鰐淵洋子 参議院議員
20期国会発言一覧

鰐淵洋子[参]在籍期 : |20期|-21期
鰐淵洋子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは鰐淵洋子参議院議員の20期(2004/07/11〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は20期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院20期)

鰐淵洋子[参]本会議発言(全期間)
|20期|-21期
第162回国会(2005/01/21〜2005/08/08)

第162回国会 参議院本会議 第32号(2005/07/22、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  私は、自由民主党及び公明党を代表して、ただいま議題となりました障害者自立支援法案について、小泉内閣総理大臣並びに尾辻厚生労働大臣に質問いたします。  本法案は、障害者の自立と社会参加を支援する観点から、これまで障害種別に分かれていたサービスを一元化し、市町村を中心とするサービス提供の体制を確立するものです。また、国の財政責任を明確化する義務的経費への転換により、サービス給付の財政基盤を強化することなどが盛り込まれ、サービスの地域間格差を是正し、障害者福祉施策の向上を図るものとして評価できるものと考えます。  しかしその一方で、これまでの応能負担か……


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 参議院本会議 第27号(2007/05/21、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました教育関連法案について、安倍総理に質問いたします。  公明党は、教育の目的は人格の完成であり子供の幸せのためであるとの観点から、教育現場の声に真摯に耳を傾け、読み聞かせ運動や食育の推進、奨学金の拡充、幼児教育の充実など、未来を担う子供たちの健全な成長のために、結党以来、教育の課題に全力で取り組んでまいりました。  そして、本年三月六日には、いじめや不登校、教育格差といった問題が大きく取り上げられる中、「現場からの教育改革」と題して緊急提言を発表し、更なる具体的な取組を行っているところであります。  今……

鰐淵洋子[参]本会議発言(全期間)
|20期|-21期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院20期)

鰐淵洋子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|20期|-21期
第161回国会(2004/10/12〜2004/12/03)

第161回国会 環境委員会 第3号(2004/11/25、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。議員になりまして初めての質問でございますが、今、国内外様々な課題が山積している中で、環境は二十一世紀の最優先課題の一つであると思います。私も全力で取り組んでまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  まず初めに、環境教育の推進についてお伺いいたします。  地球温暖化防止の第一歩となる京都議定書がロシアで批准され、来年二月に発効する見通しとなりました。我が国は、京都議定書で一九九〇年比マイナス六%との削減目標ですが、二〇〇二年は七・六%も上回っているのが現状です。削減目標の達成はもちろん、私たちの美しい地球を守り、未来を守るためにも、……

第161回国会 厚生労働委員会 第7号(2004/11/30、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。よろしくお願いいたします。  公明党は、仕事と家庭、育児の両立を支援するため、一九八五年に独自の育児休業法を提案するなど、また近年におきましては前坂口大臣を中心に様々な制度創設をリードしてまいりました。少子高齢化が一層進むことが予想されますので、今後も男女問わず働きながら育児、介護を両立させることができる社会づくりが重要かつ喫緊の課題であると思います。  平成十五年六月の内閣府による調査によりますと、女性は家庭、男性は仕事という固定的性別役割分担意識が、欧米諸国では賛成、どちらかといえば賛成とする割合は小さく、特にスウェーデンでは男女とも一〇%以下で……


■ページ上部へ

第162回国会(2005/01/21〜2005/08/08)

第162回国会 環境委員会 第2号(2005/03/15、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  京都議定書が二月十六日発効し、国際社会は大きな一歩を踏み出したことになります。私は、京都議定書発効記念行事に参加し、ノーベル平和賞を受賞されたワンガリ・マータイさんの声を伺いました。また、我が党の代表代行であります浜四津参議院議員とも対談をいたしておりまして、その内容も伺いまして改めて感じましたことは、環境問題の解決は一人から始まるということでございます。  マータイさんは次のように述懐されております。  農村の女性たちは常に炊事のためのまき、良質な栄養を含む植物の確保に悩んでいた。まきの不足は森林破壊、食物の不足は換金作物農業への偏り、つまりす……

