小沢和秋衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 39期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   2571文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   2571文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第3号(1984/12/19、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、国民年金法等の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)この法案が、現在だけでなく今後数十年に及ぶ国民の年金水準、負担等を決定する重大な内容のものであるにもかかわらず、政府・自民党は、まだ審議開始後わずか三週間にもならぬ今日、スライド分………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 39期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36) 21回発言 113216文字発言
第102回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 17回発言  84510文字発言
第103回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  3回発言  23300文字発言
第104回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  9回発言  35461文字発言

  37期通算 110回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員110) 50回発言 256487文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
            59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59)  27回発言 139094文字発言

石炭対策特別委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  12回発言  52677文字発言

商工委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  10回発言  59240文字発言

予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   1回発言   5476文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1984/04/03、37期)

久しぶりに古巣の社労でやらしていただきます。よろしくお願いします。初めに、時間もありませんから、春闘の問題で二、三簡単にお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1984/05/08、37期)

政府関係者の皆さん、大変お疲れさまだと思いますけれども、私は最後のバッターでありますので、ひとつ要領よく、元気を出して答弁をお願いしたいと思います。まず初めに、雇用保険法提案の背景として、雇用失業情…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1984/05/10、37期)

私は、関連質問でありますので、日雇労働者健康保険の問題に絞ってお尋ねをしたいと思うのです。今回の改正で、日雇健康保険の赤字対策として、政府管掌の健康保険にこれを吸収するということになりました。これは…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1984/08/01、37期)

初めに、大臣にお尋ねをしたいと思うんです。今回の年金制度改革の目的は、本格的な高齢化社会の到来に備え、公的年金制度を長期にわたり、健全かつ安定的に運営していくための基盤を確保することにあるというふう…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1984/11/20、37期)

きょうは、私は、来年度予算編成の中で今大問題になっております、地方自治体への高率補助一割カットの問題を中心にしてお尋ねをしたいと思います。初めに自治省の方にお尋ねしたいと思います。補助金の率は一般的…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1984/03/02、37期)

初めに、経済運営上の基本的な問題で長官に二、三の点をお尋ねしたいと思います。長官は、今までの所信表明などの中で、日本経済が順調に回復しているという認識を示されております。むしろこの機会に大きく経済成…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1984/03/23、37期)

きょうは、新日鉄が最近発表した第三次合理化計画の問題を中心にお尋ねをしたいと思います。新日鉄は、周知のとおり日本鉄鋼業界のリーダーであるだけでなく、世界一の鉄鋼メーカーでもあります。この企業が釜石の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1984/03/27、37期)

まずお尋ねしたいのは、先ほどから中小企業の輸出ということがいろいろ議論されております。私も中小企業の輸出を大いに振興しなければならないと思いますけれども、実際には輸出の中で占める中小企業の割合というの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1984/04/04、37期)

初めに大臣に二、三点お伺いをしたいと思うのです。提案理由では、機械類信用保険事業の今後の事業量の増加などに備えて、体制を強化するために今回の中小企業信用保険公庫への移管を行うということになっておるよ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1984/04/11、37期)

初めに二問ほど大臣にお尋ねをしたいと思うのです。今回の改正の対象になっております組合法や団体法を初めとして、中小企業基本法など、いろいろな法律に基づいて政府としては今日まで鳴り物入りで中小企業対策を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1984/04/13、37期)

初めに、前面私が新日鉄の合理化の問題で質問をいたしましたときに、十分意を尽くさなかった問題がありますので、労働省の方お見えになっていると思いますので、お尋ねをしておきたいと思います。今いわゆる社内配…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1984/04/17、37期)

共産党の小沢でございます。きょうは御苦労さんでございました。私が最後ですので、もうしばらくお願いをしたいと思います。最初に、竹内参考人にお伺いをしたいと思うのですが、先ほどから多くの参考人の方々が、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1984/04/18、37期)

初めに大臣に二問ほどお尋ねをしたいと思います。我が国の割賦販売は昭和四十八年に年間取扱高が四兆三千六百二十二億円でありましたが、十年後の五十七年には十三兆五千八百七十八億円へと三倍以上に急成長を遂げ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1984/07/06、37期)

まず、現在の景気の問題ですけれども、大企業が最近記録的な業績の回復を見せておる。三月期の決算で申しますと、税引きの利益が七六・九%もふえておるというようなことが言われておるわけでありまして、全体として…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1984/03/16、37期)

