移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計*
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

竹中平蔵参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

 20期(2004/07/11〜)   14回   31209文字




参議院本会議発言一覧

第151回国会 参議院 本会議 第26号(2001/05/28、18期)

木俣先生から二つの御質問をいただいていたと思います。一つ目は、保険方式、税方式の話でありますけれども、たしか二年半ぐらい前に経済戦略会議の答申を私たち出しましたときに、民主党の皆さんから大変高い評価をいただいたということを私もよく記憶しております。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 参議院 本会議 第30号(2001/06/08、18期)

私の名前が何回か挙げられましたので、議論すべき点は本来たくさんあるのかと思いますが、直接お尋ねいただきましたのは雇用の問題だと思いますので、この点について御答弁を申し上げたいと思います。不良債権処理によってどのぐらいの影響が出るか、特に雇用面での影響が出るか、これは何度も申し上げましたけれども、これ………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第5号(2001/10/22、19期)

大塚議員から二つの点の御指摘がございました。本を読んでいただいたことに、まず感謝を申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第8号(2001/11/02、19期)

峰崎議員から私に対しては三点の御質問をいただきました。まず、マーケットの疑念についての御指摘であります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第10号(2001/11/14、19期)

桜井議員から私に対しては三点の御質問をいただいたと思います。まずは緊急投資優遇措置とともに効果についてであります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第14号(2001/11/28、19期)

私に対しましては、構造改革と景気回復を両立させる経済運営の手法についてのお尋ねがございました。ただいま総理から既に御答弁がありましたので重複は避けさせていただきますけれども、日本の今の景気は大変厳しい状況にあり、その先行きについても注視が必要であるということは十分に認識をしております。しかし、一方で………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第18号(2001/12/07、19期)

私に対しては二点のお尋ねがございました。第一点は、与党の事前審査制についてでございますけれども、これは石原大臣の今の答弁と基本的に重複するかと思います。議院内閣制を採用しているわけでありますから、内閣と与党が密接に連携して一体となって政策決定していく、これは当然重要なことであると思います。しかし、そ………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第2号(2002/01/23、19期)

峰崎議員からは四点質問をいただいております。第一は、第二次補正予算の執行により日本の経済は立ち直るかというお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第3号(2002/01/31、19期)

内藤議員からは三点の質問をいただきました。まず第一は、国債価格の下落の原因についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第5号(2002/02/04、19期)

経済財政政策担当大臣として、日本経済の課題と政策運営の基本的考え方について、所信を申し述べます。総理のリーダーシップを支える知恵の場として新たに内閣府が設置され、一年がたちました。経済財政運営や予算編成の基本方針などについては、内閣府に置かれた経済財政諮問会議等で精力的な議論がなされております。私と………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第7号(2002/02/08、19期)

草川議員から一点質問をいただいております。税制の総合的な見直しについては、十五年度からの実施は無理ではないかというお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第8号(2002/03/13、19期)

桜井議員からは二問御質問をいただきました。最初は、日本の政治のどこを変えるべきかという、これは大変難しい質問であります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第9号(2002/03/15、19期)

高橋議員から一問御質問をいただいております。中小企業の実態への認識とその対応策ということでございました。中小企業の景況につきましては、昨年初めから悪化を続けておりまして、秋以降は大型倒産など関連中小企業に深刻な影響を与える問題を発生したと、その意味で非常に厳しく認識をしています。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第19号(2002/04/22、19期)

本田議員から公正取引委員会の位置付け等についてのお尋ねがございました。我が国における最も重要なインフラの一つである市場、マーケットが機能するためには、参加者の競争状態を確保することが言うまでもなく不可欠であります。公正取引委員会は、市場における自由かつ公正な競争を担保、促進し、自由主義市場経済を徹底………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第22号(2002/05/08、19期)

辻議員から二問質問をいただいております。経済財政諮問会議と政府税調の関係及び税制改革の重点等についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第24号(2002/05/17、19期)

浅尾議員から三点の御質問をいただいております。まず、政策金融機関の在り方に関する総理からの指示の有無ということでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第27号(2002/05/24、19期)

広中議員から四点の質問をいただきました。環境問題に対応した技術開発を行い、それを世界に伝えることで、国際社会における日本の名誉ある地位を占めるべきではないかというお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第31号(2002/06/05、19期)

峰崎議員から五つの質問をいただいたかと思います。まず最初は、景気回復と財政再建との両立についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 参議院 本会議 第3号(2002/10/23、19期)

不良債権処理策の取りまとめ作業について御質問がありました。既に総理がお述べになったとおりでございますけれども、当初から不良債権処理策を月末までに取りまとめるということを目標として、途中、中間報告をすることも考えてまいりました。しかしながら、政府の内部で議論し、また与党との様々な意見交換の中で、不良債………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 参議院 本会議 第7号(2002/11/20、19期)

