国会議員白書トップ衆議院議員川西清>本会議発言(全期間)

川西清 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

川西清[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

川西清衆議院議員の在職時の本会議での質疑や答弁などの発言についてまとめています。発言回数、発言文字数、発言時の役職、立場、各発言の冒頭部分の内容の一覧が掲載されています。
 委員会や各種会議での発言等については委員会統計発言一覧のページを参照してください。
 下記リンクからページ内の各項目に飛ぶことができます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



4回
6235文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
4回
6235文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

本会議発言一覧(衆議院)

24期(1949/01/23〜)

第5回国会 衆議院本会議 第9号(1949/03/31、24期、民主自由党)

○川西清君 ただいま議題となりました地方財政委員会法の一部を改正する法律案につき、地方行政委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本法案の内容は、本年三月三十一日をもつて滿了いたしまする地方財政委員会の存続期限を、本年五月三十一日まで、さらに二箇月間延長せんとするものであります。御承知のごとく、地方財政委員会は当初一箇年の存続期限をもつて発足いたしたのでありますが、昨年十一月、その存続期限が滿了いたす前におきまして、諸般の情勢上さらに本年三月三十一日まで延期することとし、さきに第三回國会において、これに関する改正法律の成立を見たわけであります。当時におきましては、さらに地方……

第5回国会 衆議院本会議 第36号(1949/05/22、24期、民主自由党)

○川西清君 ただいま上程されました地方財政法の一部を改正する等の法律案につきまして、地方行政委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本法律案は、地方財政法の一部を改正するほか、河川法その他地方財政に関係ある十八に上る各個の法律について各一部を改正することを内容とし、地方財政の安定と合理化、特に國と地方團体との経費の負担区分を明確にすることを目的としたものであります。  まず地方財政法に関しましては、國の直轄工事に対する地方公共團体の負担金について、その工事着手前に予定金額を通知し、その金額に不服のある地方團体は内閣に対し意見を申し出ることができることとし、その他義務教育職員……

第7回国会 衆議院本会議 第45号(1950/04/30、24期、自由党)

○川西清君 ただいま議題となりました地方財政平衡交付金法案につき、地方行政委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  御承知のごとく、地方公共団体の自主性を推進し、その発達をはかることは、国政民主化の基礎をつちかう必然の要請でありまして、これがため地方自治制度の整備を行うとともに、地方税財政を確立することが緊要であります。地方税財政確立のためには、自主的、自律的な地方税法を設け、さらにすべての地方団体を通じ、合理的にして妥当な自治活動を行うだけの歳入を保障することが必要であります。  申すまでもなく、経済社会の進展に伴う経済力の都市集中と、人文の発達に伴う地方団体の行政活動分野……

第10回国会 衆議院本会議 第26号(1951/03/28、24期、自由党)

○川西清君 私は、ただいま農林委員長より御報告のありました農林漁業資金融通法案に対しまして、自由党、民主党並びに社会党を代表いたしまして修正案の趣旨弁明を行いたいと存じます。  国民生活に必要な基礎物資の生産に当りまする農林漁業ないし塩業は、原始産業のゆえをもちまして、とかくその長期融資の面におきまして、一般金融機関の貸付対象より除外せられがちであることは、基礎物資増産の面よりいたしましても、はたまたこれら産業の包容する人口の点よりいたしましても、はなはだ遺憾に存じて参つたのでありまするが、このたび政府が、この点の欠陥を是正する目的をもちまして、農林漁業資金融通法案を提出せられ、農林省にこの業……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

川西清[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