国会議員白書トップ参議院議員川上為治>委員会発言一覧(全期間)

川上為治 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

川上為治[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは川上為治参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。川上為治 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

5期(1959/06/02〜)

第32回国会 商工委員会 閉会後第2号(1959/08/10、5期、自由民主党)【議会役職】

○理事(川上為治君) これより商工委員会を開会いたします。  本日の委員会は、まず新聞料金の値上げ問題につきまして質疑を行います。次に、ただいま配付しております西欧諸国における為替及び貿易の自由化の進展について、経済企画庁当局より説明を聴取いたすことにしました。  それでは経済の自立と発展に関する調査を議題といたします。  まず新聞料金の値上げ問題について奥委員より質疑の通告がございますから、この際質疑をお願い申し上げます。
【次の発言】 速記をとめて。
【次の発言】 速記をつけて。
【次の発言】 公取からは、委員の中村清さん、それから事務局長坂根哲夫君、それから審査部長の竹中喜満太君、この三……

第33回国会 決算委員会 第8号(1959/11/19、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は零細企業者の電話の普及の問題についてちょっと御質問申し上げたいのですが、まず、中小企業の振興対策なりあるいは零細企業の振興対策から見まして、電話の普及というのは非常に大事なことだと思うのです。仕入れの問題、あるいは販売の問題、いろいろな点から見まして、零細企業の振興対策としては、電話の普及を一日も早く普及させるということが非常に大事だと思うのですが、さっき午前中大橋総裁の話によりますというと、計画通り電話の普及が非常によく行なわれているという話なんですが、特に中小企業者及び零細企業者の部面においてどういう普及状態になっているのか、最近は特にこうした方面が普及されておるのか、そ……

第33回国会 決算委員会 第12号(1959/11/30、5期、自由民主党)

○川上為治君 相澤委員の御質問に私は関連しておるのですが、やはりその国民金融公庫の貸付につきましては、代理貸しという問題が、いろいろその問題がございますので、面接貸しの方、これをふやすということにどうしてもしなければならぬと思うのです。  三十二年度は七〇%と、そういうことになっておりますけれども、これを少なくとも九〇%とか、あるいは九五%とか――一〇〇%というのは、これはとてもむずかしいと思いますから、少なくとも九〇%、九五%足らずの程度までは、早急に持っていかなければならぬと思うのですが、支所も、現在七十二ヵ所ですけれども、これも、極力やはりふやして、直接貸しをするというふうに持っていくべ……

第33回国会 商工委員会 第2号(1959/11/05、5期、自由民主党)

○川上為治君 年末金融の問題につきまして、大臣の非常な御努力によりまして百億増加ということになりましたことは、まことにこれはけっこうだと思うのですが、その中で商工中金等につきましては短期債券でその資金をまかなうというようなふうに聞いているのですけれども、相当部分を短期債券だというと、これは第四四半期に非常にしわが寄って資金繰り土非常に困ってくるのじゃないかと思うのですが、こういうものは長期債券でまかなうというようにした方がやはり中小企業金融のためにはいいのじゃないかと思うのですが、これはどういうふうにお考えになっているのでしょうか。

第33回国会 商工委員会 第3号(1959/11/12、5期、自由民主党)

○川上為治君 時間がございませんので、私は一点だけ金融問題について御質問したいと思うのですが、この前の委員会におきましても、水害、風水害関係で百五十億、それから年末金融で百億、合計二百五十億の財政投融資を行なうということで、これはまことにけっこうなことだと思うのですが、実はこの前参議院の風水害の委員会で大蔵省の理財局長の話によりますというと、これ以外に水害関係の資金としましては、中小企業金融公庫、商工中金あるいは国民金融公庫の手持ち資金として三十億くらい、日日資金として三十億か四十億くらいそっちの方に回すのだというような話がありまして、そっちの方からもこのくらい金が出るから、水害関係の金融につ……

第33回国会 商工委員会 第6号(1959/12/04、5期、自由民主党)

○川上為治君 ただいま局長の方では、工業組合はまだできていない。工業組合を作らせるようにいろいろ指導しておるという話でありますが、協同組合はこれはできておりますか。
【次の発言】 その協同組合で現在いろいろな指導なりそういうことはやっておりませんか。そうしてまたそれはどの程度やっていて、とてもそれでは不十分だからどうしてもこの際工業組合を作って指導しなければならないということですか。
【次の発言】 私は秋山さんから先ほどお話がありましたように、やはりこういう中小企業者につきましては、工業組合制度なんかを大いに活用して、これを強化してその中小花火の業界の調整をはかっていくということが非常に大事な……

第33回国会 商工委員会 第8号(1959/12/11、5期、自由民主党)

○川上為治君 八百八十二号のガス料金の請願の問題につきましては、現在、いろいろ政府におきましても、検討中であるようでありますから、保留にしたらどうかと思いますが。(「賛成」と呼ぶ者あり)

第33回国会 商工委員会 第10号(1959/12/24、5期、自由民主党)

○川上為治君 請願の趣旨はわかる点もあるのですけれども、この法律は施行しましてからわずかに半年くらいしかたっておりませんし、かつまたこの請願の内容につきましても、いろいろ検討しなければならぬ点もございますので、これは採択というよりも、むしろ保留して、今後もっと研究するということにしておいた方がよくはないでしょうか。(「賛成」と呼ぶ者あり)
【次の発言】 現在競輪の問題とか、あるいはこうした問題につきましては、いろいろ社会的にも、また本委員会においても問題になっておる最中でございますから、請願を採択された方がよくはないかと思いますが、どうでしょうか。(「賛成」と呼ぶ者あり)

第33回国会 風水害対策特別委員会 第4号(1959/11/05、5期、自由民主党)

○川上為治君 中小企業関係の金融機関に対しまして、財政投融資を多額にふやしましたことは、これは非常にけっこうなことなんですが、問題は、この資金を迅速に貸し出すということが、これは一番大事な問題ではないかと思うのでありますけれども、この機関のうちで、特にその中小企業金融公庫につきましては、従来から貸し出しが非常におそくて、貸付も三カ月あるいは長いのになりますと六カ月というような状況にありますし、またその原因としましては、結局人手が非常に足りないとか、あるいはまたこの愛知県とか三重県とか、そうした方面に対しましても、支店が愛知県だけしかないというような状況でありますので、これに対しまして何か特別な……

第34回国会 商工委員会 第5号(1960/02/16、5期、自由民主党)

○川上為治君 去る二月一日午前一時五十分、北海道炭礦汽船株式会社夕張鉱業所第二鉱におきまして発生いたしました爆発災害事故につきまして、参議院商工委員会及び社会労働委員会の決議によりまして、商工委員会からは阿部委員と私、社会労働委員会からは徳永、坂本、村尾の各委員の五人の委員は、二月八日より十日まで三日間北海道に出張いたしまして現地を視察して参りましたので、その御報告を申し上げます。  まず、事故の発生しました夕張炭鉱第二鉱は、製鉄用などのいわゆる原料炭を月算約六万トン生産しておる鉱山で、灰分七・五パーセント、カロリー七千五百と、日本におきましても最も優秀な原料炭を生産しておるところであります。……

第34回国会 商工委員会 第11号(1960/03/02、5期、自由民主党)

○川上為治君 この中小企業信用保険公庫法の改正の問題につきまして、十八億の増資をされて、保証協会にこれを融資するということはまことにけっこうだと思うんですが、こうした場合に、来年度におきましては、保証の料率はどの程度まで下げられるということになりましょうか。実は中小企業に対する金利は、御承知のごとく、非常に高いわけでございます。さらに、これに対しまして、保証料率がかかるということになりますと、ますますこれは金利が高くなるわけなんですが、そういう点からいいましても、保証料率は相当これは切り下げるべく努力しなければならぬと思いますけれども、たしか三十一年度は年利が二分三厘一毛程度になっているのです……

第34回国会 商工委員会 第12号(1960/03/08、5期、自由民主党)

○川上為治君 登録手数料の問題ですけれども、現行法によりますというと、弁理士の登録を受けようとする場合は、登録料として三千円を国家が取る、今度は改正しまして登録料を国家にやはり同じように三千円納めるということになっておりますけれども、登録のいろいろな事務につきましては、今度は弁理士会にやらせるということになっているのですが、弁理士会の方では強制的に何か手数料みたいなものを取り得ることになっているのでしょうか。その点を一つお伺いします。
【次の発言】 そうしますと、何か強制的にそういう手数料を取り得ることになりますか。
【次の発言】 もう一つ。さっき近藤委員からお話があったのですが、この資格の特……

第34回国会 商工委員会 第14号(1960/03/15、5期、自由民主党)

○川上為治君 さっき大臣が、将来この原研の規模としては、職員二千名ぐらい、こういうお話がありましたが、外国のいろいろな例ですね、そういうものと比較しまして、大体まあその程度であれば、適当な研究といいますか、十分な研究ができるだろうというようなことなんでしょうか。その点ちょっと一点お伺いしたい。

