西村栄一衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  23期(1947/04/25〜)    4回   16266文字
  24期(1949/01/23〜)    5回   18458文字
  25期(1952/10/01〜)    1回   10479文字
  26期(1953/04/19〜)    1回    5814文字
  27期(1955/02/27〜)    2回    7627文字
  28期(1958/05/22〜)    2回    9455文字
  29期(1960/11/20〜)    2回   19603文字
  30期(1963/11/21〜)    2回   11619文字
  31期(1967/01/29〜)    4回   28003文字
  32期(1969/12/27〜)    1回    8639文字




衆議院本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第54号(1947/11/05、23期)

私は、本日提案せられました昭和二十二年度追加予算につきまして、日本社会党を代表いたしまして、政府当局に質問いたします。現内閣が健全財政を堅持するために必死の努力をふつておられるに対しまして、私は一應の敬意を表します。そもそも健全財政なるものは、敗戰直後の混乱の状態から日本再建の第一歩として国家財政の………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第55号(1947/11/06、23期)

簡單ですから、議席から発言をお許し願います。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/12/15、23期)

私は、吉田総理大臣に質問の予定でありましたが、欠くべからざる用事で席をはずしておられるということでございますから、その点を了承いたしまして、内閣の統一せる責任ある答弁を、列席の閣僚の中から求めたいと存ずるのであります。政府は、現在提出しておる追加予算案を組みかえるか、あるいは補正第三号予算を提出しな………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第15号(1948/12/17、23期)

私は、十五日の私の質問に関連いたしまして、再度大蔵大臣にその言動の行き違いを質問せぎるを得ないということは、まことに遺憾に存ずるのであります。私は、十五日の午後五時四十分に、政府は現在提出の予算案を組みかえ、あるいは入れかえ、その他の補正予算によるか、いかなる方法によるか、予算の変更はないか、という………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第13号(1949/04/06、24期)

私は日本社会党を代表いたしまして、遺憾ながら本決議案に賛成の――反対の意思表示をいたすものであります。(「もう一回やれ」と呼びその他発言する者あり)反対の意思表示をいたすものであります。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第17号(1949/11/26、24期)

私、日本社会党を代表いたしまして、本予算案に反対し、かつその趣旨弁明をいたしたいと存ずるのであります。本予算案は、ただいま委員長が御報告になりましたように、世にいう十五箇月予算といたしまして、二十五年度予算の一環としての本質があるのでありまして、私ども、その見地に立ちまして、本暫定予算を検討いたした………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第31号(1950/03/28、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、遺憾ながら本補正予算に対しまして反対いたすものであります。その理由といたしますところは、まず第一に、わが国の経済並びに社会生活の現状がこれを許さぬということであります。第二点においては、見返り資金運営の法律に抵触する疑議が生じて来ておるのであります。申すまでもなく………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第15号(1952/02/27、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、本予算案に反対の討論をいたすものであります。私が反効いたしまする第一の理由は、本予算案の歳入の見積りが過大てあつて、すざんてあるという点であります。昭和二十六年度の国民所得よりも、二十七年度の所得に対しまして、政府は一二%の見積りを余計盛られたのてあります。しかし………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第23号(1952/03/25、24期)

私は、共産党を除く野党各派を代表いたしまして、リッジウェイ大将の言明と安全保障費に対する緊急質問を政府に行いたいと思います。昭和二十七年度予算案は、憲法の解釈におきましても、また財政法に対しましても、多くの疑義と不満が残つておつたのであります。特に行政協定に伴う合衆国軍隊の駐留に要する防衛分担金並び………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第9号(1952/11/29、25期)

