下条恭兵 参議院議員
2期国会発言一覧

下条恭兵[参]在籍期 : 1期-| 2期|
下条恭兵[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは下条恭兵参議院議員の2期(1950/06/04〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は2期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院2期)

下条恭兵[参]本会議発言(全期間)
1期-| 2期|
第8回国会(1950/07/12〜1950/07/31)

第8回国会 参議院本会議 第9号(1950/07/26、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は日本社会党を代表いたしまして本案に反対の意思を表明いたすものでございます。  本法案は、過ぐる第七国会の末期の五月一日参議院に提案されて、翌二日委員会並びに本会議を通過いたしまして、衆議院においては審議未了となつたのでございます。政府は今回、前回の提案と殆んど同様の法案を本院に提出せられたのでありますけれども、僅か三ヶ月足らずの時間的経過ではありまするけれども、この間、国際情勢の急変に伴いまして日本経済は重大な変革期に突入しておる次第でございます。政府の提案理由によりますると、九原則の実施並びにドツジ・ラインの堅持によつてインフレは終熄し、物価は安定いたしまして、公定価格や配……


■ページ上部へ

第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 参議院本会議 第5号(1952/11/26、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は日本社会党第二控室を代表いたしまして、第四次吉田内閣に対し、現下国民の最も知らんと欲する諸問題につきまして、順次お尋ねいたしたいと思います。  朝鮮事変勃発以来、政府は、特需を中心といたしまするドル収入が国際収支を好転せしめましたことに安易な態度をとりまして、日本産業再建に真撃なる努力を忘れ来たつたと思うのであります。このことは、外には日英貿易協定の失敗となり、支払協定の敗北となり、なお又、輸入制限に対する無策と相待ちまして、貿易不振の原因ともなり、今日の国内的不況と失業の増加を招来いたしたいと断ぜざるを得ないのであります。而も政府は、今日なお十億余ドルの在外為替を擁しつつ、……

第15回国会 参議院本会議 第14号(1952/12/22、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 只今議題となりました日程第三十九から九十三までの請願五十八件及び日程第百七から第百二十六までの陳情二十件について、建設委員会の審議の結果を報告いたします。  これらの請願陳情のうち、河川に関するものは十二件でありまして、治水事業の促進のため、事業費の増額、継続費の設定等を要請するもののほか、東北地方の諸河川、北上川を初め五河川の改修工事の促進を請願するものであります。  又砂防に関するもの三十七件は、福島県下諸河川の砂防工事に対する国庫補助の増額、東北地方及び新潟県下の地辷り対策、魚野川砂防工事の促進を要望するもののほか、岡山県下三十二河川に対する砂防工事の施行促進に関するもので……

第15回国会 参議院本会議 第15号(1952/12/23、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 只今議題となりました請願十四件及び陳情三件につきまして、建設委員会の審議の結果について報告いたします。  河川に関する請願は、北海道渚滑川河口工事完成等に関するもの、愛知県矢作川、福島県新田川の改修工事及び利根川堤防引堤工事の促進に関するものであり、又砂防に関しては岩手県竜川の工事施行を要請するものであります。  道路に関するものとしては、静岡県沼津市内及び愛知県豊明村内の国道一号線改良工事、福島県裏磐梯線観光道路の建設、北海道問寒別地方の天塩川架橋に関するもののほか、高速度自動車道路、静岡県御殿場地内測量路線一部変更に関する請願であります。  これらのほか、海岸保全に関する立法……

下条恭兵[参]本会議発言(全期間)
1期-| 2期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院2期)

下条恭兵[参]委員会統計発言一覧(全期間)
1期-| 2期|
第8回国会(1950/07/12〜1950/07/31)

第8回国会 通商産業委員会 第2号(1950/07/20、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 詳細な説明を伺う前に栗山君の今のお尋ねを補足するような形になりますが、一二大臣にお尋ねいたしたいと思います。朝鮮事件が起きましてからいろいろな意味で日本の産業界並びに経済界が今日すでに影響を蒙りつつあることは、私がここに指摘するまでもなく産業界の大先輩である通産大臣十分御承知の筈だと思うのであります。新聞の伝えるところによれば、政府は物資の先高を見越してか、政府買入を取急ぐというような報道があつたように私は記憶しておりますし、又金融政策につきましても従来の政策で切抜けのやりにくい面があるということで、再に御検討を加えつつあるというふうにこれ又私承知しておるわけであります。私共現実……

第8回国会 通商産業委員会 第6号(1950/07/25、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 政府に一、二お尋ねしたいのでありますが、朝鮮事件以来、鉄鋼需要が殖えて参りましたことは新聞に伝ることでありますし、又八幡製鉄の八月の圧延能力が四万五千トンぐらいであるのに、八月分の需要の申込はその四倍でありまして、或いはそれ以上になつているというふうに、これは正確なる数字じやありませんけれども、承つているのでありますが、大体最近の経済情勢からしまして、日本の鉄鋼需給状態に対する政府の見通しはどうでありますか。その点ちよつと承わりたい。
【次の発言】 そういう原料関係の輸入などで、政府が手を打つておられるということは大変結構だと思うのでありますが、これも聞くところによりますと、引揚……


■ページ上部へ

第9回国会(1950/11/21〜1950/12/09)

第9回国会 予算委員会 第6号(1950/12/04、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 官房長官にちよつとお伺いしたいと思いますが、今官房長官がいろいろ御説明されるのを聞いてお参りますと、警察予備隊の当初の給與が少しよ過ぎるように解釈しておられるようでありますが、ついては今後の給與ペース改訂に、今の警察予備隊の隊員は含んでおるかどうかということを開いて置きたいと思います。
【次の発言】 そうするとこの二等警察士補以上ですか、その分の他の公務員の給與ベースが変つたときに変るべき分が、この補正予算に計上されてあるのでしようか、どうでしようか。その点をお伺いいたします。

第9回国会 予算委員会 第7号(1950/12/05、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は安本長官にお尋ねいたしたいと思います。先ず第一に朝鮮事変以来、日本の経済にいろいろな影響を受けておると思います。又昨日木村委員からの御指摘もあつたように海外の物価にもいろいろな変動があると思うのでありますが、今大蔵大臣から二十六年度の予算の大綱を伺つたのでありますけれども、この予算の大綱を組立てますための二十六年度の日本経済の推移に対して、安本長官はどのような見通しを持つておられるか、この点が一つと、従つてこの安本長官の見通しに従つての代表的物資の生産見込額並びにこれに伴う重要物資の輸入の計画等をお尋ねいたします。
【次の発言】 只今安本長官は、輸入の実績は非常にいいと言つて……

