那谷屋正義 参議院議員
25期国会活動統計

那谷屋正義[参]在籍期 : 20期-21期-22期-23期-24期-|25期| 今期は集計中です。
那谷屋正義[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは那谷屋正義参議院議員の25期(2019/07/21〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は25期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院25期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第199回国会
(臨時:2019/08/01-2019/08/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2019/10/04-2019/12/09)
1回
5110文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第201回国会
(通常:2020/01/20-2020/06/17)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第202回国会
(臨時:2020/09/16-2020/09/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第203回国会
(臨時:2020/10/26-2020/12/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2021/01/18-2021/06/16)
1回
2943文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第205回国会
(臨時:2021/10/04-2021/10/14)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第206回国会
(特別:2021/11/10-2021/11/12)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第207回国会
(臨時:2021/12/06-2021/12/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第208回国会
(通常:2022/01/17-2022/06/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



25期通算
(2019/07/21-)
2回
8053文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


那谷屋正義[参]本会議発言(全期間)
20期-21期-22期-23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院25期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(1回)
1回
(1回
0回)
706文字
(706文字
0文字)

10回
(8回)
2回
(0回
0回)
5619文字
(0文字
0文字)

29回
(20回)
12回
(0回
0回)
44017文字
(0文字
0文字)

4回
(3回)
1回
(0回
0回)
33文字
(0文字
0文字)

7回
(5回)
2回
(0回
0回)
7258文字
(0文字
0文字)

21回
(17回)
8回
(0回
0回)
34863文字
(0文字
0文字)

第205回国会
3回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

3回
(2回)
2回
(2回
0回)
1038文字
(1038文字
0文字)

3回
(2回)
2回
(2回
0回)
761文字
(761文字
0文字)

15回
(7回)
8回
(7回
0回)
12417文字
(5870文字
0文字)


25期通算
98回
(66回)
38回
(12回
0回)
106712文字
(8375文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(2回)
1回
(1回
0回)
449文字
(449文字
0文字)

7回
(7回)
3回
(1回
0回)
3804文字
(6文字
0文字)

1回
(1回)
1回
(1回
0回)
180文字
(180文字
0文字)


25期通算
10回
(10回)
5回
(3回
0回)
4433文字
(635文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
24回
(24回)
12回
(0回
0回)
財政金融委員会

2位
23回
(23回)
10回
(0回
0回)
総務委員会

3位
12回
(0回)
2回
(0回
0回)
決算委員会

4位
11回
(11回)
11回
(11回
0回)
東日本大震災復興特別委員会

5位
9回
(1回)
2回
(1回
0回)
環境委員会

5位
9回
(7回)
1回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会

7位
8回
(0回)
0回
(0回
0回)
政府開発援助等に関する特別委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
文教科学委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林水産委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
9回
(9回)
5回
(3回
0回)
憲法審査会

2位
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会、総務委員会連合審査会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

環境委員会(第199回国会)
東日本大震災復興特別委員会(第206回国会)
東日本大震災復興特別委員会(第207回国会)
東日本大震災復興特別委員会(第208回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

財政金融委員会(第200回国会)
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(第200回国会)
財政金融委員会(第201回国会)
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(第201回国会)
財政金融委員会(第202回国会)
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(第202回国会)
総務委員会(第203回国会)
総務委員会(第204回国会)
総務委員会(第205回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

憲法審査会・幹事(第203回国会)
憲法審査会・幹事(第204回国会)
憲法審査会・幹事(第205回国会)

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

那谷屋正義[参]委員会統計発言一覧(全期間)
20期-21期-22期-23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

質問主意書(参議院25期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第199回国会(臨時:2019/08/01-2019/08/05)0本
第200回国会(臨時:2019/10/04-2019/12/09)0本
第201回国会(通常:2020/01/20-2020/06/17)2本
第202回国会(臨時:2020/09/16-2020/09/18)0本
第203回国会(臨時:2020/10/26-2020/12/05)0本
第204回国会(通常:2021/01/18-2021/06/16)1本
第205回国会(臨時:2021/10/04-2021/10/14)1本
第206回国会(特別:2021/11/10-2021/11/12)0本
第207回国会(臨時:2021/12/06-2021/12/21)0本
第208回国会(通常:2022/01/17-2022/06/15)0本


25期通算(2019/07/21-)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

ソ連国内法によって有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者に関する質問主意書

第201回国会 参議院 質問主意書 第17号(43854提出、25期、会派情報無し)
質問内容
戦後強制抑留者特別措置法が制定されてからまもなく十年を迎える。同法は戦後強制抑留の実態解明を国に課しているが、いまだ解明されていない課題のひとつに、抑留後にソ連の国内法によって訴追され、有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者の方々の問題がある。特に、処刑された方や刑期中に病死された方に関する情報が乏しく、遺族は割り切れない思いを胸に戦後七十五年を迎えようしている。
この問題について、以下質問する…
答弁内容
一及び八について
お尋ねの「抑留後にソ連の国内法によって訴追され、有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者の方々の問題」及び「ソ連国内法によって訴追され、有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者」の具体的に意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難であるが、戦後強制抑留者に係る問題に関する特別措置法(平成二十二年法律第四十五号)第十三条第一項の規定に基づき策定した「強制抑留の実…

