移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計*
 9期参議院議員活動統計*
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計*
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

中山太郎参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  8期(1968/07/07〜)    0回       0文字
  9期(1971/06/27〜)    1回    3516文字
 10期(1974/07/07〜)    6回    9063文字
 11期(1977/07/10〜)    4回    2426文字
 12期(1980/06/22〜)    5回    9227文字
 13期(1983/06/26〜)    1回   13710文字




参議院本会議発言一覧

第71回国会 参議院 本会議 第37号(1973/09/23、9期)

私は、自由民主党を代表して、ただいま議題となっております防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案に対し、賛成の意見を表明するものであります。今日の国際情勢の大きな特徴は、対決から対話へという方向に移行しつつあります。昨年の米中、米ソの首脳会談の実現は、相互信頼の回復を示す対話のとびらが開かれた………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 参議院 本会議 第10号(1975/11/07、10期)

私は、自由民主党を代表して、ただいま議題となりました昭和五十年度補正予算案三件に対し、賛成の討論を行うものであります。石油危機を契機として発生した、一昨年来のわが国経済の異常な事態も、財政、金融両面を通ずる厳しい総需要抑制政策により物価、賃金ともに急速に落ちつきを示すに至りました。しかし、このような………会議録へ(外部リンク)

第77回国会 参議院 本会議 第11号(1976/05/14、10期)

ただいま議題となりました三法案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。まず、恩給法等の一部を改正する法律案は、現在の恩給年額を昭和五十年度における国家公務員給与の改善傾向に基づき、本年七月分以降六・六%ないし一一・五%増額するほか、普通恩給等の最低保障額の引き上げ、扶助………会議録へ(外部リンク)

第77回国会 参議院 本会議 第12号(1976/05/19、10期)

ただいま議題となりました国家公務員災害補償法等の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果をご報告申し上げます。本案は、去る二月の人事院の意見の申し出を実施しようとするものでありまして、その内容は、療養の開始後一年六カ月を経過しても治癒しない長期療養者に対して、現行の休業補………会議録へ(外部リンク)

第77回国会 参議院 本会議 第14号(1976/05/24、10期)

ただいま議題となりました法務省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本案の内容は、訟務行政の円滑な運営を図るため、大臣官房訟務部を廃止し訟務局を設置するとともに入国管理局次長を廃止しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 参議院 本会議 第11号(1976/11/04、10期)

ただいま議題となりました三法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。まず、一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案は、本年八月の人事院勧告を完全実施するため、一般職の職員の給与について全俸給月額を平均七%引き上げるとともに、初任給調整手当及び扶養、住居、通………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第5号(1977/02/22、10期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和五十一年度一般会計補正予算外二件に対し、賛成の討論を行うものであります。今日、わが国経済に求められる最も重要な課題は、低迷を続けている現下の景気を速やかに回復し、経済を安定成長路線に定着させ、インフレと雇用不安を解消することにあります。………会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第7号(1980/03/19、11期)

ただいま議題となりました両決議案につきまして、自由民主党・自由国民会議、日本社会党、公明党及び民社党を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、アフガニスタンからのソ連軍の撤退等を要求する決議案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第8号(1980/03/31、11期)

ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案について、議院運営委員会における審査の経過及び結果を御報告いたします。御承知のように、現行の衆参両院の常任委員会の名称と数は国会法第四十一条におきまして両院共通なものとして規定されておりますが、本法律案は、これを改正し、衆議院につきましては、従来の………会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第9号(1980/04/04、11期)

ただいま議題となりました国会議員互助年金法の一部を改正する法律案につきまして御報告申し上げます。本法律案は、昭和四十九年三月三十一日以前に退職した国会議員等に給する互助年金について、本年四月から基礎歳費月額を現行の五十六万円から五十八万円に改定するとともに、国庫納付金を現行の歳費月額の百分の九から百………会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第1号(1979/12/21、11期)

ただいま議題となりました財政再建に関する決議案につきまして、自由民主党・自由国民会議、日本社会党、公明党及び民社党を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 参議院 本会議 第12号(1980/11/28、12期)