第9回国会 予算委員会 第8号(1950/12/06、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 大蔵大臣に二、三お尋ねいたしたいと思いまするが、昨日非常に会期が短いのに午前中理事会を開くことになりまして、午前中半日休んだのでありますけれども、これは二十六年度の予算の大綱を示してもらいたいという木村委員の要求に対して、大蔵大臣が答弁を拒否なさつたために、こういうことになつたのでありますか、然るに大蔵大臣は午後になりますと、午後のこの委員会の壁頭に原稿もなしにすらすらと梗概を述べられたのでありますから、私は午前中にやつて頂ければ、午前の会議が続けられたと思うのであります。従いまして私は昨日の午前の空白はこれは大蔵大臣の責任とすべきものであつて、我々委員の責任ではないと考えておる……

第9回国会 予算委員会 第9号(1950/12/07、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は先ず最初に総理大臣に対し二、三のお尋ねをし、更に外務大臣としての吉田総理に又二、三お尋ねをしたいと思うのであります。私が最初にお尋ねいたしたいと思いますのは、問題は單に一通産省の省令としてお扱いになつた問題でありますから、或いは総理は詳しく御存じないとおつしやられるかも知れんと思いますけれども、問題の性質上これは恐らく総理として、或いは外務大臣として全然あずかり知らなかつたことではなかろうと考えますので、特に最後にお尋ねをいたすのでございます。先ず昨日付を以ちまして、通産省は中共向けの輸出の禁止を、一部の商品の輸出禁止を、明年の一月の五日まで一カ月間だけ実施なさるようにきまつ……

第9回国会 予算委員会 第10号(1950/12/08、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 農林大臣にお尋ねいたします。農林大臣は九月の中旬と思いますが、新潟県へ視察にお出でになつた節、丁度救農臨時国会を成規に手続を済ましたあとだつたのでありますが、興農臨時国会を開くと言つて米産県新潟県民は随喜の涙を流されたのでありますけれども、それがいつの間にか次のどこか遠くのほうへ行かれて取止めのふうになつて、又農民ががつかりした人があつたのでありますが、私は今日農林大臣にお尋ねしたい一点は、戰後御承知のように、協同組合が発達しました関係もありますが、同時に農村に畜産を導入するための一つの施策としまして、自家飼料を豊富にするために白米供出を農民のほうで懇請しており、私自身もたびたび……


■ページ上部へ

第10回国会(1950/12/10〜1951/06/05)

第10回国会 大蔵委員会 第32号(1951/03/31、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は今日この委員会に代つて参りましたので、開発銀行法については第一回の審議の模様も存じませんし、なお又昨日予算委員会で大蔵大臣に一応二、三のことを質問いたしましたので、その続きといたしまして銀行局長に二、三お尋ねしたいと思います。第一に私は銀行局長にお尋ねいたしたいと思いますのは、昨日予算委員会でもいろいろ大蔵大臣にお尋ねしたのでありますけれども、私のみならず他の委員からもお尋ねしたのでありますが、政府は経済立自三年計画というものを持つております。そしてこれは設備資金である以上、当然この設備資金といものは政府の策定している自立経済計画にマツチした方向は資金が流れ出なければならぬと……

第10回国会 通商産業委員会 第12号(1951/02/27、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 政府側のかたにちよつとお尋ねしたいと思うのですが、私は旧石油法廃止のときに、従来どうしても鉱業税をかけるということでなければいけないだろうというので、今言つた試掘助成金のようなものはうんと出してもらわないと、国産原油の経営維持が困難であるというふうに提唱しておつたのですが、これは当時の鉱山局長がそのままここにおられるからよく御承知の通りでございますから、改めて何も言いませんが、今度の輸入原油に対する関税の問題、これは通産省として、まあ新聞に伝えられるような、今日ここの資料なんかにあるようなものが国産原油を維持、育成して行く立場から、どうしても必要なものと考えておられるのか、それと……

第10回国会 通商産業委員会 第16号(1951/03/22、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 只今非常に石炭が重要であるからこういう法律を作るのだというふうに長官のほうから御説明があつたのですが、私は日本の国情からして、非常に石炭が重要であるということは勿論わかりますけれども、同時に鉄に対しても綿花に対しても重要であるということは言えると思うのです。そうするとだんだんこういう法律ができると、次から次にこれに似たような法律を作ることが当然起つて来ると考えられるために、将来の問題としてはつきりして置くほうがいいとこう考えるわけです。この点に対して提案者はどういうふうにお考えですか。
【次の発言】 そうしますと、提案者の意見としましては、この第六條第五項というのは、折角熱管理を……

第10回国会 通商産業委員会 第24号(1951/05/10、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 委員長の指定した質問の順序と違うかも知れませんけれども、私はほかの会合に出る予定もございますので、二、三、お尋ねいたしたいと思います。第一に、この法案についてお尋ねしたいのは、昨日参考人の意見でも、今委員長が指定したように、運用如何が非常に今後の高圧工業の発展を阻害するというようなことを言つておるわけであります。ところがこの法案を見ると、完全な技術的な面というものはことごとく省令に讓つて、この法律そのものはあつてもなくても、これだけでは何らの価値のない法律だと思うのです。なせもう少し詳しく省令に譲る分をこの法律の中に入れなかつたかという点を一つお伺いいたしたいと思います。

第10回国会 通商産業委員会 第26号(1951/05/12、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 折角の機会ですから、秘密会でなくてはいけないならば秘密会にして、今日現在の最も新らしい、詳しい情報を一つ御発表願うほうがいいと思います。
【次の発言】 一つだけお尋ねします、この特需の二億六千百万ドルというものの原料ですね、この原料はこの輸入の原料の中に当然見込まれてあるのですか。

第10回国会 通商産業委員会 第34号(1951/05/23、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 この計量法案について今度日米経済協力、アメリカとの関係で非常に多くなると思うのですが、ヤード・ポンド法がこの法に規定してないということは非常に不便のような気がしますが……。
【次の発言】 もう一つだけ伺いますが、検定に従事している職員が通産省又は都道府県を通じまして非常な数に達する大人数になると思うのでありますけれども、検定の上にリミツトに対する手心が違つたりして、検定が統一されないというような虞れがありはしないかと考えるのでありすまが、この点について一つ……。
【次の発言】 通産省と都道府県を通じて検定に従事する職員というのは大体どれくらいになるのですか。

第10回国会 通商産業委員会 第35号(1951/05/24、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は昨日いろいろの点についてお尋ねしましたのですが、そうしていろいろ御答弁を願つたのでありますけれども、昨日の質問に引続きまして、一、二の点をお尋ねしたいと思います。施行法案のほうを見ますと、尺貫法やヤードポンド法が相当細かく条文の中に規定されておるのでありますけれども、昨日の政府の御答弁によりますと、大体三十三年の末までこの法律を適用して、又そのときの状況によつて適当な処置をとる。こういう御答弁であつたわけであります。ところが一面アメリカもイギリスもメートル法の採用についてはいろいろ努力しているという御答弁もあつたわけであります。顧みますと、日本でのメートル法採用については相当……

