国会議員白書トップ参議院議員郡司彰>委員会発言一覧(全期間)

郡司彰 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

郡司彰[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは郡司彰参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。郡司彰 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

18期(1998/07/12〜)

第143回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第2号(1998/09/25、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  さきに民主党の方でちょっとレクチャーを受けたときの話の内容を四点ほどおつなぎをしたいと思います。  一つは、国会都市というふうなイメージ図がありますけれども、各県の概況、対応につきましては首都機能というふうな言葉が使われておりまして、国会移転等というふうな言葉の中に首都機能というものがどの程度含まれるのか、その辺がよくわからないというふうなこと。  それから、候補地の選定を行うということでありますけれども、これは複数のところの選定というふうなことになるということでよろしいのかということ。  それから、何か法的に首都というふうな規定というか、今東京がそう……

第143回国会 日本国有鉄道清算事業団の債務処理及び国有林野事業の改革等に関する特別委員会 第5号(1998/10/14、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。私は国有林野関係につきまして質問させていただきたいと思っております。  過日、関係法案の提案理由の説明をいただきまして、この文言も私なりに読ませていただいております。そのような流れの中で疑問に思ったところについて質問させていただきます。  まず、特別措置法の関係でありますけれども、この中に「国民共通の財産である国有林野を将来にわたって適切かつ効率的に管理経営する体制を確立することにより、国土の保全その他公益的機能の維持増進、」というふうな形でうたわれておりまして、この関係につきましては私も評価をするという立場でございます。  その上に立ちまして、……

第143回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(1998/11/06、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  中川大臣、大変多忙な日程だというふうなことで大変御苦労さまでございます。  一方で、きょうのこの委員会、私自身の気持ちからしますと、米審が開かれ、先月末には諮問の内容、答申の予測ができ上がっているような流れの中でのむなしさも若干覚えているというふうな気持ちもございます。二年目を迎えました「新たな米政策大綱」の実施状況、生産調整に関して質問をしていきたいというふうに思います。  国産の米在庫を二百万トンまで縮減する、十年度については約九十六万ヘクタールの生産調整目標が関係者の大変な努力でほぼ達成をされたというふうな中で、転作の関係で麦・大豆・飼料作物生産……

第143回国会 農林水産委員会 第3号(1998/09/24、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司彰でございます。何分初めての質問でございますので、よろしくお願いしたいと思います。  冒頭、八月の上旬、下旬の大雨による被害、また台風五号、七号の被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げますとともに、お亡くなりになった方々の御冥福をお祈りいたしたいと思います。  さきの台風並びに大雨による被害でございますけれども、私の茨城の水戸あるいはひたちなかというふうなところにつきましては、前回、十二年前に大きな被害がありましたとき激特の指定から漏れた地域のはんらんでございまして、地域的にはそういう意味では人災的な側面が指摘をされているようなところもあるわけでありますけれども、全体と……

第144回国会 予算委員会 第3号(1998/12/10、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、民主党・新緑風会を代表して、ただいま議題となりました平成十年度補正予算案に対し、反対の立場から討論を行うものであります。  現在、我が国経済は夜明け前の一番暗い状態が続き、迷走しており、個人消費、設備投資とも低迷を続け、雇用情勢は戦後最悪の状況にあります。日々深刻化している我が国経済がここまで追い詰められました最大の要因は、景気回復のための適時適切な施策を怠り、後手後手に回ってきた政府の経済無策にあることは火を見るよりも明らかであります。  私たちは、さきの臨時国会を延長し、恒久減税を含む抜本的な景気対策を早急に取りまとめ、補正予算案を成立させるよう真摯に提言いたしましたが、……

第145回国会 経済・産業委員会 閉会後第1号(1999/10/20、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  私も、被曝に遭われた方の回復、それから地元で本当に献身的な努力をされてこられました方々に敬意を表しまして、まず冒頭お伺いをしたいと思います。  今回の事故のレベルにつきましては、暫定で四というような発表がございました。その後、現地におきまして、例えばグリーンピース・ジャパンでありますとかが五という評価をなさったり、あるいは科技庁の方におきましても、六日以降、評価委員会というものを開いて、もしかするとレベル五ではないか、そのような検討をされているというふうに聞いておりますが、いかがですか。
【次の発言】 今のお答えですと、あくまでも現在はレベル四、評価委……

