広瀬秀吉衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  1回発言   4529文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  1回発言  10242文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  2回発言  14771文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第6号(1973/02/14、33期)

私は、日本社会党を代表し、ただいま政府から御報告のありました今回の国際通貨問題の緊急事態、ドルの切り下げ、円の変動相場制移行の問題について、総理並びに関係各大臣に、国民の立場に立って質問をいたしたいと存じます。(拍手)今回、円の問題をめぐって、二月九日に東京外国為替市場の閉鎖、十三日米国のドル切り下………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第3号(1975/01/27、33期)

私は、日本社会党を代表して、三木総理の施政方針演説を中心にして、総理並びに関係閣僚に対し、質問いたします。ことしは、第二次大戦が終わってから三十年目に当たる年ております。まさに一つの時代の終わり、新しい時代の幕明けの節目に当たる年てあります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 20回発言 190382文字発言
 第72回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言  43119文字発言
 第73回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第75回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  6回発言  71622文字発言
 第76回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第77回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  20416文字発言
 第78回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

  33期通算 112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員112) 32回発言 325539文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           106回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員106) 29回発言 294112文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5810文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  15393文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10224文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1973/02/20、33期)

有価証券取引税法の一部改正法案に関連をして若干の質問をいたしたいと思います。まず最初に、証券局長に、今日の時点における取引市場の状況というものをどのように見ておられるのか、そして当面証券行政としてど…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1973/02/21、33期)

相続税法の改正問題について若干質問をいたしますが、まず最初に、今度の改正におきまして、そのバックグラウンドといいますか、どのような情勢の変化というものをとらえて改正になったのか、その点まずお答えをいた…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1973/02/28、33期)

時間がありませんので、また来週証券問題で質問があると思いますから、その機会にまたいろいろお伺いしたいと思いますが、要するに今日こういう問題が相次いで起こってきているということには、やはり証券行政の指導…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1973/03/06、33期)

今回の法改正に踏み切った大蔵大臣の考え方をまず最初に伺いたいのですが、われわれは資金運用部資金あるいは簡保資金、また産投資金あるいは政保債・借入金というようなものを原資とする財政投融資全体について、一…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1973/03/09、33期)

ただいま議題となりました資金運用部資金並びに簡易生命保険及び郵便年金の積立金の長期運用に対する特別措置に関する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表して提案の趣旨及びその内容を御説明申し上げま…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1973/03/23、33期)

まず大蔵省に伺いますが、関税の機能といいますか、政策機能といいますか、いろいろ学問的には、輸入価格に追加をして輸入価格を引き上げるということ、フォワードシフティングということがありますし、また国内産業…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1973/03/30、33期)

最初に政務次官にお伺いしますが、今日政府みずからも、これからの日本の経済、財政政策の向かうべき道を、活力ある福祉社会への転換ということを大上段に振りかざしておるわけであります。まさにそのとおりであろう…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1973/04/04、33期)

大臣にまずお伺いしたいことは、大臣もなかなかお見えになれませんので、法人税法、租税特別措置法の質疑に入る前に、一つだけお聞きをいたしたいのです。例の東京外国為替市場を閉鎖せざるを得ないという状況に立…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1973/04/06、33期)

私は、提出者を代表いたしまして、ただいま提案されております法人税法の一部を改正する法律案に対する修正案について、その趣旨と内容を申し上げます。案文は、すでにお手元に配付してございますので、その朗読は…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1973/04/13、33期)

入場、物品両税について御質問をいたしたいと思います。まず入場税でございますが、この委員会でもこの問題については多くの議論がなされてきておるわけです。私ども、かつては、入場行為の中で、たとえば純芸術と…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1973/04/18、33期)

いま議論になっております、村山委員も質問をした問題について、若干関連をして質問しておきたいのですが、この問題については先ほど大臣の答弁の中にもございましたように、あの占領下において占領政策上必要である…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1973/04/25、33期)

財政当局が労働基本権を無視しているということなんですよ。時間がありませんので、これで終わります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1973/05/11、33期)

関連して。いま非常に慎重なお答えをされたわけですけれども、実は私ども考えますのに、いま小原参考人が言われましたように、都市銀行サイドからそういう問題が実は提起されたと思うのです。金融制度調査会等でもこ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1973/06/12、33期)

ちょっと関連して。いま愛知大蔵大臣から村山委員の質問に対して御答弁があったわけでありますが、国鉄で今度の改正法による最低保障額以下の者が二千八百人、専売で七十人、電電で三百五十人、こういう数字が示さ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1973/06/19、33期)

