国会議員白書トップ参議院議員須藤元気>委員会統計(全期間)

須藤元気 参議院議員
「委員会統計」(全期間)

須藤元気[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言 | 委員会統計/発言一覧質問主意書

このページでは須藤元気参議院議員の委員会および各種会議における出席回数、発言回数、役職就任状況などの活動状況をデータでまとめています。各発言の冒頭部分と会議録へのリンクが須藤元気 参議院議員「委員会発言一覧」(全期間)にあります。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

■在籍期別統計 ■委員会別統計 ■幹部役職

在籍期別出席・発言統計(参議院)

在籍期別委員会出席・発言数

在籍期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


92回
(0回)
36回
(0回
0回)
146130文字
(0文字
0文字)


参議院在籍時通算
92回
(0回)
36回
(0回
0回)
146130文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

在籍期別各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

在籍期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


9回
(0回)
2回
(0回
0回)
1919文字
(0文字
0文字)


参議院在籍時通算
9回
(0回)
2回
(0回
0回)
1919文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計(参議院)

順位
出席
幹部 
発言
議会
政府 
委員会名


1位
48回
(0回)
30回
(0回
0回)
農林水産委員会

2位
23回
(0回)
5回
(0回
0回)
経済産業委員会

3位
12回
(0回)
0回
(0回
0回)
東日本大震災復興特別委員会

4位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

4位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生労働委員会

6位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会

7位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
環境委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会等幹部役職経験(参議院)

委員長

 委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


理事

 理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職

各種会議役職の記録なし。

※開催された各種会議に当該会議の役名付きで出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上、各種会議の役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合、会議録が公開されていない場合等には記録なしとなります。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/06/29

須藤元気[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言 | 委員会統計/発言一覧質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。