第162回国会 環境委員会 第5号(2005/04/05、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は、特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律案について質問をさせていただきます。よろしくお願いいたします。  まず、この法案の目的としまして、大気の汚染の防止を図り、国民の健康を保護するとともに、生活環境を保全するため、これまで未規制であった公道を走行しないオフロード特殊自動車に対する排出ガス規制を新たに行うと明記されております。  自動車排出ガスは、人間の健康を害するおそれがある、また呼吸器系に影響が大きく、ぜんそく、気管支炎、肺がんなどを発症するおそれがあるとも言われております。国民の健康を保護するという観点からも、自動車排出ガスの規制……

第162回国会 環境委員会 第12号(2005/05/10、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の一部を改正する法律案について質問をいたします。  まず初めに、関連いたしまして、廃エアゾール缶の処理体制についてお伺いしたいと思います。  これは、昨年、廃エアゾール缶の処理体制につきましては質問させていただきましたが、この廃エアゾール缶に起因する事故が発生している中で、事故防止に向けて政府としてどのように取り組んでいくのか、昨年の答弁以降の進捗状況につきまして、経済産業省の方からお伺いしたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございます。  ただいま容器包装リサイクル法のこのリサイクルシステムを活用……

第162回国会 環境委員会 第17号(2005/06/09、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本法案に関連しまして質問させていただきたいと思います。  私は、昨年の委員会でも環境教育について質問させていただきました。やはり地球温暖化対策を始め環境問題の解決に向けて推進力、原動力となるのが教育であると思っております。環境問題解決に向けて、先ほどもお話ありましたが、産業部門、家庭部門などそれぞれの取組が重要になってくるかと思いますが、どの部門、どの分野におきましても、人間が始まりといいますか人間が原点かと思いますので、まず私たちの一人一人の意識革命からすべてが変わってくるかと思います。  また、教育といいましても、一方的に伝えるとか教えるとか……

第162回国会 予算委員会 第11号(2005/03/14、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  予算委員会での初めての質問になりますが、よろしくお願いいたします。  少子化対策のための住宅政策について、国土交通大臣にお伺いいたします。  少子化対策は様々な角度から取り組まなければなりませんが、私は子供を安心して産み育てることのできる社会づくり、また子供や若い人たちが希望を持って、笑顔あふれる社会づくりが重要かと思っております。そしてその社会づくり、環境づくり、その中で住宅も大きくかかわってくるかと思います。  少子化の進む原因の中に、今晩婚化、離婚化も挙げられておりますが、これは今の若い人たちが結婚する気がないのではなくて、経済的に厳しいか……


■ページ上部へ

第163回国会(2005/09/21〜2005/11/01)

第163回国会 厚生労働委員会 第2号(2005/10/11、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  障害者自立支援法案につきまして質問をさせていただきます。  この法案の「目的」に「障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現」とあります。障害の有無にかかわらず、人間はひとしく幸福になる権利を持っていますので、その実現のための改革でなければならないと思っております。  この法案につきましては、我が党としましても障害者団体等の皆様との意見交換を重ねてまいりました。そして、私自身も、友人だったり、個人的にお会いいたしまして意見も伺いまして、メール等でも意見をいただいております。そして、前国会より、皆様……

第163回国会 厚生労働委員会 第3号(2005/10/12、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は、各参考人の皆様、国会までお越しくださいまして、また貴重な御意見を賜りまして、大変にありがとうございました。  私どもも、それぞれの場所で障害者の方々、また関係者の皆様から御意見を伺ってまいりましたが、人それぞれまた状況も環境も違いますので、そういった意味で、一人でも多くの方からこういった御意見を伺うことが重要であるということを改めて実感いたしました。これからもしっかりとまた皆様の御意見を参考にさせていただきまして、これからのこの障害福祉政策、更に発展させていきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。  まず初めに、私も橋……

第163回国会 厚生労働委員会 第6号(2005/10/25、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。労働安全衛生法等の一部を改正する法律案につきまして質問させていただきます。  まず初めに、厚生労働大臣に質問をさせていただきますが、今回の法改正は、働き方の多様化が進む中で重大な労働災害が頻発し、長時間労働による健康問題の増加、また仕事と育児の両立など課題や問題が深刻化している中で、それに対処するために整備充実されるものと承知をしております。これらの法案は、社会情勢も刻一刻と変わっておりますので、その状況に合わせて法改正も重ねられてきたと思いますが、私たちも、それぞれ職業、職種も違いますけれども、お一人お一人が仕事そして育児、趣味、自己啓発の取組など……


