塚田延充衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3580文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3580文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第32号(1984/06/26、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、ただいま提案となりました雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を促進するための労働省関係法規の整備等に関する法律案に関し、総理並びに関係大臣に対し質問を行うものであります。国際連合は、一九四五年、それまで二度にわたって言語に絶する苦しみと破壊を人類に与えた………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 10回発言  51674文字発言
第102回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  9回発言  59533文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  14594文字発言
第104回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  4回発言  22129文字発言

  37期通算  78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 78) 25回発言 147930文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52) 20回発言 110193文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  5回発言  37737文字発言

 交通安全対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1984/04/05、37期)

私は、民社党・国民連合を代表いたします塚田延充でございます。今回の宇都宮病院の問題は、精神病院の閉鎖性とか、また厚生省側の監督指導体制の不備のもとで、患者の人権の侵害がいかに横行しているかということ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1984/05/10、37期)

今回の健康保険法の改正につきましては、今までの審議の過程では、特に被用者保険本人の一部負担の導入につきまして種々の議論が交わされてきたわけでございます。この改定の目的は医療費の適正化のためと言われてい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1984/07/03、37期)

当該法律案についての労働大臣の提案理由説明によりますると、昭和五十年の国際婦人年を契機として、かつ、昭和五十五年署名の婦人差別撤廃条約の批准に備えることが必要であり、さらに我が国自体の情勢としても、既…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1984/07/12、37期)

このたびの健康保険法改正問題につきましては、言うならば、国民絵巻き込みの議論を呼び起こしたわけでございまして、医療の供給側、そしてそれを受ける側、どちらかと言うとすべてが、今度の改正案は余りにも唐突過…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1984/07/17、37期)

本日は、参考人の皆様方におかれましては、陳述及びそれぞれの委員の御質問に答えましての御答弁に、熱弁と申しましょうか、また大変中身の濃い内容につきましてお教えいただくことが多くて、私としても大変感謝いた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1984/07/19、37期)

ただいま森本委員が、中国残留孤児につきまして大変的確な質問をなされ、また、それに対しまして厚生省の方も大変前向きに御答弁された様子でございまして、私としても納得したところでございますけれども、事が事で…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1984/08/01、37期)

植物人間、大変痛ましい言葉でございますが、遷延性意識障害患者、この場合本人はわからないかもしれませんが、その御家族、関係者は精神的にも、肉体的にも、また金銭的にも大変な御苦労をされており、そのために家…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1984/08/02、37期)

参考人の皆様方におかれましては、どうも御苦労さまでございます。この年金制度につきましては、国民の間に大変関心の深い問題でございまして、基本的と申しましょうか初歩的な一般国民の受けとめ方としては、三つ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1984/04/12、37期)

アメリカは、連邦準備制度理事会、すなわちFRBの決定に基づいて、去る九日に公定歩合を〇・五%引き上げたと報道されております。アメリカ経済は、いわゆるレーガノミックスによって、昨年以来大変好調な経済成…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1984/05/10、37期)

経済企画庁は、官庁の中のブレーン部隊として、経済問題について政府の経済政策全般を整合性あるように調整し、また必要な助言を与える、このような役割を担っている、言うならば経済問題のシンクタンク部隊じゃなか…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1984/12/13、37期)

国民が、老後の経済保障として公的年金に大きな期待を寄せていることは事実であり、それゆえに、前の国会においても、また閉会中の一部審議、そして現在の審議に対して重大な関心を抱いて見守っているわけでございま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1984/12/18、37期)

このたびの改正で、現行制度と比べて格段に条件が悪くなる例がかなり生じております。これでは円滑に新制度に移行させるという原則を裏切っているということになってしまうわけです。まず、障害三級の問題でござい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1985/03/26、37期)

毎年度出されております「経済見通しと経済運営の基本的態度」というものでございますが、これは単なる経済予測なのか、それとも経済運営に関して経済企画庁なりが関係省庁をも拘束し、または指導するというような性…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1985/04/12、37期)

私は実は母子家庭の出身でございます。そういう意味におきまして党派を超えまして言うなれば母子家庭党みたいなもので、国会の中では認められておりませんけれども、そういうことでこの児童扶養手当の改正案につきま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1985/04/16、37期)

まず職安法四十四条に関連してお伺いしたいと存じます。職安法四十四条の基本的精神を労働省としてはどう認識されているのか。またその精神をこの法案はないがしろにしてしまうのではないかというような意見、批判…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1985/06/06、37期)

現在、我が国は本格的な高齢化社会の到来を間近に控えてというか、もう入りつつあるわけですけれども、この高齢化社会の担い手でございます児童を対象とする児童家庭行政につきまして、増岡厚生大臣の基本的な考え方…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1985/06/13、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1985/04/18、37期)

対外経済摩擦問題は、特に日米間におきましては日米貿易戦争という物騒な言葉が使われていることでわかるくらい、大変な国際問題になっているわけでございます。アメリカの議会の動きは、日本に対して、経済面におい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1985/06/06、37期)

いわゆる悪徳商法がはびこっており、被害者が増大し、その件につきましては連日のようにマスコミで報道されておりまして、本日…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1985/12/10、37期)

男女雇用機会均等法及び改正労働基準法につきまして労働省から指針及び労働省令に関する案が作成されまして、それが各種審議会にかけられているところだと承知いたしております。十月三十一日の労働省発表によりま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第3号(1985/12/12、37期)

本年初めの第百二国会の予算委員会総括質疑におきまして、民社党の塚本委員長、当時は書記長でございましたけれども、生命保険会社のあり方につきまして、その資産の問題を中心に据えまして質問を行ったわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1986/03/27、37期)

私は児童扶養手当に絞って御質問させていただきます。昨年の児童扶養手当法の改正の際、新規認定分から離婚した父の所得が一定額以上の場合には支給しないという改正が行われたわけですけれども、衆議院における修…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1986/04/02、37期)

現在、我が国の経済には三つの課題があると私は分析しておりますが、それは皆様も御承知のとおり、対外経済摩擦の解消、そして二番目には円高による景気減速が進んできているけれども、それにどう対応するのか、そし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1986/04/08、37期)

中小企業退職金共済制度へ加入している労働者数は二百万人を超えておりまして、中小企業労働者の福祉水準の向上に大きな貢献をしているものと私は評価しております。しかし、制度適用の対象者の加入率で見てみますと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1986/05/15、37期)

周知のように、我が国の人口の構造は急速に高齢化しつつございますし、現在総人口の約一割を占めている六十五歳以上の人口は、昭和七十五年には一五・六%、さらに昭和九十五年には二一・八%と増大して、二十一世紀…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22