ソ連国内法によって有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者に関する再質問主意書

第201回国会 参議院 質問主意書 第51号(43880提出、25期、会派情報無し)
質問内容
私が提出した「ソ連国内法によって有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者に関する質問主意書」(第二百一回国会質問第一七号)に対する答弁書(内閣参質二〇一第一七号)は、具体的な内容に乏しく、質問の求める回答になっていないため、以下質問する。
ソ連において有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者及びその遺族は、戦後七十五年になる現在も正確な情報を得られず、死亡時の情報が間違っている例も少なくない。遺族の…
答弁内容
一及び六について
お尋ねの「ソ連の国内法によって訴追され、有期刑・死刑に処せられた戦後強制抑留者の方々」及び「ソ連において訴追され、判決を受けて、のちに「名誉回復」されている方々」の具体的に意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難であるが、政府としては、いわゆるシベリア抑留は、人道上問題であるのみならず、当時の国際法に照らしても問題のある行為であったと認識している。
二…

■ページ上部へ

第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

日韓関係を正常な隣国関係にするための過去の努力に関する質問主意書

第204回国会 参議院 質問主意書 第98号(44358提出、25期、会派情報無し)
質問内容
日韓条約の締結以来、五十五年が経過した。日本と韓国は互いに重要な隣国として正常な国家関係を維持し、協力友好を発展させるように、様々な努力を重ねてきた。特に両国関係の過去からくる不幸な歴史の傷跡を克服するために、真剣な努力が払われたことは特筆に値する。二〇一五年(平成二十七年)には慰安婦問題の解決のための新たな政府間合意(二〇一五年合意)が生まれ、新たな努力がはじまった。しかるにこの合意をめぐって新…
答弁内容
一について
政府の基本的立場は、平成五年八月四日の内閣官房長官談話を継承しているというものである。
二について
お尋ねについては、政府の立場は、参議院議員山本太郎君提出平成二十七年八月十四日の「内閣総理大臣談話」に関する質問に対する答弁書(平成二十七年十月六日内閣参質一八九第三二五号)一から三までについてでお答えしたとおりであり、菅内閣においても変わりはない。
三について
政府としては、…

■ページ上部へ

第205回国会(2021/10/04〜2021/10/14)

日韓関係を正常な隣国関係にするためのさらなる努力に関する質問主意書

第205回国会 参議院 質問主意書 第21号(44477提出、25期、会派情報無し)
質問内容
日韓条約の締結以来、五十五年が経過した。日本と韓国は互いに重要な隣国として正常な国家関係を維持し、協力友好を発展させるように、様々な努力を重ねてきた。特に両国関係の過去からくる不幸な歴史の傷跡を克服するために、真剣な努力が払われたことは特筆に値する。二〇一五年(平成二十七年)には慰安婦問題の解決のための新たな政府間合意(二〇一五年合意)が生まれ、新たな努力がはじまった。しかるにこの合意をめぐって新…
答弁内容
一について
政府の基本的立場は、平成五年八月四日の内閣官房長官談話を継承しているというものである。
二について
お尋ねについては、政府の立場は、参議院議員山本太郎君提出平成二十七年八月十四日の「内閣総理大臣談話」に関する質問に対する答弁書(平成二十七年十月六日内閣参質一八九第三二五号)一から三までについてでお答えしたとおりであり、岸田内閣においても変わりはない。
三について
政府としては…

那谷屋正義[参]質問主意書(全期間)
20期-21期-22期-23期-24期-|25期|
■ページ上部へ

会派履歴(参議院25期 ※参考情報)

立憲民主党・民友会・希望の会 (第199回国会、初出日付:2019/08/05、会議録より)
立憲・国民.新緑風会・社民 (第200回国会、初出日付:2019/11/07、会議録より)
立憲・国民.新緑風会・社民 (第201回国会、初出日付:2020/01/30、会議録より)
立憲民主・社民 (第202回国会、初出日付:2020/09/16、会議録より)
立憲民主・社民 (第203回国会、初出日付:2020/11/17、会議録より)
立憲民主・社民 (第204回国会、初出日付:2021/01/28、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院25期 ※参考情報)

第199回国会
環境委員長議会

第203回国会
憲法審査会長代理議会

第204回国会
憲法審査会長代理議会

第205回国会
憲法審査会長代理議会

第206回国会
東日本大震災復興特別委員長議会

第207回国会
東日本大震災復興特別委員長議会

第208回国会
東日本大震災復興特別委員長議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

那谷屋正義[参]在籍期 : 20期-21期-22期-23期-24期-|25期| 今期は集計中です。
那谷屋正義[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期参議院議員(五十音順) 25期参議院議員(選挙区順) 25期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。