宮田早苗衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   1660文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   2319文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  2回発言   3979文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第19号(1977/04/19、34期)

私は、民社党を代表して、本院に提案されました中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律案に関し、数点の問題点を指摘し、政府の明快な御答弁をいただきたいと思います。中小企業を取り巻く環境はきわめて厳しく、また、将来展望の持てない戦後最悪の局面にあります。中小企業の分野調………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第10号(1978/03/02、34期)

私は、民社党を代表して、本院に提案されました特定不況産業安定臨時措置法案につき、幾つかの問題点を指摘し、政府の明快なる答弁をお願いする次第であります。去る四十八年、四十九年のオイルショック以来の不況は、最近政府が公にしている在庫調整完了見通しゃ、マクロでの経済指標の好転とはうらはらに、史上最悪の事態………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  6回発言  21353文字発言
 第81回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第82回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  4回発言  13198文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  0) 12回発言  38046文字発言
 第85回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  4回発言  15805文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  3) 11回発言  43598文字発言

  34期通算  90回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 50 委員 40) 37回発言 132000文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 50 委員 35) 35回発言 115254文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  16746文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第84回国会)
 商工委員会理事(第85回国会)
 商工委員会理事(第86回国会)
 商工委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1977/03/04、34期)

私は、通産大臣と経済企画庁長官の所信表明の内容からまず質問に入りたいと思います。資源有限時代、これはだれが考えても同じ認識でございます。福田政権の看板はこの有限時代一色に塗りつぶされた感がするのであ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1977/03/25、34期)

貿易によってしか生きる道のないわが国にとりましては、プラント輸出が二十一世紀に向かってますます重要な分野になりつつあることは改めて申すまでもございませんが、プラント輸出の契約承認ベースで見ましても、プ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1977/04/19、34期)

小規模企業共済法の本題に入ります前に、大臣お見えでございますので、小規模企業を含む中小企業全般の景況について御所見を承りたいと存じます。申すまでもなく、中小企業の経営はこれまでに経験したことのない長…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1977/04/21、34期)

大臣、大変お忙しいようでございますので一問だけ大臣にお答えを願って、後は退席をしていただきたいと思います。中小企業を取り巻く環境は大変厳しいわけでございます。ほとんどの方々が将来展望を持っていないの…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1977/04/27、34期)

まず、飯田参考人にお伺いをいたします。本日の参考人の方々の御意見を拝聴しますと、関係業界団体の皆さんはおおむね政府案で早期成立をというニュアンスだったと思います。私どもは、行政指導型からもう一歩踏み…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1977/05/25、34期)

日韓大陸棚特別措置法案につきましては、大陸棚協定そのものが審議されました外務委員会においてかなり突っ込んだ議論がなされておりますが、わが国のエネルギー政策全般に関する国政調査という観点から私は質問をす…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1977/10/25、34期)

参考人の方には大変と思いますが、十五分間時間をいただいておりますので、まず安田参考人にお伺いをいたします。三百三十万トン分の設備廃棄ということでございますが、現在三〇%操短をしておるわけでございます…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1977/10/26、34期)

まず、影山参考人にお伺いをいたします。それは、金融面から見られました需要の動向について所見を伺いたいわけです。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1977/11/15、34期)

日韓大陸棚協定の国会承認からもう半年たったわけで、開発着手に必要な特別措置法の成立がおくれておるわけですが、最近の韓国政府の動向について外務省の方にまずお尋ねするわけです。日本側の対応がおそいことに…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1977/11/22、34期)

今日の経済不況の実態を評して氷河時代だと表現する経営者がいるほど、深刻そのものでございます。加えて、とどまるところを知らない円高という外圧、特に戦後の日本経済復興に重要な使命を果たしてきました輸出関連…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1978/03/01、34期)

政府は去る二十一日に、特定不況産業安定臨時措置法案を閣議決定されたわけです。この法案はこれから本格的な審議に入るわけでございますが、永大産業倒産に見られますように、経済界を取り巻く環境は刻一刻悪化をし…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1978/03/15、34期)

安定基本計画の策定に当たって労働組合の意見を取り入れるべきだという私どもの主張に対しまして、通産大臣あるいは労働大臣から、これまでに前向きで積極的なお答えをいただいているところでございますが、この際、…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1978/03/29、34期)

構造不況業種の構造改善を一日も早く進めることは、日本経済全体の景気の回復を図るためにも緊急を要すると思います。私ども民社党は、かかる観点から政府案の修正を考えております。中でも一番重要な点は、緊急避難…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1978/03/30、34期)

近藤参考人にお伺いをいたします。平電炉業界におかれましては、三年前の答申によって三百三十万トンの計画をされた。問題は、それまでいろいろ自主的な努力をされたことは十分承っておりますが、根本的な解決はこ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1978/04/04、34期)

不況産業に従事される方々を組織されております皆さんですから、本来なら全員の方にお聞きをしなければならぬわけでございますが、二十分間という時間でございますので、それができかねるわけでございます。そこで…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1978/04/05、34期)

条約に基づいて新しい制度づくりということからこの法案が提出されたわけでございますので、まず最初に、特許にまつわります事情について若干お伺いしたいわけであります。まず、国内での出願件数の最近の動向を聞…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第20号(1978/04/18、34期)

