国会議員白書トップ衆議院議員林百郎>37期国会活動まとめ

林百郎衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

23期本会議 - 24期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言   7749文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言    787文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   8536文字発言

本会議発言一覧

第103回国会 衆議院 本会議 第3号(1985/10/17、37期)

私は、質問に先立ち、過日の日航機事故によって犠牲となられた方々に対し、心からの哀悼の意を表するとともに、負傷された方々に対し、心からお見舞い申し上げます。さて、ことしは言うまでもなく、戦後四十年、また、広島、長崎の被爆、さらには国連憲章調印四十年という、記念すべき年であります。あの悲惨な戦争と戦後の………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第3号(1986/01/29、37期)

ただいま私が永年在職議員として本院から表彰をいただいたことに対し、同僚議員の皆様に衷心より御礼を申し上げます。(拍手)また、この二十五年の長きにわたり、幾多の困難にもかかわらず、私を国会に送り出していただいた長崎県の皆さんに、心からこの壇上からお礼を申し上げます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

23期委員会 - 24期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  9回発言  69475文字発言
第102回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26) 12回発言  69006文字発言
第103回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  10826文字発言
第104回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  18386文字発言

  37期通算  54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54) 26回発言 167693文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 24回発言 155021文字発言

 災害対策特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  12672文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第10号(1984/09/27、37期)

まず、これは気象庁の予知連の方かと思いますが、本件の直下型地震でこのような五百万立方メートルとか、そう言いますと霞ケ関ビルの九・七倍の量の土石流が崩壊しているわけですけれども、これは何が原因でこういう…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

法務大臣にお尋ねしますが、法務大臣の所信表明の中で基本的人権を守り、法秩序を維持するために全力を尽くすとおっしゃっておるわけなんです。それで、昨年の暮れの総選挙の結果自民党が三十五議席を失ったという…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1984/03/09、37期)

私は、サラ金の問題が非常に重要な問題になっておりますので、それと裁判所の人員の問題とを締め、さらに我々の議員の生命にかかわる昨日の宮沢氏の傷害事件について、犯人がかつて武富士というサラ金会社に勤めてい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1984/04/04、37期)

私は、今問題になっております福島交通の問題について質問をいたしたいと思うのです。ということは、事は軽視できない事態に立ち至っております。例えば、これと関係のある者の名前としては、現総理の中曽根氏を初…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1984/04/11、37期)

私は、裏磐梯自然公園の猫魔ケ岳のスキー場の新しい施設について、これは御承知のとおり今問題になっております福島交通が一枚かんでいるわけなんですが、私が調査した現地の動きと私が管轄である環境庁や林野庁とに…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1984/04/13、37期)

今度の国籍法の改正はいろいろの要点がありますけれども、一つは二重国籍の回避、男女平等の立場に立って国籍の選択という問題が出てきて、二重国籍の裏返しとして国籍の選…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1984/04/18、37期)

ちょっと今の伊藤君の質問で、我が党をよく御存じなく、またよく勉強もしなくて批判をやたらにされている嫌いがありますので、これは最高裁にお聞きしますが、共産党はある労働組合に特定の政党を組合として支持をし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1984/07/04、37期)

私もたびたび当委員会で質問しておりますが、例の福島交通の小針社長の件ですが、時間の関係で私の方で整理して図面にしてまいりましたので、委員長、それはいいでしょうか。時間がないものですから、一々聞いている…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1984/08/01、37期)

最高裁判所、来ていますね。御存じのとおり再審によって死刑の判決が確定した者が無罪になる。最近は松山事件もあったのですが、現在の刑事訴訟法では、まさか死刑確定した者が無罪になるということを想像し予想して…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第7号(1985/08/06、37期)

これは国土庁長官にお尋ねすることだと思いますが、本件の特に松寿荘のお年寄りが二十六名命を落としたという、これは人の命は地球の重さにもかえられないと言われますけれども、いかにお年寄りといえども二十六名の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1984/12/14、37期)