■ページ上部へ

第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 環境委員会 第2号(2006/02/03、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本法案に関連いたしまして質問をさせていただきます。  まず初めに、小池大臣にお伺いしたいと思いますが、先日の予算委員会の方でも、短時間ではございましたが、アスベストに関する質問をさせていただきました。  その中では、やはり救済の一つといたしまして予防法、治療法の確立を総合的に強力に推進していただきたいことを要望させていただきまして、またもう一点といたしまして、この今回のアスベスト問題等を教訓に、健康や環境への被害が発生する前に対応する予防原則の考え方を浸透させまして、それに基づいた対策を講じることが重要であるということを訴えさせていただきました。……

第164回国会 環境委員会 第4号(2006/03/16、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。大臣所信に対する質問をさせていただきます。  まず初めに、「自然資本 百年の国づくり」につきまして質問させていただきたいと思います。  大臣は、昨年の十二月に、子や孫に自信を持って引き継げる国土環境・都市環境づくりに向けた考え方を「自然資本 百年の国づくり」としてまとめられまして、発表されました。これには地球温暖化などで状態が悪化しています日本の緑、水、空気、生き物、こういったものに対しまして、今後百年を掛けて人工社会資本と組み合わせながら再生をしていく、そして次世代に負の自然遺産を残さない、こういったことを基本理念として提案されているわけでございま……

第164回国会 環境委員会 第10号(2006/05/08、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は、参考人の皆様、お忙しい中、国会までお越しくださいまして、また、貴重な御意見をいただきまして大変にありがとうございました。現場で実際に携わっていらっしゃる皆様の御意見で、大変に勉強になりました。感謝申し上げたいと思います。  それでは、早速質問させていただきたいと思いますが、まず金森参考人と坂田参考人にお伺いしたいと思います。  今、鳥獣等による農林業被害が深刻になる中で、現場では高齢化も進んでいる、こういった状況の中で、被害を事前に防ぐ、被害を受けにくい地域をつくっていくことも重要な取組かと思います。それぞれ島根県、兵庫県で先進的な取組を……

第164回国会 環境委員会 第11号(2006/05/09、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案について質問させていただきたいと思います。  今回の法改正に当たりまして、現場で熱心に携わっている方々の活動を知りまして、また御意見も伺いまして、改めて人間、自然、野生動物の共存を目指す上で今回の法改正が重要であることを認識させていただいたわけですが、前回の委員会、また先ほどの岡崎委員の質問と重なるところもありますけれども、私の方からも幾つか質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  まず、特定鳥獣保護管理計画について質問させていただきたいと思います。  昨……

第164回国会 環境委員会 第18号(2006/06/07、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は、参考人の皆様、お忙しい中、わざわざ国会までお越しいただきまして、また貴重な御意見をちょうだいいたしました。大変にありがとうございました。しっかりと今後の審議に生かしていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  まず、ごみの分別収集について、大井参考人と鈴木参考人にまずお伺いしたいと思います。  先ほど、大井参考人の方から名古屋市の取組、御紹介をいただきました。平成十一年二月にごみ非常事態宣言を発表してから、ごみの量も七割、そして資源回収量は二・五倍になって、また埋立て量は半分以下に減った、そのように報告も伺っております。こ……

第164回国会 環境委員会 第19号(2006/06/08、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。まず、循環型社会の形成に向けて質問させていただきたいと思います。  容器包装リサイクル法が平成七年に成立をいたしまして十年が経過をいたしまして、分別収集や再商品化は着実に進められてきております。また、この最終処分場の残余年数も一定の改善が見られているかと思います。こういった成果がある一方で、循環型社会形成推進基本法におきましてリサイクルよりも優先されるべきリデュース、リユースの取組は不十分じゃないか、こういった指摘もございます。  実際に家庭から排出されています廃棄物の量は、平成十五年のデータでございますが、約三万四千トンということでありまして、この……

