原田昇左右衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   1751文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   1507文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   3258文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第9号(1985/02/09、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、ただいま議題となっております昭和五十九年度補正予算三案について、賛成の討論を行います。(拍手)我が国経済は、一昨年初めから米国を初めとする先進諸国の景気が回復に転じたことを契機として、物価の安定と相まって着実な上昇を続けております。その中でも、ハイテク関連………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/03/08、37期)

私は、昭和六十一年度予算三乗について、自由民主党・新自由国民連合を代表して、政府原案に賛成の討論を行わんとするものであります。私が政府原案に賛成する理由の第一は、国民的課題である行財政改革をさらに一層徹底したということであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 23)  3回発言   5823文字発言
第102回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 22)  2回発言  11654文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  8)  0回発言      0文字発言
第104回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 16)  3回発言   9833文字発言

  37期通算 137回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 68 委員 69)  8回発言  27310文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 68 委員  0)   6回発言  23543文字発言

商工委員会
            57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 57)   0回発言      0文字発言

災害対策特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)   2回発言   3767文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

予算委員会理事(第101回国会)
予算委員会理事(第102回国会)
予算委員会理事(第103回国会)
予算委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号(1984/04/12、37期)

まず、大臣にお聞きしたいと思います。大臣は所信表明の中で、「我が国は、その自然的条件から、台風、豪雨、豪雪、地震、噴火などによる災害を受けやすい」、こういうように認識されて、強力な施策の推進の必要性…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1984/02/25、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、昭和五十九年度予算につきまして関係大臣に質問を行います。まず、総括質問におきます同僚議員の質問を聞いていまして、幾つか問題が出ております。先般、会議録記載…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

第七分科会における審査の経過について御報告申し上げます。本分科会も各分科会同様二日間審査を行い、昨日終了いたしました。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1985/02/09、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、ただいま議題となっております昭和五十九年度補正予算三案について、賛成の討論を行います。我が国経済は、一昨年初めから、米国を初めとする先准諸国の景気が回復に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1985/02/20、37期)

私は自民党を代表して質疑を行います。まず、去る一月初めに中曽根総理大臣がレーガン大統領と会談されまして、日米間の友好、信頼のきずなを一層強固にされたことを高く評価するものでございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号(1986/04/25、37期)

時間がございませんので、そのものずばりで聞かしていただきます。まず、今お三方から大変適切なお話を伺いまして感謝申し上げる次第でございますが、最近における予知の技術というのは非常に進歩したのかどうなの…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1986/02/25、37期)

集中審議に臨みまして、自民党を代表して質問させていただきます。まず第一に、新聞、テレビによりますと、フィリピン情勢が大変な大きな変革のときに来ておるようでございます。政府のこれに対する対応といいます…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

私は、昭和六十一年度予算三案について、自由氏主党・新自由国民連合を代表して、政府原案に賛成し、日本共産党。革新共同から提出された編成替えを求めるの動議に反対の討論を行います。昭和六十一年度予算は、財…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12