大久保武雄衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  4回発言   3553文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  1回発言    440文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  5回発言   3993文字発言

本会議発言一覧

第51回国会 衆議院 本会議 第28号(1966/03/17、30期)

ただいま議題となりました二法律案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、裁判所法及び裁判所職員定員法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第32号(1966/03/25、30期)

ただいま議題となりました最高裁判所裁判官退職手当特例法案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最高裁判所の裁判官の地位の重要性や、その任用の特殊性等にかんがみ、最高裁判所の裁判官が退職した場合に支給する退職手当を増額するため、国家公務員等退職手当法の特例を設け………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第49号(1966/05/12、30期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近、借地借家に関する紛争が相当多数にのぼっているのにかんがみ、借地借家に関する紛争を未然に防止して当事者間の安定をはかるとともに、土地及び建物の合理的利用を促進する等のために、借地法、借………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第61号(1966/06/09、30期)

ただいま議題となりました執行官法案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、現行執行吏制度が今日の社会情勢にはなはだしく適合しなくなっている諸点を改善し、強制執行制度の適正円滑な運営を確保するため、従前の執行吏にかえ執行官を置き、執達吏規則及び執達吏手数料規則を廃………会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第5号(1966/12/19、30期)

ただいま議題となりました二法案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、一般の政府職員の給与を改正する法案が今国会に提出されているのでありますが、この二法案は、裁判官及び検察官についても、一般の政府職員の例に準じてその給与を改善する措置を講ずるため提出され………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 39)  5回発言  21633文字発言
 第48回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10295文字発言
 第49回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第50回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 45回出席(長 44 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  9回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第53回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  30期通算 115回出席(長 54 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 49)  6回発言  31928文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            54回出席(長 54 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40)  2回発言   5618文字発言

 災害対策特別委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  6)  4回発言  26310文字発言

 運輸委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 法務委員会委員長(第51回国会)
 法務委員会委員長(第52回国会)
 法務委員会委員長(第53回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 災害対策特別委員会理事(第45回国会)
 災害対策特別委員会理事(第46回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第8号(1964/06/09、30期)

私は、長雨災害を中心にいたしまして政府に質疑をいたしたいと考えておりますが、四月以降五月にわたりまして、九州全域並びに四国、中国の一部地域において、長雨、濃霧、高温多湿など異常気象の継続によって日照時…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第11号(1964/06/17、30期)

私は、昨日起こりました新潟地震に関する政府の対策につきましてお尋ねをいたしたい次第でございますが、まず、新潟を中心とした北陸、東北方面の諸県におきましては、冬場の豪雪に引き続きまして、今回激甚なる地震…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第12号(1964/06/25、30期)

私は最初に、当委員会におきまして、長雨災害の被害の甚大であること、並びに昨年の激甚なる災害に引き続いて本年と、連年裏作の激甚なる被害を受けておられる農家に対しまして、政府は特段の措置を講じ、すみやかに…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 大蔵委員会 第55号(1964/06/19、30期)

この際、委員長の許可を得まして、歩積み、両建て問題について、金融及び証券に関する小委員会における審査の経過並びに結果を申し上げます。歩積み、両建て問題については、去る二月十三日以降六月十日までの間に…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 大蔵委員会 第56号(1964/06/25、30期)

私は自由民主党、日本社会党並びに民主社会党の三党を代表して、歩積み、両建ての規制に関する件について、当委員会において次の決議をせられるよう動議を提出いたします。まず最初に、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第12号(1965/07/09、30期)

現地にさっそくおいでくださいまして非常な御苦労をいただきました谷川建設政務次官その他関係官に対しましては、災害地を代表いたしまして心から深甚の謝意を表する次第でございます。しかしながら、今回の災害は非…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22