第34回国会 商工委員会 第19号(1960/04/05、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連質問。先ほどの説明で、補助金を出したものの成功率ですね。これは六十九鉱に対して、十六鉱というようにまあなっておるのですが、それ以外に、補助金を出さない、一般にやっておるものも相当成功しておるというのですが、それを合わせまして、補助金を出しているもの、出していないもの全部合わせまして成功率というものは、大体どれくらいになっておりますか。それが一点。  それから、そういう成功率というのは、外国の各国と比べて、どういう比較になっておりますか。外国の成功率よりもいいですか。非常に日本においては悪いのですか。その点を、ちょっとお伺いしたいと思います。石油については、外国の、たとえば米国……

第34回国会 商工委員会 第20号(1960/04/07、5期、自由民主党)

○川上為治君 私はこの際、大臣に一点だけ御質問したいと思いますが、それはこの法律を改正しまして、構造性のガスに対しましても助成金を出す、こういうことは非常にけっこうなことだと思うのですが、この前の委員会におきまして私が質問しました、それに対しまして、きよう資料が出ているんですが、外国の状況を見ますというと、こういう助成金政策ももちろんとつていると思うのですが、それ以外に税制の関係から、アメリカにおきましても、フランスにおきましても、いわゆる減耗控除制度というのをこれを実施しているわけであります。この問題につきましては、従来通産省におきましても、あるいは一般の鉱山界におきましても、これは一つの悲……

第34回国会 商工委員会 第23号(1960/04/19、5期、自由民主党)

○川上為治君 この法律案の内容を見てみますというと、一番どうしてもこれは法律にしなければならぬというのは、報告の徴収とか、あるいはその検査とか、こういうのが法律をどうしても制定しなければならぬということで、あとは法律にこういう条文がなくても、それぞれ行政的な措置によってできるのじゃないかというような気がいたすのですが、どうしてもこういうような点について法律事項にしないというと行政的に非常にやりにくいというような点がございますか。その点について一点お伺いしたいと思います。
【次の発言】 この審議会ですね、これはやはり予算の関係から、どうしてもこういう審議会を法律によって作らなければならぬというよ……

第34回国会 商工委員会 第25号(1960/04/26、5期、自由民主党)

○川上為治君 私の、まあ質問しようとしたい点につきましては、椿委員の方から、だいぶ質問がありまして、大体了承したのですが、この流通機構の問題、流通面の問題について、いろいろ先ほどから問題があったようですが、佐久参考人の話では、まあいろいろやつてみても、大体二百十円かあるいは二百円くらいのものだろうと、これも今からいろいろな措置をとつた上で、その程度だろうというようなお話がありましたが、この二百十円とか二百円というのは、消費地におけるいわゆるその千二百円の中に含まつておると思うのですが、その点は、どういうことになっておりますか。これが一点。  それからもう一つは、佐久参考人の話と藤岡参考人の話と……

第34回国会 商工委員会 第27号(1960/04/28、5期、自由民主党)

○川上為治君 私もこの際、参考人の方々に二点御質問をしたいと思うのですが、第一点は、先ほど会議所の高城参考人から、会議所の零細企業対策についてるるお話があったのですが、それに対しまして、どうも会議所というものは、特に大都市においては零細企業対策についてそれほどやっていないというような話も、われわれまま聞いているわけでございますけれども、先ほどお話がありました、たとえば中小企業相談所、この相談所においていろいろ相談に応じたり指導したりされているのですけれども、あの件数の中で、いわゆる会議所の会員でない方々に対する指導なり相談に応ずるなり、そういうような件数が大体そのうちの何割ぐらいを占めておりま……

第34回国会 商工委員会 第28号(1960/05/10、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は、この前の委員会で参考人の意見を聞いたのですが、それは一つはこの商工会の連合会の問題でございますけれども、現在中小企業の団体につきましては、御承知の通り商工組合につきましても全国の中央会がございますし、この中央会に対しましては、商工組合のみならず、協同組合あるいはまた信用組合、こういういろいろな団体が加入しているわけであります。また一面におきましては、この商工会と同様な仕事をするものとしまして商工会議所があるわけであります。この商工会につきましても、衆議院の方におきましては決議をいたしまして、その連合会組織についての促進を要望しているわけでございますが、今申し上げましたように……

第34回国会 商工委員会 第30号(1960/05/12、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は自由民主党を代表いたしまして、衆議院から修正をつけて参りましたこの法律案に対しまして賛成いたします。  ただこの際私も二点だけ希望を申し上げておきたいのでありますが、その一点は、この商工会制度は、これは組織の点からいいまして、やはり零細企業対策としましては画期的な制度ではないかというふうに考えておりますが、こういう制度を活用する場合におきましては、やはり予算がそれに伴っておりませんというと、結局十分な仕事ができません。本年度におきましては、国家予算としましては四億近く、また各県におきましてそれと同じような予算を出すことになりますというと、大体八億ということになりますが、商工会……

第34回国会 商工委員会 第34号(1960/06/17、5期、自由民主党)

○川上為治君 私はこの前のチリ津波の災害に対しまして、かような特別な法律的措置をとられることはまことにけっこうなことだと思うのでありますが、その際の特に中小企業関係の災害の状況はどういうことになっておりますか、それをもう少し御説明願いたいと思います。  それからなお、伊勢湾台風の場合と今回の措置はだいぶ違っているようでございますが、どういう理由から伊勢湾台風の場合と違ったような措置をとられるのでありますか、その点につきましても御説明を願いたいと思います。
【次の発言】 運用によりまして、伊勢湾台風の措置に準じて十分な措置ができるというようなお話でありますので、私も了承いたしますが、どうか一つ具……

第34回国会 商工委員会 第35号(1960/06/21、5期、自由民主党)

○川上為治君 この改正法律案につきましては、今までもう何回かにわたりまして委員会を開きまして、いろいろな質問がありまして、私はもう特別に質問もないのでございますが、この際一つだけ御質問をしておきたいと思うのであります。この石炭鉱業につきまして合理化の必要でありますことは、これは論を待たないことでございまして、私どもとしましては、石油の競合の問題とか、いろいろな点から見まして、一日も早く合理化が完成されるように努力することが大事だと思うのでありますが、しかし、どうも合理化のために離職者が出る。この離職者に対しまして十分な対策が今日までできていないのじゃないか、また政府におきましては、それに対して……

第34回国会 商工委員会 第36号(1960/07/15、5期、自由民主党)

○川上為治君 火薬の爆発の問題につきましては、最近、数回にわたりましてこの事故がありまして、これに対しましては、当委員会においてもいろいろその検討をいたし、また同時に御質問を申し上げ、また決議もいたしておるような状況でございまして、私から特別にこの際質問すべきような点もないのでありますが、この際、一、二この改正法律案につきまして質問をしておきたいと思います。  その第一点は、この法律案によりますというと、第三者の災害、すなわち爆発工場の周辺におきます住民等に対しまする被害につきまして、その補償方法等につきましては取り上げていないのでございますが、その理由並びにこれらに対する対策につきましては、……

第37回国会 商工委員会 第4号(1960/12/21、5期、自由民主党)

○川上為治君 私、一点だけ御質問したいと思うのですが、第二十条の第三号に「開発事業の試験的実施のために必要な資金を貸し付ける工ということになっておりますが、(業務の範囲)のところでですね。第二十一条によりますと、その第二号には「その達成が確実であると認める場合」と、こういうことになっておりますが、どうも試験的な段階におきましては、はたしてその事業が達成されるかどうかわからないというような場合が往々にしてあるんですが、この第二十条の二号と第二十一条の二号の関係はどういうことになっておるのでしょうか。どうもこの辺よくわからない点がありますから、その点を一つ御質問したいと思います。

第37回国会 商工委員会 第5号(1960/12/22、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は、自由民主党を代表いたしまして、本法律案並びにただいま栗山議員から御発言の附帯決議案に対しまして賛成いたします。
【次の発言】 この請願につきましては、この電気料金の値上げの問題というのは、きわめて重大な問題でありまして、慎重に検討をしなきゃならぬと思うんですが、ただこの請願の内容を見ますというと、引き上げについては全然反対だというようなことでございまして、この点については、なお私どもとしましては、上分検討すべきじゃないかというように考えますので、保留とこれはしていただきたいと思います。(「賛成」と呼ぶ者あり)
【次の発言】 私は第六十一号、第百七十四号の請願の内容と、電力料……

第38回国会 議院運営委員会 第18号(1961/03/23、5期、自由民主党)

○委員外議員(川上為治君) 大辻炭鉱坑内火災事故調査のため派遣されました議員団を代表し、調査の概要を御報告いたします。  派遣議員団は、社会労働委員から吉武恵市君、阿部竹松君、相馬助治君、商工委員から阿具根登君、牛田寛君及び私の計六名をもって構成され、三月十八日午後一時空路羽田を出発し、夕刻福岡に着くや、直ちに通産局福岡鉱山保安監督部横田部長外数名より、災害発生の原因並びに現地事情につき詳細な説明を聴取、翌十九日は、降り注ぐ雨をついて現地に向かい、炭鉱事務所において矢野常務等より、また坑口現場において山近臨時技術最高責任者等から、さらに事務所において労働組合幹部から、災害発生の原因、現状並びに……

