国会議員白書トップ参議院議員木島則夫>選挙結果(全期間)

木島則夫 参議院議員
「選挙結果」(全期間)

木島則夫[参]活動記録 : トップ | 選挙結果 | 本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは、木島則夫参議院議員の参院選の立候補歴をまとめています。出馬した選挙回、選挙区、都道府県、選挙制度、公認政党、当落、順位、得票率、繰り上げの有無や期日などが記録されています。各選挙区・制度の結果から、同じ選挙区や名簿で当選した議員のページに飛ぶこともできます。


選挙履歴(参議院)

1971年
6月
27日
第9回参議院議員通常選挙
東京都選挙区
民社党
当選
(1回目)
1977年
7月
10日
第11回参議院議員通常選挙
東京都選挙区
民社党
当選
(2回目)
1983年
6月
26日
第13回参議院議員通常選挙
東京都選挙区
民社党
落選
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。



選挙結果(参議院)

※%の数字は相対得票率を示します。

第9回参議院議員通常選挙(1971/06/27)
東京都選挙区
1位
自由民主党
20.0%
2位
公明党
17.5%
3位
木島則夫
民社党
16.2%
4位
日本共産党
16.2%
5位
日本社会党
14.5%
6位
無所属
12.7%
7位
江藤彦武
無所属
1.3%
8位
赤尾敏
大日本愛国党
0.5%
9位
山口隆
無所属
0.4%
10位
無所属
0.2%
11位
武内寿美子
無所属
0.2%
12位
清水亘
議会主義政治擁護国民同盟
0.1%
13位
石倉正春
無所属
0.1%
14位
鎌田文雄
無所属
0.1%
15位
赤石貞治
無所属
0.1%
16位
深作清次郎
世界連邦日本国民会議
0.0%
第11回参議院議員通常選挙(1977/07/10)
東京都選挙区
1位
自由民主党
24.8%
2位
公明党
16.8%
3位
木島則夫
民社党
12.6%
4位
新自由クラブ
11.6%
5位
榊利夫
日本共産党
11.2%
6位
今正一
日本社会党
10.5%
7位
俵萠子
革新自由連合
6.5%
8位
菅直人
社会市民連合
4.0%
9位
久保義一
自由新党
0.5%
10位
品川司
無所属
0.3%
11位
谷口和美
日本女性党
0.3%
12位
黒沢史郎
日本労働党
0.3%
13位
東郷健
無所属
0.1%
14位
田畑一郎
無所属
0.1%
15位
梶野東吾
マルクス主義労働者同盟
0.1%
16位
高土新太郎
無所属
0.1%
17位
深作清次郎
無所属
0.1%
18位
赤石貞治
無所属
0.1%
第13回参議院議員通常選挙(1983/06/26)
東京都選挙区
1位
税金党
22.5%
2位
自由民主党
21.9%
3位
公明党
19.1%
4位
日本共産党
12.9%
5位
木島則夫
民社党
11.8%
6位
佐々木秀典
日本社会党
9.3%
7位
原田興
日本自由民主党
0.4%
8位
赤尾敏
大日本愛国党
0.3%
9位
品川司
無所属
0.2%
10位
長谷川幸夫
田中角栄を政界から追放する勝手連
0.1%
11位
斉藤智恵子
田中角栄を政界から追放する勝手連
0.1%
12位
佐藤まつ子
教育党
0.1%
13位
小林寿夫
田中角栄を政界から追放する勝手連
0.1%
14位
河西善治
東京緑派
0.1%
15位
池田允
無所属
0.1%
16位
小川力
立憲養正会
0.1%
17位
坂口宏
教育党
0.1%
18位
福田撫子
田中角栄を政界から追放する勝手連
0.1%
19位
阿部雅二
教育党
0.1%
20位
古木力
日本世直し党
0.0%
21位
玉井明
日本世直し党
0.0%
22位
斎藤美枝子
雑民党
0.0%
23位
小比賀英孝
無所属
0.0%
24位
岸本清子
雑民党
0.0%
25位
小野まさよ
日本国民政治連合
0.0%
26位
兼松耕作
日本世直し党
0.0%
27位
深作清次郎
日本国民政治連合
0.0%
28位
南俊夫
日本国民政治連合
0.0%
29位
遠藤洋一
雑民党
0.0%
30位
本宮章雄
教育党
0.0%
31位
板坂剛
雑民党
0.0%
32位
堀川良男
日本世直し党
0.0%
33位
大木明雄
国家人物党
0.0%
34位
山岸英一
日本国民政治連合
0.0%

データ更新日:2022/06/30

木島則夫[参]活動記録 : トップ | 選挙結果 | 本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。