笹森順造衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  23期(1947/04/25〜)   32回出席(うち幹部出席  0回)    1回発言    1140文字発言
  24期(1949/01/23〜)  149回出席(うち幹部出席 45回)   33回発言  137043文字発言
  25期(1952/10/01〜)   20回出席(うち幹部出席  0回)    5回発言   17326文字発言

    衆議院在籍時通算    201回出席(うち幹部出席 45回)   39回発言  155509文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   82回出席  24回発言 文部委員会
 2位   60回出席   5回発言 建設委員会
 3位   24回出席   1回発言 予算委員会
 4位   13回出席   4回発言 内閣委員会
 5位    9回出席   1回発言 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
 5位    9回出席   3回発言 災害地対策特別委員会
 7位    2回出席   0回発言 人事委員会
 7位    2回出席   1回発言 懲罰委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

衆議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

懲罰委員会理事(第6回国会)
建設委員会理事(第6回国会)
災害地対策特別委員会理事(第7回国会)
平和条約及び日米安全保障条約特別委員会理事(第12回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第2回国会 衆議院 予算委員会 第43号(1948/06/30、23期)

第四分科会の経過並びに結果について、簡單に御報告申上げます。本分科会に審査を付託せられました予算は、運輸省及び逓信省所管でありまして、昨日午前より午後にわたり、愼重審議いたしたのであります。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 建設委員会 第17号(1949/05/12、24期)

私は新政治協議会を代表しまして反対の意思を表明さしていただきます。反対の理由の第一は、この制定の理由であります公共の福祉尊重は新憲法の根本精神でありまして、これは国民が自発的になれて、これに徹底せしむ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1949/12/03、24期)

ただいま問題の中心になつておりまする責任の所在に関しては、この懲罰事犯になるかならないかという問題の焦点の大事なところの一つだと思います。今までせつかく多数の人から御質問があつてもお答えははつきりしま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1950/02/03、24期)

ただいま水道行政の一元化の問題に関する説明を当局から聞いたのでありますが、この水道行政が改善せられ、振興せられるということは、日本の国の再建の上で最も大事なことの一つで、当委員会としても、今後この問題…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1950/02/14、24期)

国家の福利全体に大きな関係を持つ大きな河川の改修その他に関しまして、直轄河川として取扱われているものが各地方にたくさんあるのでありますが、特に御注意を願いたいのは、ある地方における取扱い方が、国全体の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 建設委員会 第19号(1950/03/28、24期)

私は国民協同党を代表いたしまして、ただいま議題となつております連合軍軍人等住宅公社法案を、これに対する一部修正案の通りとして簡單に賛成の意を表したいと思います。講和條約締結前のわが国の置かれております…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 建設委員会 第23号(1950/04/08、24期)

住宅金融公庫法は戰後住宅難で苦んでおりました者の切実な要望にこたえようとするものでありますから、本法案に対しまする国民的関心が熱烈であるということは言うまでもないと思います。従いましてこの際本法案につ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第1号(1950/07/14、24期)

これより会議を開きます。先例に従いまして、私が年長者のゆえをもつて、委員長が互選されるまで委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第9号(1950/10/19、24期)

ジエーン、キジア両台風によつて受けました農作物の災害対策に関することでお尋ねするのでありますが、本来ならば農林当局にお尋ねするのが道だろうと思うのであります。しかし関連においてもしもお答えができるなら…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1950/07/24、24期)

岡崎官房長官にお尋ねしたいと思いますが、近来私ども国会で審議しなければならない法律が非常に多くて、むしろ煩累を感ずるような状況であります。これは従来のドイツ流の法律の考え方でなくて、最近は英米流の方式…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1950/07/26、24期)

今議事進行に関する質問がありましたから、一応私は讓りましてこの次にいたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1950/07/28、24期)

実は大臣のお見えになつたときの方がよいと思いましたが、時間の倹約の関係もありますので、この際できるだけの御答弁を願つて、必要があればまた大臣のその点に関する御答弁をお願いすることといたしまして、質問を…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1950/10/13、24期)

ただいままでの委員の質問に対して文部当局がお答えになりましたことで、大体私のお尋ねしようと思つている点は明らかになつておりますが、なお私の理解を十分に深めておきたいために、二、三お尋ね申し上げたいと思…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1950/11/11、24期)

早稲田大学におけるこのたびのレツド・パージに関連いたしまして起つた一派の学生その他の者に対する御措置については、ただいま総長から若林君に対する御懇切なお答えがございまして、その経過並びにおとりになりま…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1950/11/13、24期)

ただいま各派遣委員から概略の御報告を伺つたので、詳しいことは速記録において拜見しなければわからぬのでありますが、この際特にお尋ねしておきたい一点だけをお伺いしたいと思います。それは教育職員の認定講習実…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第1号(1950/11/30、24期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一條によりまして、委員長が選任されるまで委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1950/11/28、24期)

一般の宗教教育に関するお尋ねは、別な機会にするといたしまして、せつかく江口さんがおいでになつておりますので、ただいま若林さんのお尋ねになりましたことに関連いたしまして、一、二お尋ねいたしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1950/12/07、24期)

官立商船学校を国立商船高等学校として序置に関する請願。請願者、富山県高岡市、高岡源蔵。この請願は、実は昨日の本会議の議場において決定をされておるのでありますがゆえに、委員会としての取扱い上どうなるか…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1951/03/07、24期)

