池田正之輔衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  24期(1949/01/23〜)  159回出席(うち幹部出席 95回)   16回発言   22394文字発言
  25期(1952/10/01〜)   14回出席(うち幹部出席 12回)    4回発言    5886文字発言
  26期(1953/04/19〜)   64回出席(うち幹部出席 35回)   20回発言   31955文字発言
  27期(1955/02/27〜)   20回出席(うち幹部出席  5回)    1回発言    3362文字発言
  28期(1958/05/22〜)   65回出席(うち幹部出席  1回)    1回発言     312文字発言
  29期(1960/11/20〜)   34回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  30期(1963/11/21〜)   10回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  31期(1967/01/29〜)   30回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言    8362文字発言
  32期(1969/12/27〜)   17回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言

    衆議院在籍時通算    413回出席(うち幹部出席148回)   44回発言   72271文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  101回出席  14回発言 外務委員会
 2位   97回出席   5回発言 予算委員会
 3位   38回出席   1回発言 郵政委員会
 4位   33回出席   9回発言 内閣委員会
 5位   32回出席   1回発言 日米安全保障条約等特別委員会
 6位   25回出席   2回発言 決算委員会
 7位   15回出席   2回発言 考査特別委員会
 8位   12回出席   6回発言 議院運営委員会
 9位   10回出席   0回発言 科学技術振興対策特別委員会
10位    9回出席   1回発言 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
11位    8回出席   0回発言 人事委員会
12位    6回出席   0回発言 貿易振興に関する調査特別委員会
12位    6回出席   1回発言 石炭対策特別委員会
14位    5回出席   0回発言 電気通信委員会
14位    5回出席   1回発言 法務委員会
16位    4回出席   0回発言 選挙法改正に関する特別委員会
17位    3回出席   0回発言 文教委員会
17位    3回出席   1回発言 選挙法改正に関する調査特別委員会
19位    1回出席   0回発言 地方行政委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

郵政委員会委員長(第8回国会)
内閣委員会委員長(第35回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

考査特別委員会理事(第5回国会)
内閣委員会理事(第5回国会)
予算委員会理事(第5回国会)
外務委員会理事(第15回国会)
議院運営委員会理事(第16回国会)
貿易振興に関する調査特別委員会理事(第22回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 考査特別委員会 第5号(1949/05/17、24期)

地方事務所に渡したというのは、相手がわかりませんね。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 考査特別委員会 第11号(1949/06/25、24期)

今の動議は一面もつともであるようでもある。ところがこれは一人の証言によつてどうこうとわれわれがここで決することは早計である。神山君が指摘されるごとく、特定の人によつてこれを利用されるようなにおいがしな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1949/03/24、24期)

今の専門員のお話で、大体われわれ参考にして行けると思いますが、その中で各省の共管事項というのがありました。これは今直接に、早急に必要な問題で、できればなるべく早く頂戴できればありがたいと思います。これ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1949/04/11、24期)

労組だけですか。次に出版関係の用紙割当の事情を申し上げますと、昭和二十三年度中に用紙を割当てた書籍は初版約二万点であります。また重版が六千点、雜誌が千七百種類ございました。その用紙量は書籍のために二…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1949/04/22、24期)

これは官房長官になるかどなたになるか、総理廳の中の出版用紙割当事務廳、この問題ですが、今の用紙割当の制度を見ますと、委員会があつて事務局は何の権限もなくて、委員会が自由にやつておる、そしてその責任は内…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1949/05/13、24期)

総理府設置法案に対して、民主自由党から修正案を提出いたします。修正の要点は速記録にとどめることにして、皆さんの御了承を願つておるはずだと思いますから、説明を省略したいと思います。――――――――――…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1949/05/14、24期)

私は民主自由党を代表いたしまして、この農林省設置法案に対する修正の動議を提出いたしたいと思います。修正の内容についてはこの問題の話合いで大体御了解を得ておりますから、速記にとどめることにいたします。…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1949/05/16、24期)

私は民主自由党を代表いたしまして修正の動議を提出いたします。修正の内容につきましては、おそらくお手元に配付してありますから、速記にとどめまして御了承願います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1949/05/17、24期)

私は民主自由党を代表して本案に賛成の意を表します。これより採決に入ります。両案に賛成の方の御起立を願います。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1949/05/18、24期)