第10回国会 通商産業委員会 第36号(1951/05/26、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は午前他の会議に出ておりまして、若し午前中にどなたかから私が今から質問しようとします一、二の点についてのお尋ねがあつたとすれば、特にお答え願わなくてもいいのですけれども、今の椿委員の質問に関連して一、二お尋ねしたいと思います。  その第一は、心配いたしますのは、今問題になつている電力料金値上の問題であります。仮に今論議されているように、七割上ると硫安の価格に二二%ぐらいのコスト高が生ずるということでありますけれども、それについて化学局としてはどういう対策をお考えになつておられるか、その点をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 いま一つお尋ねしたいと思うのですが、電力の事情は今……

第10回国会 通商産業委員会 第38号(1951/05/29、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 ニツケル製錬事業助成法から……。
【次の発言】 大臣からでも或いは他の政府委員からでも結構でございます。今度この緊要物資の売払に関する法律案が通りますとニツケルの国内の価格は大体どのくらいにつきます見通しですか、これを先ずお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 この法律が通りますとニツケルの政府払下げ値段が市価より非常に安くなりますでしよう。
【次の発言】 そこで今の特需関係の現在のニツケルを使つているものと、それからこの法案に基いて払下げられた安いニツケルを使つた場合と、まあ製品にもよりましようけれども大体平均したらどれくらい特需の値段の引下げができるのでしようか。

第10回国会 予算委員会 第26号(1951/03/13、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 私は年末の臨時国会で、通産省令を以て中共貿易を制限せられた措置に対しまして、そういうような措置をおとりになることが、結局報復的に中共から入つて来る石炭とか或いは鉄鉱石などの輸出禁止を食つて、非常な日本経済に大きな影響を與えて来るに違いない、更にそれがインフレの要因ともなつて、大衆の生活を圧迫する虞れがあるということを、指摘いたしたのでありまして、私はそのとき、ほかに何らかのこれに代るべき措置があつたのではないかというふうに考えておつたのでありますが、その後政府の措置を見ておりますと、輸出の許可制をとりまして、中共に対して輸出を禁止したような品目に対しては、だんだん輸出の許可制をと……

第10回国会 予算委員会 第34号(1951/03/30、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 今山田委員、佐多委員の質問と大蔵大臣の答弁を伺つておりますと、何か大蔵大臣は、政府の政策は総合計画経済に移行しつつあるということを特に避けておられるかのように聞えたのでありまするが、私はここで実際の面からこの開発銀行の融資を、投資を全く開発銀行の首脳部に政府は任せつきりでおやりになるということでありますから、実際の面を一つお尋ねしたいと思うのでありますが、戰時金融金庫は御承知のように当時軍の証明というものが付いて、それから借入の申込みをしておつたと思いますし、又復金の場合はそれぞれの所管の役所の証明を付けて借入申込みをしたと思います。今の大蔵大臣の御説明を聞いておりますと、今度の……


■ページ上部へ

第11回国会(1951/08/16〜1951/08/18)

第11回国会 予算委員会 第1号(1951/08/18、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 一言だけ……。
【次の発言】 大体事情ははつきりいたしましたが、併しそうなつて参りますと、大蔵大臣にお聞きしたいことは、大蔵大臣が今度の講和條約の全権としてお出でになるという使命の具体的なものは何でございましようか。その点をはつきりお聞きしたいと思います。
【次の発言】 それで結構です。私は特に昨日委員長に通告して、いろいろ準備して参りましたが、時間がないということですから三点だけお尋ねしたいと思います。最近の貿易は非常に不振であつて、特にドル地域向けの輸出が悪いということを聞いておりますが、その結果ドルの不足が非常に激しくなることは予想されるわけであります。これに対して政府とし……


■ページ上部へ

第13回国会(1951/12/10〜1952/07/31)

第13回国会 経済安定委員会 第11号(1952/05/28、2期、日本社会党(第二控室・右))

○委員外議員(下條恭兵君) 土屋さんに二、三お尋ね申上げたいと思います。土屋さんは九分割には反対の考え方を持つておられて、なお且つ現在の各政党の主張なり、政策なりを勘案いたしまして、最大公約数で電力を早急に開発するという意味合いから、この法案に賛成なさろうという御趣旨は私ども非常に傾聴いたしたのでございます。そこで私は先ず最初にお尋ね申上げたいのは、土屋さんは外資が場合によつては入らなくても差支えないと、こういう御意見であつたように伺つたのでありますが、この法案作成の前後におきまして、政府のほうでも外資を入れるために特殊会社を作るという建前から、公益委員会その他といろいろ協議されたということを……

第13回国会 経済安定委員会 第12号(1952/05/29、2期、日本社会党(第二控室・右))

○委員外議員(下條恭兵君) 工藤さんに一、二お尋ねいたしたいと思います。今工藤さんは外資の問題に関連しまして、現在の電力会社は資産状態その他から見て外資が入る可能性が全然ないというふうに断定しておられたように思うのです。又この新らしい法律に基く特殊会社ならば必ずワールド・バンクの外資が期待せられるであろうと、こういうふうに言われたように思います。私は今お尋ね申上げたいのは、私どもが最近知り得た情報の中には、むしろワールド・バンクの場合でも、工藤さんの御指摘の反対の方向の外資の導入が期待できるというような情報も持つているのであります。で、工藤さんが現在の電力会社では外資が期待できないというその根……

第13回国会 経済安定委員会 第14号(1952/06/10、2期、日本社会党(第二控室・右))

○委員外議員(下條恭兵君) 昨日の連合委員会に、私党のほうの余儀ない用件がありましたので、残念なことに大急ぎで馳付けたら散会直後に参つたようなわけでありまして、且又佐々木委員長の特別の配慮で長い間連合委員会を続けて頂いたこともこれ又感謝に堪えないことであります。今日又特別に委員外発言の機会を與えて下さいましたことに対してお礼を申上げたいと思うのでございますが、私は先般資料をお願いしましたところ、公益委員会から只今資料が出て手許にも頂いたのでありますけれども、何しろ厖大で、私素人でもありますので、今日は一遍にこれは消化し切れるかどうか甚だ疑問に思うので、必要によりましたならば、更に又もう一回お願……

第13回国会 大蔵委員会 第15号(1952/02/21、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 さつき波多野委員からお尋ねしたのですけれども、増資に当つて公庫側からはどれくらいの希望を出したかというお尋ねだつたのですが、これはお答えになることができないだろうと思うから結構ですけれども、私は、二十六年度も五十億でそれから二十七年度が更に同額の五十億だということは、こういう資金の需要が非常に中小企業の資金難からして旺盛である際に、増額があつて然るべきものだと思うのに同じであるということに対しては、甚だ遺憾だと思いますけれども、まあそれはそれとしまして、同じ額だと私は、二十六年度よりも二十七年度が遥かに物価指数も上つておる関係で実際上はこの公庫の業務の縮小になつていると思うのです……