第145回国会 農林水産委員会 第9号(1999/03/30、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  私どもは、今、同僚委員の方からもありましたように、今回ちょっと拙速であったのではないか、それから今後の関税化の引き下げに対する担保というものがとられていないということで、この法案に対しては反対というふうな立場でいるわけでありますけれども、これまでのやりとりの中で若干理解ができていないところがありますので、その辺のところについてまず質問をしたいと思います。  大臣の答弁をこれまで聞いておりますと、WTOの正常なルールというのは関税化ですよ、今回は日本という国が正常な方に戻したんだ、しかも戻すときの譲許表の作成についても与えられた考え方の中できちんとなされ……

第145回国会 農林水産委員会 第11号(1999/04/15、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。同じように、さきに趣旨説明を受けました三法に関連して質問をさせていただきます。  まず、今回の三法でありますけれども、食料・農業・農村基本法の具体化にかかわる第一弾の審議だという論調もありましたが、この基本法にかかわる法案は今国会でこの三法を含めまして何本がどのような法律名で予定されているか、お聞かせいただきたい。
【次の発言】 昭和三十六年当時の基本法論議、私は今になってお話を聞くというふうなことにしかならないわけでありますけれども、その当時、基本法の論議が十分になされて、その後に関連する法案が処理をされたというふうに聞いております。今回ちょ……

第145回国会 農林水産委員会 第16号(1999/05/13、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今回、提案されました二法に関しましてそれぞれお尋ねをしたいと思いますけれども、まず初めに大臣の方にお尋ねをしたいと思います。  沿岸漁業全体の中の養殖の比重がそれぞれ非常に高いものがあるというような御指摘がございました。それで、現在の経営体数でいいますと、全体十四万経営体のうちの約四万余が養殖関係である、そして比率でいいますと、生産量で四二、それから額で四七%、そのような数字だということもお聞きをいたしました。  振り返ってみますと、十年前には沿岸漁業に従事している方は四十万弱ぐらいいらっしゃったのではないかなというふうに思っておりますし、今……

第145回国会 農林水産委員会 第20号(1999/06/08、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。午前中に引き続きまして、基本法の議論に入らせていただきたいと思います。  まず、大臣にお伺いをしたいと思います。三十八年ぶりの基本法の議論だということで、その間、ちょうど数字が同じように三八%自給率が下がってしまったというような余り芳しくないごろ合わせの中でございますけれども、既に衆議院の方におきまして三十四時間ほどでございましょうか審議をいただいた、そして与野党の合意によりまして三点の修正がなされたというようなことを承っているわけでありますけれども、これまでの審議あるいは三点の修正について、現在の率直な感想を大臣の方からお聞かせいただければと思……

第145回国会 農林水産委員会 第21号(1999/06/29、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 時間がございませんので、簡潔に質問させていただきます。  一つ、坂本さんの方にお聞きをしたいと思いますが、以前同じ集落といいますか大潟のところで生産調整にかかわって意見が二分されたというような本を出されましたけれども、今現在、お互いどういうような形になっていて、それぞれのところでそれぞれ意見といいますか思いもその当時と変わってきたと思うんです。日本の米作の中で生産調整というものと集落の中のそういう葛藤といいますか、ございましたけれども、思いをちょっとお話しいただきたいと思います。
【次の発言】 あと二分ほどしかございませんので、高橋さんの方に一言お聞きしたいと思います。  七人家族……

第145回国会 農林水産委員会 第24号(1999/07/08、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  既に、中央公聴会あるいは総理への質疑が終わっている段階でございますので、これまで積み残した課題あるいは再度確認をしていきたい課題、そのようなことを中心に質問していきたいと思っております。  まず、大臣にお伺いをしたいと思いますけれども、十五日から五カ国農相会議がカナダで開かれる、そういうような日程になっておるわけでありますけれども、次期交渉の枠組みについての意見交換を主にしながら、現在の情勢等についても話を行うというふうに聞いております。  既に、次期交渉に臨む日本側の提案の骨子というものもいただいておるわけでありますが、この中には目的が三……

