一は、教育制度と文部省のあり方、これは臨時行政調査会でも非常に真剣に熱心な御討議があったように伺っております。そうして、その最終の正式な答申におきましては、文………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第5号(1965/01/29、6期)

まず、大学の志願者の急増の問題でございますが、これは昨日も御説明いたしましたが、四十一年度がピークになります。その四十一年度を含めまして、大体ただいまの計画では六万七千人程度を、大学と短大の定員を増加いたしたい。そのうち四十年度におきましては、一万八千九百人余りの定員増加になるわけで、これは国立、公………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第8号(1965/02/26、6期)

まず第一に、現在まで国立学校が地方財政法あるいは地方財政再建促進特別措置法等に違反するような、違法な寄付金は受けていないと考えますけれども、実質的に地方公共団体その他住民の負担に強制的になるようなことは避けなければならない。この点は御趣旨のとおりと思います。次に、国立学校の土地建物の寄付等は、たとえ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第17号(1965/04/28、6期)

総理が全部の御質問に対してほとんどお答えをしたように思われますので、私からは簡単にお答えいたしたいと思います。期待される人間像の問題でありますが七これは小林議員が十分御承知のとおり、中教審の部会が中間の草案として発表されたものでありまして、これから各方面の意見を求めたいという段階でございますから、政………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第2号(1969/01/27、8期)

わが国外交の基本方針と当面の重要外交施策について所信を申し述べたいと存じます。日本国憲法は平和国家の理想を高く掲げております。私は、真にその名に値する平和国家とは、みずからの自由と安全と繁栄を保ちながら、進んで、戦争のない世界の創造を目ざし、「平和への戦い」のために積極的な貢献を行なう国家であると考………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第4号(1969/01/31、8期)

総理がすべてにお答えを申し上げたようでございますから、私からはほんの一、二補足して申し上げたいと思います。覚え書き貿易でございますが、これは日中貿易の私どもは本筋である、本筋のルートである、かような考え方を持っておりますから、この拡大等につきましては、側面的な立場でございますが、政府としては十分協力………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第10号(1969/03/17、8期)

私に対するお尋ねはほとんど総理大臣からお答えがございましたので、一、二だけ補足いたしておきます。一つは、アメリカのABM網の配備の問題でございますが、これは、ただいまもお答えがございましたように、配備されない場合に比べまして、アメリカのいわゆる第二撃能力というものは一そう有効になったと考えるのが普通………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第17号(1969/04/11、8期)

わが国の中小企業が、輸出の面に占めている実態的のシェアが非常に大きいという点につきましては、御指摘のとおりと存じます。そこで、現在アメリカについてどういう問題があるかということを、この機会に申し上げますと、御承知のように、綿製品につきましては、輸出の自主規制というものが日米間の取りきめで行なわれてお………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第20号(1969/04/23、8期)

まず領海の幅員の問題でございますが、この問題は、一方におきましては沿岸国の主権の主張というものがあり、また一方におきましては、海洋自由の原則という大原則があるわけでございます。その間に調整を求めなければなりませんので、御承知のように、十七世紀以来古い慣行があり、また古い国際条約もございます。同時に、………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第27号(1969/06/13、8期)

私は、五月三十一日から一週間にわたり米国を訪問してまいりました。今回の訪米は、わが国の外務大臣としてニクソン大統領就任以来初めての訪米でありました。その意味におきまして、私はニクソン政権のアジア太平洋地域に対する基本的な考え方を明らかにすることにつとめました。ワシントン滞在中、私はまずニクソン大統領………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第34号(1969/07/22、8期)

総理大臣の御答弁を補足いたしまして、二点についてお答えいたします。その一つは、今回の沖繩におけるガスの問題でございます。アメリカ側の説明によりますと、今回の事件の原因となりました物質は、化学兵器として使用されるものであるけれども、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の伝えるような致死性のVX神経ガス兵………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第2号(1970/02/14、8期)

わが外交の基本方針と当面の重要施策について所信を申し述べます。一九七〇年代の初めの年にあたり、私は、国民の皆さまとともに、わが国が希望に満ちた新たな外交への門出を迎えたことを喜びたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第3号(1970/02/18、8期)

まず核防条約につきましてでございますが、すでに外交演説で御説明いたしました経緯は省略いたしますが、この条約には、たとえば原子力平和利用につきまして一番大切な査察についての協定については守るべき義務は規定してございますけれども、肝心の守るべき基準を含む協定というものは、この条約が効力を発生いたしまして………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第4号(1970/02/19、8期)