液化天然ガスが今日国民の日常生活にとってきわめてウエートの高いエネルギーであることは、各方面で指摘されておるとおりであります。それだけに、消費者の安全に対する考え方が高まれば結構なことなのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1978/04/19、34期)

石油開発公団法の改正案の本論に入ります前に、石油政策と経済全般の問題を少しばかり質問をしてみたいと思います。資源エネルギー庁では、すでに五十三年度から向こう五年間の石油供給計画を作成しているのであり…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第25号(1978/04/27、34期)

電子計算機振興政策に関しまして、まず赤沢参考人にお尋ねをいたします。わが国の電算機メーカーが欧米企業に比較して企業体質が弱い。しかも四年来の不況も加わって、研究開発能力が資金面から弱くなっておると思…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1978/04/28、34期)

わが国経済、社会の発展を図るため、機械情報産業が果たすべき役割りがきわめて大きいことは言をまたないのであります。このたび政府が機電法にかわる法律として機情法を新たに提出した背景は、端的に言いますならば…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1978/05/10、34期)

今回の計量法の一部改正に当たって、政府が関係行政の一層の拡充のため、環境計測器二種類を法定計量器に加えたことは時宜を得た措置だと思いますが、しかし、この分野の機器開発は技術上まだまだ問題点が多いという…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第34号(1978/08/30、34期)

円の対ドル相場は一時期の百八十円台から百九十円台に移行しておりますが、この百八十円から百九十円という相場は、円の実力からしましても行き過ぎだというのが一般的でございます。企業経営の採算から見ましても、…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1978/10/13、34期)

大規模小売店舗法及び商調法の審議に当たりまして、まず先に私の民社党の基本的な考え方を述べて、その後質問に入りたい、こう思います。言うまでもございませんが、今度の臨時国会は、簡潔に申しますならば、減税…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1978/10/17、34期)

端的に質問をいたします。今年度の下期と五十四年度で合計二百二十五億円の融資をやろうという計画でありますが、本日のこれまでの質問にありましたように、要はこの一年半で業界が立ち直るであろうかということ、…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1978/10/18、34期)

構造不況に悩む産業界、労働者対策として、昨年来特定不況業種離職者臨時措置法または特定不況産業安定臨時措置法、こういう二つの法律が成立をしたわけであります。この二法はすでにそれなりの効果を上げておるわけ…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1978/11/10、34期)

質問に入ります前に、局長十分御存じと思いますが、関連がございますので、一言考えておりますことを申し述べたいと思います。どこの国でございましても、その国の経済の発展過程は鉄鋼の生産量、その設備の規模と…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1979/02/13、34期)

私は、政府の基本的な経済運営姿勢について若干の質問をいたします。政府は、さきに「五十四年度の経済見通しと経済運営の基本的態度」を閣議決定をされたわけです。それは実質成長率が六・三%。これを達成するた…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1979/03/16、34期)

滝沢参考人にまずお聞きをするわけでございます。わが国繊維産業の将来は、アパレル産業の発展がうまくいくかどうかにかかっている、こう思うのです。本法改正の趣旨もそういうふうに読み取れるわけでございますが…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1979/03/20、34期)

繊維産業を取り巻く経営環境は、ここに来て改善の兆しが見えてきたというのが一般的な見方、こう思います。こういう時期に構造改善臨時措置法が本格的な審議をされることになったわけですが、一部では、設備廃棄を含…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1979/04/10、34期)

海外経済協力基金法の一部改正案審議に当たりまして、わが国の対外援助施策に関して、いろいろな角度から質問をしてみたいと思います。わが国の対外援助の基本的な考え方は、当面政府開発援助を五十三暦年から五十…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1979/04/11、34期)

統一地方選の前半戦も終わりまして、幾つかの重要法案を残しておる国会ではございますが、ここに来て政府は外交の季節と申しますか、外交スケジュールが次々に具体化しているようでございます。折しも海外協力基金…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1979/04/24、34期)

特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律案の具体的な質疑に入ります前に、まず都市ガス、液化石油ガス全般に関しまして若干質問をいたします。都市ガス、液化石油ガスとも、近年著しく需要が増加しているわ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1979/05/08、34期)

エネルギーの使用の合理化に関する法律案、いわゆる省エネルギー法案が、現下のわが国エネルギー事情から量の確保、さらには産業構造の転換促進という三つの大きな政策の柱の一つであることを認識しながら質問を続け…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1979/05/09、34期)

参考人の皆さんにはお疲れだと思いますが、私は、鉄鋼連盟の熊谷参考人と自動車工業会の山本参考人、お二方にそれぞれ二問あて質問をいたします。よろしくお願いいたします。まず、鉄鋼業界についてでございますが…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1979/05/29、34期)

わが国の中小企業の経営環境は、景気全般の回復傾向を反映してかなりの改善が図られつつある、こう思います。しかし、この回復感は中小企業全般に行き渡れるものではないわけで、調整過程にございます構造不況業種や…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1979/02/19、34期)

まず最初に、中越の問題について若干質問をさせていただきます。外務省の方、お見えですね。今回の中国のベトナム侵攻は、飛行機、戦車、長距離砲などを用いているだけでなしに、その兵力の規模並びに広範な地域に…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1979/03/03、34期)

まずお断りしておきますのは、いままで各代表者の方で質問が行われたわけでございますが、何しろ雇用問題という一つの問題にしぼって質問ということでございますので、若干重複する点もあろうかと存じますが、何しろ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22