第13回国会 大蔵委員会 第16号(1952/02/22、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 この法案はすでに連合審査が済んでおるので、当然論議されたことと思うのですが、私この際提案者に二点だけお尋ねしたいことがあります。その一つは、今小林委員からもお話があつたように、企業を合理化するということに対しては何びとも異論のないところでございますししますけれども、この法案ができますと、資金的な考慮が払われておりませんから、これだとでき得るのは大企業の資金の豊富なところだけができて、結果においては大企業の資金の豊富なところが減税する恩典に浴するというような形になつて来ると思う。でどうしてこの法案を作るときに、今国家的見地に立つて考えれば、資金的には非常に苦しくても、さつきお話があ……

第13回国会 大蔵委員会 第17号(1952/02/26、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 大藏大臣にお尋ねしたいと思つておつたのですが、政務次官が見えておるようでありますから政・務次官にお尋ねいたします。今日出してもらいました資料を見ましても中小企業、或いは零細企業がこの銀行を如何に活用しておるかということがよくわかると思うのであります。又この申込件数に対する貸出が大体三割から四割程度であるということはまだこの資金の需要が非常に多くて十分希望を満しておらんということもこの表ではつきりしておると思うのであります。そこで私がお尋ねしたいのは、そういう状況、而も物価の上昇によつて資金の効率か減つて来る際に去年と同じく政府出資は三十億円、だから運用部資金を二十億というと実際に……

第13回国会 大蔵委員会 第44号(1952/04/21、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は只今上程のこれらの法案に対して反対の意思を表明するものであります。  その理由は、午前中審議しました外資法の審議の過程によりましても、又この法案の審議の過称からいたしましても、政府の独立国家建段に対する熟意並びに気魄に欠けるものがあるように思いまして甚だ不満に思うのであります。その結果がこの法案に、今木村委員からも指摘されたようないろいろな欠点が現われて来たものと思うのであります。詳細につきましては、私は本会議において意思表示をする機会を得たいと思いますので省略いたしますけれども、所得税その他の課税の免除の範囲におきましても余り広過ぎまして、特に業者の工事契約に基くところの所……

第13回国会 大蔵委員会 第45号(1952/04/22、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 今の大矢さんの質問に関連して、私はこれに非常に疑問を持つのです。というのは、この條文通りに行くと、相当広い範囲に貸付けられるというようになつているので、これは今銀行局長から頻りに事業協同組合に信用業務を併せ行わせることが危險だというふうに言つておられる。この立場から言えば、こういう解釈によつてどこへでも、時の理事者の考え方でどこへでもやられる。こういう規定を作ることは、私は信用金庫の健全な発達の将来に不安を来たすようなことがありやしないかと思つておりますが、若し先般の佐久間さんの御答弁、只今の御答弁のようならば、この條文はそういうふうに限定して規定するのが妥当じやないかと思うので……

第13回国会 大蔵委員会 第47号(1952/05/07、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は当せん金附証票法ができました理由は、如何にして大衆購買力を吸收をしてインフレを防止するかということが重大課題であつた時分に制定されたものでありますから、もう今日のように逆に如何にして大衆に購買力を與えて生活を安定させるかということが課題になつておる時分には、当然こういうものは速かに廃止すべきものと思つておつたのであります。ところが二十七年度の予算はすでに通つておりますので、今この法律を急に停止しては、いろいろ政府のほうでもお困りであろうと考えまするから、そこでできれば今年度限りこの法律は廃止すべきものであるという考えで、できればこの法律の有効期間を今年度限りに定めたいという考……

第13回国会 大蔵委員会 第51号(1952/05/14、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 お尋ねしたい点は、今度一般公務員の枠からはずされまして、国民金融公庫は結局予算による制約以外何もなくなるという場合、この国民金融公庫が独立採算制をとることがあるかどうかということをお尋ねしたい。
【次の発言】 私はこのことを申しますのは、この金庫の性格上どうしても採算が独立採算制をとるようなことになると、一般の金融機関と同じようなことになつて国民公庫本来の使命を失つてしまうわけです。この前公庫法の一部改正したときだつたと思いますが、油井委員から庶民金庫の時代の古い貸出の回収の問題についての質問があつて、当時総裁から、この古い借主も不明のような古い債券の取立に際しては特別な考慮を払……

第13回国会 大蔵委員会 第55号(1952/05/22、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 この法律の第一條に「資源の開発その他経済の再建のために緊要な資金の調達に資することを目的とする。」とありますし、又電源開発に貸付ける、こういう銀行局長の御答弁もありましたので、従つてこの百億の国民貯蓄債券による資金は電源開発であるとか、或いは増産とかいうような大企業の建設資金に貸出しするものだというふうに了解しておいてよろしいかどうか、先ず承わつておきます。
【次の発言】 それではいま一つお尋ねしますが、この債券の発行によつて浮動購買力を吸收して云々ということが第一條に書いてありますが、私はこれは要するに零細な浮動購買力がそんなにあるとは考えられないのでありますけれども、若しあり……

第13回国会 大蔵委員会 第56号(1952/05/23、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は社会党第二控室を代表しまして本案に反対の意思を表示いたします。というのは、木村委員から反対理由がいろいろ述べられましたので、重複するところは避けますが、吉田内閣の財政経済政策が大企業中心であるということは、もう私から指摘するまでもないと思うのであります。その結果といたしまして中小企業は非常に極度に疲弊して参つております。そういう面の救済の方法が非常に足らんと思うのでありますが、私に対する大蔵大臣の答弁を聞いて見ましても、電気が足りないために一番困るのは中小企業だと言つておられますけれども、これは非常に私はおかしいと思います。なぜかと申しますと、不足の電気の分け方によつては中小……

第13回国会 大蔵委員会 第61号(1952/06/03、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 議事進行について……。今あつちの電源開発の連合委員会に私は委員外発言で発言をやつておつたんです。ところが今日通産委員会のほうから、あともう一遍だけ連合委員会を開くということを前提にして今日は散会してもらいたいという要請があつたんです。で、私はたまたま連合委員会から大蔵委員会が脱退します際に欠席しておりましたので、何ら発言権はないのでありますけれども、聞くところによれば、必要に応じて更に連合委員会を申入れるかも知れんということで取極めになつておつたと聞いておりましたので、私はその旨意見を開陳しまして、大蔵委員会のほうとしては、一応大蔵委員会で協議しないうちはもう一回だけで連合委員会……

第13回国会 大蔵委員会 第63号(1952/06/05、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 どなたかから多分御質問があつたのじやないかと思いますが、ちよつとお尋ねしたいと思います。将来ワールド・バンクから外資が入つて来る場合、金利が幾らになるかということ、それから民間外資、現在も入つているのですが、将来も入つて来るアメリカからの民間外資の場合には、ただここにある造船とか、電源開発のような場合の外資が、幾らぐらいで借りられるかということ。それからイギリス、ドイツなどの産業資金の金利はどれくらいかということ、それから開発銀行の貸付の金利……。
【次の発言】 将来三分五厘乃至四分五厘という金が入る。民間外資でも六分前後、イギリスは五、六分ぐらいと言われる場合に、政府は国際価格……