朝鮮の休戦会談は決裂いたしまして、仏印の戦闘はまずく激化いたしておるのであります。ソビエト・ロシヤは十三年ぶりに共産党大会を開催いたしまして、共産主義の世界制覇に対する柔軟性ある世界攻勢を宣言いたしたのであります。時あたかも朝鮮問題の解決と積極政策を標榜いたしまして、アメリカにおきましてはアイゼンハ………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第35号(1953/08/03、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、外務大臣岡崎勝男君に対する不信任案の賛成の趣旨を申し述べるものであります。(拍手)ただいま、佐々木盛雄君から、岡崎外交信任の、るる御説明がございました。私が、ちようど一年ほど前に、外務常任委員といたしまして、佐々木盛雄君と席を隣にいたしておりましたときに、佐々木君………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第17号(1957/03/08、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府提出による予算補正第一号に反対の意向を明らかにし、政府にこれの撤回を要求するとともに、ただいまより私が御説明申し上げまする趣旨に基いて、これをすみやかに組みかえて再提出されんことを要求するものであります。(拍手)今回提出せられました政府案は、三十一年度分の所得………会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 本会議 第5号(1957/11/08、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府提出の昭和三十二年度一般会計予算補正(第1号)外二件の予算補正案に反対いたしまして、これをわが党提出の編成がえ要求の動議に依って組みかえせんことを政府に要求するものであります。(拍手)その内容は、お手元に配付されました文案通り、一般会計関係では、災害復旧と地す………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 本会議 第4号(1959/10/29、28期)

私は、社会クラブを代表いたしまして、次の諸点を質問いたしたいと存じます。第一は、伊勢湾台風の被害に対する救済並びに災害予防に対する根本策についてであります。第二は、わが国産業の二重構造並びに石炭産業の危機に対する解決の方策について、第三は、南ベトナムの賠償問題、第四は、わが国国民生活の恒久的安定策に………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第29号(1960/05/06、28期)

本院議員従四位勲二等小西寅松君は、去る四月十四日早暁、東京の自宅において、にわかに逝去せられました。私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼の言葉を申し述べたいと存じます。(拍手)私は、小西君と、第二十二回総選挙以来、同じ選挙区から毎回出馬して今日に至り、政治的立場を異にはいたして………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第3号(1961/12/22、29期)

現在の国民が政府にたださんとするところは、三点あると存じます。その第一は、現在の経済不況がいついかなる形においておさまって、国民生活が安定するかということであります。第二の問題は、現下激しく動いていく国際政局に際会して、わが国の平和と安全をいかに守らんとするかであります。第三は、先般発生したクーデタ………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第4号(1963/01/26、29期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、池田総理大臣並びに関係閣僚各位に対しまして、昭和三十八年度の施政演説について質問せんとするものであります。(拍手)私がここに質問せんとするものは、少なくとも、昭和三十八年度は、内政において、外政において、大きな動きを見せる年であろうと存ずるからであります。すなわち………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第40号(1964/06/24、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、池田内閣不信任案に対し、賛成の意を表するものでございます。(拍手)私が、池田首相を信任せずという第一の理由は、池田首相が現在に至るまで取り来たった政治の姿勢であります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第13号(1966/02/02、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、現下重要と思われまする次の三点についてお尋ねいたします。その第一は、物価と不況克服の問題であります。第二は、ベトナム戦争の和平工作とアジア全体の平和確立の問題であります。第三は、日米関係は、戦後すでに二十年を経過いたしまして、新しき段階を迎えました。これにいかに対………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第4号(1968/01/31、31期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、財政、内政、外交の三面にわたって、佐藤内閣に質問いたします。(拍手)私は、質問に先立ちまして、要望いたしたい緊急事態がございます。それは、北朝鮮政府によるアメリカ情報艦の拿捕事件であります。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第20号(1968/04/04、31期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、今回のジョンソン大統領の重要発表に基づく緊急事態について、佐藤総理の所信と今後の方針をお尋ねいたします。まず冒頭に、私は、今回のジョンソン提案が、ハノイ当局の対米会談の応諾によって、二十年戦争の終結への端緒を切り開こうとしていることは、平和を念願する世界人類の期待………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第4号(1969/01/30、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、次の三点について政府に質問いたします。その第一は、戦後二十四年、累積されてきた高度経済成長下における社会的いびつと、精神的荒廃をいかにして解決するか、大学紛争はまさにその象徴的な姿であります。会議録へ(外部リンク)

第62回国会 衆議院 本会議 第3号(1969/12/02、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、今回の日米会談の主題である沖繩問題をはじめ、日米安保条約の今後の取り扱い、……会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第4号(1970/02/17、32期)

当面する一九七〇年代は、わが国にとって、また世界にとって、激しい変化と進歩の年代であります。私は、この重要時期を迎えるにあたり、民社党を代表いたしまして、今後のわが国の外交、内政の基本的進路とその具体策について、佐藤内閣の方針をただしたいと存じます。(拍手)私は、一九七〇年代に向かうわが国の基本路線………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/03/10