関連質問を許していただきましたので、質問したいと思います。国有財産法の第六条では「普通財産は、大蔵大臣が、これを管理し、又は処分しなければならない。」七条では「大蔵大臣は、国有財産の総轄をしなければ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第42号(1973/06/22、33期)

国有財産法及び特別措置法の一部改正について、関連して若干質問をいたしたいと思います。非常に時間もおそいし、かなり熱心に各委員が議論をされた問題ですから、私は簡単にやりたいと思います。そこで、前回関連…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第43号(1973/06/27、33期)

両法案について質問をいたしますが、まず最初に、もうずいぶん各委員から質問も重ねられてまいりましたから、きょうは私が最後のようですから、総括的に今日までの議論を踏まえてお伺いをいたしたいと思いますので、…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第47号(1973/07/13、33期)

昭和四十八年度の予算編成にあたって、大蔵大臣が有名なトリレンマという、日本経済、財政の三重苦というようなことで表現をいたしましたが、国際収支の問題は、大体今日いわゆる日本の外貨蓄積過剰というかそういう…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 大蔵委員会 第50号(1973/09/25、33期)

専売制度の問題について、全般的に質問をいたしたいわけですが、この国会では、専売問題は、ことしは関係法案が出なかった関係もあって、ほとんど論ぜられたことがないわけでありますが、まあ専売公社では、長期経営…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1973/06/19、33期)

商法改正三法案につきまして若干質問をいたしたいと思いますが、最初に、法務大臣にお伺いしたいのですが、昨年からことしにかけて非常に、経済事犯といいますか、企業不信というようなことに結びつくいろいろな事件…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1974/05/22、33期)

今回、本委員会に提出されてます発電所周辺地域の整備に関する法律案に関連をしまして、若干質問をいたしたいと思います。石油危機が昨年十月の中東戦争以来たいへんな問題になりました。石油資源はまさに有限だ、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1974/03/07、33期)

私は、インフレ対策というか、インフレ補償という面と、有効需要を総需要抑制の線に沿って調整をしていく、こういう二つの観点から、預金金利の引き上げをやるべきではないか、これは幾つかの条件がありますけれども…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1974/03/20、33期)

議題となっております租税三法について質問をいたしますが、最初にまず、昭和四十八年度の税制と物価問題との関係について質問をいたしたいと思うわけであります。四十八年度の税制改正で所得税減税額三千百九十一…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1974/04/24、33期)

時間がまことに僅少しかございませんので、旧法共済組合、古い法律の適用年金者、この問題について端的に若干質問をいたします。今度の公務員関係の改正案八十八条の三、それから公企体共済組合法の五十九条で、公…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1975/02/18、33期)

大分大蔵委員会にごぶさたをいたしておりますが、きょうは入場税の問題について若干お伺いしたいわけです。この入場税は当初地方税でできたんですが、これは何年ですか。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1975/02/26、33期)

最初に主税局長に伺いたいのですが、相続税を課税するという課税理念は一体何であるか、まずここからお聞きしたいと思います。それで、ある程度の規模の財産になればそこに担税力を見出し、相続税をかけ、あわせま…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1975/03/12、33期)

所得税法の一部改正について質問をいたしますが、ことしは――ことしというのは昭和五十年度でありますが、五十年度の所得税法改正はまさにミニ減税だ、われわれはそう思っているわけです。先ほど主税局長の答弁によ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1975/03/25、33期)

ただいま提案のありました酒税法の一部改正並びに製造たばこ定価法の一部改正法案に対して、きょうは主として製造たばこ定価法の一部改正案にしぼって質問をしたいと思うわけです。いま、もう申すまでもありません…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1975/05/28、33期)

両法案について若干の質問をしたいと思います。最初に、これは大きい政治判断の問題だと思うので、森次官並びに小此木次官の見解を聞きたいのですが、年金が老後の生活を保障するものである、これが国際的通念にな…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1975/02/07、33期)

実は本会議で代表質問をいたしました際に、答弁を要求いたしておりました福田経済企画庁長官・副総理がいらっしゃらなかった。大変残念だったのですが、これまた健康の理由ではやむを得なかった、こういうことで、予…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1976/04/28、33期)

ただいま議題となりました共済二法に関連して、短い時間でありますが、若干の質問をいたしたいと思います。そこで、つい最近発表になりました昭和五十年十二月の調査で、日本の社会において老齢化社会への道が急速…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1976/05/12、33期)

きょうは五十一年度中に発行する特例公債の法案の審議に当たりましてずいぶんこの大蔵委員会で議論をされてまいりましたが、その中でやはりいろんな心配が――この特例公債の発行、しかも大量発行、年度当初から発行…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22