岩佐恵美衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  1回発言   3004文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  1回発言   3279文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  1回発言   1850文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  0回発言      0文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  3回発言   8133文字発言

本会議発言一覧

第128回国会 衆議院 本会議 第11号(1993/11/30、40期)

私は、日本共産党を代表して、政府の財政演説に対し質問いたします。まず初めに、私は、民主主義を根底から揺るがす小選挙区制を初めとする政治改革法案が、多くの問題を残し、しかも修正点については一切本院の審議もないまま、採決強行されたことに対し、強く抗議するものです。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 本会議 第24号(1994/06/07、40期)

私は、日本共産党を代表して、国民年金法等の一部を改正する法律案を初めとする年金関連五法案について、総理並びに関係大臣に質問いたします。政府は、福祉のためと称して消費税の税率を七%から一〇%程度に上げる必要があるとの大蔵省の試算を政府税調に提出しました。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第14号(1994/12/01、40期)

私は、日本共産党を代表して、蔵器移植に関する法律案について、現状では脳死について国民の間にさまざまな意見がある中で性急な立法化はすべきではない、そういう立場から提案者に質問いたします。その第一は、脳死を人の死とすることについて、国民的な合意が得られていないという問題です。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第128回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  4回発言  33957文字発言
第129回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21) 13回発言  65594文字発言
第130回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第131回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  7回発言  53512文字発言
第132回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 14回発言  70340文字発言
第134回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言  17126文字発言
第135回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第136回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 28回発言 112321文字発言

  40期通算 125回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員125) 69回発言 352850文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
            83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 83) 51回発言 241244文字発言

 環境委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36) 15回発言 100804文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   9193文字発言

 地方分権に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 規制緩和に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1609文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 環境委員会 第1号(1993/10/19、40期)

きょうは私は水問題に絞りまして質問をいたしたいと思います。ことしの十月十二日発表の東京都のアンケート調査によりますと、東京の家庭の三割が浄水器を使っています。その理由に、「おいしい水にするため」とい…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 環境委員会 第2号(1993/10/22、40期)

まず提案者にお伺いをさせていただきます。この法律が本当に被害者の救済、業務認定の促進になっているのかどうかということです。会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1993/10/26、40期)

先ほどから議論になっておりますアセスメント法の制定につきましてお伺いをしたいと思います。総理は既にもう御存じだと思いますけれども、アメリカでは一九六九年に、環境汚染や自然破壊を未然に防ぐためにいわゆ…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1993/11/09、40期)

きょうは大臣所信に対する質問でございますけれども、まず医療費の自己負担の問題についてお伺いをしたいと思います。今、医療保険審議会で病院給食の自己負担が検討されているということですけれども、厚生省とし…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 環境委員会 第2号(1994/02/15、40期)

安全で良質な水道水を供給するためには、中央環境審議会が答申しているように、総合的、計画的に政府が一体となって対策を推進することが必要なはずです。ところが、環境庁、厚生省は法律を一本化できずに、ついに二…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1994/06/03、40期)

私は、長官の所信表明の中でも述べられている大気汚染対策について伺いたいと思います。長官も所信表明の中で大気環境の保全の推進を述べておられますので、その点に期待をしてお伺いしたいと思います。私は多摩の…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 環境委員会 第5号(1994/06/07、40期)

種の保存法の一部改正に関する問題で幾つか伺いたいと思います。先ほど同僚議員の皆さんがいろいろと議論されておられるところですけれども、今度の規制というのは、種を容易に識別することができるもののみが対象…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第1号(1994/02/09、40期)

昨年二月に出されました水道水源の水質保全に関する有識者懇談会の提言では、「水道事業がその使命を達成していくためには、良質な水源の確保が必須の条件」とし、一方、「近年、水道の原水における各種の化学物質や…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1994/03/25、40期)

まず、児童手当法について伺いたいと思います。児童手当法の目的は、第一条に「児童手当を支給することにより、家庭における生活の安定に寄与」し、このことをもって「児童の健全な育成及び資質の向上に資する」と…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1994/06/03、40期)