今回の中間報告によりまして、会社があの火災現場のベルト当番などを事実上な…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1984/04/20、37期)

まず最初に伊木参考人にお尋ねをしたいと思います。今回の中間報告を私も見せていただきまして、全体としては大変よくわかる中間報告だというふうに受けとめております。そこで先生に端的にお尋ねをしたいと思うの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1984/05/09、37期)

私が最後ですから、ひとつ頑張って、よろしくお願いしたいと思います。きょうは鉱害復旧の問題にしぼってお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

初めに大臣にお尋ねをしたいと思うのです。この二カ月余りの間に、鉱害ボスとかあるいはこれと癒着する一部の職員の逮捕などが進みまして、私たちはこの機会に徹底的にうみを出し、本当に効率的で公正な鉱害復旧行…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1984/08/02、37期)

初めに法務省に、有明鉱の大災害のその後の捜査状況についてお尋ねをしたいと思うのです。五月十一日に、この大災害の遺族の方と弁護士の方々が連名で会社の最高責任者を告訴、告発をされております。これは福岡検…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1984/11/08、37期)

私は、去る九月二十八日に発表されました三池炭鉱の坑内火災事故についての調査委員会報告を中心にしてお尋ねをしたいと思います。今回の報告書によりますと、一〇番ベルトの第三号キャリア台の内側スタンド二本が…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1984/02/18、37期)

私は、一月十八日に起こりました三井三池有明鉱の大災害の問題についてお尋ねをしたいと思うのです。御存じのとおり、この大災害で八十三名のとうとい生命が奪われたわけであります。昭和三十八年に、この三井三池…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1984/12/06、37期)

今日、いわゆる高齢化社会を迎えまして、老後保障を確立するということは最大の政治課題になっており、その中心的な問題は年金問題ではないかと私は思っております。こういう立場から、今回のこの年金法案を私たちは…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1984/12/18、37期)

今まで論戦を行ってまいりましたその経過に基づいて、幾つか締めくくり的にお尋ねをしたいと思います。一つは物価スライドの問題であります。私たち会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1985/02/26、37期)

私はきょうは労働時間短縮の問題を中心にしてお尋ねしたいと思います。大臣も労働時間短縮の重要性については、その重要性、緊急性に触れられております。今日まで労働省はその立場から、六十年、つまりことし二千…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1985/03/26、37期)

まず初めに、春闘のことで一言大臣にお尋ねしたいと思うのです。春闘十連敗というようなことが言われる中で、ここのところ賃金が余り上がらないのに税金や社会保険料がどんどん上がり、住宅ローンや教育費がかさむ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1985/03/27、37期)

初めに大臣に質問をいたしたいと思うのですが、今回の法改正の目的が、技術革新の進展、それから高齢化社会の到来などの変化に対応して、生涯を通じての労働者の職業能力の開発、向上を図ることだというふうにされて…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1985/04/16、37期)

初めに大臣にお尋ねしたいので…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1985/04/18、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、児童扶養手当法の一部を改正する法律案に反対の討論を行います。我が国の児童福祉の基本理念は、児童福祉法で定めたとおり、児童が心身ともに健やかに生まれ、かつ育成され…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1985/04/19、37期)

きょうはどうも御苦労さまです。最初に高梨参考人にお尋ねをしたいと思いますが、この新しい労働力需給システムを認めることが全体として雇用量の増大をもたらすのかどうかということです。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1985/04/23、37期)

前回、私が新日鉄で一九七八年以来日産、トヨタ、ダイハツ、三菱あるいはいすゞなどの自動車メーカーに延べ一千名以上の労働…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1985/04/25、37期)

ただいま議題となりました国民年金法及び特別児童扶養手当等の支給に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案について、日本共産党・革新共同を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。政府案は物価スラ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1985/05/14、37期)

政府部内で労働者派遣事業が問題になってから既に七年以上たつわけであります。戦後の労働法制の根本的な転換を含むこの法案が、今日まで、形の上ではきょうを含めますと四回審議されたことになりますけれども、実際…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1985/05/21、37期)

時間もありませんので、三問まとめていたしますから、後でお答えをいただきたいと思います。初めの一問目は、これは大臣にお答えを願いたいのでありますけれども、日本経済の発展につれて事業所数あるいは労働者数…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1985/06/13、37期)

