国会議員白書トップ衆議院議員高瀬伝>26期国会活動まとめ

高瀬伝衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2733文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4417文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   7150文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第26号(1953/07/22、26期)

ただいま上程されました恩給法の一部を改正する法律案に対する自由両党並びに改進党の三派共同修正案に対し、改進党を代表して賛成の意を表するものであります。(拍手)そもそも軍人に関する恩給は、昭和二十年十一月二十四日総司令部覚書によるわが政府勅令第六十八号、すなわち恩給法の特例に関する件によつて廃止または………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第45号(1954/05/07、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、ただいま本会議に上程せられておりまする防衛庁設置法案並びに自衛隊法案に関しまして賛成の意を申し述べるものであります。(拍手)御承知の通り、わが改進党に索きましては、独立後の日本の置かれたる立場を十分認識いたしまして、かねてから国力に相応した自衛軍備の創設を主張して今日………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 21) 14回発言  30952文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  3回発言   6308文字発言
 第18回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  4回発言   6115文字発言
 第19回国会 49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員  2) 26回発言  75097文字発言
 第20回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  2回発言    851文字発言
 第21回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  1回発言    426文字発言

  26期通算  96回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 60 委員 36) 50回発言 119749文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 25) 37回発言 102047文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  8) 13回発言  17702文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第18回国会)
 内閣委員会理事(第19回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第19回国会)
 内閣委員会理事(第20回国会)
 内閣委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1953/05/29、26期)

委員長の互選は投票を用いず、森三樹二君を委員長に推薦いたします。右動議を提出いたします。本席を委員長にお譲りいたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/07/01、26期)

私もただいまの大村委員の説に賛成です。これでは選挙が非常に複雑怪奇になつてやりにくい。ちよつと速記をとめてください。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/05/26、26期)

これを一年間延ばしたという理由、大体引揚げが完了するというお見通しのようでありますが、ソビエトの方からの引揚げ、あるいは中国方面からの引揚げ、それらの点についてどんなふうに進行しておりますか。一年間た…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/06/26、26期)

ただいま鈴木義男君からいろいろ質問がありましたから、保安庁長官の考えている思想の全貌は私はいささかわかつたような気がします。しかしながら、保安隊というものは主として国内治安の維持にある、場合によつては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/06/27、26期)

ただいまの島上君の質問に関連して一言伺いたいのですが、大体昨日の国会における内閣の発表によりましても、あるいは総理の言明によりましても、MSA援助を受けることは明らかな事実であろうと思います。そういた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1953/06/29、26期)

ただいま同僚議員辻君からいろいろ釈明がありました。それに対して社会党の鈴木、中村、島上の三君からいろいろ御意見の開陳がありましたが、私はこの速記録を見まして、辻君に一言伺いたいことは、先ほどの釈明と関…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1953/07/03、26期)

私は二、三保安庁長官に質疑を行いたいと申います。二、三日来なかなか保安庁長官の所見をただす機会がなかつたのでありますが、昨日も本日も懸案になりたいわゆる秘密会の問題についてでありますが、なぜわれわれが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1953/07/08、26期)

この海外移住局の設置につきまして、この提案の理由並びに説明書を拝見いたしますと、依然としてわれわれの同僚議員であり、先輩である上塚司先生あるいはこの松原という人はどういう人か知りませんが、この人たちの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1953/07/09、26期)

私は外務省提出の海外移住局設置の本案に賛成の意を表するものであります。なるほど設置理由説明書の中には、私が昨日の質問において指摘しましたように、積極的施策の見るべきものがないという点は非常に遺憾の意を…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1953/07/10、26期)

私は改進党を代表いたしましてこの保安庁法の一部を改正する法律案に対して賛意を表するものであります。先ほど自由党の平井委員より申し述べられましたように、この法案を改正するに至つた原因と動機を考えてみま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1953/07/11、26期)

私は改進党の立場から一言緒方副総理に御質問申し上げたいと思います。先ほど高橋議員からこの恩給に対する政府の根本的考え方について質疑があつたようでありますが、私もこの問題について、まず政府が今回の恩給…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1953/07/15、26期)

大分論議がかわされましたが、私は、この旧軍人恩給の問題について、はつきりと今回の改正は過去の恩給権の復活だという立場をとつて、今後論議を進めて行きたいと思います。この前緒方副総理は潜在的恩給権の復活と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1953/07/17、26期)

実は前会の内閣委員会におき摂して、改進党のいわゆる修正的立場について、各項月別に三橋恩給局長に質疑いたしましたが、今回われわれが最も重要に考えておりますところのその項目について、三、三副総理に政府の所…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1953/07/21、26期)

