水谷長三郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09) 14回発言  27642文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05) 13回発言  19192文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22) 27回発言  46834文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第9号(1947/07/02、23期)

加藤勘十君の御質問のうち、石炭に関しまする問題に関しまして、私から御答弁を申し上げたいと思う次第であります。政府といたしましては、石炭産業の復興によりまして、悪性インフレ打開の糸口を見つけ、産業全体の活動を増大し、国民生活を安定に導こうとする点に関しましては、ただいま加藤君の述べられました御意見と、………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第10号(1947/07/03、23期)

ただいま星島さんの私に対しまする質問は、第一は石炭の問題であり、第二は中小企業、特にその金融の問題であり、第三は賠償の問題でございます。特にこの石炭の問題に関しましては、星島さんのきわめて熱誠あふれる御演説の中におきましても、特に重点をおかれた問題でありまするから、私はこれに対して、若干の時間をいた………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第11号(1947/07/04、23期)

ただいま大神さんから、炭鉱資金の問題につきまして、私が昨日述べました点、すなわち、実際炭鉱に資金を貸し出す場合において、最も困つているのは、炭鉱の経理内容がきわめて不明確なる点と、所要の資金を融資しても、はたしてそれがその目的に使用されるかどうか、その判定がきわめて困難なことであると言つたその言葉を………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第13号(1947/07/07、23期)

ただいまの木村さんの御議論は、要するところ現内閣があまりに事実を事実として正直にものを言うことが気に食わないというお叱りのようでございます。(拍手)これまで、いわゆる戰爭時分の軍閥政治の欠点と云うものは、事実を隠して、そうして何らの根拠のない樂観空想論を唱えて、日本の国家を今日に陥れたというのが、こ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第18号(1947/07/26、23期)

ただいま笹口君の、肥料の生産を国家管理にしてはどうか、する必要があるのでないかという御質問でございましたが、この肥料の生産に関しましては、笹口君もすでに御承知の通り、現在におきましても、ある程度肥料の企業に対しては、国家が直接生産に責任をとれる形態が行われておるのでございまして、これをさらに数段強め………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第24号(1947/08/14、23期)

ポツダム宣言受諾満二箇年目の今日にあたりまして、この第一回国会におきまして、明日を期して許可せられることになりました民間貿易再開に関する連合軍最高司令官の好意に対しまして感謝の決議をせられましたことは、貿易を主管いたしまする商工大臣といたしましても、まことに感激おく能わざるものがございます。この機会………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第29号(1947/08/26、23期)

ただいま非常に示唆に富む御質問をいただき、得るところ多大なることを感謝いたします。目下商工省といたしましても、鉄鋼の生産隘路の打開に必死になつておりまするが、何分鉄鉱石、銑鉄、燃料等の輸入が、ただいま和田君の申されましたように、当初の予定通りまいりませんので、現在のところ、打開策といたしましては、た………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第32号(1947/08/30、23期)

ただいま上程可決されました貿易組合法を廃止する法律案に関しまして、附帶決議がありましたので、一言申し上げて政府の所信を明らかにしたいと思います。附帶決議の御趣旨はまことにごもつともでございまして、現下貿易の重要性に鑑みるとき、政府当局の懸命の努力にもかかわらず、未だ万全の効果をあげておるとは言えない………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第34号(1947/09/20、23期)

ただいま中小企業対策につきまして、いろいろ有益なる御議論を拜聴いたしまして、われわれといたしましても、まことに教えられるところが多かつたことを、心より感謝する次第であります。ただ長野さんが、現在の内閣が八月に中小企業の対策をば発表したとかいうお言葉がございましたが、これは政府としては関知しないところ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第36号(1947/09/25、23期)

ただいま六人の方から、それぞれ有益なる中小企業振興対策の御議論を承りまして、われわれといたしましては、今後の対策に資するところが非常に大きかつたことを感謝する次第でございます。ただ、そのうち特に私の答弁を求められましたのは、民主党の田中さんでございますが、それは中小企業に対する金融のわくが少な過ぎる………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第37号(1947/09/27、23期)

ただいま御質問者の言われる通り、石炭不足の今日、亞炭が貴重なる燃料資源としてその重要性を拡大してまいりまして、これに対して、政府としましても相当の本腰を入れてその増産対策をやつていかなくてはならないということは、まさにお説の通りでございます。從つて政府といたしましても、本年度二百万トンの生産計画を立………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第38号(1947/09/30、23期)

衆議院の求めにより、臨時石炭鉱業管理法案提案の理由を申し上げます。政府は、先般來炭鉱国家管理について鋭意愼重なる檢討を進めてきたのでございますが、ただいま、ようやくその成案を得ましたので、ここに臨時石炭鉱業管理法案を国会に提出して、御審議を仰ぐ次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第39号(1947/10/02、23期)

ただいま可決されました電力危機突破に関する決議につきまして、一言申し述べたいと存じます。決議の御趣旨はまことに同感でございまして、わが国の産業再建にとりまして電力の占める重要性につきましては、いまさら申し述べるところもないと存じます。政府といたしましても、電力設備の復旧整備及び総合燃料対策などにつき………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第57号(1947/11/11、23期)