私は、ただいま議題となりました児童手当法の一部を改正する法律案に対する修正案について、日本共産党・革新共同を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。本改正案は、現行第三子から支給されている児童手当が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1985/06/20、37期)

最初に、カネミの問題についてお尋ねをいたします。先ほども質問がありましたけれども、私もこのカネミの事件が起こりました地元でありますか会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1985/03/29、37期)

初めに、警察庁の方にお尋ねをいたします。三井三池の有明鉱事故のその後の捜査状況についてでありますが、先日の新聞では、当時の有明鉱の鉱長など幹部が事情聴取をされたというふうに報じられておりました。その…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1985/05/29、37期)

まず最初に、大臣にお尋ねをいたします。またも、二件も炭鉱の重大災害が連続して発生したわけであります。しかも、その二件ともが保安に力を入れていると日ごろから自慢をしておりました三菱で起こったことを私は…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1985/06/19、37期)

私は、二問ほどお尋ねしたいと思うのです。一つは、いわゆる内外の炭価の格差が非常に大きくなってきている、これに災害も絡んで、果たして国内炭を堀るだけの値打ちがあるか、こういう話が盛んに出ているわけであ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1985/12/10、37期)

最初に大臣に一言お尋ねしたいのですが、先日、「職場の自由と民主主義の新たな前進を」という我が党の政策を差し上げました。これ、読んでいただいたでしょうか。読んでいただいているとすれば感想を一言最初にお伺…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1985/11/22、37期)

久しぶりに商工委員会で質問させていただきますので、よろしくお願いします。まず最初に、総論的なことを、主に大臣にお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1985/12/11、37期)

時間もありませんので、鉱害復旧の問題に絞ってお尋ねをいたします。来年度の概算要求では、鉱害復旧費は今年度とほぼ同額になっております。これを全額確保しても、筑豊の鉱害復旧は臨鉱法の期限内に終わらないの…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1986/02/25、37期)

まず最初に大臣にお尋ねをしたいと思います。日本が経済大国と言われるようになってから久しいのでありますけれども、それを支えてきた労働者の労働条件が先進国としては余りにも劣悪であるということが、今では貿…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1986/03/25、37期)

まず初めに、大臣にお尋ねをしたいと思います。今回、六十歳定年を各企業に対して努力義務を課するということになるわけでありますけれども、私は、完全にこの六十歳定年を実現するという立場に立つのであれば、法…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1986/03/27、37期)

ここ数年の「環境衛生金融公庫の貸付計画額及び実績額」という資料をいただいております。これを見ますと、君十四年度が貸付計画、実績ともピークで、計画が二千九百十億に対して実績が二千四百六億。ところが、それ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1986/04/08、37期)

まず、本法の改正に至る経過を見ますと、中退金共済審議会から五十九年に一たん建議が出されましたのに、これが差し戻され、昨年末もう一度建議を受けてようやく提案という状況になっております。こういう異常な経過…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1986/04/10、37期)

初めにカネミ油症被害者の救済についてお尋ねをしたいと思います。カネミ油症の第二陣控訴審判決が近く福岡高裁で出される予定で、私のところにも早期解決への協力要請が来ております。最初にこの問題を二、三お尋…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1986/04/17、37期)

まず大臣にお尋ねしたいのですが、産業廃棄物処理の大原則は何かということであります。私は、排出事業者が直接処理する責任があるけれども、処理業者に委託する場合も、委託したらそれで終わりということでなく、最…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1986/04/22、37期)

まず、大臣にお尋ねをします。公共職業安定所の仕事の中心は職業紹介だと思うのでありますが、最近、職業紹介を業務とすることを認められる組織がどんどんふえ、さらに就職情報の雑誌が次々に発行される中で、職業…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1986/04/11、37期)

七日に提出されましたいわゆる経構研、首相の私的諮問機関である国際協調のための経済構造調整研究会の報告書は、我が国の大幅な収支不均衡の継続は危機的状況であると指摘し、今後収支不均衡を国際的に調和のとれる…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/05/15、37期)

どうも御苦労さまです。最初に向坂参考人にお尋ねしたいと思いますが、私どもの党の立場としては、国内資源である石炭産業はできるだけ大切にして活用していかなければならないということで今日まで一貫しておるわ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 39期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

玄海灘沿岸の浸食対策等に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第29号(1984/07/02提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12