政府といたしましては、ただいま採択されました御決議の趣旨を体し、北方領土問題の解決のために最大限の努力を払う所存でございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第20号(1981/05/25、12期)

国家公務員法の一部を改正する法律案及び国家公務員等退職手当法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。初めに、国家公務員法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 参議院 本会議 第4号(1981/10/01、12期)

小谷議員にお答えを申し上げたいと思います。まず第一の人事院勧告に関する問題でございますが、この問題につきましては総理からすでに御答弁がございました。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 参議院 本会議 第5号(1981/10/02、12期)

昨日、小谷議員の御質問に対してお答え申し上げましたが、きょう改めて大木議員からお尋ねがございました。すでに総理から全体的なお答えがございますので重複を避けますけれども、給与担当の閣僚といたしましては、昭和四十五年以来の安定した日本の労使の関係というものが、日本の社会の発展に非常に大きな貢献をしている………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 参議院 本会議 第8号(1981/10/30、12期)

人事院勧告制度についてお尋ねでございます。人事院勧告制度そのもの、つまり民間給与との比較だけではなくて、退職金、共済年金を含む生涯賃金、また民間における生産性、企業努力、また国の財政事情等を考慮したものであるべきではないかというお尋ねでございますが、この人事院勧告制度というものは、公務員の給与決定、………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 参議院 本会議 第4号(1984/02/09、13期)

私は、自由民主党・自由国民会議を代表し、総理の施政方針演説に対し、日本が選択すべき内外の重要政策について総理並びに関係閣僚にお尋ねをいたします。まず第一に、外交についてお尋ねいたします。会議録へ(外部リンク)

第116回国会 参議院 本会議 第3号(1989/10/05、15期)

大島議員にお答え申し上げます。まず第一に、お尋ねの日ソ外相会談の問題でございますが、国連での今回の日ソ外相会談におきまして、ソ連側より一九九一年のゴルバチョフ書記長訪日の意向の表明がございました。御案内のように、東西関係が厳しい対立関係から対話の時代に向かいつつある今日、ソ連側が同書記長の訪日時期に………会議録へ(外部リンク)

第118回国会 参議院 本会議 第2号(1990/03/02、15期)

第百十八回国会が開会されるに当たり、我が国外交の基本方針につき所信を申し述べます。国際社会は、今、政治経済両面にわたって歴史的変革の時期を迎えております。特に、欧州の国際政治は何人の予想も上回る速度で変化しております。東欧は旧来のイデオロギーを捨てて民主化と自由経済の道を歩みつつあり、ソ連もまた、レ………会議録へ(外部リンク)

第118回国会 参議院 本会議 第3号(1990/03/06、15期)

平井議員からお尋ねのございました、東欧諸国の変化をどのように受けとめ、これら諸国の再建にどのように協力していくのか、また、東欧情勢の急激な変化及び米ソ・マルタ会談に象徴される東西関係の変化がアジア情勢にどのような影響を及ぼすと認識しているかというお尋ねは、既に総理からお答えがございましたので重複を避………会議録へ(外部リンク)

第118回国会 参議院 本会議 第4号(1990/03/07、15期)

田議員のお尋ねにお答え申し上げたいと思います。まず、世界的に冷戦終結や軍縮の時代に向かっているが、外務省は極東、アジア・太平洋で緊張が続いていると述べている、これらの地域で冷戦構造を維持していると考える根拠は何かというお尋ねでございましたが、既に海部総理及び防衛庁長官からただいま御答弁を申し上げてお………会議録へ(外部リンク)

第119回国会 参議院 本会議 第2号(1990/10/17、15期)

浜本議員にお答えを申し上げさせていただきます。中東問題につきましては総理から既に御答弁がございましたので省略をさせていただきますが、国際社会における軍備管理を国連が偵察衛星を使って査察すべきでないかという御提言につきましては、現時点では各国の軍備管理の問題がございまして、安全保障の面から直ちにこれが………会議録へ(外部リンク)

第119回国会 参議院 本会議 第3号(1990/10/18、15期)