第38回国会 商工委員会 閉会後第2号(1961/08/01、5期、自由民主党)

○川上為治君 先ほど中田委員の質問に関連しまして、私も一言強く中小企業庁長官に要望しておきたいことがあるわけなんですが、私は中小企業金融というのは、おそらくこの下半期、特に秋ごろにおいては非常に深刻な問題になってくるのじゃないか、そういうふうに考えております。先ほども話がありましたように、金融の引き締めによる影響というのは、いろいろ日銀なり、あるいは大蔵当局なり、あるいは通産省なりが調整をいたしましても、実際その窓口のところでは、しわが寄ってくるのは中小企業関係に相当大きく寄ってきて、大企業に対しては、一応締めたとはいいながら、現実の問題としてはそれほどでなかったというような結果になりはしない……

第38回国会 商工委員会 第9号(1961/03/23、5期、自由民主党)

○川上為治君 今回の改正につきましては、中で融資保険の問題――これは保険公庫の問題なんですが、融資保険というのは、従来の経過から言いますというと、だんだん廃止していくと、ちょうど時期が来たということになると思うのですけれども、この制度を廃止したために、非常に中小企業者の中  で不便に考えるという人がある程度あるのじゃないか。  たとえば七百万円以上どうしても借りたいというような人たち、これはまあ大体、中堅の中小企業ということになってくると思うのですが、そういうような道を閉ざすというようなことになってきやしないだろうかというような気持がいたすのですが、従来の、融資保険に対する漸減の方針を今までと……

第38回国会 商工委員会 第10号(1961/03/28、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連。先ほどの説明で、融資保険を廃止して、そのかわりに保証保険の付保限度を三百万円を七百万円まで上げる、そうすると大体、融資保険を廃止してもカバーできるんじゃないかというような、そういうお話がありましたが、保証協会の非常に強力な、強い協会は別にしまして、非常に弱小なものについては、たとえ行政指導をやりましても、三百万円というのを七百万円まで引き上げるということは、そう早急にできるかどうか、その点に、私は非常に疑問を持っておるんです。  というのは、保証して、それを保険にかけましても填補率というのが七〇%とか八〇%というようなことになりますから、勢い大きな額のものについては、なかな……

第38回国会 商工委員会 第11号(1961/03/29、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま近藤委員の提案の付帯決議案に対しましては、まことにもっともなことだと思いますので賛成いたします。

第38回国会 商工委員会 第13号(1961/03/31、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は、自由民主党を代表いたしまして、この法案に賛成をいたします。
【次の発言】 私は自由民主党を代表いたしましてこの法律案に賛成をいたします。

第38回国会 商工委員会 第17号(1961/04/13、5期、自由民主党)

○川上為治君 私も自由民主党を代表いたしまして、この法律案の成立に賛成をいたします。

第38回国会 商工委員会 第27号(1961/05/30、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連して。今の問題に関連しまして、金沢先生にちょっと御質問をしたいのですが、この問題、一柳さんの方からもいろいろさっきお話がありましたように、どうも、損害補償の対象の範囲というのが非常に狭いじゃないか、もっとこれは広げるべきではないか、たとえば今の問題になりましたこの施設の従業員については、これは一般の労災でいって、そうしてこの法律の対象になっていない。第三者に対しては、この法律の対象になっていて厚く補償をするというような建前になっているとか。あるいはまた原子炉以外のものについては、これはこの法律では問題にしていない。ところがそっちの方の危険というのも相当あるのだ、だからそっちの……

第38回国会 商工委員会 第28号(1961/06/02、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連して、今のお話で大企業である百貨店であるとか、あるいは大メーカー、これはよくわかるのですが、ここに書いてある指定商品の製造業者ということになりますと、製造業者の中には、大企業もあれば中小企業もあるのですが、この中小企業の方は、中小商業者と同じような関係なんでございますから、これまで規制するというのは、ちょっとよくわからないのですが、そこは、どういうわけですか、中小メーカーについては、大体そういうあれはないということですか、それとも、中小企業メーカーまで加えてあるのは、何か特別の理由があるのですか。
【次の発言】 そうしますと、何かこの審議会で、そういう審議をするときの基準とし……

第38回国会 商工委員会 第29号(1961/06/07、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は自由民主党を代表いたしまして、衆議院の修正を含めて、本法案に賛成いたします。
【次の発言】 本国会も、会期ももう少なくなっておりますし、また審議を要する議案も多数残っておりますので、請願の審査につきまして、理事会において十分御検討願い、その結果を委員会に御報告をいただいた上で、委員会において審議することとしたらどうかと思うのですが、いかがでしょうか。

第39回国会 商工委員会 第5号(1961/10/24、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は自由民主党を代表いたしまして、この両案につきましてはやむを得ないものだと考えますので、この案に対しまして賛成をいたします。

第39回国会 商工委員会 第8号(1961/10/31、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は現在の石炭の事情にかんがみまして、石炭対策につきましては、従来から政府におきましてはいろいろ対策を講じておりますけれども、この際やはり強力な政策を実行する必要があるのじゃないかと考えますので、ただいま提案になりました吉田委員の案に対しまして賛成をいたします。
【次の発言】 モリブデンとかタングステン、こういうような非鉄金属あるいは国内の石油資源あるいは天然ガス、こういうようなものは、これは近く貿易の自由化を控えて非常に苦しい状況になりつつございます。私どもとしましては、国内資源の開発というのは、何と申しましても一番大事な問題の一つではないかと考えますので、ただいま中田委員から……

第40回国会 商工委員会 第5号(1962/02/20、5期、自由民主党)

○川上為治君 北海道班から御報告申し上げます。  派遣委員は当初、阿部、牛田両委員と私の三名が予定されていましたが、牛田委員は御病気のため参加されませんでした。  日程は、十二日に札幌に集合し、十三日札幌通産局において、通産局、石炭合理化事業団、雇用促進事業団、道及び道議会からそれぞれ石炭関係の概況説明を聴取した後、記者会見を行ない、次いで石炭業界、労働組合、産炭地市町村との懇談会を開催し、十四日より現地視察を行ないました。  視察個所は、代表的な産炭地火力である北海道電力滝川火力発電所、次に住友赤平炭鉱で坑内に入って採炭現場を視察し、さらに北炭夕張炭鉱、北菱産業鹿島炭鉱で水力輸送などを見て参……

第40回国会 商工委員会 第6号(1962/02/22、5期、自由民主党)

○川上為治君 この綿製品の賦課金問題は非常に重大な問題でございまして、私どもとしましては非常な関心を持っておるわけでございますが、この際、米国政府の反省を強く要望するという意味合いにおきまして、この委員会におきまして決議をしていただきたいと思います。  案文を朗読いたします。    米国の綿製品輸入賦課金問題に関する決議案   現在米国関税委員会で問題とされている綿製品輸入賦課金については、同国が貿易の自由化を強く提唱推進している建前からして、すこぶる遺憾とするところである。もしこれが実現すれば、わが国の対米綿製品輸出に重大なる影響を与え、関連産業とこれに従事する多数労働者に大なる不安と動揺を……

第40回国会 商工委員会 第7号(1962/02/27、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は先般この委員会から派遣を受けまして、夕張地区及び北海道の諸炭鉱の調査をして参ったのですが、その際、夕張地区におきまして一つの特別な問題を聞いたわけであります。  それは石炭対策というのは、単に通産省とか、あるいは石炭局、こういうところの問題ではなくて、総合的に政府の各機関がこれに協力して強力にこれを進めるということにしなければ、とうてい石炭対策の実効をあげることができない、こういうふうに考えるのですが、夕張地区で聞きましたのは、従来膨大な地域にわたりまして林野庁当局が土地を夕張炭鉱に貸しておる。これを単に夕張炭鉱だけではなくて、その他の地域におきましても相当広く山林地を貸して……

第40回国会 商工委員会 第24号(1962/04/19、5期、自由民主党)

○川上為治君 この問題は、昨年のたしか十二月ごろに閣議決定で、石炭については併算制を通算制に持って行くようにするということになっておるはずです。私はそのあとの委員会において通産大臣に、その点を申し上げましたところが、まあ閣議の決定は、ようにするという努力をするというような書き方になっておるというお話になっておるのですけれども、私は少なくとも閣議決定された以上は、そういうふうに持って行く、すみやかにこれが実現について努力をする、こういう意味だろうと私は解釈していたのですが、もうすでに相当の日子がたって、なかなか話がつかないというのは、どうも私にはよくわからないのです。だから私は、これはいつこの問……

第40回国会 商工委員会 第25号(1962/04/24、5期、自由民主党)