きょうはまず最初に、製造年月日表示について伺いたいと思います。去年の秋の本会議でも質問いたしましたけれども、なぜ製造年月日表示をやめて品質保持期限表示にしなければならないのか。アメリカとか加工食品メ…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1994/06/08、40期)

病院給食の有料化の問題については、日本医師会や日本病院協会等の病院団体や日本栄養士会等医療関係団体がこぞって反対をしています。また、九百三十四の自治体が反対の意見書を採択をしています。患者の皆さんもこ…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1994/06/10、40期)

きょうはお忙しい中、参考人の皆様、御苦労さまでございました。まず、付添看護を廃止して患者負担をなくす、この問題ですけれども、基準看護病院においても家族等の付き添いがあるというふうに聞いていますし、結…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1994/06/14、40期)

健康保険法の法案についてですけれども、この健保法案が国会に提出される前から、病院給食の有料化を財源にして、十月に診療報酬の改定を行うと決めていて、いろいろ作業が進み、大体環境がもうつくられている、こう…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1994/06/17、40期)

今度の法律につきましては、理事会でもたびたび話がありましたけれども、通常であれば二国会にわたる重要な法案であります。例えば過去において、一九八四年の健保本人一割負担、このときの国会の審議は、参考人質疑…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1994/06/20、40期)

まず最初に、原子爆弾被爆者に対する特別措置法の問題に関連して伺いたいと思います。今、国際司法裁判所が各国政府に意見を求めています。それは、世界保健機構、WHOが、核兵器の使用は環境や衛生などに否定的…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1994/06/22、40期)

予防接種禍による九二年十二月の東京訴訟でも国側の敗訴を認めていますけれども、国の安全対策が重要であることが改めて示されたと思います。大臣の御所見をまず伺いたいと思います。現実にインフルエンザを個人接…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1994/06/21、40期)

地球環境の保全は重要な課題であります。オゾン層保護法の改正案に賛成をする立場であります。ただ、同時に、法の実施と今後の規制の進め方については考えるべき問題があります。持ち時間が大変短いので、まとめて…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 環境委員会 第2号(1994/10/28、40期)

大臣は所信で国立・国定公園の核心地域における、すぐれた自然の保全、復元をと述べられました。また、生物多様性の保全について、世界遺産地域の保護管理の推進、こういう点も言われました。こうした課題の大もとで…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1994/10/19、40期)

きょうの午前中の質疑で論議をされましたけれども、人工透析患者の劇症肝炎死亡事件についてまず伺いたいと思います。ことし四月の診療報酬の改定によって、これまで個別に請求してきた手数料と透析液、血液凝固阻…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1994/10/21、40期)

先日の審議でも言いましたけれども、引退と年金支給のリンクは社会保障の原則です。諸外国では、午前中の審議でも出ていましたけれども、六十三歳から六十五歳支給が当たり前、そう言われていますけれども、定年と退…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1994/10/26、40期)

私はまず、無年金障害者の問題についてお伺いをしたいと思います。無年金障害者の人数やあるいは実態について把握しておられるかどうか、その点についてまず伺います。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1994/11/25、40期)

まず、原爆被害の特徴について、一九七七年、NGOの被爆問題シンポジウムで、第一に、民衆に逃避の余裕、逃げる余裕を与えない瞬間奇襲性、第二に、一定地域の全住民を殺傷する無差別性、第三に、人間のみならずあ…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1994/11/29、40期)

日本共産党の岩佐恵美でございます。きょうは、参考人の皆様には、大変お忙しい中、本当にありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1994/12/01、40期)

先ほど質問の中で出ておりましたけれども、アメリカの郵便公社が来年九月二日の対日戦勝五十周年記念日に合わせて発行する記念切手の図柄の件であります。原爆投下のキノコ雲を使うということが内定したと伝えられて…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1995/02/10、40期)

