宮田早苗衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3214文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3214文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、現在国際的に重大な問題になっております対外経済摩擦問題に関しまして、政府に対し緊急質問を行うものであります。一九八四年の貿易統計によりますと、我が国の対米黒字は一昨年に比べ急激に増加して三百七十億ドルにも及び、史上最高の黒字を記録いたしております。また、対EC諸国に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  4回発言  13141文字発言
第102回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  0)  5回発言  19133文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言   9507文字発言
第104回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  0)  8回発言  19287文字発言

  37期通算  55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 55 委員  0) 19回発言  61068文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 55 委員  0) 19回発言  61068文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第101回国会)
 商工委員会理事(第102回国会)
 商工委員会理事(第103回国会)
 商工委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1984/03/27、37期)

最初にお断りしておきますのは、前者の皆さん方の質問と重複する面があると思いますので、そのときには簡単で結構でございますから、よろしくお願いを申し上げたいということです。まず、五十九年度の通商産業政策…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1984/04/17、37期)

ただいまの質問と重複するわけでございますが、せっかく宇野先生、竹内先生お見えになっておりますので、もう一度ただいまの質問についてお願い申し上げたいと思うわけです。消費者保護といいましても、そういう別…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1984/04/18、37期)

割賦販売法の目的は、法第一条にもありますとおり、取引の公正化と購入者の利益を保護するとともに、商品の流通を円滑にして、割賦を行います中小商業者の事業の安定と振興にあると思います。今回の改正が、近年の割…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1984/07/06、37期)

経企庁の方に三問ばかり先に御質問をいたします。最初の質問は、二回にわたりますオイルショック以降、日本経済は低成長、不安定な時代に入ったとされましたが、最近、二十一世紀までの日本経済を展望して、中成長…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1985/03/26、37期)

まず最初にお聞きいたしますのは、この法律は情報処理振興事業協会等に関する法律ということになっておりますが、内容を見てみますと、振興事業協会の事業そのものが相当重要視されておるにもかかわらず、協会はのけ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1985/03/27、37期)

最初に通産大臣にお伺いをいたします。最初に技術開発予算の拡充についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1985/03/29、37期)

参考人の皆さん、大変御苦労さまでございます。まず、大島先生、石井先生にお聞きしておきたいことがございますのは、外国人の研究者を招聘なさるときに大変問題といいますか、不自由なことが多いと聞いておるわけ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1985/04/03、37期)

研究者の養成と国際交流の促進についてお伺いをいたします。最初にお伺いいたしますのは、創造性豊かな人材の育成は緊要の課題であるということ、この見地から産業構造審議会の中間報告は、先端技術分野では人材育…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1985/04/24、37期)

この法案の振興対象となっております「技術開発」の定義について、「生産、販売又は役務の提供の技術で、技術革新の進展に即応し、かつ、著しい新規性を有するものに限る技術に関する研究開発」、こうなっておるわけ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1985/11/15、37期)

この法律の改正案は、一般電気事業会社が今後必要といたします設備投資資金を円滑に調達する法律案として提出されておるわけですが、この法律案提出と時を同じくして、今時最大の問題でございます貿易摩擦解消の一つ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1985/11/20、37期)

我が国は、石油の安定的かつ低廉な供給の確保を図る見地から、消費地精製方式を石油政策の基本としてきておるところでございます。その補完として重油、ナフサ、LPGの輸入を行ってきたもの、こう理解をしておりま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1986/02/21、37期)

前者が若干の質問をしておいでになりました非鉄金属問題について最初に質問をさせていただきます。産業の高度な進展に伴って非鉄金属の重要性がますます高まっておりますことは御承知のとおりです。にもかかわらず…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1986/03/05、37期)

最初に西田参考人にお伺いいたします。皆さんの御意見を聞いておりますと、これは当然なことかもしれませんが、非鉄金属産業が危機的状況に当面しております最大の原因は、まず円高であるということ、そしてこの打…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1986/03/25、37期)

航空機工業振興法に対して賛成という立場で質問をするわけですが、今日、一部改正ということでこの法律案が出されております。当然なこととは思いますが、遅いという気持ちをむしろ持っておるわけでございます。な…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1986/04/09、37期)

我が国の経済は、対米貿易摩擦、また急激な円高によります輸出産地の経営の深刻化等々、極めて困難な局面を迎えております。さらに財政事情は、本年度予算で国債費が予算全体の二〇%を超える等、まことに厳しいも…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1986/04/15、37期)

この法案によります民活推進のための税制、金融上の措置内容と効果、さらに事業の進捗状況を見た上で追加措置をとることがあり得るかどうか。また、十一条の資金の確保等との関係はどういうふうになっておるか。また…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1986/04/23、37期)

特定商品等の預託等取引契約に関する法律案、この案について質問をいたします。最初に要望申し上げるのはどうかと思いますが、この法律案そのものも非常に難しいといいますか、わかりにくいわけでございますが、問…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1986/04/25、37期)

特に清水参考人、田内参考人が強調なさいましたのは、法律をつくっても、運用あるいはまた教育啓蒙が徹底しなければ意味がないのだ、これは全くそのとおりと思いますが、私はまず、これはお伺いじゃありませんで感じ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1986/05/07、37期)

まず、大蔵省の方に二問だけお聞きをいたします。さきの質問者と重複するかもしれませんが、豊田商事の現物まがい商法については現行法の厳格な運用で対処が可能とする意見があるわけでございますが、この点につい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22