山口シヅエ衆議院議員 29期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


衆議院本会議(29期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  0回発言      0文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  0回発言      0文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  0回発言      0文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  1回発言   3311文字発言
  第41回国会(臨時:1962/08/04-1962/09/02)  0回発言      0文字発言
  第42回国会(臨時:1962/12/08-1962/12/23)  0回発言      0文字発言
  第43回国会(通常:1962/12/24-1963/07/06)  0回発言      0文字発言
  第44回国会(臨時:1963/10/15-1963/10/23)  0回発言      0文字発言

       29期通算   (1960/11/20-1963/11/20)  1回発言   3311文字発言

本会議発言一覧

第40回国会 衆議院 本会議 第44号(1962/05/06、29期)

私は、日本社会党を代表して、過ぐる三日、国鉄常磐線三河島駅構内に起こりました二重衝突の大惨事に関して、その原因と責任の所在並びに遺族と負傷者に対する慰めと補償の問題、及び今後の抜本的対策等につきまして、以下数点にわたり質問をいたします。(拍手)質問に入ります前に、皆様方とともに、この不慮の事故のため………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(29期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第37回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第38回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言
 第39回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第40回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  1回発言   2307文字発言
 第41回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第43回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   8940文字発言

  29期通算  41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  3回発言  11247文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  3回発言  11247文字発言

 地方行政委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第40回国会 衆議院 商工委員会 第35号(1962/04/25、29期)

この表示の方法、行政面になりますけれども、関連してちょっと伺っておきたいと思います。これを拝見しておりますと、繊維製品、合成樹脂関係の特に食卓用品、台所用具あるいは電気器具、また合成樹脂塗料、こうい…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1963/02/06、29期)

関連して一つ。ただいま割れ目の問題で質問が出ていたようでございますけれども、その鉄管の一部が今いろいろな面から調べられているというような過程にあるようですが、大体溶接した部分が割れ目を生じたのか、ある…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1963/02/13、29期)

私は、咋日大臣の御答弁の中にわずかに漏らされておりましたスーパーマーケットにつきまして、関連の質問をさせていただきたいと存じます。すでに昨日、わずかな御答弁ではございましたが、大臣には、今回小売業者…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(29期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22