第145回国会 農林水産委員会 第26号(1999/07/27、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  先立ちまして、七月の大雨の被害に関して質問をさせていただきたいと思いますが、まず冒頭、お亡くなりになりました方々に御冥福を申し上げ、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げたいと思っております。  私の方で今回取り上げたいと思いますのは、昨年もこの委員会でお話をさせていただきましたけれども、海岸の方に漂着をいたしました草木等の処理の関係についてでございます。  まず、厚生省の方にお尋ねをしたいと思いますが、昨年も同様の被害がございました。結果として、補助金が交付をされたのは自治体の数でいいますとどのぐらいの数、金額はどのぐらいになっております……

第145回国会 予算委員会 第4号(1999/02/24、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。私、真の凡人でございまして、平易な質問をさせていただきますので、わかりやすくお答えいただければと思います。  まず、米の関税化につきまして総理の方にお尋ねをいたしますけれども、関税化の方針が昨年の十二月十八日、関係閣僚会議で決定をしているというふうに聞いておりますが、この関係閣僚会議で決定をされたこの内容は、その後、全閣僚が合意をするというふうなことに理解をしてよろしゅうございましょうか。
【次の発言】 農林水産大臣にお尋ねをいたしますけれども、その決定内容を概略の御説明を願えますでしょうか。

第145回国会 予算委員会 第16号(1999/03/17、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、民主党・新緑風会を代表して、ただいま議題となりました平成十一年度総予算三案について、反対の討論を行うものであります。  我が国経済は未曾有の不況下にあります。景気をここまで悪化させた原因が政府の経済運営にあることは明らかであります。また、本予算案は、構造改革に全くと言っていいほど踏み込んでおらず、到底賛成できるものではありません。  以下、反対の主な理由を申し述べます。  反対の第一の理由は、欠陥減税であります。  政府の減税案は、実際は納税者のほとんどが増税になるという欠陥減税であり、本来消費拡大効果を図るのであれば消費性向の高い低額所得者の税負担を減らすのが政策の常道であ……

第145回国会 予算委員会 第20号(1999/08/04、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。時間が大変押しておりますので、直截な言い方があるかもしれませんけれども、お許しをいただきたいと思います。  冒頭、大蔵大臣に、これはちょっと通告をしておりませんでしたが、昨日からの動きの中で、日米の蔵相の間で電話での会談といいますかやりとりがあった、円高ドル安が続く為替市場の動向等についての意見交換をされた、そういうようなことがございまして、円の反落でありますとか株価に若干の動きがあったようでありますが、昨日の会談の内容等についてお話しいただける範囲でお話をいただけますでしょうか。
【次の発言】 ありがとうございました。  続いて総理の方にお伺……

第146回国会 農林水産委員会 第2号(1999/11/11、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  きょう午前中、衆議院の方でも質疑が行われておりましたので、私どもの同僚の小平議員が質問をした内容については重複を避けていきたいと思っております。それから、委員会の持ち方が変わりましたということでございますので、私どもの方も玉沢大臣に初めての質問でございますので、大つかみの質問をさせていただきたい、大臣の方からは率直な御意見を聞かせていただければありがたいと思っております。  冒頭、米価審議会のあり方についてお尋ねをしたいと思っておりましたが、先ほど来、岩永議員の方の質問で私の言おうとしたおおよそのところについて考え方を述べていただきましたの……

第146回国会 農林水産委員会 第5号(1999/12/14、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  シアトルの閣僚会議は、結果として宣言案を採択できずに終わったわけでありますけれども、今、大臣の方からも多面的機能という言葉がありました。このペーパーに文言が入らなかったというような状況の中で、宣言が採択をされなかったというところから、考えようによっては日本の農業にとっては採択をされなかったことがよかったのではないかというとらえ方もできるかと思うんですけれども、大臣の方のお考えはどうでしょうか。
【次の発言】 その中で米国は、ビルトインアジェンダという考え方に立てば今回の合意がなくても交渉が始まる、そのように主張をしているわけでありますけれど……

