津川武一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3566文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3566文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第21号(1985/04/16、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、農業、林業、漁業白書について、中曽根総理並びに関係大臣に質問します。まず、現在焦点となっている対外経済摩擦、その一環としての農林水産物の市場開放問題に中曽根内閣としてどう臨むのか、その基本姿勢を伺います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31) 17回発言  92372文字発言
第102回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 12回発言  61704文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  11680文字発言
第104回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  9回発言  41003文字発言

  37期通算  83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 83) 41回発言 206759文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 78) 37回発言 184566文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  11458文字発言

 科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4586文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3356文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2793文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1984/05/08、37期)

今度のサケ・マスの交渉で外務省の皆さん、水産庁の皆さんが主観的に一生懸命頑張ったことは私も多といたします。しかし、客観的には強く押されて後退した、この事実を遺憾と思う、これが私であります。しかし、議定…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1984/03/27、37期)

そこで、スミス・佐野会談で、一部の報道は、スミスが言葉を荒げて、アメリカが牛肉について年間七千五百トン、オレンジ一万一千トンの増枠を求めていると伝えられているが、これは米側の示した数字ではなく、要求数…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1984/04/10、37期)

参考人の皆さんには貴重なお話を聞かしていただきました。本当にありがとうございます。皆さんの御所見を大事に抱き締めて私たちも頑張りたいと思っております。大分議論も尽きたようですが、せっかくおいでになり…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1984/04/11、37期)

山村農水大臣初め局長たちの今回の日米交渉、大変だったでしょう。私もその苦労というのは心から察して、御苦労さまでしたと申し上げたいのですが、結果からいきますと、日本の農業に甚大なる影響も与えましたし、私…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1984/04/12、37期)

国有林野、林野庁、この二つが臨調、行革で不当に扱われているというふうに私は考えております。そこで、きょうは、林野庁の国有林野の持っておる大きな林地、林材、組織力、労働力、技術力が守られ、発展していくよ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1984/04/19、37期)

きょうは、リンゴについてとりあえず必要なことをお尋ねしたいと思います。リンゴ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1984/04/24、37期)

土壌学者の先生にお目にかかれればいつか聞いてみたいと思っておったのですが、私は青森県の西半分、津軽の出身でございます。ただいま参考人の三先生から貴重な御意見を伺わせていただいて、本当にありがとうござい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1984/05/09、37期)

農振法、土地改良法改正案で、改正の目的として豊かな村づくりをするとか活力ある農村社会を形成するといったことを繰り返し聞かされてまいりましたが、これは具体的にどんな農村を描いているのか。よもや小さい農家…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1984/05/15、37期)

日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題になった法律案に反対討論を行います。まず、農振法の改正案。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第17号(1984/05/17、37期)

武田委員は、異常低温、それから流氷、そういうことに対する対策を質問しましたが、私も引き続き北海道、東北地方における異常気象、その中でも海水の異常低温、暖流の動きなどを中心に、被害がかなり出ておりますが…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第18号(1984/06/20、37期)

五十三年産米に問題が出て、韓国からの米の緊急輸入が発表されました。それをめぐって、今、生産者にも消費者にもかなりの混乱、困惑、そして怒りが渦巻いております。きょうも外米輸入阻止・麦作振興全国農協代表者…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第23号(1984/07/10、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、議題になっている法律案に対する反対討論を行います。年金は老後を不安なく安心して暮らすために不可欠なものであり、その充実は、年金受給者のみならず、農協、漁協等で働く…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第24号(1984/07/11、37期)

初めに、農用資材のことで農林大臣と農水省にお尋ねします。政府は農業の生産性向上によるコストの低下を農政の重点目標の一つに掲げております。しかし、そのための具体的施策として位置づけているのは規模拡大、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第26号(1984/07/24、37期)

私は、とりあえず大臣に政治的な基本姿勢、そして諮問の具体的な内容に対しては後刻事務当局にお尋ねいたします。政府の諮問案の一・四五%アップというのが全く問題にならないことは、今までの野党同僚議員の質問…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第28号(1984/08/07、37期)

最初に地域的な問題を一つ取り上げてみたいと思います。五月九日のこの委員会で取り上げましたが、青森県の浪岡ダムの問題をめぐって、関係農民が考える会をつくり、次々と集会を開き、事業計画の変更の際の手続を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1984/10/03、37期)

政府は、小麦や菜種などでは既に価格を据え置いております。今度もまた何か据え置きもしくは引き下げを計画しているようでございますが、でん粉の原料であるカンショ、バレイショ及び砂糖の原料であるサトウキビ、て…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1984/03/09、37期)

私は、農業問題の基本について若干質問申し上げます。私との関連で、中川利三郎委員が稲村国土庁長官の資産問題で関連質問いたします。そこで、農業の基本問題ですが、中曽根総理は施政演説に対する質問への答弁で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1985/06/20、37期)

下北半島六ケ所村に電気事業連合会が立地しようとしている核燃料サイクル施設とはどんなものでございましょうか。原燃のこういうパンフレットを見ますと、ウラン濃縮施設、低レベル放射性廃棄物貯蔵施設は原燃産業が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1985/04/02、37期)

参考人の皆さんには、農漁民、林業者に安い長期の資金を供給するために頑張ってくださっておる御努力を高く評価しております。きょうも貴重な意見を聞かしていただいて本当にありがたいと思っております。そこで、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第12号(1985/04/10、37期)

実は、漁業の金融のことで、鰺ケ沢の沖のイカ釣りで、昨年の二月には三十三トン、ことしの二月には二百四十四キロ、こうなってしまったのですが、こういうふうに回遊魚を相手にしている漁船、漁港に対する融資では、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1985/04/17、37期)

