移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

松本善明衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  31期(1967/01/29〜)    3回    8052文字
  32期(1969/12/27〜)    1回    4597文字
  33期(1972/12/10〜)    2回    5995文字
  34期(1976/12/05〜)    3回   11685文字
  35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
  36期(1980/06/22〜)    1回    9422文字
  37期(1983/12/18〜)    1回    4083文字
  38期(1986/07/06〜)    2回   12441文字
  40期(1993/07/18〜)    4回   12704文字
  41期(1996/10/20〜)    9回   29261文字
  42期(2000/06/25〜)    7回   22366文字




衆議院本会議発言一覧

第56回国会 衆議院 本会議 第6号(1967/08/04、31期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程されております厚生大臣坊秀男君に対する不信任決議案に賛成の意見を述べるものであります。今日、広範な民主勢力と多数の人民が健康保険法及び船員保険法の臨時特例法案にこぞって反対していることは、佐藤内閣、なかんずく当の責任者である坊厚生大臣は重々承知のことで………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第4号(1969/01/30、31期)

いま、わが国は、安保、沖繩問題をはじめ、重要な政治問題に直面をしておりますが、私は、日本共産党を代表して、大学問題と物価問題について、総理並びに関係閣僚に質問いたします。現在、大学問題は、学問の自由、学園の自治のみならず、教育制度と学問研究全体に関係をし、しかも国の将来にも影響を及ぼす重大な問題とな………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第42号(1969/05/31、31期)

私は、日本共産党を代表して、太平洋諸島信託統治地域に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定に対する反対討論を行ないます。最初に、一昨日来きわめて異常な状態のもとで、自民党が本会議を強行している暴挙について、強く抗議の意思を表明いたします。会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 本会議 第4号(1971/07/19、32期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、国の進路に関する若干の問題について質問を行ないます。佐藤内閣がこれまで進めてまいりました日米軍事同盟を基軸としての外交政策の誤りと破綻は、もはやつくろうべくもなく明白になってきております。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第19号(1975/05/06、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました核兵器の不拡散に関する条約の批准承認案件について、総理並びに外務大臣に質問をいたします。日本共産党は、この核防条約につきまして、当初から、そこに含まれていた問題点の重大さを一貫して指摘をし、批准反対の態度をとってまいりました。日本………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第8号(1975/10/24、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、議院運営委員長田沢吉郎君解任決議案に賛成の討論を行うものであります。(拍手)議院運営委員長田沢吉郎君は、昨日から本日にかけて、わが党を初め野党の反対を押し切って、議題さえない本会議の設定を行い、その本会議の開会を強行したのであります。その行為は、国権の最高機関で………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第29号(1978/05/09、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、総理の訪米報告に質問をいたします。いま、総理の訪米が、政局転換に対する派利派略に基づくものではないかなどと広く取りざたされており、本日、この会議でも問題になりました。一体、日米首脳会談は、果たして国民生活の安定、日本の安全と平和への国民的要求に合致するものであっ………会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第4号(1978/09/29、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、総理並びに関係大臣に質問いたします。最初は、この二カ月間、国民を不安に陥れ、世論の厳しい批判を受けてきた有事立法問題についてであります。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第12号(1979/03/07、34期)

本日、予算委員会において予算が否決されるという異例の事態が起こりましたが、私は、日本共産党・革新共同を代表して、この問題について総理に質問いたします。第一に、この問題に関する政府の責任についてであります。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第4号(1981/01/29、36期)