第164回国会 予算委員会 第2号(2006/02/01、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。私からはアスベストに関する質問をいたします。  初めにアスベスト疾患により亡くなられた方々の御冥福と闘病中の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  公明党は、昨年七月にアスベスト対策本部を設置いたしまして、現地調査を行い、被害者、関係者の皆様から実情を伺ってまいりました。そして、その対応策を政府にいち早く申入れいたしました。  私も先日、環境委員会といたしまして尼崎市の方に行ってまいりましたが、患者や関係者の皆様から救済を求める訴えに私自身も胸に迫るものがありました。政府に対しまして改めて迅速で誠実な対応を強く要望し、また私たちもしっかりと全力で取り……


■ページ上部へ

第165回国会(2006/09/26〜2006/12/19)

第165回国会 教育基本法に関する特別委員会 第4号(2006/11/28、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 おはようございます。公明党の鰐淵洋子でございます。  伊吹大臣を始め皆様、大変に連日ありがとうございます。私は、基本法に関しまして、確認も含めまして本日質問をさせていただきます。よろしくお願いいたします。  まず初めに、少し大きなテーマになりますが、伊吹大臣の方に、何のための教育なのか、この教育観について初めにお伺いしたいと思っております。  今、教育基本法をなぜ改正するのか、これはもうこれまでも様々御説明があったかと思いますけれども、今、子供たちを取り巻く環境は、いじめ、不登校、児童虐待、学級崩壊など、こういった様々な問題も抱えております。その一方で、高校、大学への進学率も高く……

第165回国会 教育基本法に関する特別委員会 第6号(2006/11/30、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  安倍総理、本日は大変にありがとうございます。  私の方からは、いじめに関する質問をさせていただきたいと思います。  まず、私も安倍総理の書かれました「美しい国へ」、読ませていただきまして、この中で、第七章に教育再生ということで、国に対する誇り、学力、教師、モラルの回復、こういったことが書かれておりました。その中でいじめ問題に対しては特に触れられておりませんで、これまでも審議の中で様々、総理の方からもいじめに対する御認識等は伺っておりますが、改めて今回いじめの問題に対しまして、またこの問題解決に向けましての具体策、時間は限られておりますが、伺いたい……

第165回国会 教育基本法に関する特別委員会 第9号(2006/12/07、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  参考人の皆様、本日は朝早くから国会にまでお越しくださいまして、また貴重な御意見をちょうだいいたしました。心より感謝を申し上げます。大変にありがとうございました。  それでは、まず初めに古山参考人の方にお伺いをしたいと思います。  今日は、現場の御経験から御指摘、御提案をいただいておりまして、将来像ということでこのように御説明もいただきました。極めて、現場からの御意見ということで大変重要な御指摘でもありますし、私たち公明党といたしましても、やはりこの現場からの改革、この現場、学校もそうですし、地域、また教育委員会含めまして、どう活性化させていくか、……

第165回国会 文教科学委員会 第3号(2006/10/26、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  今国会より文教科学委員になりました。重要な教育課題、全力で取り組んでまいる決意ですので、どうぞよろしくお願いいたします。  今日朝から様々、いじめを含めまして審議が続けられておりますけれども、最近、子供たちを取り巻く環境が、いじめ、不登校、虐待など多くの問題を抱えております。そういった問題、課題に対しまして早急に対応する、また二度とこういった問題を起こさないように取り組んでいく、こういった取組とともに、その一方で、子供たちがこういった悩みや課題にぶつかったときにそれを乗り越えていく力、また強い心、豊かな心、また何が正義なのか何が悪なのか、そういっ……

第165回国会 文教科学委員会 第4号(2006/11/09、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  私の方からは、いじめに関する具体的な取組も含めまして質問させていただきたいと思います。  まず、今、様々いじめの問題ございまして、そういったいじめの問題を通しまして改めて感じていることがございまして、やはりどのような理由があったとしてももう絶対にいじめは許してはいけない、そういった認識を、個人個人もそうですし、また学校、また教育委員会、それぞれがそういった認識に立って、また地域もそうですけれども、そういった認識をしっかりと持つことがまず重要ではないかと思っております。  いろいろ私自身も現場の皆さんの御意見を伺っていく中で、絶対にいじめを許しては……


