和田博雄衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  1回発言   6746文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   2848文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言  10880文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言   3068文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  4回発言  23542文字発言

本会議発言一覧

第45回国会 衆議院 本会議 第6号(1963/12/10、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、本日行なわれました首相の所信表明に対して、外交上の基本的な問題に関して若干の質問をいたしたいと思います。(拍手)第一に、私の質問したいのは、ケネディ大統領死後の当面の国際情勢を政府はどう見るかということであります。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第17号(1964/03/26、30期)

私は、日本社会党を代表しまして、ただいま行なわれました国家公安委員長の報告に対しまして、若干の質問をいたしたいと思います。まず、質問に先立ちまして、日本社会党を代表いたしまして、ライシャワー米国大使に対する傷害事件につきまして、国民とともに遺憾の意を表したいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/01/27、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、先日行なわれました佐藤総理大臣の施政方針演説に対しまして、若干の質問をいたしたいと思います。(拍手)総理が、昨年の臨時国会におきまして、数回にわたって答弁の取り消しを行ないまして、その方針の動揺を隠しきれなかったのに比べますと、今度の演説では、日米会談の成果を誇示………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第2号(1965/10/11、30期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員池田勇人君は、去る八月十三日、東大付属病院において逝去されました。まことに痛惜の念にたえません。ここに、私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼のことばを申し述べたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言    520文字発言
 第49回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第51回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  30期通算  15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  1回発言    520文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  1回発言    520文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1964/04/22、30期)

関連して。ぼくもいまの問題でちょっと念を押しておきたいと思うのです。ぼくはしょっちゅうヨーロッパに行くのです、それから先進国も回るのです。そして公館の諸君が一番訴えるのは、山中君の言った教育の問題です…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22