国会議員白書トップ衆議院議員並木正芳>本会議発言(全期間)

並木正芳 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

並木正芳[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

並木正芳衆議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



2回
8284文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
2回
8284文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

41期(1996/10/20〜)

第141回国会 衆議院本会議 第9号(1997/11/06、41期、新進党)

○並木正芳君 新進党の並木正芳です。  新進党を代表して、ただいま議題となりました持株会社の設立等の禁止の解除に伴う金融関係法律の整備に関する法律案、銀行持株会社の創設のための銀行等に係る合併手続の特例等に関する法律案及び罰則の整備のための金融関係法律の一部を改正する法律案について質問を行います。  これらの法案は、抜本的金融制度改革、いわゆる日本版ビッグバンに備え、遅まきながらも、世界に通用する競争的体質の金融システムをつくろうとする制度整備の一環ではあり、我が新進党も、かねてより、独禁法の改正、金融持株会社の解禁について主張し、新進党の日本再構築宣言の中でも取り上げています。その点から一定……

第142回国会 衆議院本会議 第5号(1998/01/23、41期、平和・改革)

○並木正芳君 改革クラブの並木正芳です。統一会派平和・改革を代表し、ただいま趣旨説明のありました所得税特別減税法案外二法案につき、橋本総理に質問いたします。  私たち改革クラブは、結党に当たり、「信頼と希望の政治」の旗を掲げました。  たび重なる政界の不祥事が、官界、経済界の不祥事とともに日本のリーダーシップに対する信頼を地に落とせしめたばかりか、今また泉井石油商事件、証券利益供与疑惑などが発覚し、現在の政治に対する国民の不信はますます高まるばかりであり、経済不況とも相まって、国民は、子育てにしろ老後にしろ不安がいっぱいの希望の持てない日々を送ることを余儀なくされております。  今こそ、この先……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/11/02

並木正芳[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書


■著書
2020年10月新刊