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第6号(2007/04/25、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。本日はお忙しい中、公述人の皆様、大変にありがとうございました。また、貴重な御意見をちょうだいし、心より感謝申し上げます。  まず初めに、四人の公述人の方にお伺いしたいと思いますが、投票権者についてお伺いしたいと思います。  先ほど、相沢公述人、渡辺公述人にも触れていただいておりましたが、当初、与党案では国民投票法案の投票権者を二十歳以上ということにしておりましたけれども、併合修正案によりまして原則十八歳以上ということでなっております。この国民投票は若い方も含めましてより多くの方に参加をしていただくということで、私は十八歳以上ということで妥当な案だと思……

第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第9号(2007/05/08、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日はお忙しい中、公述人の皆様、大変にありがとうございました。また、貴重な御意見を賜り、心より感謝を申し上げます。  まず初めに、そもそも論になりますが、この国民投票法案の必要性について植村公述人と梁井公述人にお伺いしたいと思います。  憲法第九十六条には、国民が憲法を改正することができる、そういうふうに示されておりますが、具体的な手続の内容が書かれておりません。憲法改正は、主権者である国民の持っている大切な権利でありまして、そしてその権利を行使する、その手だてがこの国民投票法案であると思っております。ですので、慎重な審議を重ねる中で、この国民投……

第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第10号(2007/05/09、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  それでは、時間も限られておりますので、早速質問させていただきます。  まず初めに、そもそも論になりますが、この法案の意義についてもう一度確認をさせていただきたいと思います。  先ほどの民主党の法案に対しまして、民主党の提出者よりこの法案の意義が御説明がございました。国民投票法自体を作りたい、出発点が違う、そのようなお話だったと思いますが、改めまして与党提出者の方にこの法案の意義をお伺いしたいと思います。  といいますのも、この委員会におきまして様々審議は進められておりますが、いまだにこの法律、この法案が成立すること自体が憲法九条の改悪につながる、……

第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第12号(2007/05/11、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  公述人の皆様、本日はお忙しい中、大変にありがとうございました。また、貴重な御意見を賜り、心より感謝を申し上げたいと思います。  先ほども公務員、教育者等の地位を利用した国民投票運動の禁止ということで御意見もいただき、また質問もございましたが、この件に関しましては、久留島公述人の方からは、御自身の経験というか、それを通して禁止すべきである、また罰則も必要であるという御意見もちょうだいしました。この件に関しまして、これがあることによって萎縮効果が働くのではないか、一方ではそういった御意見もあるわけでございますが、公務員、教育者等の地位を利用した国民投……

第166回国会 文教科学委員会 第3号(2007/03/20、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。よろしくお願いいたします。  先日の予算委員会の方でも、何点か教育に関します課題につきまして質問させていただきました。その場でも紹介をさせていただきましたが、昨今、いじめや不登校、教育格差、こういった課題、問題等、私たちもそういった声をいただいておりましたので、教育現場また生活現場にしっかりと私たち自身も行かせていただきまして、教員の方々、お子さん、御両親、そういった方々からもいろいろな意見をいただきまして、また積極的にこういった課題に対しまして対策を講じている、そういった自治体やそういった団体にも行かせていただきまして、そういったものも視察をさせて……

第166回国会 文教科学委員会 第8号(2007/04/12、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本題に入ります前に、先ほど温家宝首相の国会演説も伺ってまいりまして、その中で、青年交流、また文化の交流ということで、そういった更なる交流の促進というお話もございまして、前回、昨年の十月に日本と中国と韓国の教育交流の促進ということで質問させていただきましたが、改めてこの点についてまず初めにお伺いしたいと思います。  今、中国、韓国始め、こういった近隣諸国の関係が重要視をされておりまして、様々な分野での交流が進んでおります。そういった中で、教育や文化の交流も重要ではないかということで、昨年の十月にそれを推進すべきであるということで質問させていただきま……

第166回国会 文教科学委員会 第15号(2007/05/29、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。よろしくお願いいたします。  今回の教育関連法案は、昨年の教育基本法の改正を受けまして、この我が国の教育システムの枠組みを大きく変革するものとなっております。新しい時代にふさわしい教育環境づくりになりますよう、教育現場の実態、また児童生徒の皆さん、保護者、教師等の声を踏まえながら質問させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  それでは、本日は学校教育法の改正案につきまして、これを中心に逐条的に質問させていただきたいと思っております。  まず、副校長その他新しい職の設置についてお伺いをしたいと思います。  今回の改正では、学校……

