国会議員白書トップ衆議院議員菅義偉>46期国会活動まとめ

菅義偉衆議院議員 46期国会活動まとめ



在籍期:41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院統計 46期衆議院議員


衆議院本会議(46期)

41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第182回国会(特別:2012/12/26-2012/12/28)  0回発言      0文字発言
 第183回国会(通常:2013/01/28-2013/06/26)  1回発言   1448文字発言
 第184回国会(臨時:2013/08/02-2013/08/07)  0回発言      0文字発言
 第185回国会(臨時:2013/10/15-2013/12/08)  2回発言   3804文字発言
 第186回国会(通常:2014/01/24-2014/06/22)  3回発言   7876文字発言
 第187回国会(臨時:2014/09/29-2014/11/21)  1回発言    490文字発言

       46期通算   (2012/12/16-2014/12/13)  7回発言  13618文字発言

本会議発言一覧

第183回国会 衆議院 本会議 第27号(2013/05/23、46期)

カンボジアPKOへの要員派遣の評価、検証及びその後の自衛隊の海外派遣への活用についてのお尋ねがありました。我が国は、カンボジアPKOに対し、自衛隊から施設部隊及び停戦監視要員を派遣し、自衛隊の持つ高い施設整備能力と、厳しい自然環境下で業務遂行能力を発揮しつつ、カンボジアの平和と国家再建の基礎づくりに………会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第4号(2013/10/25、46期)

ただいま議題となりました安全保障会議設置法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。我が国の平和と独立を確保し、国民の生命及び財産を守ることは、政府の重要な責務の一つであり、その責務を果たすためには、正確で総合的な情勢判断に基づき、時代の変化に迅速に、そして的確に対応した国家安全………会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第13号(2013/11/22、46期)

幹部人事についてお尋ねがありました。本法案において、幹部職員の人事については、能力・実績主義に基づいた客観的な人事評価と、それぞれの官職ごとに求められる専門的な知識、技術、そして経験等を考慮し、適材適所の配置を行うこととしておりますので、御懸念のような人事にはなりません。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第9号(2014/03/18、46期)

安全保障上脅威を与え得る電子機器の政府調達での禁止等についてお尋ねがありました。政府の機器等の調達については、安全性の確保が極めて重要であるということを認識いたしております。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第10号(2014/03/25、46期)

ただいま議題となりました健康・医療戦略推進法案について、その趣旨を御説明いたします。国民が健康な生活及び長寿を享受することのできる社会、すなわち健康長寿社会を形成するためには、先端的な科学技術や革新的な医薬品等を用いた世界最高水準の医療の提供に資する医療分野の研究開発とその環境の整備や成果の普及及び………会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第20号(2014/04/22、46期)

法案の審議の順番についてお尋ねがありました。政府としては、一体となって健康寿命を延伸するとともに、健康・医療産業を戦略産業として育成すべく、健康・医療戦略推進本部や日本医療研究開発機構を設置する法案を、今国会に予算関連法案として速やかに提出したものであります。会議録へ(外部リンク)

第187回国会 衆議院 本会議 第7号(2014/10/23、46期)

緊急事態基本法についてのお尋ねがありました。国家の緊急事態への対処に当たっては、国民の生命財産を守るために、政府全体として総合力を発揮することが極めて重要であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(46期)

41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(46期)

41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院統計 46期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22