山口好一衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2675文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   2675文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第32号(1953/07/30、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま議題となつております一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に対し、賛成の意を表明するものでございます。以下、その理由を申し上げます。賛成理由の第一点は、本案が教育職員に対しての全面的な優遇の道を講じておることであります。教育の重要性についてはいま………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  3)  6回発言   9098文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言    964文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 11)  9回発言  11489文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員 15) 16回発言  21551文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 53 委員 12) 13回発言  14325文字発言

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  3回発言   7226文字発言

 経済安定委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第16回国会)
 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会理事(第16回国会)
 人事委員会理事(第17回国会)
 人事委員会理事(第18回国会)
 人事委員会理事(第19回国会)
 人事委員会理事(第20回国会)
 人事委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第3号(1953/05/23、26期)

今の問題に関連しまして、憲法第五十四条第三項に「衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。」こう厳と規定がしてあります。もし同意がない場合の効力については、事はなはだ重大である。この同意が得られなか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第5号(1953/05/26、26期)

吉田総理に三、四点御質問をいたしたいと思います。現在の日本の政局でありますが、これは、首相におかれましても、すこぶる不安定な状態にあるということはお認めになるところであろうと思います。この政局の不安定…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第6号(1953/05/27、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和二十八年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外六件に対しまして、賛成の意を表するものであります。しかしわれわれは、吉田内閣の施政その他に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/06/18、26期)

この問題は、要するに政府がほんとうに官公吏のために、その生活をいくらかでも向上せしむるために、ここでとりはからつてやろうという、その熱意が私は根本だと思います。ただいまの事務当局並びに官房副長官などの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1953/06/19、26期)

大蔵大臣のただいまの御答弁を聞いておりますると、結局現段階では出せないというようにも聞えるのであります。しかしなお考慮しておるというので、官公署の諸君がここにぜひ出していただきたいという一抹の期待をか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1953/07/27、26期)

軽石さんあるいは森本さんどちらでもけつこうですが、この御提出の資料の七ページに、「高校は校長になる率が少く校長給の加算を受ける者は少い」、そうして、「校長になり得る数の割合」としまして、小学校が五人に…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/11/04、26期)

最後に簡単に一言お尋ねいだし、かつ希望を述べたいと思います。だんだんと皆さんの御熱心な御質問及び政府当局その他のお答えを拝聴したのでありますが、要は歳末に向いまして官公吏諸君の生活が、一面漸次上昇する…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1954/03/13、26期)

本法案につきまして二、三の点について簡単に提案者に御質問いたしたいと思います。この法案は、中村高一君その他の同僚諸君の熱心な御研究のもとに御提案になつたものでありまして、一応敬意を表するものでありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1954/03/25、26期)

この議員提出の法案として提案されております特定の公務員の営利企業等への関与の制限に関する法律案、これに関連いたしまして、人事院総裁及び法制局の局長などにお尋ねをいたしたいと思うのであります。第一に私…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1954/04/07、26期)

今回の人事院制度を人事委員会制度に改組するという問題、これも相当重要な問題であろうと思います。委員各位からいろいろ傾聴すべき御質疑がございましたが、私はやはり先ほど郵政大臣などが御答弁になりましたよう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1954/04/12、26期)

時間が迫りましたので簡単に質問をいたします。前回の委員会におきまして給与関係についてお尋ねしたのですが、公労法の適用を受けます人々と、一般の公務員との間の給与の間に最近非常な矛盾を来しておる、不公平な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第17号(1954/04/23、26期)

加藤国務大臣にこの際特に御質問いたしまして、確認を得ておきたいと思う事、項がございます。これについて質問をいたします。それは、わが自由党といたしましてつとにこの問題については関心を払つておりましたの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第18号(1954/04/28、26期)

修正案を提出いたします。まずその案文を朗読いたします。特定の公務員の営利企業等への関与の制限に関する法律案に対する修正案会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第19号(1954/05/07、26期)

ただいま各委員の御心配になつておられます事柄を、裏の方から御質問いたしたいと思うのであります。この法案が通過いたしますれば、あるいは政府としては、さつそくにもこのアンバランス是正のために、第三条に基き…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第21号(1954/05/12、26期)

本案につきまして後に述べますような理由でここに修正案を提出いたします。修正案の案文を朗読いたします。国の経営する企業に勤務する職員の給与等に関する特例法案の一部を次のように修正する。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第28号(1954/08/19、26期)

関連質問。ただいま永田君からだんだん御質問がありまして、ある程度明らかになりましたが、要はお答えの方は、いわゆる容疑という程度で慎重にやつておる、こういうお答えのように聞いたのであります。そこで郡司幸…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22