第147回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(2000/05/10、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  きょうは沖縄公庫法の改正について、長官を初めお尋ねをしたいと思います。  まず最初に、財投改革との関連についてでございますけれども、財投改革については既に大蔵省、総理府その他の中で昨年十二月に抜本的な改革案という骨子が公表されまして、既に関連法案が四月二十五日には衆議院で可決をされ、参議院の方に送付をされている状況だろうと思っております。  そうした中で、政府の財投改革の取り組み、このことが沖縄開発公庫の将来、その他業務運営に影響を与えるんではないかというふうに考えられるわけでありますけれども、その点についてまず長官の方からお聞かせをいただ……

第147回国会 国民福祉委員会 第2号(2000/02/15、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰です。  共済四法案のうち、私は農林年金についてお尋ねをしたいと思います。  先ほど来もちょっとございましたけれども、農水省、厚生省それぞれに、統合の話が出ておりますので統合に対する考え方、さらに谷津政務次官におかれましては、さきの衆議院の答弁の中でその予測の時期について平成十三年四月ということで、これは団体の意向だということのつけ加えもございましたけれども、そのような予測を述べられております。臨時国会で年金法が継続になった、改めましてこの段階で統合の時期についてもあわせて農水省、厚生省それぞれにお答えをいただきたいと思います。

第147回国会 農林水産委員会 第2号(2000/03/14、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  ことしは、昨年新しい基本法ができ上がりまして、まさに消費者も含めて新しい農政を積極果敢に行っていくというような期待を持って迎えた年であろうと思っております。しかしながら、逆に国民の農水省あるいは農政に対する不信というものが一連の事件によって起こってきているわけでありまして、私は、これはできるだけ早く払拭をして、本当の意味での農政に取り組んでいただきたい。しかしながら、そのためには今あるうみを完全に出し切っておくことが必要だと思いますので、その観点から一連の質問をさせていただきたいと思っております。  先ほど大臣の方から開会に先立ちましてのあ……

第147回国会 農林水産委員会 第5号(2000/03/21、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  佐藤議員の質問とかなり重複をしたところがございますので、ちょっと角度を変えましてお聞きしたいと思っております。  まず、この特措法の関係でありますけれども、UR対策の一環として五年間の時限立法が、成果が上がるという見通しの中で廃止をされる提案だと思っておりますけれども、きょうの日本経済新聞の記事の中に、「「科学技術基本計画」の作成に取り組む科学技術会議」ですか、この新計画の指針が明らかになったという記事がございます。  農水省も、昨年の七月にはバイオテクノロジー産業の創造に向けた基本戦略というものを関係する省庁とともに作成をしているところであ……

第147回国会 農林水産委員会 第9号(2000/04/13、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  基本計画についてお尋ねをしたいと思いますが、昨年の基本法の議論の中で三点の修正がなされまして、その一つがまさに今回の基本計画を遅滞なく国会に報告する、そのような形で修正がなされたわけであります。  報告をいただきまして読ませていただきましたところ、これまでの農業白書と違いまして農政のすべての施策をこの基本計画によって行うということでありますから大変重要な計画になってくるわけであります。そして、一から四までそれぞれ記載がありますけれども、私自身からしますと、すべての施策をこの基本計画によって行うということからすると、一日あるいは一人何十分とい……

第147回国会 農林水産委員会 第15号(2000/05/25、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  糖安法の改正審議に先立ちまして、大臣の方に一言お願いといいますか、昨日、茨城県そして千葉県の関係にひょうが降りまして、大変な量が降って農作物にも被害が出ているようであります。まだ調査中だと思いますけれども、非常に限られた地域の被害でございますので、ややもすると国の手当てといいますか、そのようなものが行き届かないことがあろうかとも聞いておりますので、ぜひ対策をお願いしたいと思っております。  それでは、法案の方に入らせていただきます。  今回、題名からもわかりますように、安定法から調整法へという改正になるわけでございますけれども、これまで安定……