第13回国会 大蔵委員会 第64号(1952/06/10、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は今内閣委員会にかかつています大蔵省設置法の一部を改正する法律案並びに大蔵省設置法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案、この内容について私から御説明申上げるまでもないと思いますから省略いたしておきますけれども、これを是非とも内閣委員会と連合審査によつていろいろ審議する必要があり、そしてこの委員会の意思を内閣委員会に反映せしめる必要があると思いますので、これ又連合審査の申入れをして頂くことを動議として提出いたします。
【次の発言】 私はあらかじめこの委員会で研究してから連合委員会を開くということには賛成でございます。併し内閣委員会の審議の関係もありますか……

第13回国会 大蔵委員会 第65号(1952/06/11、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 今日は私は質問じやないのですが、油井さんのこれは私はこういう資料は作りにくいのではないかと思います。私はこの国税庁の廃止で一体仕事量が、これはおおむね人員を半分に縮小すると書いてありますが、仕事の量が果して半分に減つたから半分に減らすのかどうかという点とか、それから国税庁がなくなつた代りに国税局のほうへ人員が殖えるのか殖えないのかというような点、それからもう一つは法案の中で見ますると調査査察部を置くとか置かんとかいうことが書いてありますので、そういうことをやるについての関係の資料、いま一点は税務署の支所、出張所を置くような規定があつたと思います。これをどこへ置くのか、どつか税務署……

第13回国会 大蔵委員会 第66号(1952/06/12、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 あちこちでお退席になつて打切りたいという御希望が大分あるようですが、先ほどからいろいろ政府委員の答弁を聞いておりますと、甚だしどろもどろのように思うのです。数字を挙げましても、工業塩が食用塩として計算されたり、甚だ以ておかしいと思うのです。そこで私はこの次の機会に、私が質問するための資料を一つお願いしておきたいと思いますが、第一にいろいろ煮詰めるほうを改善されるとか言われておりますけれども、日本のように雨の多い国において塩田を使つているのは、原始産業を出ることは不可能であると思います。そこで将来のせめて食用塩だけの自給対策として、小名浜でやつているような加圧式でやつても何でもよろ……

第13回国会 大蔵委員会 第67号(1952/06/13、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 今の説明を聞いておりますと、ニッケルの年間使用量二千三百六十トン、それから千二百トンの国産がある、こう言つておられたんですが、去年でしたかニッケルのあの法律、何と言いましたか助成法のようなものが出ましたときに、やはりこの年間使用量二千三百六十トンでしたが、大体こんな数量だつたと思いますが、この数量の需要見込みが多過ぎるという議論があつたと思うのです。ただそれぞれの需要者からの要求を積み上げただけのものだという説明があつたと思うのですが、併しながら又今聞きますと、折角輸入したニッケル自体もあまり使わずにいるというようなんですが、従つてニッケルを特需だけに限定するものとすれば、何が特……

第13回国会 大蔵委員会 第70号(1952/06/19、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は社会党の第二控室を代表しまして、この法案に反対するものでございます。この国有財産の拂下げにはいろいろな矛盾があると思うのであります。現に今厚生委員会のほうでは国立病院の地方移管問題について非常に大きい問題になつておりますし、なお最近新聞を賑わしました四日市の燃料廠の問題、その他政治問題になりつつある問題が相当あるのです。特に私は終戦後国有財産で民間に貸下げ、拂下げ等の行われたものにつきましてはいろいろ不明朗な点も多々あると思うのでありますが、これらの点につきまして私はこの法案にあるように、大蔵大臣だけの決裁でやられるというようなことは将来のために非常に問題を残すのではないかと……

第13回国会 大蔵委員会 第71号(1952/06/20、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私はこの法案に賛成いたします。只今森委員ら二、三の希望條件が出ておつたようでありますが、私もその点極めて同感でございます。私はここで是非共この際政府に確立して頂きたいと思いますのは、申すまでもなく塩は米麦に次ぐ生活必需物資でありますし、而も先般も指摘しましたように、つい数年前に非常に食料塩の不足に悩んだばかりであるにもかかわらず、この委員会の審議の経過を見ておりますと、政府のほうに何ら食料塩の自給態勢に対する根本的な政策が確立しておらんという点であります。この点は私は農林省があれだけ熱心に、そして政府が熱心に食糧の自給態勢に対して努力しているにもかかわらず、塩がこれだけ閑却されて……

第13回国会 大蔵委員会 第78号(1952/07/29、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 大矢さんが議事促進の立場からいろいろ御心配なさるお気持はよくわかるのですが、私は今日午前中の厚生委員会の扱い方が若干妥当を欠いておつたということは、これも又認めるにやぶさかではございません。けれども今私がこの委員会の始る前に委員長から非公式に伺つたところによりますと、今ここで大蔵委員会に残つておる二、三の案件は、衆議院で継続審査に廻るというふうにも伺つておるのであります。そうなるとこの大蔵委員会はもうすでにすべての法案を審議し尽して、食管特別会計の一部改正、これだけが残つておるだけだと言つて差支えないように思う。で、私は大矢委員の揚げ足を取るわけじやありませんが、電源開発促進法の……

第13回国会 通商産業委員会 第19号(1952/03/12、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 今度の調査の概要は、今松平委員から御報告いたした通りでありまするが、今度の調査によりまして政府当局にいろいろ質したい点がありますので、今から政府委員の来ておられる分から逐次お尋ねしたいと思うのです。更にこの中には金融の問題、或いはその他どうしても大臣を煩わさなくてはならん点がありますから、それは改めて要求することにしまして、今日は来ておられる政府委員にお尋ねしようと思います。  それで第一番に私は中小企業庁にお尋ねしたいのでありますが、すでに中小企業庁も繊維関係の非常な金融難で、救済資金を要求していることは御承知と思うのでありますが、中小企業庁としては大体この繊維関係のこの危機を……

第13回国会 通商産業委員会 第54号(1952/06/20、2期、日本社会党(第二控室・右))

○委員外議員(下條恭兵君) 私は特定中小企業の安定に関する臨時措置法案について提案者に二、三の点をお尋ねしておきたいと存ずるのであります。  従来吉田内閣の施策がややもすれば中小企業に対して非常に熱意を欠くように感じられました際に、このような中小企業の安定に対する措置法案が提案されましたことに対しましては、私は深く敬意を拂う者でございますが、この法案を拝見いたしますと、私は幾つかの疑問を持つのでございます。  その一つは、この法案によつて救済される業種が極めて限定された業種でありまして、その残りの中小企業に対する対策を提案者はどのようにお考えになつておるかという点を一点疑問に考えるわけでありま……


■ページ上部へ

第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 建設委員会 第1号(1952/11/06、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  このたび不肖委員長に御推挙願つたのでございますけれども、建設行政につきましては何の経験もございませんので、先輩各位の御指導と御援助によつて責任を全うして参りたいと存ずるのでございます。どうぞ一つ何分よろしくお願いいたします。  先ず理事の辞任についてお諮りいたします。先に田中理事並びに小川理事より本委員会の理事を辞任いたしたい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。つきましては直ちに理事の補欠を互選いたしたいと存じますが、前例により委員長にその指名を御一任願い……

