谷川和穂衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  1回発言    434文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  0回発言      0文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  0回発言      0文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  1回発言    434文字発言

本会議発言一覧

第121回国会 衆議院 本会議 第2号(1991/08/07、39期)

ただいま、院議をもって、永年在職議員として、御丁重なる表彰の御決議を賜りました。まことに光栄のきわみ、感謝にたえません。ひとえに、先輩同僚議員の御厚情と、郷土の皆様の多年にわたる温かい御支援のたまものと心から御礼申し上げます。私が初めて本院に議席を与えられました当時、我が国は、日米安保改定交渉に取り………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第119回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10145文字発言
第120回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
第121回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   7808文字発言
第122回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  0回発言      0文字発言
第123回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  9)  0回発言      0文字発言
第124回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
第125回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  2)  0回発言      0文字発言
第126回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 13)  0回発言      0文字発言

  39期通算  77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 56)  2回発言  17953文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  0回発言      0文字発言

 国会等の移転に関する特別委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  0)  0回発言      0文字発言

 政治改革に関する特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   7808文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10145文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 国会等の移転に関する特別委員会理事(第122回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会理事(第123回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会理事(第124回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会理事(第125回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会理事(第126回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第119回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1990/10/19、39期)

私は、緊急問題として発生いたしましたイラク問題について御質問を申し上げたいと思います。イラン・イラク紛争の当時、我が国は、紛争解決に向けて随分の外交努力を重ねてきたように記憶いたします。特に、停戦直…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 政治改革に関する特別委員会 第3号(1991/09/13、39期)

「総裁の熱心な要請により、組織調査会長の重責を引き受け、党近代化という重要かつ困難なる課題と取り組むこと丸一年、ここに答申の運びとなったことは、副会長、小委員長および委員諸君の真摯なる努力はもとより、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22