伏屋修治衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言  24233文字発言
第102回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  7回発言  50845文字発言
第103回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言  15556文字発言
第104回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  1回発言   2615文字発言

  37期通算  70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 70) 15回発言  93249文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60)  11回発言  63578文字発言

交通安全対策特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   3回発言  14873文字発言

予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言  14798文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1984/04/18、37期)

私も三年半の浪人を終えまして、今回初めて質問をいたしますので、やや上がっておりますので、御容赦いただきたいと思います。きょうは、文教行政の中でも、初等中等教育の改善充実についてを主体に、二、三質問を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1984/04/20、37期)

先般来、各先輩委員の方のいろいろな御質疑がございまして重複する点があるかと思いますけれども、御容赦をいただきたいと思います。先般、各委員からいろいろ問題提起されておりました国士館大学の問題とかあるい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1984/05/18、37期)

質問に先立ちまして、社会党の皆さんがこの法律案を提出されましたことに対しまして、衷心より敬意を表する次第でございます。ただいま議題になりました法律案について、以下数点お尋ねをしてまいりたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1984/07/20、37期)

森文部大臣また官房長には、重複してお答えをいただくことがあると思いますけれども、事が事だけに御了承をいただきたいと思います。最近、警察官の不祥事件の続発あるいは公務員にかかわるいろいろな事件が起こっ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第6号(1985/06/06、37期)

私は、先月に起こりました国鉄池袋の事故の問題、それから自転車道の問題、それから高速道路の逆走の問題、これらについて二、三質問を行いたいと思います。最初に、先月八日に起こりました池袋の操車場における事…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1985/06/13、37期)

本題に入る前に、まことに恐縮でございますけれども、先般行われた一般質問で私一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第9号(1985/08/28、37期)

遺族の方々の今の心境を思うときに、やはり遺族の方々はどうしてこんなことが起こったのかという無念さと悔しさが今なお日増しに募っておるのではないか、こういう気持ちを日航の方々はもちろんのこと、関係者がみず…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/04/17、37期)

私は、きょうはいろいろな角度からいろいろな問題点についてお尋ねをしたいと思っております。まず最初に、中学校の願書出し忘れ事件、これはもう既に同僚の江田委員の方からも御質問がありましたけれども、浦和の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1985/05/24、37期)

さきに質問されました方と重複を避けながら、若干の質問を申し上げたいと思います。まず最初に、障害者の数の実態、それからその教育に携わる教職員の実態、これは文部省と提案者との認識の差異はそれほどないと思…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1985/05/31、37期)

まず最初に、大臣にお尋ねしたいと思います。この私学共済組合の法案が出ておるわけでございますが、今までに果たしてきた私学の役割に対して、大臣としてはどのような評価を持つでおみえになるのか、その件と、そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1985/02/26、37期)

私は、最初に教育の問題からお尋ねをしてまいりたいと思います。二十一世紀まで残された年月もあと十五年でございます。その二十一世紀に確かなる後継者を育成するためにも、何としましても、今現実の教育の荒廃を…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1985/11/15、37期)

現在の日本は国際的に見ましてもいわゆる経済大国でありますし、経済強国と言われておるわけでございます。その一方では諸外国との経済摩擦というものが非常に国際的な問題にまで発展してきております。また、年々増…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1985/11/27、37期)

健全な私学教育の発展を支える私学共済年金制度が、将来にわたりまして安定した制度運営がされるようにすることが国家の重要な問題である、このように私は認識しておるわけでございまして、そういう認識のもとにこれ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/12/04、37期)

私は、先回文部省、理事長に対して質問をいたしましたけれども、理解しにくいところもございますので、その問題を重ねてお尋ねをしたいと思っております。まず最初に、私学共済が二月一日に文部省に対する要望事項…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1986/05/16、37期)

今提案のあっておりますところの公立の障害児教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準等に関する法律案について、提案者並びに文部省にお尋ねをしたいと思います。さきの質問者からもお話がございましたとおり、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12