広野議員から、銀行の不良債権処理策と中小企業金融についてのお尋ねがございました。民間金融機関の中小企業向け貸出残高が減少していることは承知しておりますが、中小企業向けの貸出しの減少の理由につきましては、金融機関の貸出し態度の厳しさに加えて、中小企業を取り巻く経済環境の厳しさが要因になっているという点………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 参議院 本会議 第8号(2002/11/22、19期)

ただいま議題となりました預金保険法及び金融機関等の更生手続の特例等に関する法律の一部を改正する法律案及び金融機関等の組織再編成の促進に関する特別措置法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず、預金保険法及び金融機関等の更生手続の特例等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、御説明申………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第2号(2003/01/22、19期)

海野議員から五点の質問がございました。私も重複を避けて御答弁をさせていただきます。まず、大手銀行の資本増強についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第4号(2003/01/31、19期)

経済財政政策担当大臣として、日本経済の課題と政策運営の基本的考え方について所信を申し述べます。振り返りますと、我が国経済は八〇年代には年平均四ないし五%成長を達成したにもかかわらず、九〇年代には年平均わずか一%程度しか成長できない経済になりました。その原因をどう認識するかが今後の経済財政政策を考える………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第5号(2003/02/04、19期)

角田議員から、一問、中小企業金融についてお尋ねがありました。中小企業をめぐる金融環境、経済環境は依然極めて厳しい状況にあると認識をしております。このため、政府としては、やる気と能力のある中小企業への円滑な資金供給を確保するためにセーフティーネット対策を取りまとめ、現在、実施に移しているところでありま………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第6号(2003/02/05、19期)

平野議員から二問質問をいただきました。景気回復を優先した政策運営を行い、景気が回復した後に構造改革を進めるべき手順についての御指摘でございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第8号(2003/02/21、19期)

個人消費と国民の個人資産についてお尋ねがございました。議員御指摘のとおり、家計は約千四百兆円もの豊富な金融資産を保有しております。一方、ここ数年の個人消費は賃金の伸びを上回っておおむねプラスの伸びが続いてはいるものの、足下では消費者マインドが弱含んでいることなどから弱い動きとなっております。このよう………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第9号(2003/03/14、19期)

大塚議員から三問質問をいただきました。財務大臣との重複を避けて答弁をさせていただきます。まず、我が国の財政赤字の拡大についてのお尋ねでありますが、正に議員御指摘のように、日本の財政の現状は長期債務残高のGDP比が約一五〇%、G7で最も高い水準になっています。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第13号(2003/03/24、19期)

木俣議員から四点質問いただきました。まず、イラク攻撃が我が国経済に与える影響、その対策についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第18号(2003/04/18、19期)

ただいま議題となりました保険業法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国の保険業を取り巻く環境は引き続き厳しいものとなっており、各保険会社にあっては、競争力の強化、事業の効率化と同時に、一層の経営の健全性の確保が必要な状況にあります。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第19号(2003/04/23、19期)

島袋議員から一問、御質問いただきました。消費者保護法制において消費者に意見表明を広く求めるような法改正を考えていないのかというお尋ねでございます。消費者が積極的に意見表明を行って、その意見が反映された消費者政策を推進する、これはもう当然必要なことであります。このため、現に消費者保護基本法におきまして………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第33号(2003/06/13、19期)

ただいま議題となりました保険業法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国の生命保険を取り巻く環境は、保有契約高の減少や株価の低迷等に加え、超低金利の継続によるいわゆる逆ざや問題により、一層厳しいものとなっております。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第35号(2003/06/27、19期)

谷議員から基本方針二〇〇三におきます教育・保育の一体としてとらえた総合施設の創設等について一連のお尋ねがございました。本日の閣議で基本方針二〇〇三、骨太第三弾を閣議決定しておりますが、その中で、新しい児童育成のための体制の整備としまして以下の二点を指摘をしております。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第1号(2004/01/19、19期)

経済財政政策担当大臣として、その所信を申し述べます。小泉内閣の発足以来、その経済財政運営に対して常に二つの批判が寄せられてきました。一つは、小泉内閣は緊縮財政政策を取っており、それが景気に悪影響を与えている、もっと拡大的な財政政策を取るべきだというものでした。いま一つは、財政赤字の水準はもはや受容で………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第7号(2004/02/27、19期)

川橋議員から一問、雇用面における今後の見通しなどにつきお尋ねをいただきました。現下の雇用情勢は依然厳しいものの、平成十四年度と比較しまして失業率が低下し有効求人倍率が上昇するなど、改善の動きが見られております。政府経済見通しにおきましても、完全失業率は平成十四年度に比べまして、十五年度、十六年度と徐………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第8号(2004/03/12、19期)

山根議員から私に対しましては、基礎的財政収支の改善のプロセスについてお尋ねをいただいております。政府は、世代間の公平を確保し、持続的な財政を構築するために、二〇一〇年代初頭の国と地方を合わせた基礎的財政収支の黒字化を目指しているところでございます。十六年度の予算においても、歳出削減の努力を行いました………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第9号(2004/03/19、19期)