先ほど委員長から御注意のありましたように、大臣が御都合で、きようはお見えになりませんので、根本的なこの法案自体の取扱い方であるとか、あるいはもつと根本に触れた問題は、大臣の御出席のときに譲ることといた…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1951/03/14、24期)

それに関してちよつと――。ただいまの委員長の御発言でありますが、むしろ十分に御病気をおなおしになつて、直接に御答弁いただいた方が、かえつて進捗しはせぬかという気がいたします。御承知のように、御答弁をい…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1951/03/15、24期)

この法律提出の態度について、大臣にお尋ねしたいと思つたのですが、お見えになりませんから、次官にお尋ねしたいと思います。この法律の目的は「義務教育の無償の理想のより広範囲なる実現への試みとして」とうたつ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1951/03/20、24期)

最初に、総括的なことでお尋ねしたいと思います。この宗教法人法案の提出に至りました径路を考えてみますと、現在行われておりまする宗教法人令に、十分に満足ができない情勢から、こうなつたと思うのであります。先…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1951/03/22、24期)

前回に引続き、宗教法人法案についてお尋ねをいたします。この法律の條項に直接関係したことを、お尋ねしたいのでありますが、この法律の持つておりまする理念、影響、結果等の見通し等については、主として大臣のお…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第15号(1951/03/23、24期)

法律の建前の問題について、重要な点は、大臣からのお答えを伺い、その他の点は、政府委員においてお答えをいただいてけつこうであります。初めにお尋ねしたいと思つておりますことは、当然のことのようであります…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1951/03/24、24期)

このたび内閣から提出されました宗教法人法案に対し、私は国民民主党を代表して、警告を付して賛成の意を表したいと思います。本法案は、昭和二十年十二月二十八日に公布せられた現行の宗教法人令に比しては、一歩…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第22号(1951/03/31、24期)

この法案が議員提出であります意味で、大臣にお尋ね申し上げることは、そのことを了解してのお尋ねでありますから、あらかじめお含みを願います。この法律を出すにあたりまして、法のねらいとしておりまするのは、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第31号(1951/06/01、24期)

今のことは、なお予算にも関係があるから、なお研究したいという当局の意見を私は妥当だと思いますので、保留にしておいたらどうですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1951/08/17、24期)

関連事項で――ただいま圓谷君から発言いたされました新制中学の三年を二年にするやのうわさ、あるいはまたそれの論議のありますことは、私ども実は非常に心を痛めている次第であります。御承知おきの通り、私どもが…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1951/08/21、24期)

実は、私は文部当局とあわせて、同じ問題を両方の角度からお尋ねしたいと思いますので、この際次官にも御出席を願つてお答え願いたいと思います。私どもは、昭和二十六年度の補正予算の要求案の大綱というものと、…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1951/11/20、24期)

参考人の方にお尋ねしたいのですが、これは先ほど鹿野委員からお尋ねのあつたことに対して、成田参考人が答えられたことに、多少関係を持つようでもありますけれども、やはり私どもは基本的な考え方をきめたいから、…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第8号(1951/10/24、24期)

問題を集約して簡潔にお尋ねしたいと思います。両條約が本委員会の議に上りまして、質疑応答がかわされたのでありますが、日米安全保障條約については、その審議を進める上に大きな支障を来しておる現状でございま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1952/02/22、24期)

ただいま若林委員から重要な諸案件についての御発言があり、またこれに対するお答えもあつたのでありますが、最後に総括的な問題として、きようのこの委員会一つの問題を投げかけるというような意味の表現のもとにお…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1952/03/12、24期)

この私立学校振興会の法案が出まして、私たち日本の教育を担当しておる者は、私学の振興に関して、こういうことが実現することを、多年希望して参つたのでありまするが、いよいよこれが発足するにあたりまして、その…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1952/03/14、24期)

ただいま本委員会の議に付されておりますこの私立学校振興会法案に対しまして、私は改進党を代表して、附帯三条項を提唱せる若林委員の発言に同意しつつ賛成の意を表したいと思います。私立学校のわが国教育におけ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1952/12/03、25期)

せつかくの機会でありますから、一、二お尋ねしたいと思います。問題は簡単でありますが、むしろ根本的なことでもあるかと思います。それは恩給という制度、あるいは言葉、それが民主主義の根本に立つた憲法――先ほ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1952/12/22、25期)

実はただいまの委員長のお話で、お気持はわかつたのでありますが、重ねて委員長にお尋ねしておきたいと思いますことは、この栄典制度の問題は、現内閣ばかりでなくて、その以前から、これは重大な問題として、ずいぶ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1952/12/24、25期)

戦後この栄典を授与せられました、また現在授与しておりまする実情のごく概略を事務当局の係の方から御説明を願います。第十五特別国会開会以来、種々の問題もありましたが、委員各位の御協力によりまして、内閣委…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1953/02/20、25期)

最初に官房長官にお尋ねしたいのです。この栄典制度の旧憲法下における考え方と新憲法下における考え方との根本的の相違があると私どもは思うのですが、その根本の違いを概略どういう考えでこの新しい法案に盛り込ん…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1953/03/05、25期)

これは関連質問に対する関連質問じやないので、松本君の質問に対する質問ですから……。双方で話が大分深刻になつておるようでありますが、これは教員の政治活動の不正に大きな関係を持つ。地方公務員から国家公務員…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12