私は改進党を代表いたしまして、本案に賛成するものであります。まず行政機関職員定員法の一部を改正する法律案について申し上げます。定員法改正の主要点は、各行政機関の事業計画に即応して、必要やむを得ない増…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

私はちよつと角度をかえて伺いたいのですが、こういう自治庁の選挙部長から各都道府県の選挙管理委員会の委員長に出した通達などは、結局来年度選挙人名簿を適当に調製する、こういう目的で出したわけなんですね。そ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/11/02、26期)

簡単に自治庁に伺いますが、この六月十八日の通達を出すに至つた根本的な理由を、重複するかもわかりませんが、簡単に説明していただきたい。これらに対しては別にお考えはありませんか。また、もしそういう考えが…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/11/07、26期)

実は私はこの行政制度改革に関する小委員会の委員に選ばれておるのでありますが、今後審議を継続するにつれていろいろ問題があると思うのですが、根本的にこの際塚田大臣に伺つておきたいことは、この行政制度改革に…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/12/04、26期)

選挙制度の調査委員会の答申をまつてから、われわれこの問題について党議をまとめて所見を述べたいと思いますから、本日はこれで打切りにお願いいたしたい。次会は公報をもつてお知らせいたします。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/12/07、26期)

この前公職選挙法の一部を改正する法律案、特に学生の選挙権の行使の問題について、自治庁の通達を法律によつてこれをいたし、その前提として、選挙制度調査委員会の答申を待つて、すみやかに成規の手続をしてほしい…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/05、26期)

ところでこの前の国会においては、木村長官初め政府は、全然直接侵略に対しては増強はやらないということを言つておられましたが、ただいまのお話ですと、内外の状況にかんがみて直接侵略に耐え得るような自衛軍も持…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/07、26期)

私は改進党を代表して、保安庁職員給与法の一部を改正する法律案に対しましで、いささか反対の意を表するものであります。と申しますのは、実はわが党の今回の補正予算に対する党の根本的態度は、諸君御承知の通り、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1954/02/01、26期)

ただいまの鍛冶委員の御質問にちよつと関連しますが、去年の六月十八日かの自治庁の通達によつて、学生生徒に関する選挙法を地方の選挙管理委員長あての通達で改正しようとした、その問題を契機にして学生諸君が盛ん…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1954/02/19、26期)

ただいま島上君並びに原君の方から御提案がありましたが、改進党といたしましても、この際この選挙法の改正について抜本塞源的に根本的に改正することにはしごく賛成であります。どうしてもやはり、こういうふうない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1954/03/09、26期)

これは趣旨はなかなかけつこうでありますけれども、たとえば教員組合とか労働総同盟とか、そういうふうな団体は非常にたくさんの金を擁して、大きく言えばそれこそ一億とか二億。それで、この前の選挙のときに、三千…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第10号(1954/04/28、26期)

私はただいま伺いまして、参考人各位の御意見を拝聴せずに意見を述べるのは失礼でありますが、政治資金規正法と公職選挙法のいわゆる連座制の改正について、多少私どもの立場から率直に意見を述べてみたいと思う。こ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第12号(1954/05/20、26期)

これを一々読んだんでは議事の審議に支障があり、しかももつと整理してそれを代弁すればいいのであつて、これを一々読むことは、国会の議事進行に非常な障害になるから、ぼくは反対だ。何も公式に読めと言つておるの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、ただいま上程されておりますところの公職選挙法の一部な改正する法律案の原案に対しまして、鍛冶良作君より提出されました修正案に賛成いたし、その他の部分に対して賛成の討論を行…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1954/02/24、26期)

本日宮内庁長官に出席を求めましたところ、ここに見えておられますので、いささか宮内庁関係の問題について質疑をいたしたいと思います。特に今年の新年早々起きましたあの二重橋の事件は、われわれ国民としても非常…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1954/02/25、26期)

ただいまの辻君の質問に関連いたしまして、私は一言所懐を述べたいと思うのであります。なるほど李ラインにおいて、フリゲート艦でありますか、巡視船でありますか知りませんが、それが何ら抵抗もせずに韓国の方に拿…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1954/03/03、26期)

ただいま松前君からいろいろ詳細な御説明がありましたが、私は実はこれを伺つてピンと来ない。どういうことをどういうふうにおやりになるかということが、たびたび伺つてもさつぱりわからないのです。私は頭が少し変…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1954/03/18、26期)

ただいま平井君より提案になりました恩給法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案の審議に際しまして、これに関連して国有鉄道の厚生局長にその所見を伺いたいと思います。まず、実はただいま当委員会に対し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1954/03/20、26期)

大臣が来る前にちよつと大野木次長に伺いますが、第二条一項の内訳表というもので、大体その増減の内容は私もわかりました。しかしこれがただ各官庁内の事務的な廃合整理ということであつて、かねがね塚田長官が声明…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1954/03/22、26期)