○川上為治君 私はこの前国鉄あるいは運輸省に対しまして質問をしたのですが、きょうもう一ぺん御質問したいのですが、十二月の初めの閣議決定で、通算制の問題についてははっきり決定をみておるわけですね。先ほどからいろいろ答弁のあったそういう問題については、たとえばこれは法律的に見てあるいは理論的に見ておかしいかどうか、おかしくないかという問題とか、あるいはその国鉄の非常な損失が起きる補償の問題とか、そういうような問題については、これは十分討議した上で、私は閣議決定があったと思うのです。また閣議決定というのは、そういうことをやって初めて閣議決定されるべきものだと思うのです。ところがそれ以来、半年近くなっ……

第40回国会 商工委員会 第26号(1962/04/25、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連して。今、古田さんの質問に開運をして三村さんにちょっとお聞きしたいのですが、先ほどから買収機構の問題についていろいろお話がありましたし、また三村会長のほうからは、国策的な特殊法人の原油買収機構を作ってもらいたい、こういうお話がありましたが、何か具体的な構想がおありなんですか。その点をちょっとお伺いしたいと思うのですが、私もこの問題についてはいろいろ研究をしておるわけなんです。特に石油政策については、この石油業法だけではたして今後うまく石油業の問題、あるいは石炭との関係、あるいは国産原油の問題、いろいろな問題を乗り切っていけるかどうかは非常に疑問に実は思っておるわけで、ほかに大……

第40回国会 商工委員会 第27号(1962/04/26、5期、自由民主党)

○川上為治君 ちょうどいい機会でありますから、二、三中小企業庁の長官に要望しておきたいと思うのですが、私は予算委員会で大蔵省にこれは強く要望し、また質問をしようと思っていたのですが、いろいろな審議会ですね、たとえば資金審議会とかあるいは金融制度調査会とか、あるいは日銀の政策委員会とか、こうした方面に、中小企業の代表者といいますか、中小企業問題について非常に明るい、いわゆる学識経験者というような人が入ってない。日銀の政策委員を見ましても、全然そういう人は入ってない。大企業の代表とかあるいは農林関係の代表とか、そういうような人は日銀の政策委員に入っておりますけれども、現在のところは、中小関係の代表……

第40回国会 商工委員会 第28号(1962/04/27、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連して、私もこの問題は非常に実は心配しておるのですが、今審議しておりますこの法律は、これは単に消費者の利益というだけではなくて、誇大広告なんかできない、中小企業者の擁護という面から言いましても、私はどうしても、こういう法律が要るのだというふうに考えて、いやしくも法律が通った以上は、これが十分実行できるようにしてもらわなければならぬと思うのです。また、先ほどこの委員会で通過をみました下請代金支払遅延防止法の改正の問題にいたしましても、従来はどちらかといえば、ざる法に、私は率直に言いまして、近いと思います。ところが、相当今度は目をふさいで、空気は少し漏れるかもしれませんが、水はほと……

第40回国会 商工委員会 第30号(1962/05/07、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は、衆議院で修正されました点について、二点、念のためお聞きしてみたいと思います。  第一点は、これは第九条の問題ですが、この商店街振興組合を作ります場合に、最初の案としましては、一般の小売商業だけではなくて、商業全般について商店街組合ができると、こういうことになっておりまして、この第九条の、「二分の一以上が小売商業」と、こういうような文句ではなくて、たしか三分の二以上が商業と、こういうことになっていたと思うのですが、そうなりますというと、八条によりまして、もちろん、卸売業者のほうも商店街の組合に参加し得るのでございますけれども、第九条の修正によりまして、卸売業者の密集している地……


6期(1962/07/01〜)

第41回国会 エネルギー対策特別委員会 第2号(1962/08/24、6期、自由民主党)

○川上為治君 私はこの石炭問題あるいはエネルギー全体の問題について、これからいろいろ質問を申し上げたい点がございますが、きょうは一点だけちょっと質問と特に要望を申し上げておきたいと思います。  先ほど石炭局長からいろいろ説明がありましたが、私はどうしても、ふに落ちない問題が一つあるわけなんです。これはこの資料の十六ページの一番最後のところに、石炭運賃のいわゆる国鉄私鉄の通算制問題、これはここにも早急に解決する必要がある、運輸省と協議してと、こうありますが、これは八月の十六日の資料でございますが、この問題については昨年の十二月の一日に閣議決定されておりまして、しかもその閣議決定を見ますというと、……

第41回国会 エネルギー対策特別委員会 第3号(1962/08/29、6期、自由民主党)

○川上為治君 私、一点質問をしておきたいと思うのですがこれは先ほど鉱山局長から原油の貿易の自由化の問題について答弁がありました中で、私は局長の答弁についてこういうふうに了解をしたのですが、そういうことですかどうですか、その点を一言聞いておきたいのですが、十月から原油の貿易の自由化は実行する、これは一つですね。それから、それに対するいろいろな問題の対策等については大体その貿易の自由化をやりましても、そんなに原油をめちゃくち中に石油業界のほうで入れることはないだろう、売れないものをそんなに入れるということはないだろう、まためちゃくちゃに安売りしても、それは損をするのですから、そうめちゃくちゃに入れ……

第41回国会 商工委員会 第2号(1962/08/23、6期、自由民主党)

○川上為治君 私はあまりこまかい質問は申し上げませんが、ただ非鉄金属なり鉱物資源の問題については、非常に関心を持ち、これはほんとうに真剣に対策を講じていただきたい、こう思うのです。というのは、転換という問題になりますと、普通の工場とは非常に違った状態にあると思います。普通の工場の、今まで何か作っておりまして、そして今度はほかのほうに転換するというのと違って、山がいよいよほかのほうに転換するということになりますと、従業員の問題だけではなくて、山そのものをほかに転換するということはできませんから、非常にむずかしい問題が私はあると思うのです。でありますから、石炭についてはいろいろ今日までやっておりま……

第41回国会 商工委員会 第3号(1962/08/30、6期、自由民主党)

○川上為治君 私も、今小林先生、あるいは中田先生から話したことについて同じような感じを持っているのです。今課長からいろいろ弁解がましい答弁がありましたが、実際はそうじゃないですよ。実際はそうじゃない。あなたのほうでいろいろ指導されている、こう言っておりますけれども、はたして銀行なりその他の金融機関がそのとおり守っておるかどうか、はなはだ疑問ですよ。ほとんど守っていないと言っても差しつかえない。私のところにも具体的にいろいろなケースを持ち込んできます。こんなにひどい目にあったのかと私どもが思うくらい、そういう歩積み、両建てをやらしておりますよ。でありますから私が聞きたいのは、今までいろいろ指導し……

第43回国会 商工委員会 第16号(1963/03/26、6期、自由民主党)

○川上為治君 大臣にこの事業団の事業の点で一点お伺いしておきたい。それは、この事業団を見ますというと、これは融資だけの機関であるということになっておりますね。私どもといたしましては、単に融資だけではなくて、この事業団が直接探鉱する、あるいは調査をするということが非常に必要なことじゃないだろうかというようなことを考えるわけなのです。というのは、今通産省においても試験所なんかを通しまして直接調査をしたりしているのですが、非常にこれは小規模な、きわめて何といいますか、企業的なものではないわけですね。業者のほうでも探鉱する場合にはいわゆる探鉱助成金というのももちろんありますけれども、これも予算的に見ま……

第43回国会 商工委員会 第28号(1963/06/04、6期、自由民主党)

○川上為治君 私は、自由民主党を代表いたしまして、中小企業の現状にかんがみまして、この法案の成立に賛成をいたします。

第43回国会 商工委員会 第31号(1963/06/13、6期、自由民主党)

○川上為治君 硫安工業につきましては、御承知のとおり、各種化学工業の基礎としましてあるいはまた輸出産業としまして、きわめて重要な産業でございますが、わが国の現在の硫安工業は諸般の事情から非常に苦しい経理状況にあるわけであります。これが再建をはかるためには、本法案を成立させることがきわめて緊急を要するものと思いますので、私は自由民主党を代表いたしまして、本法案の制定に賛成の意を表します。

第43回国会 商工委員会 第32号(1963/06/18、6期、自由民主党)

○川上為治君 私はきわめて簡単に二、三の問題についてこの法律案の内容について御質問を申し上げたいと思います。  第一点は、現在の金属鉱山の状況から見まして、かような法律を作るということは、これは非常に重要なことだと私も考えておりますけれども、どうも内容を見ますというと、はたしてこれで実効が十分上がるかどうか、その点をまあ非常に心配をしておるわけであります。  この内容におきましては、今局長から話がありましたように、取りきめの問題、それから勧告の問題、こういう問題が一番重要な内容を示しているのですが、この取りきめについてどの程度の拘束力があるのか。また、それに対して勧告する場合においては、ただ勧……

第43回国会 商工委員会 第35号(1963/06/26、6期、自由民主党)