総理の御答弁に私から特につけ加えることはございませんが、中国問題につきましては、従来からの民間レベルの接触と申しますか、交流はそれなりに相当の成果を私はあげておると思うのでありまして、ことに貿易の面におきましては、他国に例のないような実績をあげておりますので、なお一そうこの促進につとめたいと思います………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第5号(1970/03/04、8期)

私にも御質問があったかっこうになっておりますが、ただいま総理大臣から詳しくお述べになりました。私といたしましても、対米外交上筋の立つやり方ですみやかに円満な妥結をはかりたい。筋の立つことというのは、ただいまも御指摘がございましたが、包括的の規制というようなことでは筋の立つこととは申せません。このこと………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第8号(1970/03/31、8期)

本件の日航機が韓国の金浦空港に十五時十七分到着した入報とともに、外務省といたしましては、時を移さず、直ちに現地の韓国大使館及び在ソウルわがほう大使館を通じ、韓国政府に対し、乗客、乗員の安全を確保するための万全の措置をとるよう要請するとともに、乗客、乗員がすみやかに、できれば本日中にも日本へ帰国できる………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第10号(1970/04/08、8期)

本件の処理にあたりましては、終始一貫、人命の保護、人道的な取り扱いということに徹してまいりました次第でございます。お尋ねの第一点でございますが、三月三十一日夜の段階ではどういう考え方であったかということでございますが、三十一日夜の段階では、日航機「よど」号の安全航行について、いまだ北朝鮮側からの保証………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第11号(1970/04/10、8期)

お答えいたします。私は、かねがね日本の外交方針の一つのスローガンとして、平和への戦いということばを使っております。一言にして言えば、国際緊張の緩和ということが外交政策の基本でなければならない。体制の異なる国とも友好親善関係をできるだけつくり上げていきたい。南北問題を解決したい。軍縮努力を中心にする国………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第15号(1970/05/08、8期)

お尋ねの第一点は、いわゆるベトナム問題について政府がいままでとってきた措置はどういうことであるか。この点につきましては、政府といたしまして、アメリカ、南越、北越等の紛争の直接の当事国に対しまして、種々の角度から平和的解決の必要を訴えてまいりましたことはもちろんでございますが、ジュネーブ会議の共同議長………会議録へ(外部リンク)

第64回国会 参議院 本会議 第3号(1970/11/27、8期)

この九月の国連総会のときには、私は、国連自体のあり方、運営、機構、憲章、こういうものの改善につきまして、問題を限定して政府の見解を表明いたしましたものでありますから、他の問題に言及することをいたしませんでした。ほかに他意はございませんので、中国問題を軽視しているというようなことでは全然ございませんの………会議録へ(外部リンク)

第64回国会 参議院 本会議 第4号(1970/11/28、8期)

私への御質問は、主として日米繊維交渉の問題でございますが、私といたしましては、ただいま総理からお答えがありましたとおり、また、昨日私自身からも申し上げましたような考え方のもとに、通産省とぴったり呼吸を合わせまして、日本のいろいろの意味から申しましての国益を守り、かつ、日米間の円満な妥結がはかり得るよ………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 参議院 本会議 第2号(1971/01/22、8期)

わが外交の基調と当面の重要課題について所信を申し述べます。まず、国際情勢の最近の推移を概観いたしますると、世界は徐々にではありますが、平和と安定を指向して動きつつある徴候がうかがわれます。いわゆる世界政治の多極化現象のもとで、国際関係において重要な比重を占める国々は、一方では相互に競争を続けながらも………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 参議院 本会議 第3号(1971/01/26、8期)

沖繩の問題でございますが、ただいま、アメリカとの間の折衝につきましては、先ほども御質疑にございましたが、対米請求の問題、米国資産の処理の問題、それから米国系外資系の企業の処理の問題というようなことが、ただいま話し合われております重要問題でございます。そのほかに、返還になりますれば、一切の条約、これに………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 参議院 本会議 第6号(1971/02/24、8期)

政府といたしましては、かねがね在外公館のわがほうの外交官に対しまして、中華人民共和国政府の外交官と、しかるべき機会をとらえて、社交はじめ一般的な接触を行なってよいという訓令を発しておることは御承知のとおりと思います。日中相互の外交官の自然な形での接触というものは、パリだけではなくて、他の場所におきま………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 参議院 本会議 第13号(1971/05/19、8期)

まず第一に、領海、専管水域、大陸だな等の問題でございますが、ただいま総理からお示しのありました基本方針に基づきまして、大体領海六海里、専管水域六海里、合わせて十二海里という説を政府としてとることが適当ではなかろうかと考えまして、その線に沿いまして国際的な合意ができるように、あらためて大いに努力をいた………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第2号(1973/01/27、9期)