中島議員から二問質問をいただきました。義務教育費国庫負担金の改革に関する方針についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第13号(2004/04/07、19期)

勝木委員から八問の御質問をいただきました。まず、中小企業や地域の現状、政府の取組についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第23号(2004/05/21、19期)

ただいま議題となりました証券取引法等の一部を改正する法律案及び株式等の取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず、証券取引法等の一部を改正する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第25号(2004/05/28、19期)

ただいま議題となりました金融機能の強化のための特別措置に関する法律案及び預金保険法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず、金融機能の強化のための特別措置に関する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第26号(2004/06/02、19期)

公益通報者保護法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。近年、食品の偽装表示事件を始め、国民の生命や身体の保護、消費者の利益の擁護等にかかわる事業者の犯罪行為や法令違反行為が相次いで発生しております。また、これら事業者の犯罪行為や法令違反行為は、その多くが事業者内部の関係者からの通報を契機とし………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 参議院 本会議 第1号(2005/01/21、20期)

経済財政政策担当大臣として、その所信を申し述べます。小泉内閣が発足した四年前、日本経済は厳しいマイナス成長の中にありました。膨大な不良債権の存在から金融システムへの不安は募り、一方で財政拡大に過度に依存した従前の経済運営の行き詰まりから、国民の先行き不安が大きく高まっていたのです。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 参議院 本会議 第3号(2005/01/26、20期)

草川議員から三問御質問をいただきました。まず、「改革と展望」の内閣府試算の中期的な名目成長率、それと試算の意味するところについてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 参議院 本会議 第6号(2005/03/09、20期)

平野達男議員から一問、名目成長率と名目金利の関係についてお尋ねがございました。名目成長率と名目長期金利の関係につきましては、いわゆる経済理論上の概念であります定常状態ではこれは等しくなるという考え方がございます。過去の現実を見ますと、その時々でこれは様々に変わるわけでございますが、ちなみに一九六六年………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 参議院 本会議 第19号(2005/04/27、20期)

犬塚議員から一問、個人情報の保護についてお尋ねがございました。個人情報の保護に関する法制度としましては、個人情報保護法のほかに行政機関個人情報保護法等がございます。私が所管をいたしております個人情報保護法は、これはOECD八原則を踏まえまして、高度情報通信社会における個人情報の適正な取扱いを確保する………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 参議院 本会議 第31号(2005/07/13、20期)

このたび、政府から提出いたしました郵政民営化法案、日本郵政株式会社法案、郵便事業株式会社法案、郵便局株式会社法案、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法案、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案の六法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。郵政民営化は、民間にゆだねるこ………会議録へ(外部リンク)

第163回国会 参議院 本会議 第5号(2005/10/12、20期)

このたび、政府から提出いたしました郵政民営化法案、日本郵政株式会社法案、郵便事業株式会社法案、郵便局株式会社法案、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法案、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案の六法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。郵政民営化は、民間にゆだねるこ………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第3号(2006/01/25、20期)

草川議員から二問御質問をいただきました。まず、名目成長率と名目金利の関係をどのように考えるかについてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第6号(2006/03/10、20期)

黒岩議員より四点の質問がございました。まず、日銀の量的緩和政策解除についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第9号(2006/03/22、20期)

那谷屋議員から二問、質問がございました。最初に、義務教育費国庫負担金の税源移譲に伴う地方財政措置についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第11号(2006/03/29、20期)

森ゆうこ議員から一問、三位一体改革による行財政効果についてお尋ねがありました。地方にできることは地方にという理念の下、国の関与を縮小し、地方の権限、責任を拡大するとともに、国、地方を通じた行政のスリム化を推進するために三位一体の改革を進めてきたところでございます。その結果、三兆円の税源移譲、四兆七千………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第16号(2006/04/14、20期)

住民基本台帳法の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。この法律案は、個人情報に対する意識の高まりに的確に対応するため、住民基本台帳の一部の写しの閲覧の制度を見直し、あわせて偽りその他不正の手段による閲覧等に対する罰則を強化するものであります。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第19号(2006/04/24、20期)

直嶋議員から二問、御質問がございました。まず、国家公務員の早期退職慣行の是正及び定年まで働ける仕組みが必要なのではないかというお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第23号(2006/05/12、20期)

芝議員から一問、適格消費者団体に対する地方税財政の優遇措置についてのお尋ねがございました。適格消費者団体については、その認定要件として、今財務大臣からもお話がありましたように、特定非営利活動法人又は公益法人であることとされているところでございます。そして、これらの法人につきましては、既に地方税の面で………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 参議院 本会議 第24号(2006/05/17、20期)

地方自治法の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。この法律案は、地方制度調査会の答申を踏まえ、地方公共団体の自主性、自律性の拡大等のため所要の措置を講ずるものです。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11