国会議員白書トップ衆議院議員飯田忠雄>本会議発言(全期間)

飯田忠雄 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

飯田忠雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

飯田忠雄衆議院議員の在職時の本会議での質疑や答弁などの発言についてまとめています。発言回数、発言文字数、発言時の役職、立場、各発言の冒頭部分の内容の一覧が掲載されています。
 委員会や各種会議での発言等については委員会統計発言一覧のページを参照してください。
 下記リンクからページ内の各項目に飛ぶことができます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



1回
3089文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
1回
3089文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

本会議発言一覧(衆議院)

34期(1976/12/05〜)

第84回国会 衆議院本会議 第23号(1978/04/18、34期、公明党・国民会議)

○飯田忠雄君 私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま提案理由の説明がありました刑事事件の公判の開廷についての暫定的特例を定める法律案について、総理大臣並びに関係大臣に質問いたします。(拍手)  この法案が、刑事訴訟における必要的弁護制度の存立基盤を揺るがすとともに、刑事被告人の弁護人依頼権を定めた憲法の趣旨に触れる重大な内容を持っておりますことは、各方面から強く指摘されているところであります。  ところで、今日までに、衆参両院の法務委員会において、しばしば次の附帯決議を行ってまいりました。すなわち、司法制度の改正に当たっては、法曹三者の意見を一致させて実施するように努めるべき旨の附帯決議で……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

飯田忠雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。