国会議員白書トップ衆議院議員三池信>本会議発言(全期間)

三池信 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

三池信[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

三池信衆議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

3回
3628文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

12回
17890文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

9回
5054文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
1277文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
996文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
27回
28845文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

29期(1960/11/20〜)

第38回国会 衆議院本会議 第20号(1961/03/25、29期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、本法案の趣旨を簡単に申し上げますと、御承知の通り、国鉄の輸送力は現状においても国民の輸送需要をまかない切れない実情にあり、今回の政府の所得倍増計画に伴うわが国の今後の経済発展に対応する将来の輸送需要の増大に対処するため、国鉄においては、昭和三十六年度を初年度とする新五カ年計画を策定し、総額九千七百五十億円をもって主要幹線の複線化及び電化、全国的なディーゼル化、通勤輸送の緩和、踏み切り設備の改善並びに東海道新幹線の建設等を計画いたしましたが、これ……

第38回国会 衆議院本会議 第23号(1961/03/30、29期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました国内旅客船公団法の一部を改正する法律案外一法案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、国内旅客船公団法の一部を改正する法律案について申し上げます。  戦時標準型船は、戦時中に一定の規格により急造された、材質、構造ともにきわめて劣弱な船舶でありまして、現在約七十万総トンが残存しておりますが、その大部分は、今日、もはや通常の検査及び補修では航行の安全を期し得ない状態に陥っております。しかしながら、経営基盤の弱体な中小船主としては、完全な補修を行なうことは困難でありまして、繋船または解撤を余儀なくされている実情であります。よ……

第38回国会 衆議院本会議 第41号(1961/05/17、29期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました日本国有鉄道新線建設補助特別措置法案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、本法案の趣旨を簡単に申し上げますと、御承知のごとく、国鉄の新線建設は、鉄道建設審議会の議を経て、公正かつ合理的に検討の上、鉄道敷設法別表に掲げる予定鉄道線路のうちから順次建設されておりますが、何分にも、これらの新線は、開業後も長期にわたり赤字であり、これが国鉄経営上大きな負担となっておる実情であります。  本法案は、当面、国鉄の経営上の負担を軽減し、その経営の健全化に資するため、政府は、昭和三十五年度以降の建設に要した資金につき、その利子相当分……


30期(1963/11/21〜)

第51回国会 衆議院本会議 第15号(1966/02/15、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました昭和四十年産米穀についての所得税及び法人税の臨時特例に関する法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  この法律案は、昭和四十年産米穀の集荷の促進に資するため、米穀の生産者が事前売り渡し申し込み制度に基づいて同年産の米穀を政府に売り渡した場合、同年分の所得税並びに法人税について、その売り渡し時期の区分に応じ、玄米換算百五十キログラム当たり、すなわち一石当たり千七百円ないし千百円を非課税とする措置を講じようとするものであります。  本案は、参議院先議の後、本院に送付されたものでありまして、当委員会において審査の結果、本十……

第51回国会 衆議院本会議 第20号(1966/03/01、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました通行税法の一部を改正する法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  御承知のとおり、現行通行税法では、主として一般大衆が利用する二等寝台料金につきましては、これを非課税とするため、課税最低限の金額が定められておりまして、一人一回につき千円以上の料金に対してのみ課税するたてまえとなっているのでありますが、今回、日本国有鉄道の運賃改定にあわせて、その二等寝台料金につきましても改定が行なわれる予定になっておりますため、現行の課税最低限のままでは二等寝台料金の一部が新たに課税される結果を生ずるのであります。  そこで、この法律……

第51回国会 衆議院本会議 第25号(1966/03/10、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました農業近代化助成資金の設置に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  農業近代化助成資金は、農業経営の近代化をはかるため、農業協同組合等いわゆる系統金融機関が農業者等に対して長期かつ低利の施設資金等を貸し付けた場合において、都道府県が当該農業協同組合等に利子補給を行なうのに必要な経費を国が補助するための財源を確保する目的で、一般会計所属の資金として、昭和三十六年度に創設されたものであります。この資金には、一般会計からの繰り入れ金、及びこれを資金運用部に預託することにより生ずる利子をもって充て、……