○川上為治君 時間がありませんので、私は一点、磯部先生にちょっとお伺いしたいと思いますが、これは中小企業基本法の制定審議の基本的な問題に実はなってくると思うのですが、ある大学の先生のお話を聞きますと、名前は別に申し上げませんが、今後の中小企業問題として一番大きな問題は、やはり流通機構の革命、これは何といいましても一番日本においては大きな問題であります。生産者についてはさほど革命的なことは起きないだろう、しかし流通機構についてはもうすぐ大きな革命が起こってくるような話を盛んにされ、また同時に本にも書いてあるわけなんです。これに対しまして全国の流通関係の人たちは非常に脅威を受けまして、心配をいたし……

第43回国会 商工委員会 第36号(1963/06/27、6期、自由民主党)

○川上為治君 ちょっと今の問題に関連して。今の二十条の発注問題に関連しまして、二点ちょっと質問を申し上げたいと思います。  第一点は、この条文の中に、たとえば国有林の払い下げとか澱粉の払い下げとか、そういうような払い下げについても、こういう機会を増大するというような、そういう機会を与えてくれるのかくれないのか、この中に入っておるのか入っていないのか、その点をお聞きしたいと思います。
【次の発言】 私は、やはりそういう問題についても、中小企業者に対しまして極力機会を与えるような措置をとってもらいたい。この条文の中にはそういうことは書いてなくても、これは、これと同じような問題だと思いますから、特に……

第43回国会 予算委員会 第19号(1963/03/29、6期、自由民主党)

○川上為治君 私は、自由民主党を代表いたしまして、昭和三十八年度予算三案に対しまして賛成の意を表明せんとするものであります。  景気の過熱による国際収支の悪化を救うために、一昨年秋、政府がとりました金融引き締め政策は、その後予想どおりの効果をおさめましたが、引き締めが解除されましてから、すでに五カ月を経過しております。そして、今や経済界には、景気早期回復の期待感すら強まっておるのであります。このような時期において、財政に期待されるところは、いわゆるなべ底の状態から景気を上向きに転ぜしめるための浮揚力をつけることであります。ことに、経済白書も指摘しておりますように、わが国の経済は、いわゆる転型期……

第46回国会 内閣委員会 第42号(1964/06/25、6期、自由民主党)【政府役職】

○政府委員(川上為治君) ただいま伊藤さんからお話がありました点は、私もその点については非常に苦心をしておるところでありまして、この仕事が非常に重要であり、また、一般の民間の人たちからももっとこれは強化してもらいたいという声もだいぶかかっておるのであります。私どもとしましては、行管からまっ先に人員をふやすということはなかなかむずかしい問題もございますので、極力現在の定員をやりくりいたしまして、つとめて苦情相談のほうの仕事をしてもらうような努力をし、同時にまた、能率を極力あげるような措置をとりまして、いまのところはみんなの要望に対しましてこたえつつあるわけでございます。


8期(1968/07/07〜)

第61回国会 災害対策特別委員会 第9号(1969/07/09、8期、自由民主党)

○川上為治君 私はこの七月の四日に当委員会の視察団と同行しまして、鹿児島県を視察してまいったのでありますが、その惨状につきましては、全く同情を禁じ得ないものがあります。いろいろな問題につきまして御質問申し上げたいと思ったのでありますけれども、鶴園委員あるいは谷口委員等からいろいろと質問がありましたので、ダブリますから簡単に二、三の問題について御意見をまた承りたいと思います。  第一は、川内市の排水の問題でありますが、排水設備がない場合と、排水設備がある場合とは雲泥の差であります。ですから、すみやかに排水設備を、ないところはつくってもらいたいと思います。これは大蔵省はどういうお考えでありますか。……

第61回国会 商工委員会 第18号(1969/07/10、8期、自由民主党)

○川上為治君 私は、この法律案につきましては非常に重大に考えておるのですが、以下四、五点くらいの問題につきまして質問します。  まず人員の問題でありますが、特許庁の人員の増加の状況を説明していただきたい。
【次の発言】 そういう人員の増加につきまして努力のあとは認めるのですが、もっと大ぜい増員を要求したいのです。これは特許の滞貨は大体五年分ぐらいある、これを処理するには人員を増加する以外になかなか手はないと思います。ですからこの特許庁の人員増加について、政務次官はどういうふうにお考えですか。
【次の発言】 滞貨のふえる状況と人員の増加のバランスですね、それはどういうふうになっていますか。特許庁……

第61回国会 商工委員会 第21号(1969/07/24、8期、自由民主党)

○川上為治君 特許の請求が非常に多いんですが、これを根本的に早く解決する方法はどういうことをすればいいんですか。

第61回国会 石炭対策特別委員会 第1号(1968/12/27、8期、自由民主党)

○川上為治君 私は委員長に阿具根登君を推選することの動議を提出します。

第61回国会 石炭対策特別委員会 第11号(1969/04/24、8期、自由民主党)

○川上為治君 私は自由民主党を代表いたしまして、この石炭関係二法案に対しまして賛成の意を表します。  なお、この際、かってない膨大な予算をもちましてやるのでありますから、労使協調しまして、この石炭鉱業の再建に邁進されるよう御指導あらんことを政府に特に要望しておきます。

第61回国会 石炭対策特別委員会 第13号(1969/06/06、8期、自由民主党)

○川上為治君 委員長の選任につきましては、投票の方法によらないで、委員長に松井誠君を推選することの動議を提出いたします。

第61回国会 石炭対策特別委員会 第14号(1969/06/11、8期、自由民主党)

○川上為治君 派遣委員の報告を行ないます。  派遣委員は阿具根前委員長、藤原理事、大矢委員と私の四名で、先月二十一日羽田を出発し、札幌において札幌鉱山保安監督局より災害の概況を、北海道労働基準局より医療活動及び労災補償等について説明を聴取し、翌二十二日に現地の歌志内炭鉱におもむき、会社側、労働組合側、職員組合側より災害の実情と保安対策についての説明を聴取し、また歌志内市当局より歌志内炭鉱の生産再開についての陳情を受けてまいりました。  では、災害の概況について申し上げます。歌志内炭鉱は住友石炭株式会社赤平砿業所に属し、鉱山労働者約千三百名、生産量は月産約四万二千トンの甲種炭鉱で、原料炭が全体の……

第61回国会 予算委員会 第21号(1969/03/31、8期、自由民主党)

○川上為治君 第二分科会における審査の経過を御報告申し上げます。  当分科会は、経済企画庁、通商産業省、大蔵省、法務省及び裁判所の各所管に属する昭和四十四年度予算を担当いたしました。審査は、三月二十九日と三十一日の両日にわたり、各所管について担当大臣より説明を聴取し、名委員より真摯な質問を行ないました。以下質疑及び政府説明中、おもなものについて、その概要を御報告申し上げます。  まず、昭和四十四年度予算の基本的性格について、編成途上で景気抑制型から警戒中立型に変わった理由は何か、景気が好調であるのに依然公債発行が続けられており、いまや定着化した観があるが、今後公債政策から脱却する考えはないか、……

第62回国会 石炭対策特別委員会 第1号(1969/11/29、8期、自由民主党)

○川上為治君 私は委員長に松井誠君を推選することの動議を提出いたします。

第63回国会 商工委員会 第21号(1970/05/12、8期、自由民主党)

○川上為治君 私の考え方から言いましても、衆議院の修正は必ずしもよくなったとは言えないのでありますが、七十何万件にも及びます現在の滞貨を処理する考え方から言いますると、一歩前進したものと言わなければならないのであります。これは矢追委員とか、あるいはその他の委員からも何べんも聞いたのでありますが、念のため、特許庁長官はこれをいかに考えますか。
【次の発言】 この点につきましてはこれ以上追及することをやめまして、この法律と並行しまして人員の増加とかあるいは待遇改善をはかる必要があると思いますが、今度の四十五年度の予算におきましては、人員は幾ら認められたんですか。たしか二百十三名の要求に対して七十五……

第63回国会 商工委員会 第22号(1970/05/13、8期、自由民主党)

○川上為治君 ただいま可決されました電気工事業の業務の適正化に関する法律案に対し、自由民主党、日本社会党、公明党、民主社会党共同提案により、附帯決議案を提出したいと存じますので、御賛同をお願いします。案文を朗読いたします。   政府は本案の施行に当り次の諸事項の実現につき努力すべきである。  一、電気保安協会による定期検査が的確に行なわれるよう十分に指導すること。  一、電気工事士に対する研修、講習等を行なって資質の向上に努めるとともに、電気工事士法についても検討すること。  一、本法の運用に当っては、中小電気工事店の経営に影響を与えないよう特に配慮するとともに、中小電気工事店の業務の近代化の……

第63回国会 予算委員会 第20号(1970/04/15、8期、自由民主党)

○川上為治君 第二分科会における審査の経過を報告申し上げます。  第二分科会の担当は、総理府のうち、防衛庁、経済企画庁並びに外務省、大蔵省及び通産省の各所管に属する昭和四十五年度予算でございます。  本分科会は、四月十三日、十四日の両日及び本日の三日間にわたってそれぞれ所管の大臣の出席を求め、慎重に審議を行なったのであります。以下その概要について申し上げます。  まず、大蔵省所管につきまして、フィスカルポリシーの一環として、租税特別措置法に合理化機械の特別償却の停止の制度を定めているが、昨年秋以来の景気調整にあたってなぜ発動しないのか。設備投資の行き過ぎ是正の必要ある今回の事態に発動せねば発動……