今度参議院で、外国産の果実または果実製品の輸入によって政府の行う措置が効果を発揮することができない事態も予想されますという意味の趣旨で修正案を出しましたけれども、国境措置がとれなかったことは、今局長の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1985/04/18、37期)

政府がこの九日に決めた対外経済対策の中の木材関税についてでございます。政府はこう言っております。森林・林業、木材産業の活力の回復のため「財政、金融その他所要の措置を当面五カ年にわたり特に講ずることと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号(1985/04/23、37期)

参考人の皆さんには、お忙しいところおいでくださいまして、貴重な御意見を、教えをいただきまして本当にありがとうございました。私たち、皆さんの言われたことを大事に守って、少しでも共済組合をよくするために頑…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1985/04/24、37期)

この委員会で社会党の串原さん、松沢さん、細谷さんなどの同僚議員が既に問題を提起しておりましたけれども、今、貿易の自由化の嵐が日本を吹き荒れております。これは批判を許さない、無条件に押しつけるという形で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第17号(1985/05/14、37期)

一番最初に大臣にお尋ねします。農業をやる上について一番大事なものの一つに農地がある。その次は農民、農業者。したがって、この農業者それ自身、プロパーに当てる対策というのは非常に大事なものでございます。…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第20号(1985/05/22、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、本案並びに修正案に反対の討論を行います。第一に、本改正案は、軍拡と財界奉仕、国民生活犠牲の臨調路線に沿った年金制度の改悪の一つであり、農民の老後保障と生活安定に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第22号(1985/06/05、37期)

きのう大臣は記者会見で、「二十五日の対外経済対策推進本部の第三回会合で、農産品の関税引き下げについても「ズバリ決定」することを明らかにした。」そう新聞が報じております。また、「政治の世界なので百点満点…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第28号(1985/07/09、37期)

私は、農民が要求している米価実現や農業政策確立、こういう立場から若干の質問を展開してみます。まず第一は、大臣、この諮問を撤回していただきたいということ、農民の要求を入れた新しい諮問を出していただきた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1985/10/08、37期)

最初に、大臣並びに答弁に立っている農水省の幹部の皆さんに抗議的な忠告をしておきます。先ほどから答弁を聞いていると、財政が苦しいから、財政がないから、大蔵省がなかなか困難だから、こういったことで前向き…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1985/11/21、37期)

中林委員の質問に関連して、簡単に二つばかりお尋ねします。営林署の統廃合の問題ですが、先月林野庁から計画が発表された途端、該当する町村では町ぐるみ村ぐるみの運動が起こっております。私の地元の碇ケ関や北…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1985/12/03、37期)

最初に、厚生省おいでになっていますか。――厚生省に基礎年金についてお尋ねいたします。政府は、すべての国民のだれでも五万円の老齢基礎年金をもらえるかのような幻想を振りまいておりますが、これはごまかして…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1985/12/11、37期)

私は、食管を守りたい、守るという立場から、米の問題について若干の質問をしてみます。最近、いろいろな人からやみ米の横行や米流通の混乱など、食管制度は一体どうなるのかという心配を聞かされます。その反面、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号(1986/03/20、37期)

国土庁は、豪雪地帯対策特別措置法に基づく豪雪地帯対策基本計画の見直しを進めていると聞いております。私は、積雪期の交通の確保について、現行計画では国道や道府県道など幹線道の除雪による交通の確保を強調して…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号(1986/02/19、37期)

農政問題で大臣に自給率、予算、水田再編対策、水産業では対米、対ソ漁業交渉などについて質問してみたいと思っております。そこで自給率でございますが、先ほどは保利政務次官からすばらしい新しいお言葉をいただ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1986/03/20、37期)

参考人の皆さんには、貴重な御意見を聞かせていただいて本当にありがとうございました。今回の合併に対する全国農協中央会の方針が、余りにも重大な問題を含んでおり、農協の将来に禍根を残すのではないかという心…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1986/04/09、37期)

農業改良資金の拡充に中央競馬会の特別積立金を財源として充てる、こういうことで賛成はいたしますが、幾つかの問題がございます。その一つは、補助から融資という農政の転回、その融資に競馬会のお金を充てる。もう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1986/04/15、37期)

今度の日ソ漁業交渉、今佐野長官がはしなくも言ったように、ソ連が画期的な変化を起こした、それから底刺し網に至っては全面禁漁になる、これはだれも予想しなかった。外交にはルールがある。急激な変化などはそう簡…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1986/04/22、37期)

日本共産党・革新共同を代表し、反対の討論を行います。我が党は、バイオテクノロジーを初め科学技術の進歩と発展が人類の生活向上と繁栄に大きく寄与してきたことや、今後ともそうした科学技術の発展が私たちの未…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号(1986/05/07、37期)

農林中金法改正についてでございます。まず最初に、農林中金の民間法人化だ関連して、農林中金の位置づけ、あり方、政府のかかわり合いなどについて尋ねてみます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第18号(1986/05/15、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、主要農作物種子法及び種苗法の一部を改正する法律案に対する反対討論を行います。第一に、改正案は、大手化学メーカーで構成する日本化学工業協会の報告でも明らかなように、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第19号(1986/05/21、37期)

最初は、三沢の米軍基地天ケ森射爆場での事件でございます。その射爆場の下の平沼地域というところは、六ケ所でございますが、冷害が非常に強いところで、田植えの時期を失ってはいけない大事なところでございます…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

出稼労働者の労働条件改善等に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第26号(1985/04/09提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

今冬の異常豪雪に係る緊急対策に関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1986/02/06提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22