吉村吉雄衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   3618文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   8075文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  2回発言  11366文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  4回発言  23059文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第29号(1964/05/12、30期)

私は、日本社会党を代表し、去る四月二十九日早朝、福島県を中心として、山形、宮城など、東北各県及び関東北部、長野県等を襲った未曽有の凍霜害に関し、その対策について総理大臣並びに関係大臣の所信をたださんとするものであります。(拍手)この際、私は、多忙をきわめておるこの時期に、あまりにも大きな災害をこうむ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

私は、ここに日本社会党を代表し、そして、いわゆる所得倍増計画の犠牲となって、物価高に苦しむ家庭の主婦、企業倒産に泣く中小個人商工業者、出かせぎをしなければ食っていけない、不安と疲弊に追い込まれた農民、すなわち、高度経済成長政策の生んだ明暗二相の、その日の当たらない谷間に追い込まれた多くの勤労庶民大衆………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第29号(1966/03/18、30期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま提案されました国民健康保険法の一部を改正する法律案に対し、質問をいたします。さて、国民健康保険法は、適用者総数約四千二百万人、全国民の四〇%に及び、わが国医療保険制度の大きな柱となっております。しかも、その適用者の四二・六%、千七百六十七万人の人たちは、農業経営者………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第40号(1966/04/14、30期)

私は、提案者を代表いたしまして、最低賃金法並びに家内労働法の両案につきまして、提案の理由及びその内容の概要を御説明申し上げます。(拍手)さて、申し上げるまでもなく、近代国家の目標は、そこに住むすべての国民に安定と希望と生きる喜びを与えることにあります。すなわち、言いかえまするならば、福祉国家の実現こ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  8回発言  98700文字発言
 第47回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2583文字発言
 第48回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  4)  6回発言  65708文字発言
 第49回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員  4) 17回発言 196484文字発言
 第52回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  3回発言  50238文字発言

  30期通算 136回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 80 委員 56) 35回発言 413713文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
           127回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 80 委員 47)  34回発言 402428文字発言

災害対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   1回発言  11285文字発言

物価問題等に関する特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

社会労働委員会理事(第48回国会)
社会労働委員会理事(第49回国会)
社会労働委員会理事(第51回国会)
社会労働委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1964/02/05、30期)

私はきょう、三十九年度の厚生省の予算、その社会保障費の関係の中で特に社会福祉問題に重点を置きながら、若干厚生大臣並びに関係当局者の意見を聞いておきたいと思うわけでございます。来年度の厚生省全般の予算…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1964/02/11、30期)

きょう私は労働行政の中で、特に雇用の問題について、大臣の所信あるいは関係当局の見解を承っておきたいというふうに考えます。労働省が発表いたしておりますところのすべての統計あるいは調査の資料、こういうも…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1964/03/17、30期)

ちょっと関連して質問させていただきます。難聴の問題についてはあとで日をあらためて私は少しやらしてもらうつもりでおったのですが、たまたまいま出ておりますから現在の法案の関係で少しお聞きしたいと思うわけで…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1964/03/24、30期)

中小企業退職金共済法につきましては、これが制定される当時、中小企業経営者はもとよりでありますけれども、零細企業で働いておる労働者等には相当期待感を持って迎えられたわけでございます。それ以来五年近くにな…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1964/04/14、30期)

ちょっと関連して、大臣の考え方をお尋ねをしておきますが、まず、仲裁委員会に移行をしたほうがいいではないかということを強調されておりますけれども、大臣はそれでは仲裁委員会で出される裁定、こういうものにつ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1964/04/15、30期)

非常に時間が制限をされておりますから、改正法案全般の問題についての質問はできないと思いますけれども、残った部分は保留をすることにいたしまして、一、二、時間の許す範囲で大臣その他関係当局の見解を聞いてお…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1964/04/16、30期)

きのう時間の関係で中断をしておきましたけれども、老齢年金の額の問題、福祉年金の関係ですけれども、これらにつきましては大臣から相当積極的な内容充実への決意の表明がありましたので、その実現を期待をいたしま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1964/06/09、30期)

まず初めに、現在の政府の労働災害防止に対するところの政策の中心をなしているものは一体何ですか。しておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1964/12/16、30期)

ちょっと関連をして少しお尋ねをしておきたいと思うのですが、いままでお話を聞いておりますと、南部理事さんに全権を委任しておる。そのことに対して組合側は南部理事の過去の言動等からして全権を委任されておるか…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第12号(1965/07/09、30期)

だいぶ時間が経過しておりますから、七月一日に福島県を中心として発生いたしましたひょう害、突風、それに基づいた農産物の被害の問題について、関係各省に簡潔に質問をしたいと思います。いま総理府の担当官が来…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1965/01/20、30期)

たいへん先輩の各委員から、こちらで質問をしようと思う幾つかのことが出ておりますので、重複を避けてしかも制限された時間でありますから、断片的になるかと思いますけれども、今後の医療行政の問題等の解決のため…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1965/03/26、30期)

厚生省では、医療費の職権告示以来、薬の問題でたいへん薬になるような意見が多かったと思うのですが、あんまり薬になることばかりでもどうかと思いますから、これから私は、社会保障の今後の政策上の問題、特に社会…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1965/04/23、30期)

私は、いまたいへん問題になっておりますところの賃上げの問題を中心にする労使の粉争、その中での公労協関係の問題、特に電電の労使の関係、こういうことについて、若干質問をしておきたいと思います。まず初めに…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1965/04/30、30期)

