松原喜之次衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  1回発言   5818文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   5818文字発言

本会議発言一覧

第21回国会 衆議院 本会議 第8号(1955/01/23、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府の一般経済並びに財政金融政策に関する質問を試みんとするものであります。(拍手)今回、政府は、総合経済六カ年計画を策定して、みずから長期の見通しをもつて総合的な計画を明らかにし、経済の拡大発展と完全雇用の達成をはかる旨を発表いたしましたが、この構想を見まするのに………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  7回発言  20391文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 20)  9回発言  25098文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  1回発言   3140文字発言
 第21回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  5)  2回発言   4366文字発言

  26期通算  67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 49) 19回発言  52995文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  7回発言  20391文字発言

 予算委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  3回発言  20165文字発言

 経済安定委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  0)  7回発言   8073文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   4366文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 経済安定委員会理事(第19回国会)
 経済安定委員会理事(第20回国会)
 経済安定委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1953/06/27、26期)

ちよつと関連して一、二お伺いしたいのですが、まず第一番に国鉄の当事者が常に強調しておられますように、デイーゼル・カーを広く使用する、あるいは電化を行うということによつて、採算を改善することができるとい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1953/06/29、26期)

両法案ともきわめて技術的なものであつて、ほとんど質疑の要も、討論の要もないと思いますから、この際質疑、討論ともに省略しまして、ただちに採決されんことを望みます。これより両案を一括採決いたします。両案…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1953/07/06、26期)

関連して――。非常にこまかい問題ですが、保険の問題でちよつとお伺いしたい。十万円について四十銭という保険料率であるというお話でございましたが、まず第一番にこの料率は自由に許してあるものであるかどうか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1953/07/10、26期)

私は直接この改正法律案の各条文に関連することではありませんが、自動車運送ないし運転、広い自動車運転行政についての二、三の質問をいたし、政府のお考えを承りたいと思うのであります。そこで最初にお伺いした…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1953/07/17、26期)

ほんの少しばかり修正案に対して質問をいたします。この修正案の十条の二項によりますと、一割配当までは特別の取扱いをすることになつております。今日民間会社が二割とか、ひどいのは五割というような配当をやつて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1953/07/18、26期)

関連してお伺いしますが、イギリスの場合には一〇〇%政府出資であつて、その重役は政府の任命になつている、こういうことでありましたが、そうすると、それは公企業の形態になつているのか、日本の法律とすればどう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1953/07/25、26期)

この外航船舶の利子補給法は、ひとり運輸省に関係するだけでなしに、言うまでもなく通産省、大蔵省、経済審議庁等にも相当関連する重大問題でありますから、われわれが質問をなす場合におさまして、それが各省に関連…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第3号(1954/02/17、26期)

よい機会でありますから、この際簡単に一点だけお伺いしておきたいと思います。わが国では、非常に悲境にあるところの国際収支の間で輸入為替が割当てられておることは御承知の通りであります。しかるにいろいろの業…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第10号(1954/03/19、26期)

ちよつとお尋ねしたいのですが、最後の第三表、これに見合う戦前の標準年次のものはありませんか。午後は一時より引続いて参考人より意見を聴取いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第11号(1954/03/23、26期)

まずお伺いいたしたいことは、この前の本委員会において、電力の需用者側の参考人に来ていただきまして、いろいろ御覧を承つたのでありますが、その際に各方面の方々が示された今回の値上げによる影響、すなわち言い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第15号(1954/04/06、26期)

貿易のリンク制の問題でありますが、今聞いたのは、大体原材料の輸入とそれによる製品輸出のリンク制を主としておる、それから市場リンク制というものを考えておるというお話でございましたが、輸入外貨を割当てられ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第20号(1954/04/23、26期)

先ほど輸入金融については、第二次高率のために逆ざや二厘くらいついているというお話でありましたが、原資と貸出しの間において、どの原資をどこに貸したということをはつきりきめるわけには参りませんが、かりにこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第26号(1954/05/21、26期)

関連して……。道路局長にお伺いいたしますが、アジアの従来の植民地、ことにフィリピンを見てみますると、堂々たる道路がごく短距離だけについておつて、その道路から一たび足が横に入ると、たちまち原始的な道路し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第27号(1954/05/25、26期)

先ほどの富谷説明員の御説明によりますと、愛知用水の計画全体に要する資金が二百四十四億円で、その一部を直接世界銀行の外資に仰ぎ、残りの部分は余剰農産物の見返り資金に仰ぎたいという御計画を御説明になつたの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1954/02/20、26期)

私は、まずもつて小坂労働大臣に一、二の簡単な質問を申し上げたいと存じます。最初に、労働大臣の賃金に対する認識の問題であります。と申しますのは、労働省の長としてあられる小坂労働大臣の賃金全般に対する認…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1954/04/14、26期)

昨日改進党の河野金昇君の質問に対して、吉田首相もまた緒方副総理も、政局の安定は国民の希望であるということを申されまして、だから保守合同なりあるいは保守新党なり、これを実現して国会内に絶対多数を擁し、安…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1954/12/04、26期)

私はこれより両派社会党並びに労農党を代表いたしまして、三党共同提出にかかる昭和二十九年度一般会計、特別会計及び政府関係機関の補正予算に対する組みかえ動議に関し、その提案説明をいたさんとするものでありま…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/15、26期)

それではきわめて簡単に御質問を申し上げます。まず第一点は、御承知のように、前内閣は、その外交方針といたしまして、経済外交あるいは通商外交に重点を置いてやるのだということを呼称して来られたのである。し…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/16、26期)

私は小川委員と多少違つた立場から御質問を申し上げたいのであります。ということは、もとより、すべての政策にわたつてわれわれと石橋通産大臣が同じような見解を持ち同じような立場に立つということは、これはもち…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22