まず最初に、ヨルダン、イラク等の危険地域の在外邦人、たくさんおられるわけでございますけれども、今般のような危機に直面した場合に、在外邦人の安全の確保というものに対して議員が大変御心配をいただいていることを拝聴いたしました。今回の湾岸情勢の危機につきましては、在外邦人がクウェートにおられてクウェートか………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第5号(1991/01/18、15期)

周辺国への支援につきましては、戦火の拡大いかんによって影響も広がることが予想されている、従来の枠組みにとらわれずに非産油開発途上国にも及ぶような配慮をするべきではないかという岩崎議員のお尋ねでございます。日本は、中東関係国に対する支援として、今次事態発生以来経済的な損失を深刻に受けておりますエジプト………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第6号(1991/01/25、15期)

第百二十回国会が再開されるに当たり、我が国外交の基本方針につき所信を申し述べます。現在の国際社会は、まさに歴史的激動期の中にあります。社会主義諸国における経済の失敗と旧来のイデオロギーの衰退が見られ、また、自由と民主主義、市場経済の価値の再確認がなされております。東西関係は、イデオロギーに基づく対立………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第7号(1991/01/29、15期)

赤桐議員にお答え申し上げます。このままでは世界の孤児になると与党は声高に叫んでいるが、今次湾岸危機に際し支援策を実施しなければ世界の孤児になるということはどういうことかということでお尋ねがございましたが、我が国は戦後、国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄して、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第8号(1991/01/30、15期)

沓脱議員にお答えをいたします。まず第一に、米軍による核施設の破壊、フセイン政府の打倒、中東の安全保障体制の構築等は、一体国連決議のどこに含まれているかというお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第11号(1991/03/01、15期)

小林議員にお答えをいたします。まず第一に、九十億ドルの支出につきましては、既に大蔵大臣からお話がございましたので、重複を避けさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第14号(1991/03/26、15期)

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第二十四条についての新たな特別の措置に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、趣旨の御説明を申し上げます。政府は、日米両国を取り………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第16号(1991/04/09、15期)

ただいまの御決議に対して、所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択された御決議の趣旨を十分に体しまして、今月予定されますゴルバチョフ大統領の訪日を通じ、北方領土問題の解決と日ソ平和条約の締結のため、全力を傾注しつつ一層強力にソ連との交渉に当たる所存であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第21号(1991/04/24、15期)

喜岡議員にお答え申し上げます。御指摘のとおり、ソ連における民主化、自由化、市場経済導入等のペレストロイカの推進は、ソ連のみならず世界全体の平和と安定に資するものと認識をいたしております。また、我が国は日ソ関係に関して、北方領土問題を解決して平和条約を締結することを最重要課題としてその前進を図るととも………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第22号(1991/04/26、15期)

高井議員にお答えを申し上げます。ペルシャ湾に日本船舶が現在どの程度航行しているのかというお尋ねでございましたが、この三月以降、ペルシャ湾には毎日平均十五隻程度の日本の船舶が就航していると承知をしております。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 参議院 本会議 第2号(1990/12/11、15期)

細谷議員にお答え申し上げます。湾岸平和基金に追加拠出されます資金の具体的使途につきましては、今後、各国の要請等を総合的に勘案しながら、基金の運営に責任を有しております運営委員会により決定されることと相なりますが、前回の拠出金と同様、湾岸の平和と安定の回復のため国際連合安全保障理事会の関連諸決議を受け………会議録へ(外部リンク)

第121回国会 参議院 本会議 第2号(1991/08/08、15期)

浜本議員にお答えを申し上げます。私が先般のASEAN拡大外相会議で示しました考えは、アジア、太平洋地域の友好国の間でお互いの安心感を高めるための政治対話を行っていこうという考えてあります。すなわち、我が国が今後この地域で大きな政治的役割を果たしていく上で、この地域の国々の中に、経済大国となった日本が………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 参議院 本会議 第26号(1997/05/19、17期)

ただいま議題となりました蔵器の移植に関する法律案について、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。欧米諸国では、既に脳死をもって人の死とすることが認められ、脳死体からの蔵器移植は日常的な医療として完全に定着しており、年間九千件を超える心蔵や肝蔵の移植が行われております。その移植成績も………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11