太田誠一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 44期(2005/09/11-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 31)  8回発言  29960文字発言
第102回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員 25)  9回発言  20222文字発言
第103回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  8)  0回発言      0文字発言
第104回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 18)  1回発言   1399文字発言

  37期通算 149回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員 82) 18回発言  51581文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69)  5回発言  20166文字発言

 法務委員会
            49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員  0)  9回発言  19760文字発言

 交通安全対策特別委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  6)  4回発言  11655文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 環境委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第101回国会)
 法務委員会理事(第102回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第102回国会)
 法務委員会理事(第103回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第103回国会)
 法務委員会理事(第104回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1984/04/18、37期)

私は、富士重工のスバル・レオーネ九タイプの型式指定を受けるため、運輸省の試験に出した試作車が申請数値よりも重量で五・五から三十キロくらい軽かったということから、鉛を詰めて申請数値に合わせたという事件が…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1984/04/19、37期)

鉄道の踏切でもって事故が起こりますと、多数の乗客を巻き添えにする可能性がありまして、これは何としても避けなければいけない事故であります。また、大臣も所信表明の中で「踏切道における交通事故の防止と交通の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1984/03/27、37期)

まず最初に、大臣にお伺いをしたいわけでありますけれども、今日畜産は農業総産出額の三分の一を占める我が国農業の基幹部門になっているわけであります。しかしながら、今日では諸外国からの市場開放要求、そして内…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1984/05/08、37期)

農業振興地域の整備に関する法律改正案及び土地改良法改正につきまして、若干御質問をいたしたいと思います。まず、農業振興地域の整備に関する法律改正の方から参ります。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1984/04/11、37期)

商法の改正の問題でありますが、昭和四十九年の商法改正審議の際に附帯決議で会社法の全面的な見直しの要望がなされておりますし、そして、法制審議会の商法部会が、先日の新聞にもこれは一斉に掲載されたわけであり…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1984/04/13、37期)

このたびの国籍法及び戸籍法の改正というのは婦人に対する差別の撤廃条約の批准に備えて行われるものであるわけでございますが、前の類似の問題でありますけれども、入管法ですか、もまた難民条約の締結に伴って改正…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1984/04/20、37期)

私は、提案者を代表して附帯決議案の趣旨について御説明申し上げます。案文を朗読して、その趣旨の説明にかえさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1984/07/04、37期)

大分前、去年の委員会でも質問したことでありますけれども、公共嘱託登記の受託組織の法人化の作業が今進行中であるというふうに伺っておりますけれども、今どのような構想で進めておられるのか、それから今後どうい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1985/04/22、37期)

今回の道交法の改正案は、「道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路交通に起因する障害の防止に資するため、」とされていますが、最近の交通情勢の特徴を今回の改正の必要性と関連づけて…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1985/05/15、37期)

既に前の回に質問をしたことでありますが、今後の法改正、道路交通法などを改正する上でぜひともお考えをいただきたい点でありますので、同じ内容でありますけれども、再度これは質問をさせていただきたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1985/04/02、37期)

きょうは金融三法について、それぞれ参考人の皆様から貴重なお話を伺いましてまことにありがとうございます。まず桜井常務にお聞きしたいのですけれども、今、金融三法の改正の前に、規模の拡大ということについて…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第26号(1985/06/20、37期)

今盛んにアクションプログラムという言葉が新聞紙上でも飛び交っておりまして、その内容についてはまだ漠として具体的な姿は見えてこないわけでありますけれども、我が国の農林水産業について、これまで我々から見ま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1984/12/18、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、民社党・国民連合の修正案に反対、両法律案に賛成の意見を申し述べたいと存じます。御承知のとおり、人事院は去る八月国家公務員の給与について平均六・四四%の引き…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1985/02/26、37期)

前回の改正は、国の財政再建に資するための特別措置として昭和五十七年度から昭和五十九年度までの三年間供託金に利息を付さないこととする措置を講じたものであります。今回の改正はその措置をさらに昭和六十五年度…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1985/03/27、37期)

今国会において司法書士あるいは土地家屋調査士の職務にかかわる法律案が二本提出をされておりまして、今週からその審議に入る見通してございますが、それに先立ちまして、司法書士及び土地家屋調査士制度の根幹につ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1985/04/09、37期)

私は、提出者を代表して、ただいま議題となりました附帯決議案について、その趣旨を御説明いたします。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1985/04/19、37期)

私は、提案者を代表して、附帯決議案の趣旨について御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1986/04/15、37期)

参考人の皆様方におかれましては、まことに貴重な御意見をいただきまして、まことにありがとうございました。順次お伺いをしてまいりますけれども、まず原田参考人とそれから伊藤参考人にお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 44期(2005/09/11-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22