民事局にお尋ねします。商法改正の大会社、小会社の区分、それから外部監査の方針が決まって法制審議会に審議をゆだねておる経過は、大体こういうことですか。五十八年七月三十日までに法制審議会商法部会は、中小…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1984/12/18、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案並びに検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案に対し反対、民社党・国民連合提案の修正案に対しまし…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1985/02/20、37期)

委員長、最初に委員会の運営ですが、自民党さんの方は時間は正確に言ってきますけれども、今、他の同僚からも語いがありましたが、今ごろになりますと自民党さんが三人で野党がこれ。採決すると野党の言うとおりにな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1985/02/26、37期)

午前中同僚議員からも質問がありましたけれども、マスコミでは手形詐欺事件と言っておりますけれども、支払い禁止の仮処分決定が続々と出されておるわけですけれども、これで新聞などの伝えるところによりますと、背…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1985/03/08、37期)

ことしは固定資産税、都市計画税の見直しの年でございますので、それが借地人、借家人にどう影響してくるか。その紛争の間に借地料あるいは家賃を一応供託するというような問題が起きまして、供託金に利息がつくかつ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1985/04/09、37期)

最初法務大臣にお尋ねしますが、本法案で特別会計にしたことについては、法務大臣はどういう観点からなさったわけですか。しかし、こういう制度に具体的に踏み切るためには、登記事務をうんと進めていくためには、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1985/04/10、37期)

法務省にお尋ねしますが、刑事訴訟法の五十三条によりますと、第一項には「何人も、被告事件の終結後、訴訟記録を閲覧することができる。但し、訴訟記録の保存又は裁判所若しくは検察庁の事務に支障のあるときは、こ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1985/04/19、37期)

今回の改正で司法書士会、土地家屋調査士会は社会的な地位が一層高まることになると思います。新たにつくられる協会においては公共事業に関しての不動産の登記を処理することに伴って、司法書士、土地家屋調査土の公…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1985/05/17、37期)

本件で問題になっておりますのは、提案理由の説明にもありますように、いわゆる過激派の裁判等を契機としてこのような事態が起きてきて、それに対処をする必要があるというわけなんで、いわゆる過激派、にせ左翼暴力…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1985/05/24、37期)

最初に自民党の方にお尋ねしますが、我々の法律常識として、工場低当法として考えている概念とこのたびの有線放送の工場抵当法を挿入するということとの間にはどうも割り切れない問題が二、三あります。これは我々か…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1985/06/19、37期)

最初に、私は、豊田商事の件をもう一度お聞きしたいのです。数十人の報道関係者が重大な関心を持って永野会長のマンションを取り巻いているときに、大事な刑事的な証人になり得る人でもあるし、あるいは刑事的な当…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1985/11/27、37期)

各同僚からの質問もありましたが、豊田商事事件の、常識では納得できない、殊にお年寄りを相手にしてこういう無謀な金の取引まがいの悪徳商法をやっておりました事件については、実は私の方の議員でも昭和五十七年に…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1985/12/11、37期)

十一月二十九日、首都並びに関西方面を入れまして通勤者の足、六百万が混乱した、交通事情の上からいってかつてない大きな混乱、事件が起きたわけですが、それについて私は質問をしたいと思います。警察に対しても…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1986/04/08、37期)

私は、今世間で非常に問題になっておりますマルコス問題について質問をしたいと思います。これにつきましては大臣も聞いていただきたいのですが、開発途上国への援助金というのは、これは国民の大事な一円、一円の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1986/04/18、37期)

既にこの問題についてはいろいろ論議されたのですけれども、日本の弁護士制度というものは、日本の司法制度の三本柱の一つになっておりまして、日本の主権の行使の一環をなすものであって、これは決してビジネスライ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1986/05/14、37期)

刑訴法の五十三条の四項、訴訟記録の保存の問題について質問いたしたいと思います。これは私が昨年の四月十日の法務委員会で質問をして、これには当時の法務大臣もそれから当時の刑事局長だった算さんも、これは早…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22