本日は、阪神大震災関連で質問をさせていただきたいと思います。阪神大震災は、死者五千二百名以上の本当に大惨事となりました。いまだに二十五万人近い皆さんが非常に不便な避難所生活を強いられております。この…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1995/02/17、40期)

私は、法案の個別、具体的な問題について伺ってまいりたいと思います。まず、遺族補償費の支給について、現在まで確認された人数についてですけれども、いろいろあるようですが、私どもは十六名というふうに伺って…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 環境委員会 第6号(1995/03/10、40期)

年々大気汚染の実態が都市部を中心に深刻になっていっていることは周知の事実であります。特に東京などは、移動発生源と固定発生源の割合が、移動発生源が七以上じゃないか、こんなふうに言われているわけです。そ…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 環境委員会 第8号(1995/04/14、40期)

まず、悪臭についての九三年度の総苦情件数九千九百七十二件のうち、約半数が規制対象とならない発生源からの苦情となっています。九三年度末現在、規制地域がある市区町村の数は千六百四十、全国の五〇・三%であり…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1995/02/07、40期)

私、現地に参りまして、壊れた家が重なり合っている、それから火災でもって焼け野原がずっと続いている、そういう場面に遭遇をいたしまして、本当に消防車が足りなかった。あるいは消防車が来ても耐震の防火水槽が足…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1995/02/15、40期)

昨年、入院時の食事が有料化されるとともに付添看護が来年三月に廃止されることになっています。病院給食の有料化で家計が苦しく、これ以上入院を続けられない、そういう事態も生まれております。同時に、付添看護の…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1995/03/10、40期)

戦傷病者や戦没者遺族に支給される障害年金や遺族年金等の額について、これは恩給の改善に準じて一・一%引き上げることになっている。この根拠について先ほどのやりとりで、確たるものがあるわけではない、その都度…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1995/03/14、40期)

日本共産党の岩佐恵美でございます。本日は、参考人の皆様には、大変お忙しい中当委員会にお越しをいただきまして、ありがとうございました。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1995/03/15、40期)

生活保護世帯の学資保険の問題について、まず最初にお伺いをしたいと思います。昨日の福団地裁の判決は、進学のための貯蓄を認めないことは、憲法二十六条にも、生活保護法が定める自立助長の目的にも反すると指摘…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1995/04/26、40期)

今回の法改正によって、精神保健法では措置入院及び通院医療、結核予防法では命令入所と適正医療費、これが公費優先から保険優先になるわけですけれども、精神及び結核医療に対する国の責任が後退する、そういうこと…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1995/05/12、40期)

自国の食糧は自国で賄う、これは常識であります。国際的にもそうなっていると理解をします。農水省に伺いたいんですが、食糧自給率、カロリーベースで、アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラ…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1995/05/17、40期)

本日は、参考人の皆様にはお忙しい中、御出席をいただきましてありがとうございました。まず、この改正に直接かかわることではないのですが、厚生省がこれからやろうとしているそういう基本姿勢にかかわることなの…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第14号(1995/06/06、40期)

各病院は従来、準夜勤務を終えた看護婦さんの安全確保の立場から、病院の努力で車送りを行ってきました。厚生省はそれを平成五年の七月から、制度外、予算がないということで、労使協議を拒否をして一方的に廃止をし…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1995/02/14、40期)

阪神大震災の問題についてお伺いをしたいと思います。まず最初に、五千三百人を超える方々が犠牲になられました。こうした皆様に深く哀悼の意を表すると同時に、私も現地に二回参りましたけれども、被災者の皆さん…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 環境委員会 第2号(1995/10/31、40期)

まず、水俣病問題について伺いたいと思います。先ほどから議論があるわけですけれども、ちょっと重複する部分があると思いますけれども、最終解決案の受諾に当たって、二十九日、全国連の橋口三郎原告団長は、私た…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1995/10/24、40期)

私は、まず最初に、厚生省が今進めている試験研究機関の再編問題について伺いたいと思います。厚生省は、ことし一月に続いて四月、八月と試験研究機関の具体的な再編計画を明らかにしました。この再編計画案につい…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1995/11/08、40期)