私は、日本共産党を代表して、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。総理は、施政方針演説で、わが国の国際的地位の向上に伴う国際的責任を大いに強調をされました。そして、まず防衛問題について触れられました。総理大臣が施政方針の最初に防衛問題を取り上げたのは、戦後恐らく初めてのことだと私は思います。しかも、………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第30号(1984/06/19、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ロンドン・サミット帰国報告について質問いたします。総理は、昨年、新型中距離核ミサイル配備の強行を決めた軍拡サミットを積極的に推進する役割を果たしました。あなたは、このことについて昨日参議院で、核戦力の削減のためだと答弁をいたしました。しかし今回、イギリスの国際戦略………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/07/09、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。総理、あなたが八つ裂きにされてもやると言った売上税、マル優廃止は、公約違反の大増税を許さないという国民の怒りの爆発と一斉地方選挙における自民党の大敗の前に、前国会でついに廃案になりました。退陣して当然である中曽根内閣が国民の………会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第13号(1989/12/12、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題となりました参議院送付の消費税廃止等九法案について、提出者に質問いたします。昨日、消費税廃止法案が自民党の反対にもかかわらず参議院本会議で可決されたことは、日本の近代政治史上画期的なことであり、国民世論が政治を動かすという方向への大きな転機となるもの………会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第3号(1993/09/22、40期)

私は、日本共産党を代表して、細川総理並びに関係大臣に質問をいたします。細川内閣が発足をしてから一カ月半が過ぎましたが、この間に明らかになったことは、細川内閣の行おうとしている政治が、従来の自民党の政治を何ら改革するものではないということであります。それどころか、自民党が過去四回やろうとしてできなかっ………会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第12号(1993/12/08、40期)

私は、日本共産党を代表して、平成五年度一般会計補正予算外二案に反対、及び自民党の編成替えを求める動議に反対の討論を行います。政府提出の今回の補正予算は、不況による税収の落ち込みを補てんすることを中心とするもので、不況対策としては全く無策に近いものであり、国民の期待を裏切るものであります。このことは、………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第13号(1995/03/07、40期)

私は、このたび院議をもって永年在職議員として表彰を受けました。この議決をしていただいた議員各位並びに私と日本共産党を信頼して御支援いただいた方々に心からの謝辞を申し上げるものであります。(拍手)特に、四半世紀にわたり私を国会に送り出してくださった旧東京四区を初めとする皆さんに深い謝意を表明いたします………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第28号(1995/05/18、40期)

私は、日本共産党を代表して、平成七年度一般会計補正予算等三案並びに新進党提出の編成替え動議に対して、反対の討論を行います。(拍手)本年度予算は、もともと阪神・淡路大震災が発生する前に編成されたもので、我が党は、当初予算審議に当たり、戦後最悪の大惨事が発生した以上、震災前に編成された予算を抜本的に組み………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第32号(1997/05/08、41期)

私は、日本共産党を代表して、総理の訪米報告について質問をいたします。今回の日米首脳会談ほど日本外交の対米従属の深さと危険を示したものはありません。総理は、首脳会談の日程に合わせることを至上命題として、沖縄県民の土地を強制的に米軍に提供する米軍用地特措法を大改悪し、沖縄米軍の実弾演習の全国への拡散、普………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第17号(1997/12/04、41期)

私は、日本共産党を代表して、APEC報告に対して質問をいたします。第一に、今回のAPECは、アジアの一連の金融不安の影響を受けて、緊急アジア通貨会議の様相を呈した点についてであります。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第20号(1997/12/11、41期)

私は、日本共産党を代表して、橋本内閣不信任決議案に賛成の討論を行うものであります。(拍手)今、国民の中では、橋本内閣に対する失望と抗議の声が満ち満ちて、内閣支持率は日に日に下落をしております。本院では、銀行業界救済のための預金保険法改悪案の採決が、前代未聞の暴挙に暴挙を重ねる事態で行われました。これ………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第20号(1998/03/20、41期)

私は、日本共産党を代表して、一九九八年度政府予算案に対する反対の討論を行います。(拍手)反対理由の第一は、本予算案が、いよいよ深刻さを増している不況の打開に役立たないばかりか、むしろ一層危機を深めるものとなっているからであります。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第28号(1998/04/10、41期)

