宮本顕治 参議院議員
11期国会発言一覧

宮本顕治[参]在籍期 : |11期|-12期-13期-14期
宮本顕治[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは宮本顕治参議院議員の11期(1977/07/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は11期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院11期)

宮本顕治[参]本会議発言(全期間)
|11期|-12期-13期-14期
第84回国会(1977/12/19〜1978/06/16)

第84回国会 参議院本会議 第5号(1978/01/26、11期、日本共産党)

○宮本顕治君 私は、日本共産党を代表して、総理及び関係大臣に質問いたします。  昨年十二月の党首会談の際、私は、わが国経済が置かれておる深刻な事態に対処するために、わが党の見解を率直に述べました。国民の生活防衛、購買力向上と生活密着型の公共投資を二本の柱として、財政の不健全な膨張を避けつつ、五十三年度予算そのものを、わが国経済再建のゆがみを転換させる第一歩にするということでありました。  私は、総理並びに関係大臣の演説を注意深く聞きました。しかし、残念ながら、事態の根本的打開を図るものとなっていないことを全体として指摘せざるを得ないのであります。  総理は、施政方針演説の冒頭で、国際協調論と歴……


■ページ上部へ

第87回国会(1978/12/22〜1979/06/14)

第87回国会 参議院本会議 第5号(1979/01/31、11期、日本共産党)

○宮本顕治君 私は、日本共産党を代表して、総理並びに関係大臣に質問をいたします。  まず、総理の時代認識と政治姿勢について伺います。  総理は、施政方針演説の中で、わが国の「経済的豊かさ」なるものをたたえながら、「物質文明自体は限界に来た」としておられます。しかし、果たしてそうでしょうか。確かに、戦後、わが国の国民総生産は急激な成長を遂げ、わが国の大企業の経済力の国際的な順位は非常に高まりました。しかし、こうした経済力が労働者、農民、その他多くの勤労者の人間らしい豊かな物質的保障として活用されていないところに、今日の時代の根本的特徴があるのであります。低賃金、低福祉、失業や就職難、住宅難、中小……


■ページ上部へ

第91回国会(1979/12/21〜1980/05/19)

第91回国会 参議院本会議 第4号(1980/01/30、11期、日本共産党)

○宮本顕治君 私は、日本共産党を代表して、政府の施政方針演説について質問いたします。  いま、内外情勢の激動の中で、多くの国民は平和と生活の向上を願って日本の進路を見詰めております。  まず、国際問題でありますが、総理は「受動的な対応から主体的なそれへ」ということを随所で強調されております。  そこで、八〇年代を展望する前に七〇年代を見ますると、サミットに参加した諸国――独占資本主義諸国に共通する構造的危機の深まり、石油危機、スタグフレーション、こういう進行がありました。また、イラン、ニカラグア、韓国その他、アメリカがてこ入れしてきた独裁政権の崩壊や動揺がありました。さらに、非同盟中立の勢力が……

宮本顕治[参]本会議発言(全期間)
|11期|-12期-13期-14期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院11期)

 期間中、委員会での発言なし。
宮本顕治[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|11期|-12期-13期-14期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院11期)

 期間中、各種会議での発言なし。

宮本顕治[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|11期|-12期-13期-14期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

宮本顕治[参]在籍期 : |11期|-12期-13期-14期
宮本顕治[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 11期在籍の他の議員はこちら→11期参議院議員(五十音順) 11期参議院議員(選挙区順) 11期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。