私は民主自由通を代表いたしまして、修正の動議を提出いたします。内容についてはお手元にすでに配付してありますから、速記にとどめておいていただきたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第29号(1949/10/24、24期)

これは速記録にとどめることにして御了承を願います。次に南方班の報告は小川原からすることにいたします。皆様にお諮りいたしますが、ただいま池田君のおつしやられました通りに、これも記録にとどめることを御承…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1949/11/26、24期)

親鸞需給調節特別会計の債務支拂い財源充当のための一般会計より五十四億七千万円繰入れの可否に関する小委員会経過報告をいたします。予算委員会の決議により、右件に関する小委員会を昭和二十四年十一月十九日以…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1949/12/13、24期)

ちよつとお尋ねしますが、そうすると、今の栗山君の言われるような点も、一切讓歩できない、こういうことですか。もう一つは新聞協会と私どもと一度ひざつき合せて意見の交換をする。そうしてお互いに選挙を正しく…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1950/02/20、24期)

予算第四分科会に付議されました農林省及び通商産業省及び通商産業省所管の昭和二十五年度一般会計、特別会計及び政府関係機関予算審議の経過を御報告申し上げます。第四分科会は二月十七日、十八日の二日間にわた…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 郵政委員会 第3号(1951/02/23、24期)

郵政委員会は郵政関係の法律案や、必要があれば予算案にも当然これは干渉しなければならぬのですが、先般の郵政事業特別会計の歳入不足を補てんするための一般会計からする繰入金に関する法律案なんかは、郵政委員会…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第3号(1951/10/18、24期)

私どもは昭和二十年の八月十四日すなわちポツダム宣言を受諾いたしました。そうして九月二日降伏文書に調印して以来満六年有半の間、無篠件降伏に伴うところの諸原則とその義務を厳粛に履行し、平和回復の日の一日も…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1952/12/24、25期)

さつきの法務大臣のお話を聞いていると、鹿地君を講和条約発効後にアメリカ軍がこれを無通告で押えておつたということは不法である。この点ははつきりしているのだけれども、これは文句なしに不法であるということを…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1953/02/21、25期)

今の問題に関連してお尋ねいたしてみたいのですが、この間の北海道の問題で、あれを最初発表したのは極東空軍ですか。それから発表の形式、時間関係をちよつと承りたいと思います。それから発表のことでございます…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1953/02/25、25期)

さつき安東君から特派大使の問題が出たのですが、どうもはつきりしない点がありますので、簡単にひとつお伺いいたします。特派大使を出す場合には、一体何か使命があるのじやないかと思われるのですが、従来の外務省…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1953/03/04、25期)

今安東君からも指摘されましたが、帆足君に対する外務大臣の答弁は非常に重大なことであります。これについて時間もないようだから多くは論じません。ただ一点足並をそろえる、これが私はポイントではないかと思う。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

外務大臣と保安庁長官の二人です。そこでまず私ここで伺いたいことは、日本が独立国になつたとは申しながら、まだまだいろいろ主権が回復しておらない面がございます。その一つに日米行政協定がありまして、この中…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/06/17、26期)

議事進行について。きよう私がここへ来て意外に感じたことは、この外務委員会というものは、今度の議会においても、現段階において一番大事な委員会なんです。それなのに、この間はしなくも下田局長は事務的な答弁を…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/06/20、26期)

関連して。ただいまの並木君のMSAに関する質問に対しても、また先ほど午前中の戸叫さんの質問に対しても、あるいは本会議においても、外務大臣は、政府はまだ何も折衝をしていないからわからないということで逃げ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1953/07/01、26期)

この際外務大臣に二、三お尋ねしておきたい思うのですが、政府はMSAの援助については今まで何ら折衝しておらぬということを繰返して言つて来た。しかるに突如としてその返事が二十四時間以内に届いた。これはわれ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1953/07/10、26期)

今の上林君のお尋ねに関連してまず伺つておきたいと思うのです。今までの補償はつまり立木の中間補償ということになつておる。それからそのほかの、たとえば肥料あるいは山菜、私の持つている資料によりますと、その…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1953/07/25、26期)

この機会に簡単に有田さんの質問に関連してお尋ねいたします。今の外務大臣の御答弁を聞いておるとわからないのですが、ただいまのものではいけない、一体どの程度ならよいか。あなたも数字ははつきり言えないでし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1953/07/29、26期)

