山村新治郎(10代目)衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2667文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   2667文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第21号(1953/07/11、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま議題と相なりましたる電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律案に対して、わが党の労働問題に対する立場を明らかにしつつ討論を行わんとするものであります。ただいま委員長より御報告のありましたるごとくに、労働委員会におきまして、わが党は本法の有効………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  5)  5回発言  15086文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  3回発言   9406文字発言
 第20回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  1回発言     25文字発言
 第21回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  2回発言   5438文字発言

  26期通算  52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 23) 11回発言  29955文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  3)  5回発言  17973文字発言

 議院運営委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  3)  3回発言   2576文字発言

 大蔵委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言   3532文字発言

 文部委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   5874文字発言

 地方行政委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 労働委員会理事(第16回国会)
 地方行政委員会理事(第16回国会)
 労働委員会理事(第17回国会)
 労働委員会理事(第18回国会)
 議院運営委員会理事(第20回国会)
 議院運営委員会理事(第21回国会)
 労働委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号(1953/07/31、26期)

この問題について、実は第十四控室自由党として重大な問題を発表したい。なぜかといえば、現に予算委員会が開かれておつて、この予算委員会において総理並びに各閣僚に、わが党といたしましても、三木氏が質問するこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1953/08/01、26期)

私どもは、この国会の運営が、なるべくなごやかに進行されるようにということを希望して、昨日来行動をとつて参つたのでありますが、今椎熊君から議事進行についての御発言がありました。これは練達の椎熊君の御発言…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1953/07/02、26期)

関連して、ただいま労働大臣の参議院における答弁の問題について、熊本委員から御質問がございましたが、大臣は、この問題については、まず前段において、いろいろな答弁中、不十分な言辞があつたら取消すということ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1953/07/10、26期)

時間がありませんので、二、三点大臣にお伺いしたいと思います。ただいまの各委員との応答を聞いておりましても、たびたび大臣から答えられておりますが、この法律案は、あくまでも今までの法律案の確認規定である…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第12号(1953/07/11、26期)

私はわが党より提出いたしました修正案の趣旨弁明をいたしたいと存じます。まず案文でございますが、簡単でございまして、附則二項中「三年」とございますのを「一年」に改めるというのでございます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1954/04/08、26期)

私は日本自由党を代表いたしまして、本法案の修正案に賛成の意思を述べんとするものでございます。この法案は、昭和二十九年度予算との関連性を持つところの重要法案でございます。従いまして二十九年度の予算を成…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第68号(1954/08/10、26期)

各委員の諸君から税務署の個々の国民の不満の声を表明せられておりまするが、実際にこの類例をあげましたならば、おびただしいところの税務署員の横暴あるいは違法等が発見されるのじやないかと私は思います。そこで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1954/03/18、26期)

すでにあらゆる角度からいろいろ御質問がございましたので、わが党としては後刻松田竹十代君から質問があるはずであります。従つてわが党の持ち時間は松田竹十代君にある程度質問の応問があることを前提として、私は…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1954/12/04、26期)

きようの日程に上るものは、大体全会一致のものですね。それでは、本会議の開会は二時半でいかがでしようか。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1954/12/16、26期)

私はこの際、大臣のごあいさつに関連いたしまして、重要問題並びに当面の問題といたしましての公共企業体の年末手当の問題に言及をいたしまして、一、二点お尋ねをいたしたいと思います。さて、ただいま大臣のごあ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1954/12/17、26期)

私の質問に関連して島上君から御質問があつて、それに対する大臣の御答弁があつたのですが、もとより組合員の自由意思を尊重すべきことは、民主主義下においては当然のことだろうと思うのです。この点につきましては…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22