たいへんおそくなりましたけれども、重要な法案でもございますので、いままでの同僚委員の質問等についてもいろいろの用件でこれをつまびらかに聞く時間もないような状態でもありましたから、できるだけ重複を避けな…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1965/06/02、30期)

関連をして簡潔に二、三お尋ねをしておきます。今度の炭鉱爆発の問題は、私は爆発事故であるというところに非常に考えなければならないことがあると思うのです。ことしになってから、すでに三回にわたって同じよう…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1966/02/24、30期)

委員会初めての厚生関係の質問ですから、これからたくさん時間もあろうと思いますので、きょうは厚生省の予算の一般的な問題等について、主として厚生大臣の見解、あるいは将来の厚生行政、なかんずく社会保障政策の…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1966/03/01、30期)

きょう私はたいへん長い間問題になっておりまして、しかも今日なお国際的にも国内的にも相当議論をされておりますところのわが国の最低賃金法の実情、これに対するところの政府の考え方、こういったものについて労働…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1966/03/03、30期)

ちょっと関連質問さしていただきたいと思います。保育所費の中で、寒冷地帯に対して採暖費が出されていると思うのですが、これはどういう区分で出しておりますか。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1966/03/08、30期)

きょうは、労働行政の権威者であってきわめて高邁な識見を持っておる天野次官がおりますが、実は私は天野次官とは同じ選挙区でございますので、その高邁な識見等については後日承ることにして、きょうは、大臣不在で…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1966/03/18、30期)

少し関連して大臣の考え方をただしておきたいのですが、昨年の一月だったと思いますけれども、総理の施政方針演説に対する私の代表質問の中で、実は出かせぎの問題に触れまして、これほどまでに大きな社会問題になっ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1966/03/22、30期)

労働組合法が制定をされて以降、種種問題はありながらも、この組合法が日本の労働運動の上でいろいろの役割りを果たしてきたのですけれども、この組合法の改正の審議に先立って、初めに若干、雇用上の問題でひとつお…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1966/03/24、30期)

きょう私は、健保三法の問題を中心にして、その周辺にあるもろもろの問題、こういった事柄について、若干質問をしたいと思うのです。まず初めに、改正の提案説明の中では話されておりますけれども、この健保法の改…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1966/03/30、30期)

議事進行について少し申したいのですが、これは健保三法の審議を促進するという意味で、この問題は審議の過程で起こった問題ですが、やはり問題は解明されなければ、どうしても前のほうに進まないと思うのです。新聞…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1966/03/31、30期)

いま八木委員が質問している内容は、国保に対して国庫の負担が定率化されておる、ところが政管健保についてはそれがない、その理由は一体どうかという質問をしているわけですから、今後の検討事項の対象になることは…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1966/04/12、30期)

きょう、私は、年中行事みたいになって、たいへん芳しい傾向ではありませんけれども、たいへん世間全般から注目を浴びており、当事者の労働者あるいは経営者等が真剣に考えているであろうところの、いわゆる春闘の問…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1966/04/19、30期)

失業保険法の一部改正について、この失保の保険業務の中には、本来その財政の中だけで失業者の給付の改善、こういうことをやっていかなければならないのにもかかわらず、どうも失保財政の中から一般行政費と目される…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1966/05/10、30期)

実はたいへんめずらしい問題を聞きましたので、これは雇用問題、あるいは日本の企業の海外進出、そういう問題に関連している問題でございますので、該当する人の数はきわめて少ないのですけれども、その背景となる問…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1966/05/24、30期)

この雇用対策法の政府の提案説明、こういうものから考えまして、政府が雇用問題についてやや積極的な姿勢をもって将来の雇用問題に対処をしようとしておるというそのこと自体については賛意を表するものでありますが…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1966/05/26、30期)

国民年金法あるいは児童扶養手当法、重度精神薄弱児の扶養手当法、三法が提案をされておりますけれども、この中で特に一番大きな影響を国民に与えるであろうところの国民年金法の問題に重点をしぼって特に相当審議も…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第39号(1966/05/30、30期)

関連をして、ただいまの総理の国庫負担の問題について端的にお尋ねをしておきたいと思います。この委員会で、国民年金法で最も重要論点として議論をしてまいりましたものは、今後の国民年金の給付条件というものを…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第48号(1966/06/21、30期)

雇用対策法案の審議は本来きわめて重要な問題を包含しておりますし、今後のわが国の経済あるいは労働全般の問題にわたって関連をしておりますから、わが党としましてはできるだけ時間をとって慎重に審議を進めて、そ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第50号(1966/06/23、30期)

一つだけ関連させて質問をしたいのですが、この提案説明の中にきわめて重要なことが書いてあると私は思うのです。一つは、「経済の高度成長によってもたらされた人口の都市集中、農村における生活の都市化等の社会情…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1966/07/11、30期)

まず初めに、たいへん世間をびっくりさせましたところの栃木県黒磯町の木野俣用水隧道内に起こったところの事故について、その遺族に対する救済あるいは補償、並びに現在入院加療中の気の毒な農民の方々に対する国と…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1966/09/09、30期)

ちょっと関連して一問だけお伺いします。老齢福祉年金を増額しょうということで予算要求をしておられるようですが、全般的にはたくさん問題がありますけれども、この機会に一問だけ関連をして、前の委員会の附帯決…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1966/11/09、30期)

私は、きょう、明年度の社会保障の政策、これを裏づけるところの予算、こういった問題について、現在予算折衝中のようでございますから、厚生省がどういう基本的な考え方を持って明年の社会保障の政策というものを進…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12