中村梅吉衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2647文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  4回発言  13583文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  5回発言  16230文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第11号(1953/06/23、26期)

私は、社会党両派の提案にかかる公労法改正案並びに政府より提案されておりますスト規制法案に関連いたしまして、ごく簡潔に二、三の点について政府に質疑を試みたいと思うのであります。まず第一に、政府にただしたいことは、従来公労法の運用については、政府の施策に遺憾の点があつたのではないだろうかという点について………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第10号(1954/02/16、26期)

すでに質疑の要点は大体尽された感がありますので、私は、日本自由党を代表いたしまして、きわめて簡潔に二、三の点について質疑を行いたいと思うのであります。今度の警察制度の改革にあたりまして、世間ではいわゆる角をたわめて牛を殺すがごとき愚をあえてするなという警告を発しておるのであります。確かに従来の二本建………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第18号(1954/03/11、26期)

すでに重要なる数々の点について質疑がかわされておりますので、私はこの際、日本自由党を代表いたしまして、きわめて簡潔に若干の質疑を試みたいと思うのであります。ただいままでに憲法との関係についていろいろ論議をされました。しかしながら、政府の答弁を聞いておりますと、MSA協定と憲法との関係については、どう………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第27号(1954/03/26、26期)

すでに各党代表諸君によりまして、いろいろな角度から論議が尽されておりますので、私は、日本自由党を代表いたしまして、でき得るだけ簡潔に、わが党の立場において申し述べておきたい骨子を大体述べまして、本案の委員長報告に賛成の意を表明いたしたいと思うのでございます。(拍手)教育の政治的中立性の確保ということ………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第45号(1954/05/07、26期)

私は、ただいま議題となつておる防衛二法案について、日本自由党を代表いたしまして、努めて簡潔に賛成の意を表したいと存じます。この防衛二法案の審議を通じまして、防衛二法案と憲法との関係についてはいまだ割切れないものを残しておりますことは、私どものまことに遺憾に存ずるところでございます。しかしながら、今日………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 12) 11回発言  19153文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  4回発言  14473文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  1回発言   1861文字発言
 第19回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  3回発言  17599文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  0回発言      0文字発言

  26期通算  61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 36) 19回発言  53086文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  9)  5回発言  28431文字発言

 電気通信委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  0)  4回発言   5257文字発言

 内閣委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  6)  4回発言  11117文字発言

 決算委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   4220文字発言

 法務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  0回発言      0文字発言

 文部委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   2577文字発言

 議院運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言   1484文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第16回国会)
 文部委員会理事(第16回国会)
 電気通信委員会理事(第16回国会)
 予算委員会理事(第17回国会)
 予算委員会理事(第18回国会)
 法務委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1953/10/26、26期)

ただいま改進党の御意見を拝聴しましたが、改進党の意見はよく理解することができます。とにかく第十六国会を終了して、政府は長長と臨時国会を開かなかつたにかかわらず、改進党が主として努力されて、とにかく臨時…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

会期の問題をわれわれが決議する前提として、この国会は世間で救農国会ということを言われております。しかしながら災害、冷害の問題だけでなく、現下の重要な問題がたくさんあります。たとえば李承晩ラインの問題に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第5号(1953/05/26、26期)

主として、私は外務大臣に聞きたいと思いますが、なるべく早く出席してもらうように委員長からおとりはからい願います。便宜上続行いたします。私は、戦犯者釈放の問題について、政府の所見をただしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 電気通信委員会 第4号(1953/06/24、26期)

私はまず第一に委員長にお願いを一つ申し上げたいと思います。この電話料金値上げの問題は、今も甲斐君からお話のように、世間に非常に大きく影響を及ぼしでおるので、この委員会でこれをきめるについては十分慎重な…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 電気通信委員会 第5号(1953/06/25、26期)

原君の質問に関連して、忘れないうちにちよつと伺つておきたいと思います。先ほど梶井総裁から、今後とも公社債並びに政府資金の拡大に努力して行くというお話でありましたが、今年の春提案されたときの料金引上げ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 電気通信委員会 第7号(1953/06/30、26期)

小池さんに、PBXの今度民営を認めることに原案でなつておりますが、この点について一番PBXの使用度の高い業界にいらつしやるので、御意見を拝聴できれば仕合せだと思います。大いに賛成という御意見ですか、あ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 電気通信委員会 第16号(1953/07/21、26期)

私は第十四控室の自由党を代表いたしまして、ただいま議題になつております各案について、改進党並びに自由党両派、三派共同提案の修正案に賛成の意を表するものであります。但しこの賛成をするについては、三項目…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/06/27、26期)

先ほど来島上君の要望にかかる事項は、結局私は保安隊の性格に根本を置いていると思う。保安隊が外敵に備えるものならば、ただいま辻君の言われた意見もあるいは成り立つかと思うのであります。長官の今まで言われて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1953/06/29、26期)

今島上君のお尋ねになつておつた点から先に伺いますが、アメリカに留学する着目四十三名を予定しておるという次長からの御答弁でしたが、百四十三名は、その一部がすでに行つておる、これから行く者も合せて百百十三…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/07/22、26期)

私は自由党、但し第十四控室の自由党を代表いたしまして、ただいま議題になつておる公立学校施設費国庫負担法案並びに修正動議に対して賛成の意を表するものであります。現在地方費負担の中で、教育施設費が最も負担…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1953/07/27、26期)

私は暑い折柄ですから、ごく基本的な問題の二、三について文部省当局に所見を伺いたいと思います。大体見当がついておることでありますが、基本的に伺いたいと思いますのは、官立の大学、高等学校等の生徒一人当りに…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/10/29、26期)

質疑者は追つて御連絡いたします。わが党からも大蔵大臣並びに外務大臣に対する質疑をいたします。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1953/11/01、26期)

私は総理大臣に対する質疑を保留して、明日の適当の機会に委員長から許していただくという御了承が願えるならば、これから他の大臣に対する質疑を継続いたしたいと思います。まず第一に私が質疑を試みたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/11/02、26期)

まず第一に私が伺いたいことは、本会議の席上におきましてのわが党の石橋湛山氏が、国会が開かれたのにかかわらず、なぜ一体総理大臣は施政方針の演説をやらないのか、こういう趣旨の質問をされましたが、総理は忘れ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私は自由党鳩山派を代表いたしまして、ただいま議題となつております政府提出の補正予算案に対して賛成の意を表するものであります。若干これについて意見を申し加えておきたいと思いますがわれわれは災害対策の特…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/12/05、26期)

私は日本自由党を代表いたしまして、ごく簡潔に討論をいたしたいと思います。今回の補正予算の中心をなしております消費者米価の問題、ベース・アツプの問題等については、いろいろ検討すべき点は多々ございます。…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1954/03/30、26期)

私は日本自由党を代表いたしましてきわめて簡潔に討論をいたしたいと思います。行政整理をする必要があるということは、われわれも是認するところであります。しかしながら行政整理には、行政機構の改革ということ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

私は憲法とこの防衛二法案との関係について、政府にお伺いしたいと思うのであります。この問題は保守三党の防衛折衝にあたりましても、ずいぶん深刻に議論をいたしまた。しかしながら憲法と防衛との関係については、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1954/03/03、26期)

経済自立という問題は現内閣の重要施策の一つでもありますし、また国家的に最も重要な課題であると思います。かような観点から、私は経済自立の問題を中心に荘子政府の所見をこの機会にただしてみたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

農地法に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1954/03/09提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22