第166回国会 文教科学委員会 第16号(2007/05/31、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  四人の参考人の皆様、本日はお忙しい中、大変に貴重な御意見を賜り、ありがとうございました。  早速質問させていただきたいと思いますが、まず内藤参考人と荒瀬参考人にお伺いをしたいと思います。お二人は長年児童生徒とかかわってこられたということで、是非、ある実態調査を基に御感想というか御認識を伺いたいと思っておりますが。  先日、一般紙に携帯電話をどのように使っているか、それを日本PTA全国協議会が中学校二年生と、あと小学校五年生、またその保護者の方ということで、計一万人の方に実施、意識調査をされたということでございました。  その結果によりますと、携帯……

第166回国会 文教科学委員会 第18号(2007/06/07、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  今日は四人の参考人の皆様、それぞれのお立場での貴重な御意見、大変にありがとうございました。今、当委員会で教育の課題、またこの関連法案につきまして様々審議をさせていただいておりますが、本日、本当に貴重な御意見又は指摘等もいただきまして、今日のこの参考人質疑、これを基に引き続きしっかりと審議もさせていただきたいと感じました。  初めに梶田参考人と近藤参考人に、私立学校に関する教育行政ということでお伺いをしたいと思います。  これは、先ほどから近藤参考人からも様々御意見をいただいておりますが、改めて私立学校の意義ということでお伺いいたしまして、本当に、……

第166回国会 文教科学委員会 第19号(2007/06/14、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日はお忙しい中、公述人の皆様、大変にありがとうございました。貴重な御意見を賜り、心より感謝を申し上げます。  まず初めに、三人の公述人の皆様にお伺いをしたいと思います。  御案内のとおり、昨年の教育基本法の改正によりまして、新しい時代にふさわしい教育システムの構築を図るための今回の法改正でございます。子供たちにとってもより良い教育環境、また教師の皆様にとってもより良い教育環境を築くための法改正にしたいと思っておりまして、少し大きなテーマになりますが、三人の皆様にお伺いしたいと思いますが、この法案に関することでもそれ以外のことでも結構ですが、子供……

第166回国会 文教科学委員会 第20号(2007/06/19、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。よろしくお願いいたします。  私ども公明党は、教育の目的は、人格の完成であり、子供の幸せである、その観点から今回の教育関連の法案の改正におきましても、その実現のための教育改革をしていきたい、その思いでこの法案の審議に参加をさせていただいております。  本日も、子供たちにとりまして、また教師の皆さんにとってもより良い教育の環境の整備となりますように、本日は現場の皆様からいただいた声を基に安倍総理に、また大臣に質問させていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。  それではまず初めに、教員免許更新制度の導入について質問させていた……

第166回国会 予算委員会 第8号(2007/03/12、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  各大臣また関係者の皆様におかれましては、連日大変にありがとうございます。  まず、私の方からは初めに成長力底上げ戦略につきまして、またそれに関連して何点か質問させていただきたいと思っております。  まず、大田大臣にお伺いいたします。  この成長力底上げ戦略では、働く人全体の所得や生活水準を引き上げつつ格差の固定化を防止することに重点を置いた戦略と承知をしておりますが、この戦略を進めることによりましてどのようになっていくのか、この将来像をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございました。  意欲のある人やまた中小企業等が自らの向上に取……


鰐淵洋子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|20期|-21期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院20期)

鰐淵洋子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|20期|-21期
第161回国会(2004/10/12〜2004/12/03)

第161回国会 少子高齢社会に関する調査会 第3号(2004/11/17、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。長時間にわたり、大変にありがとうございます。  厚生労働省と国土交通省にお伺いしたいと思います。  先ほども子育てに対する経済支援について御質問がありましたが、児童手当に関してですけれども、就学前から小学校三年生まで拡充されておりますが、まだほかの先進国に比べまして、まだ支給年齢、また水準がまだ低いかと思われますけれども、この子育てに対する経済支援ということで、今後どうすべきか、お考えを聞かせていただきたいと思います。  もう一つは、国土交通省の方にお伺いしたいと思いますが、資料の八ページに交通バリアフリー教室の開催ということでございますが、安心して……