まず最初に、血友病患者の皆さんが汚染された血液製剤によってエイズウイルスに感染された、このことについて質問をしたいと思います。「NHKスペシャル 埋もれたエイズ報告」で明らかにしていますけれども、一…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1996/02/23、40期)

私は、昨年の環境委員会で日光連山の立ち枯れ問題について伺いましたけれども、引き続いて、きょうは丹沢大山国定公園内の立ち枯れ問題について伺いたいと思います。丹沢のブナの現状は、明らかに枯れ死が進行して…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 環境委員会 第5号(1996/04/17、40期)

今回の法改正では、本来なら汚染物質の排出量を大幅にとらえていく、あるいは排出の規制を強化をしていく、そういうことが求められていると思います。ですけれども、実際、先ほどから伺っておりますと、環境庁が健…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 環境委員会 第7号(1996/05/24、40期)

今回の法改正は、有害物質で汚染された地下水が人の健康を損なうおそれがあるため、汚染された地下水を浄化するためのものですけれども、地下水汚染の広がりというのは非常に深刻であって、今回の措置の決定というの…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1996/02/23、40期)

私は、まず最初に、薬害エイズに関する資料について伺いたいと思います。いわゆる郡司ファイルなるものが二月二十日に公表され、当委員会にも提出され、説明がありました。全資料について今月中に公表、公開すると…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1996/03/01、40期)

まず、医療体制の問題について伺いたいと思います。先日、私の部屋に、HIVに感染させられた関東在住の血友病の患者さんから電話がありました。「新しい感染症なので、既存の病気と違って治療の一定水準というも…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1996/03/13、40期)

薬害エイズの問題について伺いたいと思います。予算委員会の場で資料請求をしているのですけれども、エイズ拠点病院の施設ごとの患者受け入れの実績を提出してほしいというふうに求めているわけですが、資料がない…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1996/03/25、40期)

まず、人骨問題について伺いたいと思います。今から七年前の一九八九年七月二十二日、新宿区戸山町の国立予防衛生研究所の現在の所在地である旧陸軍軍医学校跡地から、百体を超える人骨が発見されています。この軍…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1996/04/10、40期)

まず最初に、私も医療用食品につきまして質問をしたいと思います。まず公正取引委員会の方から、昨日公表されました、日本医療食協会及び日清医療食品株式会社に対する勧告等について御説明をいただきたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1996/04/12、40期)

きょうは、参考人の皆様には、本当に遠くからあるいは健康が大変な中、御出席をいただきましてありがとうございました。先ほどから大変貴重な御意見をたくさんいただきました。私どもも、この問題について、まさに…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1996/04/17、40期)

厚生省全体の定数状況を見ますと、七五年に七万九百名だった職員ですが、九五年度末には七万五千九百六十三名と実質五千六十三名増員になっております。ところが、七つの試験研究機関の定員を見ますと、七五年に千百…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1996/04/19、40期)

エイズ研究班の設置目的につきまして、再度確認をさせていただきたいと思います。薬務局に設置をしたということは、エイズに関連して血液製剤の取り扱いをどうするか、そういうことを中心に議論するからであって、…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第13号(1996/05/08、40期)

まず、参考人にお伺いしたいのですが、血液製剤によるエイズ伝播の可能性について参考人が知ったのはいりごろだったのでしょうか。それと、どういう決意で臨まれたかというお話でございましたが、血液事業というの…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1996/05/14、40期)

きょうは、松田参考人にはお忙しいところ御苦労さまでございます。参考人は、参議院の質疑で、「最終的にエイズ研究班で帝京大症例を認定しなかったということに関しては、私は承服しがたい気持ちであったと思いま…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1996/05/15、40期)

本日は、参考人の皆様にはお忙しい中、どうもありがとうございました。御苦労さまでした。この法律の改正案に絞って幾つかお伺いをさせていただきたいと思います。まず、今回の改正案では、国鉄清算事業団とJR各…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1996/05/17、40期)

