遠藤和良衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2631文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4017文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6648文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第38号(1984/07/27、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を促進するための労働省関係法律の整備等に関する法律案に対し、反対の立場から討論を行うものであります。(拍手)「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」「男尊女卑は野蛮の陋習なり。文明の男女は平等同位、互いに相敬………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第16号(1986/04/01、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま提案理由の説明がありました日本国有鉄道の経営する事業の運営の改善のために昭和六十一年度において緊急に講ずべき特別措置に関する法律案について、総理並びに関係大臣に若干の質問をするものであります。今日、国鉄の経営状態は、膨大な債務を抱え、危機的状況に陥っ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  8回発言  32429文字発言
第102回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  6回発言  16569文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   6353文字発言
第104回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  9回発言  39047文字発言

  37期通算  79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 79) 24回発言  94398文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 科学技術委員会
            49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 49) 19回発言  75896文字発言

 災害対策特別委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  3回発言  10207文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4598文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3697文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1984/03/27、37期)

時間がございませんので、テンポの速い答弁をひとつよろしくお願い申し上げます。まず、アメリカの宇宙基地計画に対しまして、日本の参加の問題についてお聞きしたいと思います。政府も科学技術庁も積極的に参加す…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第11号(1984/04/19、37期)

きょうは法案の審議でございますので、若干法律論争をさせていただきたいと思います。最初に、内閣法制局にお伺いをいたしますが、「むつ」を廃船にする場合、新しい日本原子力研究所法案ではどの条項によってでき…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第14号(1984/05/10、37期)

政治との関連でちょっとお伺いしたいのですけれども、研究者の立場から、日本の今の研究段階から見まして、いわゆる軍事利用への歯どめを政治の側から行う必要があるのかどうか。ミサイルに使うというのはかなり先の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1984/06/26、37期)

催奇形性、発がん性などの人体への影響を指摘されている猛毒のダイオキシンを含む除草剤が山中に埋められておりまして、大量に流出していたことが先ほど明らかにされました。私もこの件につきましては、愛媛県の津島…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第19号(1984/07/12、37期)

原子力船「むつ」の存廃が大きな国民的関心を呼んでおります今日、お忙しい中、三人の先生方には本委員会に御出席をいただきまして貴重な御意見をお聞きしますことを、私も委員の一人として大変うれしく思っておりま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第20号(1984/07/17、37期)

最初に岩動長官にお伺いいたします。長官はせんだって我が党の小川新一郎委員の質問に答えまして、いわゆる原子力委員会の委員長であり、科学技術庁長官としての立場から大変に明確な御答弁をいただきました。議事…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号(1984/04/12、37期)

若干時間がおくれているようでございますし、私も短い持ち時間でございますのでぽんぽんぽんと質問してまいりますから、答弁の方も速いテンポの答弁をよろしくお願いいたします。最初に、大変基本的なことを聞いて…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第6号(1984/06/28、37期)

先日、降灰の被害が打ち続きます桜島を長官みずからが御視察されました。まことに御苦労さまでございましたと申し上げたいのでございます。私も、長官が行かれました翌日、委員会視察団の一員といたしまして現地に参…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1985/03/19、37期)

二点お伺いします。一点は、いわゆるSDIに、これは日本のレーザー技術の水準にもかかわる問題ですが、レーザー関係の技術供与を日本の国に求められるような可能性については大体どういうふうにお考えになるかと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1985/03/26、37期)

私は、まず長官に、創造的な科学技術の重視ということについて所信をお伺いしたいわけでございます。十一号答申を受けまして、長官の所信にも創造性といいますか、創造的科学技術を重視するというお気持ちが大変に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1985/04/11、37期)

最初に大臣にお伺いしたいわけでございますが、ただいま科学万博を開催中でございまして、国民の間に大変に科学技術に対する関心が高まっているところでございます。地方におきましても、地方のいわゆる産業界とタイ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第8号(1985/04/23、37期)

私は、三点お伺いいたします。一つは、日本の教育全般に関する先生のお考え方ですけれども、日本経済新聞の「私の履歴書」を読ませていただきまして、大変感銘しました。その中で「不器用の勝利」とか「愚直一徹」…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1985/06/11、37期)

時間がオーバーして大変恐縮なんでございますが、ぜひお聞きしたいことがありますので三点ばかりお伺いします。一つは、欧米諸国の日本を見る目でございますけれども、戦後四十年、あるいはオオカミであるとか猿で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号(1985/05/23、37期)

本四連絡橋の一つでございます大鳴門橋が、昭和五十一年の着工以来九年の歳月と千六百五十億円を投じていよいよこの六月八日に開通をいたします。ここに至りまして、関係者の皆さんの多大な労を心から感謝申し上げた…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 科学技術委員会 第1号(1985/11/28、37期)

本日は、午前中以来ただいままで幌延町の貯蔵工学センターにつきまして推進派、反対派双方から熱い論争が行われておるわけでございますが、こういう問題は感情的にならずに、冷静に考える必要があると私は思います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1986/03/25、37期)

いわゆる戦略防衛構想、SDIに日本が参加するのかどうかということが今国際的にも、また国内的にも大変重大な政治問題になっているわけでございます。これを政治問題と見た場合には、世界のパワーポリティックスの…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1986/04/08、37期)

きょうは、午前中以来かなりきめの細かい議論が続きまして、答弁される皆さんもかなり神経をお使いになってお疲れではないかと思いまして、大変恐縮でございますが、私はアバウトな質問でございますから、どうぞゆっ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1986/04/10、37期)

先ほど大臣から本法案に対する提案理由の説明をお聞きしたわけでございますが、重ねてで恐縮でございますが、本法案の意図するもの、あるいはまた、今この時期に提案された理由を明確にお聞きしたいと思います。そ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1986/04/17、37期)

本日は、宇宙開発事業団理事長の大沢弘之先生並びに軍事問題評論家の山川暁夫先生に御出席を願いまして、まことにありがとうございます。最初に私は山川先生にお伺いしたいのですが、本法案に対する基本的な認識で…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1986/04/24、37期)

本日は、皆様大変忙しいところ当委員会に御出席を賜りまして、ありがとうございました。普通、参考人質疑は皆様の御意見を最机にお伺いした後、私どもが質問させていただくのが慣例でございますけれども、本日は時…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第14号(1986/05/06、37期)

私、最初に通告外の質問で恐縮でございますけれども、ソ連の原発事故に関連しまして若干質問をさせていただきます。きょう六日付のソ連共産党機関紙プラウダでは、チェルノブイル原発事故が起きたときの状況につい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1986/05/08、37期)

私は、公明党・国民会議を代表しまして、本法案に対し賛成の討論をするものであります。我が党は、世界のエネルギー情勢にかんがみ、原子力の平和利用である原子力発電は必要であるとの見解をとるものであります。…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1986/05/09、37期)

私は、最初に外務大臣にお聞きしたいわけでありますが、今回の日中原子力協定は、我が国が現在までに原子力協定を結んでおりますイギリス、フランス、アメリカ、カナダ、オーストラリアと変わります点は、今までは日…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1986/04/11、37期)

私は、最初に、本委員会においてこうして質問さしていただく機会をつくっていただきました同僚委員の皆様、また委員長初め当委員会の皆様に心から感謝をしつつ、若干質問させていただきます。本法案は、私の地元でご…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22