民主党の小平君の御質問にお答えいたします。中小企業と家庭における電力制限の影響、それに対して政府はいかなる責任を負うかという意味の御質問がございましたが、これに対しましてのお答えといたしましては、冬季における電力の制限につきましては、全面的に割当制の実施をすることといたしまして、大口産業につきまして………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第6号(1948/01/24、23期)

昨日……会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第7号(1948/01/26、23期)

ただいま降旗さんの私に対する御質問――電力の問題、それから石炭の問題、中小企業の問題、これら三つをお答えいたします。二十二年度の発電実績は、一部の推定を含めまして、水力二百八十億キロワット時、火力二十億キロワツト時、合計三百億キロワツト時程度と考えられるのでありまするが、來年度は、極力水火力発電施設………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/01/28、23期)

ただいま北さんから、本年度の肥料生産計画に対して御質問がございましたが、本年度とここで申し上げます場合は、目下実施中の、本年一月から七月までの、いわゆる春肥の生産計画でありまして、硫安六十六万五千トン、このうちには石灰窒素十一万三千トンを含んでおりますが、それと過燐酸石灰六十三万トンの生産を目標とす………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第28号(1948/03/22、23期)

浅沼君の電力並びに肥料に関する御質問に関してお答え申し上げます。浅沼君はまず第一点といたしまして、電氣事業の経営形態の問題に関して御質問をされたのでありますが、この問題は、三党政策協定におきまして、電氣事業の一元化という言葉で現われているのでございますが、この電氣事業の一元化という問題がどういう結論………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第29号(1948/03/23、23期)

川崎議員の私に対する御質問にお答えいたします。第一の点は、炭鉱国家管理の準備状況についての御質問でございましたが、これはおそらく一、二の新聞において、事実に相違いたしまして、炭砿国家管理の準備が一向はかどつておらないというような記事が出ましたに対して、川崎君も御質問されたと思うのでありますが、その点………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第34号(1948/03/29、23期)

加藤さんの私に対する質問は二点でありましたが、質問の第一点は、現在綿製品の逼迫しておるにかかわらず、大阪に約百五十万着のメリヤス・シャツが輸出不合格品として滞貨されておるが、これに対する政府の責任の問題でございます。問題のメリヤス・シャツは丸首シヤツでありまして、これは輸入綿花を原料とするものであり………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第35号(1948/03/30、23期)

徳田君の貝島炭鉱の爭議についての御質問にお答えいたします。貝島炭鉱会社の炭鉱分離問題につきましては、本來労質問で解決さるべき問題でございまして、官廳の関與するべきものでないのでございますが、労働組合側の切なる要望によりまして、石炭廳は、現地商工局をしてその解決のための斡旋を行わせることといたしまして………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第49号(1948/05/25、23期)

ただいまの田口議員の御質問中、商工大臣に関係のあると思われる部分につきましては、御答弁を申し上げたいと思います。政府が本年春肥といたしまして農村に公約いたしました稲肥反当、窒素肥料、硫安といたしまして五貫五百目、燐酸肥料、化燐酸石仄二貫目を履行いたしますためには、本年一月から七月までの期間に起きまし………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第52号(1948/05/29、23期)

電源の開発が、將來の日本の産業振興の上におきまして、きわめて重大なるものであることは、ただいま今村君の御指摘の通りでございます。しかしてこれが開発は、今村君御指摘のように、治山治水の点も考慮せねばなりませんが、また他面、その経営面と有機的に一体をなしつつ取り進めることも、また最も必要であると思うので………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第55号(1948/06/04、23期)

多賀議員の御質問にお答えいたします。鉄鋼が日本経済再建のために不可欠の基礎物資であることは申すまでもないのでございまして、商工省といたしましても、決してこれが生産を軽視しておらないのでございます。特に御案内のように、本年度は経済再建計画の初年度にあたりまして、引続き石炭の増産、電力の補修、輸送力の増………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第57号(1948/06/07、23期)

小坂君の私に対する質問は、企業の合理化、賃金安、復金融資の三点でございますが、この問題に関しましては、すでに大蔵大臣、経済安定本部長官がお答えになりましたので、私から繰返し御答弁することは差控えたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第59号(1948/06/09、23期)

本間さんの私に対する御質問にお答えいたします。中小企業の問題は、あなたも御指摘の通りに、單なる経済上の問題ではなしに、実にゆゆしい社会問題までに発展しているのであります。しかしその対策は、あなたもまさに御指摘されましたように、何と申しましても中小企業が、中小企業なるがゆえに資金・資材の面において不平………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第70号(1948/06/25、23期)

神田君の御質問にお答えいたします。最初にお尋ねいたされました三菱勝田炭鉱におきまする災害事件は、まことに遺憾なことでございまして、商工大臣といたしましても非常に心を痛めておる次第でございます。商工省といたしましては、早速係官を派遣、調査いたしまして、ただいま判明したところによりますと、事故の原因は、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第3回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  23期通算   3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

経済安定委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16