武藤山治衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   4513文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  2回発言  11005文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   4876文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  4回発言  20394文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第13号(1977/03/18、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました政府提出の昭和五十二年度一般会計予算、同特別会計予算及び同政府関係機関予算に対し、反対の意思を表明し、討論を行うものであります。(拍手)今国会における予算審議の大きな特徴であり、かつ成果は、三千億円の所得税減税の追加と一般会計の六百三十四億円の増加………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第11号(1978/03/07、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました予算三案について動議を提出し、その理由及び概要を御説明いたします。まず、動議の主文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第29号(1978/05/09、34期)

私は、日本社会党を代表して、日米首脳会議をめぐるアジアの平和と通貨、通商問題を重点にして、政府の姿勢と方針について、総理初め関係大臣にただしたいと存じます。(拍手)福田首相は、世界の政治を語る会談だと意気込んで訪米をしたが、結果は、これまで日米外交ルートで繰り返し強調されたものの再確認で、二番せんじ………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第12号(1979/03/07、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました予算三案について動議を提出し、その理由及び概要を御説明いたします。まず、動議の主文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  5回発言  62854文字発言
 第82回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  5回発言  52414文字発言
 第83回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   5941文字発言
 第85回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  21131文字発言
 第87回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  4回発言  35504文字発言

  34期通算  57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 46) 16回発言 177844文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 32) 14回発言 166811文字発言

 法務委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  11033文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第82回国会)
 予算委員会理事(第83回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1977/02/12、34期)

福田総理大臣誕生以来まだ日が浅うございますから、評価をしたり点数をつけるのはまだむずかしいだろうと思います。野球ならまだ二回の表ぐらいのところですから、お互いまだ点の入らぬという状態だろうと思います。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1977/02/24、34期)

きょうは三つの大きなテーマに分けて一、二関係大臣に御意見を伺いたいと思いますが、最初に、政府の「昭和五十二年度予算編成方針」という一月十一日閣議決定の文書の中に「国家公務員の定員については、新たに策定…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1977/03/10、34期)

二日間ばかりの間に与野党の政治折衝が進められ、すでに報道機関を通じて全国民が承知のように、政府は、ただいま政府見解のありましたように、三千億円の追加減税を実施する、こういう声明がなされました。私は、政…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1977/03/18、34期)

きょうは、昭和四十八年一月二十六日の日米合同委員会で合意を見た「関東平野における合衆国軍施設の整理統合計画」、いわゆる関東プランなるもののその後の状況あるいは処理の方針、一口に言う米軍基地跡地の処分問…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第26号(1977/03/30、34期)

最初に、通告はしてないのでありますが、農林大臣にお伺いをいたします。ソ連との漁業協定の締結ができないで、長引きそうである、そのために水産庁は、出漁している漁船はあすじゅうに母港に戻るように、こういう…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1977/10/12、34期)

私は、通告をしております各項目にわたって、総理を中心に、時間の許す限り質問をしてみたいと思います。最初に、総理もお読みになったと思いますが、日経新聞や朝日新聞が今回の国会のいろいろ論評をして、社説で…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1977/10/14、34期)

先ほども為替差益の問題で与党議員から質問がありましたが、きのうあたりもまた円高ドル安で二百五十五円台と大変な事態になってきたように思います。ことしになってから、この年の初めが二百九十二円程度だったのが…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1977/10/15、34期)

総理大臣、きょうは補正予算の内容について具体的に伺いたいと思っておりますが、冒頭に、円高が予想以上早く、しかも二百五十三円という予想もしなかった大変な円高になりました。これは補正予算を組んだ当時の情勢…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1977/10/17、34期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和五十二年度一般会計補正予算の編成替えを求める動議につきまして、その提案の理由及び概要を御説明申し上げます。動議の案文につきましては、す…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1977/11/09、34期)

まず最初に総理に確認をしておきたいと思います。今月二日に総理大臣と河本政調会長との会談で、総理は、思い切って緊急輸入の規模を拡大する、最低でも三十億ドルは必要だと発言した旨新聞報道がなされております…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1978/03/07、34期)

私は、日本社会党提案者を代表して、ただいま議題となりました予算三案について動議を提出し、その理由及び概要を御説明いたします。まず、動議の主文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1978/10/02、34期)

私は、日本社会党を代表して、トップバッターを引き受けましたので、きょうは、福田総理大臣を中心にして閣僚の連帯責任という立場に立って、的確な、明確な答弁をいただきたいと思います。総理も御承知のように、…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1979/05/30、34期)

文部大臣が次の委員会に出席をする都合がありますので、冒頭、文部大臣所管の問題について、ちょっとお尋ねをいたしたいと思います。大臣も御承知のように、永井文相、海部文相当時から、入社試験の指定校制度とい…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1979/07/11、34期)

最初に下田コミッショナーに伺いますが、ドラフト問題が国会で議論されたのは昭和四十二年の七月が最初で、当時、松前重義さん、東海大学の学長でありますが、この方が一番最初に国会で取り上げて、その後七回、法務…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1979/02/01、34期)

きょうは、新大平内閣が誕生して初めての予算委員会であります。いろいろ五十四年度予算全般にわたって、私の持ち時間を、総理を中心にお尋ねをいたしたいと思っておりますが、いま全国民が最も疑惑を持ち、政治に不…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1979/02/02、34期)

ただいま政府から報告のありました諸案件につきましては、今後同僚の委員から、グラマン問題を中心にした質疑の中でさらに取り上げていきたいと思います。きょう私は、経済問題を中心にして、大平内閣の姿勢を政治…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22