ここに、昭和四十八年度予算の御審議をお願いするにあたりまして、その大綱を御説明申し上げますとともに、今後における財政金融政策の基本的な考え方について、私の所信を申し述べたいと存じます。わが国経済は、いま三つの課題に直面いたしております。一つは、国民福祉の向上であり、一つは、物価の安定であり、一つは、………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第3号(1973/01/30、9期)

総理の答弁を多少補足してお答え申し上げたいと思います。第一が、予算とインフレの関係の御質問でございますが、国民総生産が百兆をこすような非常な大きな成長でございますから、それとの関連において、内需を中心に、また福祉国家建設という国民的な輿望にこたえたいということから申しまして、国民総生産に対する一三%………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第4号(1973/01/31、9期)

一点だけ補足して御答弁申し上げます。社会福祉と公共事業との関係で予算の配分がおかしいではないかという趣旨の御質疑でございましたが、昨年は災害が非常に多かった関係もございまして、公共事業費の中には災害復旧の関係がほとんど一〇〇%認められております関係で、全体の比率が三〇%をこしておる、その点に御留意を………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第5号(1973/02/15、9期)

去る一月二十二日のイタリアにおける二重市場制の導入及び同二十三日のスイスの変動相場制移行に端を発した今回の国際通貨危機は、その後、二月に入りましてから、西ドイツへの大量のドル流入となり、重大な局面に発展いたしました。このような状況から、米国は、みずから国際通貨危機の収拾をはかるため、わが国をはじめ欧………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第7号(1973/03/02、9期)

ただいま企画庁長官から御答弁がありましたとおりでありますが、具体的な点を二、三申し上げてみますと、金融政策の上で、大手の商社十社に対しまして、このほど、貸し出しの増加を、昨年の十月から十二月の三カ月に比較いたしまして、一月から三月までの期間は二分の一に融資量を圧縮することにいたしました。それから大手………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第8号(1973/03/07、9期)

資金運用部資金並びに簡易生命保険及び郵便年金の積立金の長期運用に対する特別措置に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。資金運用部資金並びに簡易生命保険及び郵便年金の積立金の長期運用は、従来から財政投融資計画の中心をなすものとして、わが国の社会資本の整備、民間経済活動の誘導等に大きな………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第12号(1973/04/13、9期)

昭和四十六年度の一般会計歳入歳出決算、特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書及び政府関係機関決算書につきまして、その大要を御説明申し上げます。昭和四十六年度予算は、昭和四十六年三月二十九日に成立いたしました。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第13号(1973/04/20、9期)

私に対するお尋ねは、物価高の一大原因である過剰流動性が生じたのは、過去における金融や為替政策等に手抜かりがあったためではないか、こういう御批判でございます。四十六年以降、四十七年半ばに至りますまで金融緩和政策がとられてまいりましたが、それは当時、終戦後初めて経験いたしました通貨調整の行なわれたのが、………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第14号(1973/04/25、9期)

田中議員からは、予算委員会その他で、しばしば御質疑をいただき、また私も率直なお答えをしてまいりました。本日、あらためてお尋ねでございますが、まず、社会保障という問題について、財政当局あるいは大蔵大臣はどう考えるのかと、基本理念のお尋ねでございましたが、やはり年金を中心としての考え方としては、社会保険………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第15号(1973/05/09、9期)

私に対する御質問は三つの点でございます。厚生大臣からの御答弁と重複するところがあると思いますけれども、御容赦をいただきたいと思います。まず第一点は、僻地における医師及び医業従業員の定着をはかって、対策の充実をはかるべきである、まことにごもっともな御意見であると存じます。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第21号(1973/06/18、9期)

私に対する御質問は、運輸大臣からお答え申し上げたところで尽きておると思いますが、補足して申し上げたいと思います。公共負担の問題でございますが、いわゆる運賃の割引、貨物の割引等は、ただいま運輸大臣から申されたとおり、沿革的に考えれば、国鉄が独占的な輸送機関であった、そういう時期に社会政策的な要請に基づ………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第24号(1973/06/29、9期)

私学の経営につきましては、私学自身が責任を持つということがたてまえであると存じます。したがって、その主要な財源が学生納付金に求められるということはやむを得ないことであると存じますが、しかし、私学の学生納付金が今日相当な高額になりつつあるのが現状でございますし、したがって、また、私学の経営が困難な状況………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第25号(1973/07/04、9期)

第一に、農業基盤整備事業でございますが、これは土地改良法に基づきまして、原則として受益農家の申請と同意を得て進められているものでございますので、事業費については、受益者負担が基本であるというのがたてまえと存じます。したがって、全額を国庫負担というわけにはまいらないと思いますけれども、生産性の高い農業………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11