原田昇左右衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  0回発言      0文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   4115文字発言
第128回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  6)  7回発言  43844文字発言
第129回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  2)  4回発言  28665文字発言
第130回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第131回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  1回発言   4511文字発言
第132回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 12)  2回発言   8610文字発言
第134回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  3回発言   8094文字発言
第135回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第136回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 23)  5回発言  23650文字発言

  40期通算  94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 52) 23回発言 121489文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 32)  7回発言  34217文字発言

 科学技術委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  0) 10回発言  36920文字発言

 金融問題等に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言   7945文字発言

 内閣委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  2回発言  10164文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  32243文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第127回国会)
 外務委員会理事(第128回国会)
 内閣委員会理事(第128回国会)
 外務委員会理事(第129回国会)
 外務委員会理事(第130回国会)
 科学技術委員会理事(第131回国会)
 科学技術委員会理事(第132回国会)
 科学技術委員会理事(第134回国会)
 科学技術委員会理事(第135回国会)
 科学技術委員会理事(第136回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第127回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1993/09/09、40期)

まず、人事院勧告について人事院総裁に御質問申し上げる前に、私は、先般日韓議員連盟の一員として、九月一、二、三と韓国を訪問しまして、九月二日に金泳三大統領にもお会いして話をしたわけであります。そういう…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1993/10/15、40期)

鈴木委員の質問に関連して、私は、大臣に日ロ関係の問題について若干の質問をしたいと思います。それに先立ちまして、今ちょうどお答えになりましたが、毎日新聞のきのうの夕刊を持ってきましたが、「コメ市場開放…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1993/10/20、40期)

私は、今の小杉委員の質問に関連しまして、自由民主党を代表して、海洋投棄問題に関して質問をさせていただきます。何といっても、この前エリツィン大統領が日本に見えて、日ロ共同宣言、いわゆる東京宣言が採択さ…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1993/10/22、40期)

きょうは条約案三件についての審議でございますが、まず、みなみまぐろの保存条約について御質問申し上げます。みなみまぐろの条約をつくろうということで条約ができてきたわけですが、これは実態的には三国間で行…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1993/11/10、40期)

私は、今回アジア・太平洋閣僚会議が開催されるに当たりまして、それに続いて非公式の首脳会談も行われることになっておりますし、極めて大事な会議だと思います。また、これに関連して、政府側の出席される前にぜひ…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1993/10/19、40期)

私は、まず行政手続法に入る前に、行政改革についての基本的考え方について長…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1993/10/06、40期)

私は、今最大の関心となっている景気問題についてお伺いしたいわけでございますが、それに先立ちまして、先般の日米会談の内容について若干お伺いしたいと思います。第一に、経済問題として、総理はさきの所信表明…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1993/12/06、40期)

私は、自由民主党・自由国民会議を代表して、政府に景気対策についてお伺いしたいと存じます。不況は日に日に深刻の度合いを増しておるのでありまして、この十月、完全失業率が円高不況以来の二・七%になるとか、…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1994/06/03、40期)

私は、きょうは時間もありませんので、北朝鮮の核問題、それから日米包括協議の問題、そのほかODA等に関連して、大臣のこの間の当委員会におけるあいさつに関連して質問をしたいと思います。さて、まず北朝鮮問…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1994/06/08、40期)

私は、六月三日でしたか金曜日に、外務大臣に対し北朝鮮の核開発問題に対して質問をさせていただきました。その後、四日には日米韓三者協議が行われ、プレスリリースもありましたし、また、国連あるいはIAEA等に…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1994/06/22、40期)

私はまず外務大臣にお伺いしたいのですが、この前、八日の当委員会におきまして、核兵器使用に関する陳述書の中の核兵器使用は国際法上違法とは言えないという政府見解について、私は違法ではないかということを質問…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1994/05/27、40期)

私は、自由民主党を代表して、主として経済問題について質問しようと思います。まず、日米問題でございますが、去る二月に決裂した日米包括協議の再開が事務レベルで合意されたということであります。日米の信頼関…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1994/11/01、40期)

私は、自由民主党を代表しまして、この前の大臣の所信表明に関係して、科学技術の基本政策について御質問申し上げたいと思います。私、この本を読んだのですが、「日本経済の将来像」というのです。これは野村総研…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 科学技術委員会 第2号(1995/02/15、40期)

このたびの阪神大災害の被害は想像を絶するものでありました。亡くなられた方々は、まことにお気の毒な限りでございます。御冥福をお祈り申し上げ、遺族の方々へお悔やみ申し上げますとともに、罹災された方々にお見…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1995/06/08、40期)

まず私は、今回、地震防災対策特別措置法というのがつい先ほど災害対策特別委員会で金会一致で可決になり、本日一時からの本会議に緊急上程されることになりました。これについて科学技術庁長官の決意のほどを伺いた…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 科学技術委員会 第2号(1995/10/31、40期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、自由民主党・自由連合、新進党・民主会議、日本社会党・護憲民主連合及び新党さきがけを代表して、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1995/11/07、40期)

私は、科学技術基本法をこの前この委員会で成立させたわけでございますが、科学技術全般にわたっての振興体制というのをぜひ整備していただきたいと思います。ところで今回は、実は先国会において、阪神・淡路大震…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1995/12/27、40期)

このたびの「もんじゅ」のナトリウム漏えい事故は、高速増殖炉の将来に大きな期待を持っていただけに、まことに残念に思っております。ナトリウムの取り扱い技術は、高速増殖炉技術のかなめの一つであり、また、地元…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 科学技術委員会 第2号(1996/02/22、40期)

昨日、中川長官から所信を聞かせていただいたわけでございますが、その中身は多岐にわたっておりますので、私は、限られた時間の中で、科学技術予算の問題と今後の宇宙開発の問題に絞りまして御質問申し上げたいと思…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1996/03/27、40期)

ただいま大臣から提案理由の御説明がございましたが、その説明にもありましたように、この法案は行政改革の一環として、新技術事業団と日本科学技術情報センターを統合しようとするものでありますが、単なる統合とこ…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1996/05/16、40期)

私は、自由民主党を代表して、本法律案は、国連海洋法条約の批准を行うに当たり必要となる関連国内法改正のうち、科学技術庁所管の二法律の改正を行おうとするものでありまして、国連海洋法条約実施のため不可欠なも…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1996/06/13、40期)

今回の「もんじゅ」の事故でございますけれども、これは「もんじゅ」のみならず、原子力の開発利用全般に対する国民の不安感を増大させることになっておると思うのです。どうしてもこれは一刻も早く事故の実態を明ら…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 金融問題等に関する特別委員会 第3号(1996/05/28、40期)

平成八年度予算が成立しましてから既に十八日を経過したわけです。我々は、予算が新進党のピケによって、二十二日もピケを張られたということが原因で大幅におくれたことを大変遺憾だと思っておりますが、また、この…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22