第64回国会 公害対策特別委員会 第3号(1970/12/14、8期、自由民主党)

○川上為治君 この国会に出されました公害関係の法律案は、一歩も二歩も前進しているという意味におきまして私はその成立を望んでやまないものであります。しかし、法案を成立せしめただけでは何にもなりません。これを動かす行政機構の問題にもまた重要さがあるのであります。公害に関する国家公務員は現在幾らぐらいですか。また地方公務員は幾らぐらいですか。担当官でいいですから答えてもらいたい。
【次の発言】 これでは少ないと思います。これを拡大しなければなりません。そこで公害省あるいは環境保全省のごときものをつくって、そして行政機構を強化する必要があると思うのであります。私は中小企業の問題を専門的に勉強しておりま……

第64回国会 商工委員会 第2号(1970/12/03、8期、自由民主党)【議会役職】

○理事(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十一月二十五日、浅井亨君が委員を辞任され、その補欠として上林繁次郎君が選任されました。
【次の発言】 この際、派遣委員の報告に関する件についておはかりいたします。  第六十三回国会開会中に当委員会が行ないました委員派遣につきましては、各班からそれぞれ報告書が提出されておりますので、それを本日の会議録に掲載することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さように取り計らいます。
【次の発言】 産業貿易及び経済計画等に関する調査を議題といたします。  御質疑のある方は順次……

第64回国会 商工委員会 第6号(1970/12/17、8期、自由民主党)

○川上為治君 昨日の小委員会で協議の結果、三井鉱山砂川鉱業所で発生したガス爆発事故の実情調査のため、閉会中委員派遣を行なうことに意見の一致を見ましたので、委員長においてよろしくお取り計らいくださいますようにお願い申し上げます。

第65回国会 商工委員会 第1号(1970/12/26、8期、自由民主党)【議会役職】

○理事(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  去る十九日、渡辺武君が委員を辞任され、その補欠として須藤五郎君が選任されました。また二十三日、中村喜四郎君が委員を辞任され、その補欠として井川伊平君が選任されました。
【次の発言】 調査承認要求に関する件についておはかりいたします。  本委員会は、今期国会におきましても産業貿易及び経済計画等に関する調査を行なうこととし、この旨の調査承認要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては、……

第65回国会 商工委員会 第2号(1971/01/28、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  この際、一言あいさつ申し上げます。  このたび、私、商工委員長に選任され、責任の重きを痛感いたしております。幸いにいたしまして練達博識なる先輩委員が多数おられますので、皆さま方の御協力をいただきまして円満に委員会を運営してまいりたいと存じます。何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について報告いたします。  去る五日、小柳勇君が委員を辞任され、その補欠として横川正市君が選任されました。  また二十六日、林虎雄君、横川正市君が委員を辞任され、その補欠として藤原道子君、野上元君が選任されました。  ま……

第65回国会 商工委員会 第3号(1971/02/18、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  本日、赤間文三君、井川伊平君、平泉渉君が委員を辞任され、その補欠として山崎竜男君、平島敏夫君、木島義夫君が選任されました。
【次の発言】 産業貿易及び経済計画等に関する調査を議題とし、まず、通商産業大臣及び経済企画庁長官からその所信を聴取いたします。通産大臣。
【次の発言】 次に、佐藤経済企画庁長官。
【次の発言】 次に、昭和四十五年における公正取引委員会の業務の概況について、公正取引委員会委員長から説明を聴取いたします。公正取引委員会委員長。

第65回国会 商工委員会 第4号(1971/02/23、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開催いたします。  委員の異動について報告いたします。  去る十九日、山崎竜男君、平島敏夫君、木島義夫君が委員を辞任され、その補欠として、赤間文三君、井川伊平君、平泉渉君が選任されました。
【次の発言】 理事の矢野登君が委員を一たん辞任され、理事に一名の欠員を生じておりますので、この際、理事の補欠選任を行ないます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長にその指名を御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは理事に矢野登君を指名いたします。

第65回国会 商工委員会 第5号(1971/03/02、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  去る二十五日、渡辺一太郎君が委員を辞任され、その補欠として近藤英一郎君が選任されました。
【次の発言】 理事矢野登君が委員を一たん辞任され、理事に一名の欠員が生じておりますので、この際、理事の補欠選任を行ないます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長にその指名を御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは理事に矢野登君を指名いたします。
【次の発言】 産業貿易及び経済計画等に関する調査を議題といたします。  質疑のある方は……

第65回国会 商工委員会 第6号(1971/03/11、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  去る三日高田浩運君、長屋茂君が委員を辞任され、その補欠として赤間文三君、近藤英一郎君が選任されました。  また六日、剱木亨弘君が委員を辞任され、その補欠として西田信一君が選任されました。  また八日、西田信一君が委員を辞任され、その補欠として山下春江君が選任されました。
【次の発言】 特定電子工業及び特定機械工業振興臨時措置法案を議題といたします。  まず、通商産業大臣から趣旨説明を聴取いたします。宮澤通商産業大臣。
【次の発言】 次に、補足説明を聴取いたします。赤澤重工業局長。

第65回国会 商工委員会 第7号(1971/03/16、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  特定電子工業及び特定機械工業振興臨時措置法案を議題といたします。  前回に引き続き質疑を行ないます。質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 他に御発言がなければ、本日はこの程度にとどめます。  次回は三月十八日午前十時から開会することとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十一時十五分散会

第65回国会 商工委員会 第8号(1971/03/18、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  中小企業信用保険法の一部を改正する法律案、産炭地域振興臨時措置法等の一部を改正する法律案を便宜一括議題とし、通商産業大臣からそれぞれ趣旨説明を聴取いたします。通産大臣。
【次の発言】 次に、補足説明を聴取いたします。吉光中小企業庁長官。
【次の発言】 以上で説明の聴取は終わりました。  この際、おはかりいたします。  産炭地域振興臨時措置法等の一部を改正する法律案につきましては、便宜石炭対策に関する小委員会において審査をいたすことにしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第65回国会 商工委員会 第9号(1971/03/23、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  本日、近藤英一郎君、村上春藏君、赤間文三君、稲嶺一郎君、井川伊平君が委員を辞任され、その補欠として、亀井善彰君、二木謙吾君、星野重次君、鈴木省吾君、木村睦男君が選任されました。
【次の発言】 理事矢野登君が委員を一たん辞任されたため理事に一名の欠員を生じておりますので、この際、理事の補欠選任を行ないます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長にその指名を御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは理事に矢野登君を指名いたしま……

第65回国会 商工委員会 第10号(1971/03/26、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  去る二十四日、二木謙吾君、亀井善彰君、星野重次君、鈴木省吾君、木村睦男君が委員を辞任され、その補欠として村上春藏君、近藤英一郎君、赤間文三君、稲嶺一郎君、井川伊平君が選任されました。  また、昨二十五日、村上春藏君が委員を辞任され、その補欠として永野鎮雄君が選任されました。  また本日、井川伊平君、赤間文三君が委員を辞任され、その補欠として山崎竜雄君、剱木亨弘君が選任されました。
【次の発言】 中小企業特恵対策臨時措置法案を議題といたします。  まず、通商産業大臣から趣旨説明を聴取いたしま……

第65回国会 商工委員会 第11号(1971/05/13、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  三月二十九日、剱木亨弘君、山崎竜男君、高田浩運君、安田隆明君が委員を辞任され、その補欠として赤間文三君、井川伊平君、八木一郎君、近藤英一郎君が選任されました。  四月十二日、永野鎮雄君、山下春江君が委員を辞任され、その補欠として村上春藏君、西田信一君が選任されました。  四月十七日、矢野登君が委員を辞任され、その補欠として迫水久常君が選任されました。  四月二十七日、迫水久常君が委員を辞任され、その補欠として平井太郎君が選任されました。  五月四日、西田信一君が委員を辞任され、その補欠とし……

第65回国会 商工委員会 第12号(1971/05/20、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  五月十七日、矢野登君が委員を辞任され、その補欠として西田信一君が選任されました。  五月十八日、西田信一君、赤間文三君、井川伊平君が委員を辞任され、その補欠として宮崎正雄君、上田稔君、植木光教君が選任されました。  また、昨十九日上田稔君、横山フク君が委員を.辞任され、その補欠として井川伊平君、山本敬三郎君が選任されました。
【次の発言】 理事山本敬三郎君が委員を一たん辞任されたため、理事に欠員を生じておりますので、この際、理事の補欠選任を行ないます。  理事の選任につきましては、先例によ……