第161回国会 少子高齢社会に関する調査会 第4号(2004/11/24、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵でございます。  少子高齢化社会を支えていく一人として感じていることなんですが、大体女性の先生方がおっしゃっていたことと重なりますけれども、仕事と充実した個人の生活が、この両立ができて、その結果、企業の発展、また出生率アップにもつながるのではないかと思いますので、国民一人一人の生活の充実、子育て支援、経済的支援を含めて、その点で検討を進めていければと思います。  もう一つは、この高齢化社会を支えていく側として、支え手を増やすというところでは、最近やっぱりニート問題、ニートが増えている、急増しているということで問題にもなっておりますが、この若者の就労問題に対してもどこか……


■ページ上部へ

第162回国会(2005/01/21〜2005/08/08)

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第2号(2005/02/16、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵でございます。本日はありがとうございました。  松尾先生にお伺いしたいと思います。  今までの答弁と重なるところもあるかもしれませんが、結婚、育児を含めて、今後自分がどう生きていくかという、いろいろ判断をしたり行動していく上で、両親だったり家族だったり、その地域のかかわりが大事であるということを改めて今日教えていただきましたが、そのことを本当に実感できるような環境作りだったり、何か具体的な御提案がありましたら是非教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第5号(2005/04/06、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。本日は大変にありがとうございました。  篠原参考人にお聞きしたいと思いますが、町づくりにおきましてこのユニバーサルデザインの導入実現、私も大変に重要なことだと思っておりますが、その上で、この安心して子供を産んで育てることのできる環境づくり、社会づくりという点で、具体的にこれから結婚する方とか子育て世代への住宅支援政策、何か具体的なお考えがあればお聞かせ願えますでしょうか。

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第8号(2005/05/18、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  二〇〇七年をピークに人口が減少に転ずる人口減少社会到来を目前に控えまして、本調査会におきましては、少子高齢社会への対応の在り方、少子化の要因及び社会経済への影響等、様々な角度から調査をほぼ毎週、精力的に行ってまいりました。  その中で、様々な分野の方から大変有意義な御意見を伺いまして、また委員の皆様からも非常に活発な議論をさせていただきました。この場をおかりいたしまして、清水会長を始め委員の皆様、また関係者の皆様に感謝を申し上げたいと思います。  本日は、本調査会の調査を踏まえた上で、公明党を代表いたしまして、意見を述べさせていただきます。  我……


■ページ上部へ

第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 少子高齢社会に関する調査会 第3号(2006/02/22、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は、参考人の皆様、大変にありがとうございました。  逢見参考人の方に質問させていただきたいと思いますが、改めて皆様のお話伺いまして、この少子化対策、やはり仕事と子育ての両立が大変大きな課題でありまして、その中で企業の役割が大きいことを実感した次第でございます。その中で、今大企業を中心に多様な働き方を選択できるように様々取り組んでいただいておりますけれども、それに対して、やはり中小企業ではそういった対応といいますか取組がなかなか進んでいないのが現状かと思います。  そこで、今回、厚生労働省の方で育児休業取得者、初めて出た企業に対して、百人以下の……

第164回国会 少子高齢社会に関する調査会 第6号(2006/04/12、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本日は大変にありがとうございました。  白石参考人にお伺いしたいと思いますが、冒頭、少子社会、少子高齢社会が進む中で、やはりこの社会のシステム自体も見直していく必要があるというお話がございまして、住宅そのものもそうですけれども、やはり町全体の見直し、少子社会が進んでいく中で住宅と併せて町全体の在り方も見直していく必要もあるかと思いますけれども、先ほど通勤時間のお話もありました、また保育所のお話もございましたが、少子高齢社会が進んでいく中で具体的にこういう点を見直していったらいいんではないかとか、そういったお話、御意見ございましたらお聞かせいただき……