第15回国会 建設委員会 第2号(1952/12/02、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) 只今から委員会を開会いたします。  先般委員長理事の打合会におきまして、お手許に差上げましたような今国会の委員会審議の日程を打合せいたしたわけでございます。そのうち、去る二十八日の分が、建設大臣の都合によりまして取止めになりましたので、今回から一回ずつ遅れて順次やつて行くことになると存ずるのでありますが、そのうち道路関係、それから今日建設大臣の所管事項についての政策方針を承わつて質疑をいたしましたあと、すぐ道路関係の状況の調査というのを聴取し、一緒にやつてしまいたいと思うのでございますが、この点御異議ございませんか。

第15回国会 建設委員会 第4号(1952/12/09、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開催いたします。  本日は建設行政に関する調査を議題に供します。最初に住宅問題につきまして前田住宅企画課長から説明を求めます。
【次の発言】 衆議院の予算委員会に出席中で、空き次第こちらに参ることになつております。
【次の発言】 住宅問題に対する質疑をこの辺で打切ることに御異議ございませんか。
【次の発言】 それでは次に、河川局の治水課の永野事務官も参つておりますので、河川行政についての御質疑を願います。
【次の発言】 速記をとめて下さい。
【次の発言】 速記を始めて下さい。
【次の発言】 速記をとめて下さい。

第15回国会 建設委員会 第5号(1952/12/11、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) 只今から建設委員会を開きます。建設行政に関する調査を議題に供します。只今出席の政府委員は厚生省の久下保険局長、建設省の米田河川局長、伊藤同次長、落合総合計画課長でございます。最初に住宅行政につきまして住宅施設に対する厚生年金、保険金の積立金の還元融資につきまして先ず久下保険局長の御説明を願います。
【次の発言】 只今の説明に対して御質疑を願います。なお建設省から前田住宅企画課長と鮎川住宅経済課長が見えております。
【次の発言】 住宅問題について質疑を一応この辺で打切ることに御異議ございませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり〕

第15回国会 建設委員会 第6号(1952/12/16、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から委員会を開会いたします。  国土総合開発の調査につきまして本日理事会を開きまして、大体の調査の進め方の御相談を願つたのでございます。最近の傾向を見ていますと、電力の早期開発を急ぐ余りに国土総合開発の観点からの研究不十分のままで電源開発が行われているような傾きもありますので、本委員会といたしましては、そういう点について特に先に調査を進めて行こうということに御相談願つたわけであります。従つて、取りあえず只見川につきまして調査を進めまして更に北海道、或いは利根川、北上川等、理事会で皆様にお諮りいたしまして、逐次調査を進めて行こうということにいたしたわけでありま……

第15回国会 建設委員会 第7号(1952/12/17、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) では只今から建設委員会を開会いたします。  田中委員から給与問題に関する質疑の通告があります。
【次の発言】 速記をとめて。
【次の発言】 速記をつけて。
【次の発言】 佐竹主計官がわります。
【次の発言】 それでは私一、二お伺いしたいと思います。先ほどの御説明だと、北上ほか四カ地点ということでしたが、北上ほかのあとの四カ地点というのはどことどこですか、御説明を願います。
【次の発言】 次にお伺いしたいと思いますのは、私は赤木委員の今の御意見と同じように、この委員今に関連する問題が非常に多いと思つてお尋ねするのですが、只見川につきましては委員会でもいろいろ議論が出ました……

第15回国会 建設委員会 第8号(1952/12/18、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  建設行政に関する調査を議題に供します。最初に建設行政一般につきまして田中委員の質問を許します。
【次の発言】 ちよつと速記をとめて。    (速記中止〕
【次の発言】 それでは速記を始めて。それでは建設大臣から国土総合開発計画について特に全般的な問題から切離して、総合開発計画に対する方針を御説明を願いたいと思います。
【次の発言】 御質問ございませんでしようか……。なければ私から大臣にお尋ねしたいと思うのですが、昨日経済審議庁の事務当局の説明やその他を聞きますと、どうも国土の総合開発ということに対して割合熱がないわけではな……

第15回国会 建設委員会 第9号(1952/12/22、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から委員会を開会いたします。速記をとめて。    午前十時四十八分速記中止
【次の発言】 速記を始めて。  次に建設行政に関する調査を議題に供します。小笠原審議庁長官から建設行政に関する御意見を一つ伺いたいと思います。
【次の発言】 長官にちよつとお尋ねしてみたいと思つていることがあるのですが、それは先ほど江田君からも指摘があつたのですが、総合開発の観点から見まして、どうも電源開発のほうに若干力が入り過ぎて、ほかの点が忘れられるという嫌いですね、この点については、私も強くそのことを感じております。でありますが、他からの委員からも御指摘があつたと思いますから省……

第15回国会 建設委員会 第10号(1953/02/10、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  道路整備の財源等に関する臨時措置法案を議題に供します。本件につきましては、審査の便宜のため、大蔵委員会と連合審査を開きたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。さよう決定いたします。  それでは只今から提案者田中角榮君の提案趣旨の説明を求めます。
【次の発言】 只今の提案理由に対して御質疑のあるかたはどうぞ順次御発言を願います。
【次の発言】 一つ提案者に伺いますが、さつきの提案者の御説明の中でも、道路整備五カ年計画の中でも、特に裏日本のほうは表日本に比べて荒れている所を早く直したいとい……

第15回国会 建設委員会 第11号(1953/02/12、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) 只今から建設委員会を開会いたします。  建設大臣から発言を求められております。建設大臣……。
【次の発言】 それでは最初に河川局関係の予算につきまして、米田局長、石破官房長から一つ御説明を願います。
【次の発言】 只今の河川局長の説明に対して御質問がある方は御質疑を願います。
【次の発言】 ほかにございませんか。
【次の発言】 ほかにございませんか。なければ最後に一、二お尋ねしたいと思います。  この河川関係の予算を見てみますと、前年度と比較の増減が出ておりまして、減つておるのは災害復旧費だけのようであります。で先ず第一にお尋ねしたいのは、河川予算全体として二十七年度に……

第15回国会 建設委員会 第13号(1953/02/19、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  先ず最初に住宅局関係の予算の説明を住宅局長にお願いします。
【次の発言】 それでは説明を続けて下さい。
【次の発言】 ちよつと速記を止めて。
【次の発言】 速記を始めて。それでは前回御説明になりました計画局関係についての質疑をお願いします。
【次の発言】 ほかにございませんですか。それでは今日はこれで散会いたします。    午後零時六分散会