第51回国会 衆議院本会議 第31号(1966/03/24、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました七法律案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、所得税法の一部を改正する法律案について申し上げます。  本案のおもな内容は次のとおりであります。  まず第一に、中小所得者を中心とする所得税負担の軽減をはかることといたしております。すなわち、基礎控除及び配偶者控除をそれぞれ一万円引き上げて、十四万円及び十三万円とするほか、扶養控除に関する年齢区分を廃止して、一律六万円とするとともに、給与所得者に適用される給与所得控除については、定額控除を一万円引き上げて四万円とし、また、二〇%または一〇%の控除率を適用する限度額をそれ……

第51回国会 衆議院本会議 第32号(1966/03/25、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました両法律案について、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、物品税法の一部を改正する法律案について申し上げます。  本案のおもな内容は次のとおりであります。  まず第一に、税負担の軽減合理化をはかることといたしております。  すなわち、その一は、課税物品の最近における消費の性質や、課税物品製造者の企業規模の零細性等から見て、課税することが適当でないと見られるに至ったもの、すなわち、煙火、ネオン管等九品目余について課税を廃止することといたしております。  その二は、耐久消費財等の課税物品のうち、その普及が国民の生活水準の向上と密接……

第51回国会 衆議院本会議 第43号(1966/04/21、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました交付税及び譲与税配付金特別会計法の一部を改正する法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  この法律案は、地方交付税法の一部改正に伴いまして、毎会計年度、一般会計から交付税及び譲与税配付金特別会計に繰り入れる金額のうち、当該年度における所得税、法人税及び酒税の収入見込み額を基礎として算定するものにつきまして、その算定率を現行の百分の二十九・五から百分の三十二に引き上げることといたしております。  また、昭和四十一年度における地方財政の特別措置に関する法律に基づきまして、地方団体に交付する臨時地方特例交付金の交付に関する……

第51回国会 衆議院本会議 第46号(1966/04/28、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました三法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、地震保険に関する法律案について申し上げます。  この法律案は、住宅等を対象とする地震保険の普及をはかり、地震等による被災者の生活の安定に寄与するため、地震保険制度を確立しようとするものでありまして、その内容の概略を申し上げますと、  まず第一に、政府は、一定の要件を備える地震保険契約を民間の保険会社等が締結したときは、これを再保険できることといたしております。  再保険の方式といたしましては、いわゆる超過損害額再保険方式によることとし、一定額以下の保険金支払いは民間……

第51回国会 衆議院本会議 第55号(1966/05/26、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました地方自治法第百五十六条第六項の規定に基づき、税務署の設置に関し承認を求めるの件につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  最近、都会地の税務署におきましては、管内の納税者、課税物件等の大幅な増加に伴い、事務量が過大となり、税務行政の運営に円滑を欠くおそれを生じてきておりますので、本件は、このような事情に対処して、東京国税局管内に雪谷税務署を、また福岡国税局管内に西福岡税務署をそれぞれ設置し、もって納税者の利便と税務行政の円滑な運営をはかろうとするものであります。  本件につきましては、審査の結果、昨二十五日、質疑を終了し、直……

第51回国会 衆議院本会議 第60号(1966/06/07、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、昭和四十年度における旧令による共済組合等からの年金受給者のための特別措置法等の規定による年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律案について申し上げます。この法律案は、別途今国会に提出されました恩給法等の一部を改正する法律案に準じまして、主として次のような改正を行なおうとするものであります。  まず、昭和四十年度における旧令による共済組合等からの年金受給者のための特別措置法等の規定による年金の額の改定に関する法律の一部を改正し、  第一に、昭和四十年度におきま……

第51回国会 衆議院本会議 第67号(1966/06/23、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、外国為替資金特別会計法の一部を改正する法律案について申し上げます。  この法律案の内容を概略申し上げますと、  まず第一に、アジア開発銀行に対する出資の財一億ドルのうち、払い込み資本額は一億ドルで、その二分の一が現金による出資、残りの二分の一が国債による出資となっておりますが、現金による出資五千万ドル、すなわち邦貨に換算して百八十億円は、昭和四十一年度から五カ年間に、毎年度五十六億円ずつ分割して行なわれることになっております。この出資の財源に充てるため、外国為替資金……