この別表の内訳の説明を今大野木次長から伺いまして、事情もよくわかりましたが、私は三つだけ聞いておきたい。この総理府の人員整理の方針には老朽陶汰、昔あつたいわゆる新陳代謝、こういうような意味が含まれて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

私の質問は、先ほど平井委員の言われたことに実は関連をしておるのですが、学芸大学をつくつて先生を製造した、ところが就職口がない。これは学芸大学のみではないと思います。あらゆる日本の大学に共通の問題、特に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1954/03/25、26期)

ただいま石田官房長からいろいろ伺いましたが、大体この人員の整理というものが、内閣の政治的圧力か何か知りませんが、各省に天引きでこのくらい減らせというようなことを言つて来られた。それで事務当局の首脳部で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1954/03/30、26期)

今回提出されました行政機関職員定員法の一部改正法律案の定員の問題につきまして、政府当局並びに事務当局から長い間にわたつてわれわれはるる説明を聴取いたしました、従つてこれらの問題につきましては種々意見が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1954/04/10、26期)

実は私はこの法案について、当然審議に入る前に吉田総理あるいは代理の緒方副総理が進んで当委員会に出席いたしまして、その政府の意のあるところを述べ、われわれの質疑に答えるのが当然の義務であると考えておりま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1954/04/12、26期)

一昨日に引続きまして質問に入る前に、木村保安庁長官に、この自衛隊の性格について――この間緒方さんには伺いましたが、あなたに直接、重複はいたしまするけれども、確かめておきたいことがあるのです。まず第一…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

私は改進党の立場から吉田総理に対して二、三特に重要な問題について伺いたいと思うのであります。まず第一は自衛隊と憲法に関する関係であります。政府は本委員会におきして、終始一貫して自衛隊は戦力でない、従…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第33号(1954/05/15、26期)

先ほどの平井君の御意見にも関連して申し上げますが、今回付議されておる議案は大したものではないと言われますけれども、私は大したものだと思う。ことに恩給法の一部を改正する法律案の中に、戦犯にして処刑された…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第34号(1954/05/17、26期)

実はこの恩給問題については、その後の経過あるいは方針等について多々政府に質疑をしたい点がございますが、とりあえずまず事務的なものから先に三橋恩給局長に質疑をいたしたいと思います。特にこの恩給法が施行さ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1954/05/20、26期)

今回政府によつて提出されました恩給法の三都を改正する法律案の審議にあたりまして、われわれは政府の意のあるところは重々これを了とするものであります。特にその法律案の要項の中で四項目ばかりその趣旨が掲げて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第37号(1954/05/21、26期)

本日ははなはだ突然でありますが、保安隊並びに警備隊の問題に関連いたしまして一、二木村保安庁長官の所見を伺いたいと思います。昨日参議院の方の内閣委員会において木村長官は非常に重大なる発言をなされたそうで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1954/09/29、26期)

緒方副総理に今回の函館の洞爺丸事件について一言所見を伺いたいと思います。実は大体二つの点について政府の所見また北海道開発庁長官としての緒方副総理の意見を私は伺いたいと思うのでありますが、この事故の原因…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第43号(1954/09/30、26期)

ただいま緒方副総理から反民主主義活動対策協議会の設置の趣旨についてお話がありました。しかもこの協議会というものは閣議決定に基く事実上の機関であるというような趣旨の御説明と、この協議会はまだ何ら活動をし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第46号(1954/10/07、26期)

先ほど来緒方副総理がいろいろ反民主主義活動対策協議会について説明されました。それによります。と、その内容が内閣における事実上の機関であつて、一種の懇談会式のものである、しかもこの懇談会においていろいろ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1954/10/27、26期)

先ほど来の飛鳥田君あるいは辻委員の質問に関連いたしまして、私はこの予算の規模についてちよつと伺つてみたいと思う。実はけさほど来木村長官のこの防衛庁の三十年度の予算の説明を伺いましたが、この予算面の総…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/03、26期)

三浦法制部長にお伺いしたいのですが、この改正の中で、政談演説と選挙演説というものは、一体、どういうものを標準にしてこれの区別をつけるのか、その点を伺つておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1954/12/06、26期)

私は日本民主党を代表いたしまして自衛隊法の一部を改正する法律案に対して賛意を表するものであります。先ほど平井君から申されました通り、これは国会休会中に政府が自衛隊法に基いて政令をもつて処置した事項であ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/17、26期)

ただいまの恩給法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案の問題につきましては、わが党は前からこの機関車の従事員あるいはその他特殊勤務に従事しておるところの公務員に対して特段の配慮をすべしという立場に…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22