私は、日本共産党を代表して質問をいたします。ただいま、総理の新たな景気対策、財政構造改革路線の転換についての発言がありました。記者会見で、先に突如発表したことも重大な国会軽視でありますが、発言の内容には、景気の深刻化をもたらした九兆円負担増政策の誤りについても、政策転換についても、全く反省がありませ………会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第8号(1999/02/19、41期)

私は、日本共産党を代表して、一九九九年度政府予算案に反対の討論を行います。(拍手)深刻な不況のもとで、今国民は、景気をよくしてほしい、そのために消費税の減税など懐を暖める施策をと切実に求めております。ところが、本予算案は逆に、その国民の大多数に増税を押しつけるものとなっております。会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第10号(1999/03/04、41期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となっております主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律等の一部改正案について、総理に質問をいたします。本法案は、米の関税化、つまり米の輸入自由化実施法案であります。それを、政府は四月一日に実施するとしております。日本の主食であり、日本の文化でもある米の輸入完………会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第36号(1999/06/10、41期)

私は、日本共産党を代表して、中央省庁再編関連十七法案に対する反対討論を行います。(拍手)まず、この法案の審議の問題であります。会議録へ(外部リンク)

第147回国会 衆議院 本会議 第7号(2000/02/29、41期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となっております二〇〇〇年度政府予算三案について、反対の討論を行います。(拍手)今国民が政治に最も求めていることは、言うまでもなく景気の回復であります。また、今日本の将来についてだれもが憂えているのは、国の財政の破綻であります。来年度予算の課題は、もちろんこの………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第6号(2000/10/24、42期)

私は、日本共産党を代表して、高度情報通信ネットワーク社会形成基本法案、いわゆるIT基本法案などについて質問をいたします。法案に入る前に、国政上の重大問題である総理のいわゆる拉致疑惑発言と、この法案の担当大臣である中川官房長官の暴力団癒着疑惑問題について質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第17号(2000/11/21、42期)

私は、日本共産党を代表して、森内閣不信任決議案に賛成の討論を行います。(拍手)自民党、公明党、保守党の連立政権である森内閣の退陣を求める声は、日本じゅうに広がっております。そのことが世論調査にあらわれているのであります。森内閣支持率は下がる一方で、どの世論調査を見ても、支持率は一〇%台であります。こ………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第5号(2002/02/05、42期)

私は、日本共産党を代表して、武部農水大臣に対する不信任決議案に賛成の討論を行うものであります。(拍手)不信任案賛成の第一の理由は、武部大臣には、BSE発生という重大な事態に対処する責任感も能力も全くないからであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第32号(2002/05/14、42期)

私は、日本共産党を代表して、中国・瀋陽総領事館で起きた事件についての外務大臣の報告と、昨日発表された外務省の調査結果に関して質問をいたします。(拍手)この問題は、対中国外交だけではなく、韓国、北朝鮮との関係や日本外交の基本姿勢にもかかわるものであります。そのためにも、今何よりも重要なことは、事実の徹………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第51号(2002/07/30、42期)

私は、日本共産党を代表して、小泉内閣不信任決議案に賛成の討論を行います。(拍手)私は、まず、小泉内閣が国民生活と日本経済に深刻な影響をもたらす健康保険法改悪案の強行を与党単独で行ったことを、厳しく糾弾するものであります。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第12号(2003/03/04、42期)

私は、日本共産党を代表して、二〇〇三年度政府予算三案に反対、野党共同提出の予算組み替え動議に賛成の討論を行います。(拍手)私は、まず、この予算にはまだまだ徹底審議すべき重大問題が多数あるにもかかわらず、与党が必要な審議を尽くさず衆院通過をごり押ししていることに、強く抗議をするものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第38号(2003/06/05、42期)

私は、日本共産党を代表して、サミット等一連の総理の外交活動について質問いたします。(拍手)今回のエビアン・サミットは、アメリカの一極支配を許すのか、国連中心の国際協調かということが焦点の一つとなりました。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18