第52回国会 衆議院本会議 第6号(1966/07/26、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、外国為替資金特別会計法の一部を改正する法律案について申し上げます。  この法律案の内容を概略申し上げますと、  まず第一に、アジア開発銀行に対する出資の財源に充てるため、外国為替資金から一般会計への繰り入れを規定いたしております。日本の出資額二億ドルのうら、払い込み資本額は一億ドルで、その二分の一が現金による出資、残りの二分の一が国債による出資となっておりますが、現金による出資五千万ドル、すなわち、邦貨に換算して百八十億円は、昭和四十一年度から五カ年間に毎年度三十六……

第53回国会 衆議院本会議 第5号(1966/12/19、30期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました農業共済再保険特別会計の歳入不足をうるための一般会計からの繰入金に関する法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  この法律案は、昭和四十一年度におきまして、低温、風水害、病虫害等により水陸稲及び麦の被害が異常に発生し、これに伴いまして、農業共済再保険特別会計の農業勘定における再保険金の支払いが増加する等のため、同勘定の支払い財源に不足が生ずる見込みでありますので、一般会計から六十五億五千六百万円を限り同勘定に繰り入れることができることとしようとするものであります。  なお、この繰入金につきましては、将来この会計の農業……


31期(1967/01/29〜)

第57回国会 衆議院本会議 第7号(1967/12/19、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました三法案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、三法案の要旨を申し上げますと、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案は、本年八月十五日付の人事院勧告につき、実施期日を八月一日とし、都市手当を調整手当とするほかは、人事院勧告どおり、全俸給表の俸給月額、医師の初任給調整手当、宿日直手当及び勤勉手当を増額するとともに、調整手当の新設に伴う暫定手当に関する規定の改正等を行なおうとするものであります。  次に、特別職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案は、一般職職員の給与改定に伴い、特別職職員の俸給……

第58回国会 衆議院本会議 第20号(1968/04/04、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました皇室経済法施行法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、内廷費の定額六千八百万円を八千四百万円に、皇族費の定額六百二十万円を七百二十万円にそれぞれ増額しようとするものであります。  本案は、二月十日本委員会に付託、三月五日政府より提案理由の説明を聴取し、慎重審議を行ない、四月三日質疑を終了いたしましたところ、松澤委員外三名より、「四月一日」としている施行期日を「公布の日」に改め、その適用を本年四月一日からとする旨の修正案が提出され、趣旨説明の後、討論もなく、採決の結果、全会一致をもって修正案……

第58回国会 衆議院本会議 第23号(1968/04/12、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました国家公務員災害補償法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案の要旨は、国家公務員が公務上の災害により精神または神経系統の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるものについて、障害等級表第九級の障害補償一時金を支給するものとすることであります。  本案は、三月一日本委員会に付託、同五日政府より提案理由の説明を聴取し、慎重審議を行ない、四月九日、質疑を終了し、討論もなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、御報告申し上げます。

第58回国会 衆議院本会議 第25号(1968/04/18、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました総理府設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案の要旨は、  第一に、日本政府南方連絡事務所の所掌事務の一部を改め、沖繩におけるアメリカ合衆国の政府機関と協議することができるようにし、これに伴い、同事務所の名称を、日本政府沖繩事務所と改めること  第二に、設置期限の経過した同和対策協議会を再び設置し、その設置期限を昭和四十五年三月三十一日までとすること等であります。  本案は、三月十三日本委員会に付託、四月三日政府より提案理由の説明を聴取し、慎重審議を行ない、四月十六日、質疑を終了、討論もな……

第58回国会 衆議院本会議 第28号(1968/04/25、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました恩給法等の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、昨年十月実施の恩給年額の改善率を一〇ないし二八・五%から二〇ないし三五%に改め、恩給年額を増額するとともに、普通恩給の多額所得停止基準の引き上げ等を行なおうとするものであります。  本案は、三月二十六日本委員会に付託、四月三日提案理由の説明を聴取し、四月十六日より質疑に入り、慎重審議を行なってまいりましたところ、四月二十三日、井原岸高君外三名より、普通恩給最短年限に達するまでを限度として通算することとしている場合の外国政府職員及び外国特殊法人職……

第58回国会 衆議院本会議 第29号(1968/04/26、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました運輸省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、港湾審議会の所掌事務のうち、港湾運送事業の合理化に関する重要事項を調査審議することができる期限を、昭和四十五年三月三十一日までとしようとするものであります。  本案は、二月十日本委員会に付託、三月五日提案理由の説明を聴取し、慎重審議を行ない、本二十六日、質疑を終了、討論もなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、御報告申し上げます。(拍手)