第65回国会 商工委員会 第13号(1971/05/24、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  五月二十一日、前田佳都男君、重政庸徳君が委員を辞任され、その補欠として近藤英一郎君、平泉渉君が選任されました。  五月二十二日、和田鶴一君、宮崎正雄君が委員を辞任され、その補欠として村上春藏君、矢崎登君が選任されました。  また本日、平井太郎君が委員を辞任され、その補欠として土屋義彦君が選任されました。
【次の発言】 理事矢野登君が委員を一たん辞任されたため、理事に一名の欠員を生じておりますので、この際、理事の補欠選任を行ないたいと思います。  理事の選任につきましては、先例により、委員長……


9期(1971/06/27〜)

第66回国会 商工委員会 第1号(1971/07/20、9期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  この際、一言ごあいさつ申し上げます。  再び商工委員長に選任されましたが、委員の皆さま方の御協力を賜わりまして、その任務を全うしたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 理事の選任を行ないます。  本委員会の理事の数は四名でございますが、本日は二名につき選任を行ないます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長にその指名を御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に竹田現照君、藤井恒男君を指名いたします。

第66回国会 商工委員会 閉会後第1号(1971/10/08、9期、自由民主党)

○川上為治君 第二班の報告を申し上げます。  去る九月二十七日から三十日にいたる四日間、岩手、秋田両県において、金属鉱物資源及び石油資源の開発状況を、須藤委員と一緒に視察してまいりましたので、その概要を報告いたします。  視察個所は、金属鉱物探鉱促進事業団の広域調査の遠野地域ボーリング現場、日鉄鉱業釜石鉱業所、同和鉱業の小坂鉱業所及び花岡鉱業所、秋田沖で操業中の海洋掘さく装置「第二日竜号」、以上であります。  まず、金属鉱物資源の開発について申し上げます。銅、鉛、亜鉛など非鉄金属の需要は、わが国産業、経済の発展に伴って急速に増大し、需要量は米国に次いで自由世界第二位を占めるに至っておりますが、……

第66回国会 商工委員会 第2号(1971/07/23、9期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから商工委員会を開会いたします。  委員の異動について報告いたします。  本日、須藤五郎君が委員を辞任され、その補欠として塚田大願君が選任されました。
【次の発言】 産業貿易及び経済計画等に関する調査を議題といたします。  この際、木村経済企画庁長官、田中通商産業大臣から発言を求められておりますので、これを許します。木村経済企画庁長官。
【次の発言】 速記を中止してください。
【次の発言】 速記を起こして。  木部経済企画政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。木部政務次官。
【次の発言】 速記を中止してください。

第66回国会 商工委員会 第3号(1971/07/24、9期、自由民主党)

○川上為治君 この際、一言ごあいさつ申し上げます。短い期間ではありましたが、大過なく委員長の重責を果たし得ましたことは、委員皆さま方の御支援、御協力のたまものと心から感謝いたし、厚く御礼申し上げます。はなはだ簡単でありますが、一言、お礼を兼ね、ごあいさつといたします。(拍手)

第67回国会 沖縄返還協定特別委員会 第8号(1971/12/22、9期、自由民主党)

○川上為治君 大西さんにお聞きいたします。  返還後の沖繩の問題につきましては、やっぱり産業の開発、大々的な産業の開発以外にはないと思います。そこでさっき大西さんは火力発電所とか、そういう大規模のものをつくりたいということを話されましたけれども、火力発電所もやっぱり公害があって、なかなかこれを設けるのにたいへんであります。また石油開発についても、やはり公害の問題が云々されまして、これも実現するにはなかなか簡単にいきません。そこでどういうふうにどういう産業を持ってきて開発すべきかということを考えますと、なかなかむつかしいのであります。だからこの問題についてどういうふうにやったらいいでしょうか。こ……

第68回国会 商工委員会 第17号(1972/06/06、9期、自由民主党)【議会役職】

○理事(川上為治君) 参考人に対する質疑はこの程度にいたします。  参考人各位には、御多用中、長時間にわたり御出席いただき、また、貴重な御意見を拝聴さしていただき、まことにありがとうございました。厚く御礼申し上げます。  午前の審査はこの程度とし、午後二時まで休憩いたします。    午後零時五十五分休憩

第68回国会 商工委員会 第18号(1972/06/08、9期、自由民主党)【議会役職】

○理事(川上為治君) 他に御発言がなければ、本法案に対する本日の質疑はこの程度にいたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についておはかりいたします。  石油パイプライン事業法案の審査のため、参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  なお、その日時及び人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次回は、来たる十二日午前十時二十分から開会することとし、本日はこれにて散会いたします。    午後五時六分散会

第71回国会 予算委員会 第6号(1973/03/19、9期、自由民主党)

○川上為治君 大蔵大臣、まことに御苦労さまでした。  今回のパリの国際通貨会議は、大蔵大臣の報告によりますと、非常に成功したということでありますが、また、東京の市場も再び開始されましたが、為替レートの安定が、世界経済の均衡ある発展に必要不可欠の問題であることは論をまたないのであります。ハリの通貨会議の模様について、これらに対する大蔵大臣の所見を、詳細に報告願います。
【次の発言】 国際収支の黒字国ですね、黒字国は、資本流通の促進策をとり、また、国際収支の赤字国は資本流通の抑制策をとることが国際協調の精神から見て望ましいと思いますが、パリ会議では、こういう点についてどういう結論があったのか、また……

第71回国会 予算委員会 第18号(1973/04/09、9期、自由民主党)

○川上為治君 第二分科会が担当いたしました各省庁に関する審議の経過について、その概略を御報告申し上げます。  まず、通商産業省所管につきましては、「国際的通貨不安の中で、今後の通商政策をいかに考えていくか。米国の自由化要求、特に電算機の自由化についての強い態度と業界の財政援助要請にどう対処するつもりか。最近の調査で商社が本業でない有価証券投資で巨利を得ておる実情が明らかにされたがどうか」などについて質疑がありました。  これに対して、中曽根通商産業大臣及び関係政府委員より、「当面としては、日米貿易の不均衡是正に全力を尽くすとともに、長期的には各国と協調してドル不安の解消につとめ、たとえばSDR……



各種会議発言一覧(参議院)

5期(1959/06/02〜)

第33回国会 社会労働・商工委員会連合審査会 第1号(1959/12/09、5期、自由民主党)

○川上為治君 私は一般的な、あるいは基本的な燃料政策なり、石炭政策につきましては、別途商工委員会において機会を得て御質問したいと思うのですが、この際この法案の内容につきまして、二点だけお伺いをしておきたいと思います。第一点は、これは二十三条の第七号にあるのですが、炭鉱離職者で独立で事実を行ないます場合に、生業資金のあっせんということが書いてございますけれども、なかなかこの生業資金のあっせんというのはむずかしいのじゃないか、そう私は考えるのであります。というのは、これは結局生業についての開業資金でございますので、一般の金融機関としましては幾ら援護会があっせんをしましても、なかなかそう簡単に金を貸……

第38回国会 運輸、農林水産、商工委員会連合審査会 第1号(1961/04/01、5期、自由民主党)

○川上為治君 関連。ただいま運輸大臣がほかのその物資の関係から、石炭とかあるいは硫安とか、あるいは鉱産物について、特別な措置をとることはできないというようなお話がありましたが、現在すでに暫定割引制度というような制度をとって、政策的な運賃を実行しておるわけですね。また同待に旅客運賃については、学生割引の特別な運賃を取っておるわけですね。ですから、やはり石炭とか硫安とか鉱産物とか、こういうような非常に特殊なものについては、私は政策料金を取るべきではないかというふうに考えるわけです。  今通産大臣が、石炭の問題について、あるいはその硫化鉱の問題について話がありましたが、石炭は、合理化をどうしてもやら……


6期(1962/07/01〜)

第43回国会 予算委員会公聴会 第1号(1963/03/14、6期、自由民主党)

○川上為治君 私、一点だけ御質問申し上げておきたいと思うのですが、道路の開発とか、あるいは水資源の開発、これはどうしても急速にやらなくちゃならぬことは、これは先生がおっしゃったとおりで、われわれとしましても非常に努力をいたしておることなんですが、問題はやはり財源の問題です。たとえば、道路の問題にしましても、ほとんど大部分をガソリン税に仰いでおるわけですね。ところが、ガソリン税についても、これをそんなに大きくするということも、これからそう簡単にはいかないんじゃないか。それかといって、一般の予算のほうからこういう公共投資関係の方面に、国土開発関係の方面にそうたくさん出すということも、ほかとのバラン……

第43回国会 予算委員会公聴会 第2号(1963/03/15、6期、自由民主党)

○川上為治君 私は、三点両先生にお伺いしたいと思いますが、貿易の自由化に対処するために、やはり緊急にわが国として措置しなければならない問題が、一つは金利の問題だと思うのです。日本の金利というのは、これは非常に高いですから、どうしても引き下げなくちゃいかぬと思います。ところが、金利の引き下げについては、先ほども北裏さんからちょっとお話が出ましたが、いろいろ方法はありましょうが、どうしても、これを根本的に引き下げるためには、通貨量をもっとふやさなければいけないのではないか。こういうような意見もちょっとあるようなんですが、そういう金利を引き下げる抜本的な措置についてどういうお考えを持っておりますか。……