緊急動議を提出いたします。もう時間もおそいし、この程度で十分皆さん御論議なさつたようですから、質問を打切つて、めんどうくさいから、このままただちに採決した方がいいと思います。採決の動議を提出いたしま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

本条約に対しまして、私は自由党分党派を代表して残念ながら賛成をいたします。まず第一点は、ただいまも指摘されたように、吉田内閣は本年の四月にこの条約を締結した。しかし吉田内閣は三月十四日に大多数の不信…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

まず私は外務大臣に、先ほど同僚の帆足君からお尋ねした中共行きの旅券の問題について伺います。この問題はむしろ具体的に、この委員会の席上でなしに、話合いをした方がいいと私も考えておつたのでありますが、たま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/05/25、26期)

予算の審議期間の問題ですが、さつき椎熊君から、新しく選出された方々の審議権の問題について申されましたが、私はまた違つた角度から考えてみたい。それは同じ吉田内閣が、官房長官も言つておるように、予算はあま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/05/27、26期)

私の方も、明後日の本会議で原則としてやる、どれとどれをやるということは別として、原則としてやるということで、全体のとりまとめは明後日の議運で決定いたしたい。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1953/05/29、26期)

私の方も賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1953/06/17、26期)

私の方は、これを見ることはよいと思いますが、その時期と方法において当を得ていないから、そういう意味で反対です。留一春一言われわれの方は、今度の保安隊の演習というものは、今までの演習と実質的に違う。きの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1953/06/18、26期)

私の方は、原則として一応本会議でやるべきであるという建前を堅持しておる。根本精神としてはそうあるべきで、それを曲げるべきでない。あくまでもわれわれ今後の議会運営については……。もう論議も尽きておると…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1953/06/25、26期)

ただいまの件でございますが、まず最初に宿舎の問題から申し上げます。宿舎の問題につきましては、この前の理事会でしたか、小委員会でしたかで、東京に家を持つて実際にいらない人が使つておるという話が出まして、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1953/07/03、26期)

先ほど来の川崎委員その他の委員諸君と政府閣僚との間の質疑応答を聞いておりますと失言だらけで、これはこのままで行くとどこまで行つてもはてしがない。そうしてこの問題につきましては、われわれとしては先般来の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1953/07/08、26期)

木村長官にまずお伺いしたいのでありますが、同僚諸君からいろいろ御論議がありましたので、私は簡潔に二、三の点についてお尋ねいたします。まず最初にきわめて素朴な質問でありますけれども、先ほど同僚諸君から…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1954/02/15、26期)

私から一点だけお尋ねしておきます。先ほど総裁はリベートの問題について、御存じないとか、あるとか、ちよつとはつきりしないようでありましたから、その点に関してあなたが御存じであつたか、知らなかつたか、そこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第49号(1954/09/16、26期)

一言私から小原法相にお尋ねしたいのですが、今同僚諸君からお話がありましたけれども、これにはお答えがなかつたのであります。先ほどあなたは、検察の権威が地に落ちたという問題に対して、さようなことはないとお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第44号(1954/04/24、26期)

時間の制約がありますから、ただいま佐竹君の質問に対しての加藤法務大臣からのお答えの中で、犬養前法務大臣が職を賭して第十四条を発動したというお言葉があつたのでありますが、一体職を賭さなければならなかつた…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1956/02/11、27期)

実は私この委員会ははなはだ不勉強で、たまたま参りまして質問を許していただきましたが、野党の諸君の御同情によりまして簡単に質問をさせていただきます。まず私からお尋ねいたしたいことは、昨年以来のロンドン…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第27号(1960/05/03、28期)

ただいま田中委員より日中問題に関する種々の御質問が継続されておりますが、その間において、わが自由民主党の外交調査会及び日中貿易特別委員会が、中国が今日奴隷制度をもって建設をやっておるというようなことを…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1967/04/27、31期)

私は、予算全般に対する姿勢と申しましょうか、骨格と申しましょうか、そうした問題について若干意見を申し上げ、質問したいと思っております。言うまでもなく、政治の最大の目的は国家の安全と民族の繁栄であり、…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1967/12/22、31期)

関連して。いま大臣が見ていない、これはそういうことがあり得るんだけれども、それは下の者がいけないのです。それは一応ここで決定したものを君は黙って大臣に見せない。内容はわかっておっても、決定したという…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12