移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計*
 5期参議院議員活動統計*
 6期参議院議員活動統計*
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

中田吉雄参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)   12回   65211文字
  3期(1953/04/24〜)    9回   49105文字
  4期(1956/07/08〜)    3回   21848文字
  5期(1959/06/02〜)    3回   18018文字
  6期(1962/07/01〜)    1回    4567文字




参議院本会議発言一覧

第8回国会 参議院 本会議 第12号(1950/07/31、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、本法案に対しまして反対の意見を開陳せんとするものであります。今回提案せられました法案の審議に当りまして、シヤウプ博士が日本の税制改革に対しまして適切なる勧告書を作成されるために拂われましたところの異常な努力と献身に対しましては、改めて満腔の敬意を表するものであります………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第5号(1951/01/27、2期)

ダレス特使を迎えまして、全国民注視のうちに開かれました第十国会は、まさに歴史的な国会だと思います。このときに当りまして、私は日本社会党を代表いたしまして、昨日の吉田総理の施政演説に関しまして、特に再軍備の問題と安全保障の問題を中心にいたしまして若干質問を試みたいと存じます。先ず第一に、再軍備に対しま………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第35号(1951/03/31、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、只今議題になりました地方財政平衡交付金法の一部を改正する政府原案に対しまして反対し、修正案に賛成する意見を開陳せんとするものであります。今回の改正は六つの主要点からなつておるのでありますが、改正の第一たる基準財政収入の標準税率を百分の七十から百分の八十に引上げること………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第2号(1950/12/16、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、只今議題に供されましたる案に対しまして、政府案を批判いたしつつ修正案に賛成の趣旨を弁明いたしたいと存じます。先ず第一に、政府は、第九国会に提案されたものと全く同一な法案をそのまま第十国会に提案されていますところの基本的な態度に対しまして、鋭く猛省を促さんとするもので………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第16号(1951/11/12、2期)

私は日本社会党を代表し、(「どちらだ」「左派か」と呼ぶ者あり)日本社会党の正統派を代表いたしまして(笑声、拍手)只今上程されたる議題に対しまして、賛成の討論をいたさんとするものであります。先ずこの際私は、戰後の破壞と混乱のうちに地方公共団体の首長と議員諸君が非常なる困難と鬪いながら、或いは供出の完了………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第11号(1952/02/06、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、(「どつちだ」と呼ぶ者あり)防衛隊創設等に関する諸問題につきまして、吉田総理並びに関係各大臣に御質問いたしたいと存じます。先ず第一に、自衛力漸増に関しまして憲法を改正する意思があるかどうかということをお伺いいたしたいと存じます。日本国憲法はこの国会において制定された………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第40号(1952/05/16、2期)

私は只今議題になりました警察予備隊令の一部を改正する筆の法律案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして反対の意見を申述べたいと思います。反対の理由といたしましては二点ありますが、会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第60号(1952/07/02、2期)

私は日本社会党を代表し、緑風会修正案に対しまして質問せんとするものでございます。我が党は、破防法に対しまする全国的な規模における反対に鑑みまして、(「誰が扇動しておるんだ」と呼ぶ者あり)是々非々の伝統を誇られますところの緑風会とされては、政府原案の撤回を求められるか、或いは広汎且つ徹底した修正案を用………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第62号(1952/07/04、2期)

只今議題になりました案件につきまして、私のとりました立場の正当性を強く訴えたいと思うものであります。先ずこの問題を正しく理解いたしますためには、参議院規則におきまして、懲罰動議は他の一切の動議に優先するという規定がなぜ入れられたかということを理解することが最も大切であるわけであります。(「そうだ」と………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第3号(1951/12/15、2期)

私は(「しつかりやれ」と呼ぶ者あり)日本社会党を代表いたしまして、(「社会党は二つあるよ」と呼ぶ者あり)二つの(笑声)中国政権と(「右ですか左ですか」と呼ぶ者あり、笑声)我が国の外交政策に関しまして(「つまらんことを言うな」と呼ぶ者あり)吉田内閣に質問をいたしたいと存じます。今回の対日講和は、我が国………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第23号(1953/02/06、2期)

私はこれより、只今議題になりました地方財政の措置に関する決議案の趣旨を弁明いたしたいと思います。内容につきましては只今朗読があつた通りでございますので省略いたします。先ず第一に、本問題は、政治的に極めて重大であり、且つその政治道徳と並びにその責任に関しまする多くの問題を含んでおるわけであります。それ………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第28号(1953/02/27、2期)

私は日本社会党を代表し、警察法に対しまして吉田総理並びに関係者大臣に質問せんとするものである。先ず第一に占領政策是正の基準は何であるかということをお伺いいたしたいのであります。吉田総理はその施政演説におきまして、占領政策の行過ぎの是正を内閣の重要なる施策とされまして今議題となりました警察法もその一環………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第15号(1953/06/29、3期)

私は日本社会党を代表いたしましてMSAの援助に関しまして若干の質問をいたしたいと存じます。先ず第一に、講和発効後の日本外交の基調につきまして吉田総理の御所見をお伺いいたしたい。吉田内閣は、去る六月二十六日、日米交換公文を発表いたしましてMSA援助の受諾の意思のあることを表明いたしまして、いま一つの新………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第30号(1953/07/31、3期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、只今議題となりました昭和二十八年度一般会計、特別会計及び政府関係機関予算の政府案、並びに自由、改進及び鳩山自由三党の共同修正案に反対するものであります。我がこの予算案に反対いたしまする第一の理由は、三年有余に亘ります朝鮮動乱の平和的解決をきつかけといたしまして、世………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第36号(1953/08/07、3期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、只今議題となりました日米友好通商航海条約に反対の意思を表明するものであります。先ず第一に指摘いたさなくてはなりません点は、本条約が、衆議院解散下の吉田内閣の手によつて調印せられた点であります。言うまでもなく本条約は、外交、通商、経済、文化等の広汎な関係を律しまする………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第48号(1954/05/19、3期)