第15回国会 建設委員会 第14号(1953/02/25、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から委員会を開会いたします。  道路整備費の財源等に関する臨時措置法につきましては、各委員におかれまして成るべく速かに各会派の結論をお出しになつてお持ち寄り願うようにお願いいたしたいと存じます。
【次の発言】 次に国土総合開発に関する調査の件を議題といたします。ちよつと速記をとめて下さい。
【次の発言】 それじや速記をつけて。建設大臣にお尋ねいたしたいと思いますが、国土総合開発と言つても、電源開発と全く不離一体の場合が非常に多いので、その意味において、私どもは電源開発に対して非常に大きい関心を持つておるわけであります。参議院の先般の一般質問の中で、竹中議員の……

第15回国会 建設委員会 第17号(1953/03/05、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  海岸保全法案を議題に供します。先ず発議者から第二章の説明をお願いいたします。
【次の発言】 只今の第二章について御質疑のあるかたはどうぞ順次御発言を願います。
【次の発言】 ほかに御質疑ございませんか。  では本日はこれにて委員会を散会いたします。    午後零時三分散会

第15回国会 建設委員会 第19号(1953/03/10、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  海岸保全法案を議題に供します。先ず発議者から第四章の説明をお願いします。
【次の発言】 御質疑のあるかたはどうぞ順次御質疑をお願いします。
【次の発言】 速記をとめて。
【次の発言】 速記を始めて。
【次の発言】 ちよつと速記をとめて。
【次の発言】 速記を始めて。  それでは三十一条以外の点で若し御質疑のあるかたは御質疑を願います。それから附則の二、三は三十一条と関連する形で御質疑を願うことにいたしまして、残余の部分で御質疑のおありのかたは一つ御質疑を願います。

第15回国会 建設委員会 第20号(1953/03/11、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。  海岸保全法案を議題に供します。  お諮りいたします。農林委員の三橋君から本法案につきまして、委員外発言を許可せられたいという申出がございます。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  三橋君の発言を許します。
【次の発言】 それでは先ほど御報告申上げましたほかに、運輸省から黒田港湾局長が見えております。そこで先ず黒田港湾局長からの意見から先きにお聞きしたいと思いますが、御異議ございませんですか。
【次の発言】 それでは港湾局長の御意見をお願いいたします。

第15回国会 建設委員会 第21号(1953/03/12、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) 只今から建設委員会を開会いたします。  道路整備費の財源等に関する臨時措置法案を議題に供します。本案に対し御質疑のおありのかたは順次御発言を願います。
【次の発言】 田中君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 速記をやめて。
【次の発言】 速記を始めて。  田中君の質疑打切りの動議が成立しておりまするので、これから討論に入ります。御意見のおありのかたはそれぞれ賛否を明らかにしてお述べを願います。
【次の発言】 それでは只今から採決に入ります。  道路整備費の財源等に関する臨時措置法案を議題に供します。本案を原案通り可決することに賛成のかたの御挙手を願います。

第15回国会 地方行政委員会 第18号(1953/03/04、2期、日本社会党(第二控室・右))

○委員外議員(下條恭兵君) 只今議題となりました道路交通取締法の一部を改正する法律案の提案理由を御説明いたします。  現在、道路交通取締法は、自動車の運転については、免許制度を採用し、厳重な試験を行う外、特別の欠格條件を定めて、道路交通の安全確保を図つていることは、皆様御承知の通りであります。ところで、不幸にして交通事故が起きた場合において、運転者に故意過失がある等、所定の帰責事由があるときは、免許の取消、停止その他の行政処分がなされることとなつているのでありますが、併し、交通事故が起つた場合に、すべて、運転者に責任があるのだということはできないのでありまして、その責任が運転者に帰すべきもので……


下条恭兵[参]委員会統計発言一覧(全期間)
1期-| 2期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院2期)

下条恭兵[参]委員会統計発言一覧(全期間)
1期-| 2期|
第10回国会(1950/12/10〜1951/06/05)

第10回国会 大蔵、水産、通商産業連合委員会 第1号(1951/03/13、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 大蔵大臣にお尋ねしたいと思うのでありますが、大体今木下委員からの質問に関連するのでありますけれども、この石油の関税です、これは国内産業保護の立場だというふうに御説明を承わつたのでありますが、そうだとすると、先ほどから指摘があつた通りだと私は思うのでありますが、この関税をかけるために国内の産業にどういう影響を及ぼすかということは、今水産関係の数字が挙りましたから、あとで詳しく挙げる必要もないと思うのでありますけれども、私は大蔵大臣にお尋ねしたいのは、本当にこれは国内の採油業を保護する立場だけをお考えになつたのか。それとも税収を殖やすためにお考えになつておるのか。どちらが比重が重いの……

第10回国会 農林・通商産業・建設連合委員会 第1号(1951/05/25、2期、日本社会党)

○下條恭兵君 資源庁のほうに一、二お尋ねしたいと思います。今この森林法が国家百年の大計からいつて、是非必要なことはどなたもお認めになつておるのでありますが、一方又終戦後の木材の需給関係からいたしまして、森林資源が遠からず欠乏するであろうという不安はほうぼうから指摘されておつたところであります。従つて資源庁といたしましては、今問題になりました坑木について、いろいろ将来の長期の計画で、どのような措置をとつておるかという点に対する計画をお持ちになつておつたろうと思うのであります。今山川委員は專門家である関係で鉄材に置き替えることは不可能だということを、或いは相当困難なことを前提にして坑木のことをいろ……


■ページ上部へ

第13回国会(1951/12/10〜1952/07/31)

第13回国会 経済安定・大蔵・通商産業・建設連合委員会 第2号(1952/04/23、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は大蔵委員としまして昨日から初めてこの連合委員会に出席したのでございまするが、昨日からの質疑の模様を伺つていますと、大分質疑が進行しておるようです。で、私が今からお尋ねしますことは、或いは前のどなたかから御質問があつて御答弁を願つてあるならば、重複した分に対してはお答え願わなくとも結構と存ずるのでございますが、私は先ず公益委員会にこの法案審議に当つて承わつておきたいと思う点が二、三あるのでございます。その第一点は、今度の法案は九分割の思想と大分別な思想によつて組立てられておるように思うのでございますけれども、この点については、提案者のほうにお尋ねするつもりでありますが、公益委員……

第13回国会 経済安定・大蔵・通商産業・建設連合委員会 第4号(1952/05/07、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 発議者に対しても私はお尋ねしたいと思つておりますけれども、先ず安本長官にお尋ねいたします。この法案は非常に、提案理由を見ましても、又法案の條文を読んでみましても、国の予算と関係する点が大きいと思うのでありますが、特に国土の総合開発の関係等がありますので、政府におきましては、先般建設大臣は失言かどうか知りませんけれども、予算に関連するような法案は議員提出にしてもらつては困るというようなことを言つておられた、かように聞いておりますにもかかわらず、この法案が議員提出の形をとられたことについて、私はその理由がどこにあるかはつきりわからんのであります。私は今安本長官にお尋ねしたいのは、先ず……