総理が運輸大臣のときに国鉄の分一割・民営化を進めました。六十年には三十万人いた職員が、六十二年の民営化直前には十九万九千人に削減をされました。その結果、国鉄で働く労働者が、雇用や労働条件で多くの犠牲を…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1996/05/21、40期)

今、血友病のエイズ感染させられた患者の皆さん、五日に一人亡くなる、そういう状況にあります。エイズに感染をしたということは、死を感染させられたということと同じなんです。参考人が委員長を務めた血液製剤小…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第20号(1996/05/24、40期)

医薬品副作用被害救済基金は、薬害被害者の運動によって、昭和五十四年に医薬品副作用被害の迅速な救済を目的として設立をされました。その後、昭和六十二年の改正で研究振興業務が加わり、翌年には、HIV感染によ…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第21号(1996/05/28、40期)

参考人は先ほど、アルファ社からのいろいろな情報について厚生省に知らせていたというふうな話がありましたけれども、八三年当時、参考人は、当時薬務局長でありました持永衆議院議員とどのぐらいお会いになったのか…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第23号(1996/05/31、40期)

きょうもこの委員会で指摘をされておりますように、きょうから世界禁煙週間が始まります。世界各国の研究者によって、たばこに含まれている成分に発がん性がある、そういうことが指摘をされてきていますし、また、研…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第24号(1996/06/04、40期)

アメリカの本社では、八三年の三月に加熱製剤がアメリカで受理をされているわけですけれども、アメリカで、その市場に出荷をされた製品で何かトラブルがあったというようなことはあったのでしょうか。ん。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第25号(1996/06/05、40期)

本日は、参考人の皆様には、お忙しい中御出席をいただきまして、ありがとうございました。私、日本共産党の岩佐恵美でございます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第26号(1996/06/07、40期)

従来から、企業、行政、そして学者の癒着が大きな問題になっております。この間のエイズ薬害の審議の中でも、例えばストックホルムで開かれました世界血友病連盟の総会に参加をするに当たって医師の旅費等をミドリ十…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第28号(1996/06/12、40期)

最初に、規制緩和法の水道法に関してお伺いをしたいと思います。安全な水を欠かさずに供給するため、町の水道工事業者は、自治体に協力をして、日曜祭日も当番制によって二十四時間保守体制をとって仕事をしていま…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第30号(1996/06/18、40期)

まず最初に、エイズ治療・研究開発センターについて伺いたいと思います。エイズの治療、臨床研究、研修、情報発信の機能を持ったセンターを国立国際医療センター内に組織として独立性を保ちながら設置する、そうい…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第31号(1996/07/12、40期)

まず、松本参考人にお伺いをしたいと思います。三月の初めに、私は参考人にお電話をさせていただきました。そのときに、第一号患者の症例について、CD4は三百五十、そしてカンジダについては、あるけれども、ち…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第32号(1996/07/23、40期)

八四年四月に、証人が大変信頼すべきと言っていたギャロ博士によってエイズウイルス株が固定されました。そのとき、何をしなければならないと思われたか。証人が一〇〇%エイズを否定したものではないと考えていた、…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第33号(1996/08/08、40期)

まず最初に、O157が原因で亡くなられた皆様に心から哀悼の意を表し、遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。また、患者の皆様の一日も早い回復を願って、今後このような食中毒事件を絶対に繰り返してはなら…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1996/02/20、40期)

私は、きょう、薬害エイズ問題について伺いたいと思います。昨日の当予算委員会で、梶山官房長官と菅厚生大臣は、国の責任を認め、和解に応じない外資系企業、バイエル、バクスターに対し、和解に応じるよう説得す…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 40期(1993/07/18〜)  3本提出

質問主意書一覧

歯科医療に関する質問主意書
第131回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1994/12/05提出、40期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国立公衆衛生院、人口問題研究所、国立多摩研究所の統廃合案に関する質問主意書
第134回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1995/11/10提出、40期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

入院医療に関する質問主意書
第136回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1996/03/05提出、40期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22