第58回国会 衆議院本会議 第31号(1968/05/09、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました行政機構の簡素化等のための総理府設置法等の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案の要旨は、行政の簡素化及び能率化をはかるため、総理府本府ほか十七省庁についてそれぞれ内部部局一局の整理等を行なうこととするほか、合計六つの審議会について、その整理統合を行なおうとするものであります。  本案は、三月十二日本会議において趣旨説明が行なわれた後、同日本委員会に付託、三月十九日政府より提案理由の説明を聴取し、四月四日より質疑に入り、慎重審議を行ない、五月七日、質疑を終了、続いて討論に入りましたところ、日本社……

第58回国会 衆議院本会議 第34号(1968/05/16、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました農林省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案の要旨は、本省の附属機関として農業者大学校を設置すること、地方農政局を地方農林局に改組し、新たに民有林野に関する事務を所掌させることとするとともに、統計調査事務所の組織を吸収統合すること等であります。  本案は、二月二十四日本委員会に付託、五月九日提案理由の説明を聴取し、慎重審議を行ない、五月十五日、質疑を終了いたしましたところ、浦野委員より、施行期日のうち「四月一日」を「公布の日」に改めることとする修正案が提出され、趣旨説明の後、討論もなく、……

第60回国会 衆議院本会議 第6号(1968/12/20、31期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました四法案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、四法案の要旨を申し上げますと、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案は、本年八月十六日付の人事院勧告を実施するため、全俸給表の俸給月額、技師に対する初任給調整手当、通勤手当等の改定等を行なおうとするもので、俸給月額、初任給調整手当については八月一日、通勤手当については勧告どおり五月一日から実施することとし、あわせて明年四月以降、期末・勤勉手当の支給に関する制度の合理化を行なうことといたしております。  次に、特別職の職員の給与に関する法律等の一部を改正す……


33期(1972/12/10〜)

第72回国会 衆議院本会議 第17号(1974/03/14、33期、自由民主党)

○三池信君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、運輸委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。  本案は、航空機騒音問題が年々深刻化し、大きな社会問題となっている現状にかんがみ、学校、病院等の防音工事の助成を中心とする従前の対策からさらに進んで、住民から航空機騒音をできる限り遮断するという基本的な方針のもとに、空港の周辺地域の整備再開発を含む抜本的対策を実施しようとするものでありまして、そのおもな内容は、現行法により定められております特定飛行場につきまして……


37期(1983/12/18〜)

第101回国会 衆議院本会議 第1号(1983/12/26、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○三池信君 先例によりまして、私は、議員一同を代表して、ただいま御当選になりました議長及び副議長に対し、お祝いの言葉を申し上げたいと存じます。  ただいま福永健司君が本院議長に、勝間田清一君が本院副議長に当選されました。われわれ一同、衷心より祝意を表する次第であります。(拍手)  両君は、ともに議会政治に対する豊富な経験と高邁な識見を有せられ、本院を代表する議長、副議長として重責を担うにふさわしい方々であります。特別国会の開会に当たり、国民の国会に寄せる期待と関心はいよいよ大なるものがありますが、われわれは、両君がその手腕、力量を遺憾なく発揮して、健全な議会政治の発展に十分な成果を上げ、もって……

第102回国会 衆議院本会議 第5号(1985/01/24、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○三池信君 先例によりまして、私は、議員一同を代表して、ただいま御当選になりました新議長に対しお祝いの言葉を、また、前議長に対して謝辞を申し述べたいと存じます。  ただいま議長に坂田道太君が当選されました。我々一同、衷心より祝意を表する次第であります。(拍手)  坂田道太君は、議会政治に対する豊かな経験と高潔な人格を有せられ、そのすぐれた識見と練達なる御手腕とは、我々の常に尊敬してやまないところであります。  国会に課せられました責務がますます重きを加えてまいります今日、議長に坂田道太君のごとき適任者を得ましたことは、まことに喜ばしいことであります。(拍手)  私は、坂田道太君が議会の円満なる……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/11/02

三池信[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書


■著書
2020年10月新刊