私は、日本社会党を代表し、吉田総理の外遊に対し、その所信を質さんとするものであります。かねて噂されていました吉田総理の外遊も、いよいよ去る五月十三日、パン・アメリカン機に座席を予約され、又出先大使に対し、相手国政府に、吉田総理が訪問する予定である旨の正式通告をする訓令を発せられたとのことであります。………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第5号(1954/12/06、3期)

只今議題となりました町村合併促進法の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。本法案は、党派を超越しての本院地方行政委員の発議によるものでありまして、町村合併の実情に鑑み、町村合併促進上必要と認められる数点について改正を行い今後の町村合併が更に円………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 参議院 本会議 第7号(1955/01/24、3期)

ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整理等に関する法律案について、委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。本法案は衆議院提出にかかるものでございまして、その提案理由は、公職選挙法の一部を改正する法律の施行に伴い関係法律を整理するとともに、選挙区の………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第7号(1955/03/31、3期)

ただいま議題となりました町村合併促進法の一部を改正する法律案について、その提案の理由及び内容の概略を御説明申し上げます。一昨年の第十六国会におきまして、各党一致の共同提案により制定をみました町村合併促進法は、同年十月一日より施行せられましたが、幸い国、都道府県及び市町村をあげての協力一致の体制により………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第25号(1955/06/20、3期)

私は、ただいま提案されております地方財政再建促進特別措置法案、地方自治法の一部を改正する法律案外一件について、日本社会党を代表して総理大臣、自治庁長官並びに関係者大臣に対して、その重要な点をたださんとするものであります。自治庁が最近発表いたしました数字によると、地方財政の赤字は、昭和二十九年度末で五………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 参議院 本会議 第5号(1955/12/09、3期)

私は日本社会党を代表しまして、ただいま議題となっています二つの案件に対しまして質問をいたさんとするものであります。自治庁の発表によりますると、昭和二十九年度末の地方団体の赤字は、実に六百四十八億円の巨額に達していますが、このような膨大なる赤字が地方団体に累積いたしましたことは、戦前戦後を通じて初めて………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第5号(1957/02/06、4期)

私は、日本社会党を代表し、石橋内閣の施政演説に対し、主として安全保障、地方財政を中心といたしまして質問いたします。まず、第一に、原水爆時代におけるわが国の安全保障についてであります。今回の施政方針演説を拝聴いたしますると、国際政局に決定的な影響を与えつつある原水爆についての十分な認識がなく、また、外………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第30号(1957/04/26、4期)

私は、ただいま議題となりました昭和三十二年度特別会計予算補正(特第1号)に関しまして、日本社会党を代表し、反対討論を行わんとするものであります。まず、反対をします第一の理由は、本予算補正によりまする駆逐艦二隻の建造は、わが国の独立と平和に対しまするわが党の基本方針と全く相いれないからであります。本予………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第18号(1958/03/31、4期)

私は、日本社会党を代表しまして昭和三十三年度一般会計予算、特別会計予算、政府関係機関予算の三案に対し、反対討論をいたさんとするものであります。岸内閣は、少くとも昨年の春、石橋内閣から引き継いだ予算案が国会を通過いたしましたならば、直ちに解散を行うか、おそくとも昨年の秋には解散を断行し、しかる後、昭和………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第7号(1959/11/11、5期)

私は、ただいま行なわれました藤山外務大臣の安全保障条約改定に関する中間報告に対しまして、日本社会党を代表しまして、岸総理、藤山外相並びに関係各大臣に質問せんとするものであります。安全保障条約の改定は、わが国の平和と独立にとって重大な問題であります。従って政府は、わが党の要求を待つまでもなく、政府の行………会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第13号(1961/10/30、5期)

ただいま海運問題で、海運の赤字が二億五千万ドルもあり、わが国の赤字の三分の一を占め、海運に関し木合同委員会で取り上げることが必要だと思うがという質問に対しましては、答弁が漏れているように思います。なお、池田総理は、ラスク長官がおいでになって、貿易と経済のほかに、日韓会談の早期妥結と対韓援助が最大の目………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第13号(1962/03/23、5期)

私は、ただいま提案の石油業法案に対し、日本社会党を代表し、池田総理、佐藤通産大臣及び関係大臣に若干の質問をいたしたいと存じます。本法案は、最終案に至るまで二転三転、大きく後退いたしました。すなわち、石油と他のエネルギーとの調整や販売価格変更の勧告権の削除、輸入業を許可制から届出制に変更、再検討条項の………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 参議院 本会議 第18号(1964/04/22、6期)

私は、ただいま提案されました肥料価格安定等臨時措置法案に対し、日本社会党を代表いたしまして、池田総理並びに関係閣僚に対して質問せんとするものであります。池田総理は、昨年の総選挙の際に、農業の近代化に対して思い切った施策を講じたいと所信を表明されました。しかるに、昭和三十九年度の農業予算は、食管の赤字………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11