第13回国会 経済安定・大蔵・通商産業・建設連合委員会 第5号(1952/05/09、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は前々回にも申上げたのですが、我々は第三回から参加いたしましたので、或いは私がお尋ねすることの中に、前にもうすでに御答弁になつたものがあるかも知らんと思うのでありますが、そういう際には、一つ簡単に結論だけお答え願えれば結構と存じます。私は先ず提案者にお尋ねしたいと思うのでありますが、今日まで三回の審議の経過を見ていますと、実際には提案者に対して安本の佐々木室長が蔭の声を努めておられるようでありますし、又私は電力問題は重大国策の一つでありますから、当然こういうことに対しては政府がとつくに案を持つておつて、そうして而も厖大な財政支出も長い年月に亙つて伴うのでありますからして、当然政……

第13回国会 経済安定・大蔵・通商産業・建設連合委員会 第7号(1952/06/06、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は、前回公益委員会に対して、提案者から配付されておる資料と、公益委員会のほうの見解とに相違があるかないかという点をお尋ねしておいたのでございます。で、一々この提案者からの資料、厖大なものに対してこの委員会の席上で検討を加えてもらうのは、時間的にも甚だ大変だと思いましたので、資料を附して出して頂くようにお願いしておいたのであります。只今ここに私は公益委員会の事務局から出ました資料を頂いたところでございまして、読みかけたところですが、他のかたがたにも非常に参考になると思いますから、この資料に対して、公益委員会で一つ御説明を先ずお願いするほうがよかろうと思いまするので、そういうふうに……

第13回国会 経済安定・大蔵連合委員会 第1号(1952/04/18、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 それでは最初にこの法案を審議する参考に二、三ちよつと御質問したいと思います。第一番にお尋ねしたいのは、今まで外資法に基きまして入りました外資がどれくらいになつておるかということが一つと、いま一つは、入りました国はどこの国からどれくらいということを……。
【次の発言】 今のこの株式、それから貸付金債権ですね、これは全部アメリカですか。
【次の発言】 アメリカ以外は……大部分アメリカで、アメリカ以外は全然……どこですか。
【次の発言】 このアメリカなり、イギリスなり、ユダヤ系の資本があるかないかということはわかりませんでしようか。

第13回国会 経済安定・大蔵連合委員会 第2号(1952/04/21、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 木村さんや須藤さんの質問に関連して一点だけお尋ねしておきたいと思うのですが、先ほど須藤さんの質問に対して政府委員から、外人の日本の株式の取得に対して、全部持つても何ら制限を現在加えておらないと、こういう点をお答えになつております。昭和二十五年に放送法を作りましたときには、たしか外人の取得する株式というのは四九%ということに当時きめたと思うのですが、今石油とか或いはアルミニウムのような原料が全部外国に依存するような場合は、或いは特殊な考え方が必要であるかも知れませんけれども、今のようにしてやつて行きますと、私は日本の株式というものは大方外人によつて持たれてしまつて、そしてその結果日……

第13回国会 経済安定・通商産業・建設連合委員会 第10号(1952/06/03、2期、日本社会党(第二控室・右))

○委員外議員(下條恭兵君) この委員会でかねてより外資の問題についていろいろ論議がされておりまして、今日までの経過ではつきりいたしておりますのは、公益委員会のかたがたのお考えと、安定本部或いは大蔵大臣或いは提案者のお考え方と、外資の見通しについては大分違つておつたと思います。ところが最近数日の中に、日豊工業に対するワールド・バンクからの照会の新聞記事がありましたけれども、更に又その次には、国際通貨基金加入に関連いたしまして、ワールド・バンクの総裁に対する記者会談の記事が載つております。この席で私はこれを引用するまでもないと思いますが、これを読みますと、私はどうもこういう特殊会社を作ることなしで……

第13回国会 厚生・大蔵連合委員会 第1号(1952/06/11、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私の質問するのは、私は実は質問通告をしておりませんし、従つて政府委員の出席を要求しておきませんでしたけれども、この問題を我我は審議するに当つて、私は当然大蔵大臣が出席しなくちやならんと思うのです。少くとも私が質問するとすれば大蔵大臣の出席を要求しておきたいのですが、大蔵大臣は今日出席の予定になつておりますかどうですか。
【次の発言】 それでは私の質問に対しては、大蔵大臣と厚生大臣に出席を求めます。従つて私は今日の連合委員会に大蔵大臣と厚生大臣が出席できないとするならば、更に次の機会に両大臣に出席して頂いて、それまで私の質問を留保しておきたいと思います。

第13回国会 厚生・大蔵連合委員会 第4号(1952/07/28、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 大蔵大臣に先ずお尋ねしたいと思うのですが、医療制度が公共性を強く要求せられることについては、私からあえていろいろ議論する必要はないと思うのでございますが、その際政府は国立病院を地方に移譲しようということについて、私はその理由が那辺にあるかを判断するのに苦んでおるものであります。財政的な見地から申しますならば、二十六年度の予算においては前年度の繰越は百九十何億であつたが、三十六年度から二十七年度に対しては、繰越金だけでも約七十億増加の三百六十数億になつておると思うのでございます。その国立病院に対する経費というのは比較的少いように思いますし、終戦後永い間七年間のことではありますが、逐……

第13回国会 厚生・大蔵連合委員会 第5号(1952/07/29、2期、日本社会党(第二控室・右))

○下條恭兵君 私は昨日厚生大臣にいろいろ質問しまして、そうして私からは地方の町村立なり、或いは組合立等の病院設立計画による起債がたくさんあるので、従つて厚生大臣がまあその要望に応えて地方に移譲するつもりだと言われたので、私からそれではその実情を詳しく説明してくれと言つたのでありまして、それに対して更に説明が、事務当局と大臣相談したけれども、できなかつたから資料を要求して置いたわけであります。ところがこの今配付された資料を見ますと、私の要求した資料が入つておらんと思います。この点はどうなつているかということを一つ調べてもらいたい。もう一つは、私は厚生大臣以外に質問する必要を感じておりませんので、……


■ページ上部へ

第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 建設・大蔵連合委員会 第3号(1953/02/20、2期、日本社会党(第二控室・右))【議会役職】

○委員長(下條恭兵君) 只今から建設、大蔵連合委員会を開催いたします。  道路整備費の財源等に関する臨時措置法案を議題に供します。只今出席の政府委員は発議者田中角榮君、並びに富樫道路局長、石破官房長が出席しており、三池建設政務次官、石原主計局次長は間もなく出席いたします。戸塚建設大臣、向井大蔵大臣、愛知大蔵政務次官は衆議院の予算委員会等の関係で出席困難の模様でございます。質疑のおありの方は順次御発言を願います。
【次の発言】 大蔵大臣、建設大臣に対しましては、委員長から更に強く要請いたすことにいたします。それでその回答が来ますまで、両大臣を除いた部分について質疑のおありの方は、一つ御質疑願いた……



下条恭兵[参]委員会統計発言一覧(全期間)
1期-| 2期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

下条恭兵[参]在籍期 : 1期-| 2期|
下条恭兵[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 2期在籍の他の議員はこちら→ 2期参議院議員(五十音順)  2期参議院議員(選挙区順)  2期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。