国会議員白書トップ参議院議員片山武夫>本会議発言(全期間)

片山武夫 参議院議員
「本会議発言」(全期間)

片山武夫[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

片山武夫参議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(参議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



1回
1893文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

3回
7783文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



参議院在籍時通算
4回
9676文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(参議院)

 在職時に参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(参議院)

7期(1965/07/04〜)

第55回国会 参議院本会議 第23号(1967/07/10、7期、民主社会党)

○片山武夫君 私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま提案されました法律案について質問をいたします。  いままで衆議院あるいは当本会議におきましていろいろ質問がされておりまして、重複している点が幾つかあるかと存じますけれども、少し変わった角度から御質問を申し上げたいと思いますので、御迷惑とは思いますが、ひとつ十分に御答弁をお願いしたいと思うのであります。  この案は、四月七日、選挙制度審議会より答申を受けましてから改正案が国会に提出されたのは六月の二十二日であります。佐藤総理は、当初、国民の要望を率直に受けとめて、しばしば、答申を尊重して――小骨大骨論が出ておりますが、小骨一本も抜かないの……


8期(1968/07/07〜)

第61回国会 参議院本会議 第6号(1969/02/21、8期、民主社会党)

○片山武夫君 私は、民社党を代表して、ただいま提案されました四十三年度補正予算二案に対し質問をいたします。  まず、質問に入る前に、佐藤内閣の経済政策について一言触れてみたいと思うのであります。  佐藤総理は、就任当初から池田内閣の経済政策を批判し、高度経済成長政策のもたらしたひずみを是正しなければならないと主張し、経済の安定成長政策への転換をはかり、物価の安定と社会開発等の施策を通じて国民福祉向上のための政策を強力に推進する決意を表明されたのであります。しかしながら、最近の実情は、その決意とはうらはらに、その無計画性を露呈しております。すなわち、ここ数年間にわたる佐藤内閣の政策が明らかにこれ……

第61回国会 参議院本会議 第34号(1969/07/22、8期、民主社会党)

○片山武夫君 私は、民社党を代表いたしまして、ただいま議題となりました防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案について、総理並びに関係大臣に対し若干の質問をいたしたいと存じます。  法案の質問に入る前に、今回、本院内閣委員会におきまして防衛二法案の強行採決が行なわれましたことは、まことに遺憾であり、国民の参議院に対する期待を裏切る暴挙として非常に残念に考えるわけであります。ことに現在、最大の政治課題の一つである学生の集団的暴力の横行に対し、一日も早く解決を迫られている立場にある国会が、強行採決をめぐり混乱に混乱を続けている現状は、この暴力学生を批判する資格を国会みずからが放棄した行為とい……

第63回国会 参議院本会議 第17号(1970/05/13、8期、民社党)

○片山武夫君 私は、民社党を代表して、ただいま議題になりました防衛庁設置法等の一部を改正する法律案に反対の討論を行なうものであります。  われわれがこの法案に対し反対する第一の理由は、わが国の防衛の根本的な考え方が非常にあいまいなまま、毎年毎年、自衛隊の定員増が繰り返えされているという点であります。政府は、この国会の劈頭における施政方針の演説の中において、これまでの安保体制をわが国防衛の基調とするとの方針を改め、わが国の防衛政策の根本は自主防衛政策であるとし、日米安全保障条約はその補完とすることを明らかにいたしました。しかしながら、その自主防衛政策、日米安全保障条約の位置づけはきわめて抽象的で……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

片山武夫[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書