第164回国会 少子高齢社会に関する調査会 第7号(2006/05/10、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本調査会におきましては、少子化を中心に課題と対策につきまして様々な角度から調査を精力的に行ってまいりました。  その中で、参考人の皆様より貴重な御意見を伺いまして、また委員の皆様と活発な議論をさせていただきました。この場をおかりいたしまして、清水会長始め委員の皆様、関係者の皆様に感謝を申し上げたいと思います。  私ども公明党は、四月二十七日に少子社会トータルプランを発表いたしました。これは、子供の幸せや子育ての安心が確保される社会こそ国民すべてに優しい社会であるとの考え方に立ちまして、子育てを社会の中心軸に位置付け、社会全体で支援するチャイルドフ……


■ページ上部へ

第165回国会(2006/09/26〜2006/12/19)

第165回国会 少子高齢社会に関する調査会 第3号(2006/11/22、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子と申します。  参考人の皆様、今日はお忙しい中、大変にありがとうございました。  河合参考人の方にお伺いしたいと思いますが、今日、参考人のお話を伺いながら、また事前にいただいておりました新聞記事も読ませていただきまして、不妊治療以前の問題というか、取組といたしまして、未妊の女性の支援ということで、私も改めて重要であると思いました。  やはり子供を欲しいと思いつつ踏み切れない女性がやはり今、社会のいろんな変化の中で増えてきていると思います。理由も様々かと思いますが、その新聞の記事の中でも参考人が指摘されているんですけれども、今の日本には不妊症の相談窓口はあっても、産……


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 少子高齢社会に関する調査会 第3号(2007/02/28、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  今日は、参考人の皆様、お忙しい中、大変にありがとうございました。  先ほどの岡田委員の質問に関連してでございますが、松田先生の方から、高齢者、また障害者の方含めまして、家に閉じこもらないで積極的に外出をして、また社会にかかわっていくような環境づくり、町づくりが重要であるということでお話がございました。先ほど事例ということで御紹介もいただきましたけれども、松田先生以外でそういった環境づくり、町づくりを進めていく上で、それぞれのお立場で、ポイントといいますか課題といいますか、ここが大事だということがありましたら、ハード面でもソフト面でも結構ですけれど……

第166回国会 少子高齢社会に関する調査会 第5号(2007/05/09、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  本調査会におきまして、少子高齢社会の課題と対策について、参考人の皆様より貴重な御意見を伺い、また皆様と意見交換をさせていただきました。この場をおかりいたしまして、清水会長を始め関係者の皆様に心より感謝を申し上げたいと思います。  初めに、少子化対策について意見を述べさせていただきたいと思いますが、少子化対策につきましては、これまでの中間取りまとめの際にも意見を述べさせていただいておりますので、本日は簡潔に申し上げたいと思っております。  出生率低下の最大の原因として晩婚化、非婚化によるもの、そのような報告もございます。この晩婚化、非婚化に至る過程……

第166回国会 文教科学委員会公聴会 第1号(2007/06/15、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  五人の公述人の皆様、本日はお忙しいところ国会までお越しくださいまして、また貴重な御意見を賜りました。心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。  それでは、最初に最首公述人にお伺いをしたいと思います。  最首公述人は、先ほどもお話の中で、やはり学校が主体であり現場が大事だということで、そういったお話もいただいておりました。  私自身も、やはり教育は、子供たちや地域住民により近い学校、市町村が主体となってこういった教育活動を展開していくことが重要であると考えております。私たち公明党としましても、やはり現場からの教育改革が重要である、このよう……

第166回国会 予算委員会公聴会 第1号(2007/03/15、20期、公明党)

○鰐淵洋子君 公明党の鰐淵洋子でございます。  公述人の富田先生、北沢先生、本日はお忙しいところ国会までお越しくださいまして、また貴重な御意見を賜りました。大変にありがとうございました。  私の方からは、先ほどから各委員の先生からもお話がございましたが、今、日本の経済はどうなのか、またこれからどうなっていくのか、また格差社会はどうなっていくのか、こういった声もいただいておりまして、これも正に重要な課題だと思っておりますので、改めてこの件に関しましてお二人の公述人にお伺いしたいと思っております。  先ほどもお話ございましたが、様々経済指標を見ましても、経済は改善している、そういったことは間違いな……



鰐淵洋子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|20期|-21期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

鰐淵洋子[参]在籍期 : |20期|-21期
鰐淵洋子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 20期在籍の他の議員はこちら→20期参議院議員(五十音順) 20期参議院議員(選挙区順) 20期参議院統計