8期(1968/07/07〜)

第61回国会 予算委員会第二分科会 第1号(1969/03/29、8期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいま皆さまの御推挙によりまして、主査の重責をになうことになりました。皆さま方の御協力を得て、その任務を果たしたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。  審査に入ります前に、議事の進め方についておはかりいたします。  本分科会では、昭和四十四年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、裁判所、経済企画庁、法務省、大蔵省及び通商産業省所管を審査することになっております。三十一日の委員会において主査の報告を行なうことになっておりますので、議事を進める都合上、主査といたしましては、本日、経済企画庁、通商産業省、大蔵省、明後三十一日、法務省、裁判所とい……

第61回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1969/03/31、8期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) 岩間君時間です。
【次の発言】 岩間君、時間が来ました。
【次の発言】 岩間君、簡単に願います。
【次の発言】 以上をもちまして裁判所所管、法務省所管に関する質疑は終了したものと認めます。  以上をもちまして本分科会の担当事項であります昭和四十四年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、裁判所、経済企画庁、法務省、大蔵省及び通商産業省所管に対する質疑は終了いたします。  なお審査報告書の作成につきましては、これを主査に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 異議ないと認め、さよう決定いたします。  これにて予算委員会第二分科会を散会……

第63回国会 商工委員会石炭対策に関する小委員会 第1号(1970/03/20、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから石炭対策に関する小委員会を開催いたします。  委員長の指名によりまして、私が小委員長をつとめさしていただくことになりましたので、何とぞよろしく御協力のほどをお願いします。(拍手)  速記をやめて。
【次の発言】 速記を起こして。  大野労働政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。大野労働政務次官。
【次の発言】 この際、参考人の出席要求に関する件についておはかりいたします。  石炭に関する件につき、調査のため参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、その手続等につき……

第63回国会 商工委員会石炭対策に関する小委員会 第2号(1970/03/27、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから石炭等に関する小委員会を開催いたします。  石炭産業関係の四事業団について、その業務の概況並びに昭和四十五年度の事業計画等について調査を行ないます。  本日は、参考人として石炭鉱業合理化事業団理事長中島征帆君、産炭地域振興事業団理事倉持弘君、石炭公害事業団理事長天日光一君、雇用促進事業団理事長堀秀夫君、以上四名の方々が出席されておりますので、これより順次報告を聴取いたしたいと存じます。中島参考人からお願いをいたします。
【次の発言】 次に倉持参考人にお願いします。
【次の発言】 次に天日参考人にお願いします。

第63回国会 商工委員会石炭対策に関する小委員会 第3号(1970/05/13、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから石炭対策に関する小委員会を開会いたします。  この際、産業貿易及び経済計画等に関する調査中、当面の石炭対策に関する件を議題とし、質疑を行ないます。  質疑のある方は順次御発言をお願いします。
【次の発言】 他に御発言もなければ、本日の質疑はこの程度にとどめたいと思います。  速記をやめて。
【次の発言】 速記を起こして。  おはかりいたします。この際、お手元に配付いたしました案文のとおりの決議を行なうよう、商工委員会に提案することといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。  本日はこれにて散会いた……

第63回国会 予算委員会公聴会 第1号(1970/04/07、8期、自由民主党)

○川上為治君 花原先生にお伺いしますが、労働賃金の上昇と物価の関係をどういうふうにお考えでしょうか、それをお伺いします。

第63回国会 予算委員会第二分科会 第1号(1970/04/13、8期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいま皆さま方の御推挙によりまして主査をつとめることに相なりました。ふなれなものでございますが、どうか御協力のほど、よろしくお願いします。  速記をとめて。
【次の発言】 速記を起こして。  審査に入ります前に、議事の進め方についておはかりいたします。  本分科会は、昭和四十五年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、防衛庁、経済企画庁、外務省、大蔵省及び通商産業省所管を審査することになっております。十五日の委員会において主査の報告を行なうことになっておりますので、議事を進める都合上、主査といたしましては、本日午前中大蔵省、午後には外務省、明日防衛庁、明後……

第63回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1970/04/14、8期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいまから予算委員会第二分科会を開会いたします。  この際、分科担当委員の異動について御報告いたします。  昨日、川村清一君が委員を辞任され、その補欠として小野明君が選任されました。  また、予算委員の異動に伴い、渡辺武君の補欠として岩間正男君が選任されました。  また、本日、吉武恵市君が委員を辞任され、その補欠として岩動道行君が選任されました。
【次の発言】 昭和四十五年度総予算中、防衛庁所管を議題といたします。  昨日の会議と同様、政府の説明は省略して本日の会議録の末尾に掲載することといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第63回国会 予算委員会第二分科会 第3号(1970/04/15、8期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいまから予算委員会第二分科会を開会いたします。  この際、分科担当委員の異動について御報告いたします。  昨日、予算委員の異動に伴い、岩間正男君の補欠として須藤五郎君が選任されました。また平泉渉君、矢追秀彦君が委員を辞任され、その補欠として高橋文五郎君、沢田実君が委員に選任されました。また本日、予算委員の異動に伴い、沢田実君の補欠として三木忠雄君が委員に選任されました。
【次の発言】 昭和四十五年度総予算中、経済企画庁所管を議題といたします。  昨日の会議と同様、政府の説明は省略して、本日の会議録の末尾に掲載することといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第64回国会 商工委員会石炭対策に関する小委員会 第1号(1970/12/04、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから石炭対策に関する小委員会を開会いたします。  産業貿易及び経済計画等に関する調査中、当面の石炭対策に関する件を議題といたします。  内田通商産業政務次官から発言を求められております。内田君。
【次の発言】 次に、石炭鉱業の体制に関する当面の諸対策についての答申、産炭地域振興臨時措置法の延長についての答申及び昭和四十六年度の石炭関係の予算について説明を聴取いたします。本田鉱山石炭局長。
【次の発言】 次に、労働省関係の予算について説明を聴取いたします。労働省遠藤政夫失業対策部長。
【次の発言】 次に、去る二日、北海道三省炭鉱で発生したガス爆発事故について、政府……

第64回国会 商工委員会石炭対策に関する小委員会 第2号(1970/12/16、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(川上為治君) ただいまから石炭対策に関する小委員会を開会いたします。  産業貿易及び経済計画等に関する調査中、石炭に関する件を議題とし、昨十五日三井鉱山砂川鉱業所で発生したガス爆発事故について、政府側から報告を聴取いたします。内田政務次官。
【次の発言】 森口公害保安政策課長に説明願います。
【次の発言】 本件に対する質疑は、後日に譲りたいと思います。  本日はこれにて散会いたします。    午後一時二十五分散会


9期(1971/06/27〜)

第71回国会 予算委員会第二分科会 第1号(1973/04/05、9期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいま皆さま方の御推挙によりまして、主査をつとめることになりました。皆さま方の御協力を得て、その責務を果たしたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。  審査に入ります前に、議事の進め方についておはかりいたします。  本分科会は、昭和四十八年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、防衛庁、経済企画庁、外務省、大蔵省及び通商産業省所管を審査することになっております。  九日の委員会において主査の報告を行なうことになっておりますので、議事を進める都合上、主査といたしましては、本日午前を通商産業省、午後経済企画庁、六日防衛庁、七日大蔵省、九日外務省という順……

第71回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1973/04/06、9期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいまから予算委員会第二分科会を開会いたします。  この際、おはかりいたします。  予算委員の異動に伴い、副主査が欠けておりますので、その選任を行ないます。  選任は、投票によらず、主査の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  それでは、副主査に鈴木強君を指名いたします。
【次の発言】 昭和四十八年度総予算中、防衛庁所管を議題といたします。  議事の都合上、政府からの説明は、これを省略し、説明資料は本日の会議録の末尾に掲載することといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第71回国会 予算委員会第二分科会 第3号(1973/04/07、9期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいまから予算委員会第二分科会を開会いたします。  この際、おはかりいたします。  予算委員の異動に伴い、副主査が欠けておりますので、その選任を行ないます。  選任は投票によらず、主査の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  それでは、副主査を神沢浄君にお願いします。
【次の発言】 昭和四十八年度総予算中、大蔵省所管を議題といたします。  議事の都合により、政府からの説明は、これを省略し、説明資料は本日の会議録の末尾に掲載することといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第71回国会 予算委員会第二分科会 第4号(1973/04/09、9期、自由民主党)【議会役職】

○主査(川上為治君) ただいまから予算委員会第二分科会を開会いたします。  昭和四十八年度総予算中、外務省所管を議題といたします。  議事の都合により、政府側の説明は、これを省略し、説明資料は本日の会議録の末尾に掲載することといたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 異議ないと認め、さよう決定いたします。  それでは、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 この際、おはかりいたします。  分科担当委員外委員楠正俊君から発言したい旨の申し出があります。これを許可することに御異議ございませんか。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

川上為治[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書