鈴木正文衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   4961文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  2回発言   8472文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言  13433文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第64号(1947/11/23、23期)

提出された本補正予算案に対して、自由党の意見を表明いたします。今回の補正予算は、本年七月に実施された新物價体系の影響を受けて本予算を修正せざるを得なくなつてきたところに根本的の理由があるということは、大蔵大臣の説明を待つまでもなく明瞭な点であります。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第75号(1948/07/01、23期)

私は、国鉄をも含めて、いわゆる公益関係の事業の争議に対しまして、政府の今後の方針を質し、次いで、公務員の争議行為と国家公務員法との関係について意見を伺い、さらに、この二つの問題と根底において直接的につながつているところの賃金水準の問題、三千七百円の賃金水準がはたして維持できるかどうか、この三つの問題………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第77号(1948/07/03、23期)

私は、民主自由党を代表いたしまして、昭和二十三年度一般会計並びに特別会計予算案に対しまして意見を表明いたします。ただいま上程されておりまする政府提出の予算案は、実質的には與党三派の修正案と見るべきものだと思います。從つて、本予算案に対する討論は、実質的には民主自由党の修正案と並んで、二つの修正案の比………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  1回発言   5669文字発言
  第2回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  4回発言  20083文字発言

  23期通算  77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 77)  5回発言  25752文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 49)   5回発言  25752文字発言

財政及び金融委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)   0回発言      0文字発言

労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1947/11/21、23期)

本補正豫算案に関して日本自由黨の意見を表明いたします。今囘の補正豫算は、本年の七月に実施された新物價體系の影響を受けて、本豫算を修正せざるを得なくなつてきたところに根本的の理由があるということは、大…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1948/04/01、23期)

四月分の暫定予算の中に盛られた政府出資金二十億円のうちの、復興金融金庫への融資十五億円、この問題と予算との関係を、主として大蔵大臣にお伺いいたします。大体復興金融金庫の問題は、財政金融委員会でもしばし…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1948/04/28、23期)

労働大臣に一点だけ関連の事項をお尋ねいたします。先ほどの質疑と答弁で、爭議中の給料、そういつたものは拂わない、政府の方針としては、事前にそう決定しているし、將來もそうである。これは了承いたしました。そ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第32号(1948/06/14、23期)

私は予算を通して、この予算がインフレを抑制していく性格をほんとうにもつているかどうかという、大体この一点にできるだけ質問を集中いたしまして、大蔵大臣にお伺いしたいと思います。本会議の説明において大蔵…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第41号(1948/06/26、23期)

もちろんすぐに約束通りに來なければならぬことはわかつておりますが、來たといたしましても、この予算委員会の最終審査日に当つて、さような理事のもとに中座したというならば、それに対しましては、委員長はどうい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16