国会議員白書トップ衆議院議員山岡賢次>本会議発言(全期間)

山岡賢次 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

山岡賢次[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

山岡賢次衆議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

3回
26220文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

5回
3073文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
490文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
9回
29783文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

42期(2000/06/25〜)

第149回国会 衆議院本会議 第2号(2000/07/31、42期、自由党)

○山岡賢次君 自由党の山岡賢次でございます。  質問に先立ち、有珠山噴火や伊豆諸島の地震により被災されました方々に対して心よりお見舞いを申し上げるとともに、政府に対して引き続き万全の措置を講ずるよう強く求めるものであります。  自由党を代表して、森総理大臣の所信表明演説並びにサミット報告に対して質問をいたします。  一言で言えば、この所信表明演説は、リーダーとしての将来のビジョンを欠き、ただ個別の懸案を並べ立てただけで、総理としての資質を疑わせるものであります。(拍手)  他のことに先立ちまして、辞任された久世公堯金融再生委員長の問題について、まず森総理にお伺いをいたします。  三菱信託銀行は……

第151回国会 衆議院本会議 第3号(2001/02/06、42期、自由党)

○山岡賢次君 自由党の山岡賢次でございます。  私は、自由党を代表して、森総理大臣の施政方針演説を初めとする四演説に対しまして質問をいたします。  新しい二十一世紀の日本を、自由で創造性あふれる国家社会にしていかなければなりません。政治家や役人に取り入ったKSDのような団体だけが得をするのではなくて、一生懸命頑張った人が頑張った分だけ報われる社会を構築していかなければならないのであります。同時に、病気やけがで一時休まなければならなくなった人が安心して休める社会、失敗してもやり直しのできる社会を築いていかなければなりません。このことが二十一世紀の日本の新しい発展の基盤を構築していくことにつながる……

第157回国会 衆議院本会議 第2号(2003/09/29、42期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 合併民主党の山岡賢次でございます。  私は、民主党・無所属クラブを代表いたしまして、質問をいたします。(拍手)  先日の小泉総理の所信表明からは、政策実現への熱気も真剣味も全く伝わってきませんでした。なぜなら、その内容は、先ほど読み上げましたように、官僚の作文の寄せ集め以外の何物でもないからであります。  例えば、二年五カ月前の総理の所信表明には、米百俵の精神の話がありました。今回、新たな顔ぶれの内閣を発足させたにもかかわらず、米百俵のような総理の肉声は何一つ聞こえてきません。  今や、小泉構造改革の正体は、完全に官僚政治に戻ってしまっているということがはっきりいたしました。総理……


43期(2003/11/09〜)

第162回国会 衆議院本会議 第12号(2005/03/17、43期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 ただいま議題となりました両法律案につきまして申し上げます。  初めに、内閣提出の法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  国の補助金等の整理及び合理化等に伴う農業近代化資金助成法等の一部を改正する等の法律案は、平成十七年度における国及び地方公共団体を通じた財政改革のための国の補助金等の整理及び合理化等に伴い、農業近代化資金等につき都道府県が行う利子補給に係る政府の助成を廃止する等の措置を講じようとするものであります。  本案は、去る二月二十二日本会議において趣旨説明及び質疑が行われ、同日本委員会に付託されました。  委員会におきましては……

第162回国会 衆議院本会議 第18号(2005/04/07、43期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 ただいま議題となりました法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、コイヘルペスウイルス病の発生等、海外からの疾病の侵入及び国内での蔓延のリスクが一層高まっている状況に対処し、水産防疫をより的確に実施するため、輸入許可の対象となる水産動物の範囲の拡大、養殖業者等に対する疾病発生時の届け出の義務づけ等を行おうとするものであります。  委員会におきましては、去る三月三十日島村農林水産大臣から提案理由の説明を聴取し、昨四月六日質疑を行いました。質疑終局後、直ちに採決いたしましたところ、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議……

第162回国会 衆議院本会議 第22号(2005/04/26、43期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律案は、効率的かつ安定的な農業経営を育成するため、担い手への農地の利用集積を促進する措置を拡充するほか、構造改革特別区域制度の全国展開として、農業生産法人以外の法人への農地貸付事業を創設するとともに、体系的な遊休農地対策の整備を行おうとするものであります。  次に、特定農地貸付けに関する農地法等の特例に関する法律の一部を改正する法律案は、構造改革特別区域において認められている市民農園の開設のための特例措置を全国展開しようと……

第162回国会 衆議院本会議 第28号(2005/06/07、43期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 ただいま議題となりました法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律の一部を改正する法律案は、消費者の合理的な選択に資するため、流通の方法についての基準を内容とする日本農林規格を導入するとともに、公益法人改革を推進するため、製造業者等に格付を行うことを認める登録認定機関について、国の代行機関としての位置づけにかえて、公正中立な民間の第三者機関として位置づけることとする等の措置を講じようとするものであります。  本案は、去る五月十日本会議において趣旨説明及び質疑が行われ、同日本委員会に付託され……

第162回国会 衆議院本会議 第29号(2005/06/10、43期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 ただいま議題となりました三法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。  本案は、公益法人改革の一環として、農林漁業体験民宿業者の登録制度について指定法人制度を廃止するとともに、登録の対象となる農林漁業体験民宿業者の範囲や登録基準について改善を図ろうとするものであります。  本案は、去る六月一日本委員会に付託され、翌二日島村農林水産大臣から提案理由の説明を聴取し、八日質疑を行いました。質疑終局後、直ちに採決いたしましたところ、本案は全……


45期(2009/08/30〜)

第180回国会 衆議院本会議 第6号(2012/02/23、45期、民主党・無所属クラブ)

○山岡賢次君 このたび、永年勤続議員として、院議をもって御丁重な表彰の御決議を賜りました。まことに身に余る光栄であり、感謝にたえません。謹んで御礼を申し上げます。  これもひとえに、諸先輩、同僚各位の御指導と、参議院議員選挙、衆議院議員選挙のそれぞれにおいて、長きにわたり御支援をいただいた皆様の変わらない御協力のたまものであります。ここに心から御礼を申し上げる次第であります。  現在、世界は未曽有の変革期に際し、我が国の政治、外交、経済も戦後の最も深刻な試練に直面をしております。ここにおいてみずからを省みますとき、いまだに不徳非才、まことにじくじたるものがございます。  きょうを機として、心を……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/11/02

山岡賢次[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書


■著書
2020年10月新刊