第149回国会 決算委員会 閉会後第4号(2000/09/06、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  私の選挙区は茨城でございまして、その東海村で昨年の九月三十日、起こってはいけない、起こしてはいけない事故が起こってしまったわけであります。過度の被曝をされました三名の方のうち二名がお亡くなりになったということもございました。  国の原子力の行政を進めるに当たって、まさに安全こそがその基本にあって、そのことによって多くの方々の理解もまた得られるというふうなことに、国としてもそのような考えだと思っております。  そこで、最初に長官の方にお尋ねをしたいと思いますが、八月三十一日、茨城の方に向かわれました。知事にお会いになって、村長にお会いになって視……

第149回国会 農林水産委員会 第1号(2000/08/09、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  先ほどの大臣の所信表明、みずからのお言葉で語られておりまして、非常に新鮮さを感じたところでございます。  そこで、その所信の中に、今非常にマスコミ等にも話題になっておりますけれども、公共事業の見直しについてというようなことの言及がなかったんではないかなと思っておりまして、私は中海干拓、特に本庄工区のことについて質問をさせていただきたいと思っております。  まず、大臣にお伺いをいたしますけれども、マスコミ等で、中止を決めた、中止だというふうなことの報道がございますけれども、中止を正式に決められたんでございましょうか。

第150回国会 農林水産委員会 第2号(2000/11/02、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  私は、前国会の大臣に対する質疑以降、いろいろと課題が出てまいりましたので、それらについて大臣にお尋ねをしたいと思います。  まず第一点目でございますけれども、北朝鮮に対する五十万トンの支援米を送ろうと、そういうことが決まったということでお聞きをしております。この決まるまでの経過等については別の委員会で別の同僚議員が行うことになっておりますので、私は経過そのものではなくて、実際にどのぐらいの経費がかかるのか、あるいはどこが負担をすることになるのか、またその五十万トンがなぜ国産米ということになったのか、その辺についてお尋ねをしたいと思います。  ……

第150回国会 農林水産委員会 第3号(2000/11/07、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、ただいま可決されました家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党、日本共産党、社会民主党・護憲連合及び二院クラブ・自由連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   本年、我が国で発生した口蹄疫について、病原体の伝染力が弱いものであったこと、及び関係者による迅速かつ的確なまん延防止措置の実施により、一部地域の発生にとどめることができた。しかし、依然として、東アジア地域では口蹄疫が続発し、我が国への侵入の危険性がある。   こ……

第150回国会 農林水産委員会 第4号(2000/11/09、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党、日本共産党、社会民主党・護憲連合及び二院クラブ・自由連合の各派共同提案による畜産物価格等に関する決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     畜産物価格等に関する決議(案)   政府は、食料・農業・農村基本計画等で設定された目標の実現に向けて、我が国の畜産・酪農の健全で持続的な発展、畜産物及び牛乳・乳製品の国内生産の拡大と自給率の向上及び安定的な供給の確保を図るため、平成十三年度畜産物価格等の決定に当たり、次の事項の実現に万全を期すべきである。  一 加工原料乳生産者補給金の単価は、現行補給金を基本に適正に決定するこ……

第150回国会 農林水産委員会 第8号(2000/11/28、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  二日目でございますので、若干重複する場合のこともございますので、お許しを願いたいと思います。  昨日、構造改善局長の方から、この法案、選択肢の幅と深みをもたらすというようなお答えがありました。私自身は、今回の改正は担い手の多様な確保、さらには農地の総合的といいますか複合的な活用、つまり耕地利用率の向上というものが必要といいますか、出てくるんだろうと思っております。そこで、私自身は、即実効性というよりも、農業が国民に対してアピールをするというような側面も強いのではないかなというふうにも考えております。  質問に入らせていただきますけれども、そこ……

第150回国会 農林水産委員会 第9号(2000/11/30、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  外務省、おいでをいただいておりますでしょうか。よろしくお願いします。  早速質問に入らせていただきますが、時あたかもアメリカの大統領選挙が混沌とした状況でございますけれども、八年前、ウルグアイ・ラウンド交渉の最終局面におきましても、今回と同様、政権がブッシュさんからクリントン、共和党から民主党へとかわった経過がございます。  今回のことにかんがみまして、八年前のそうした政権の交代時にアメリカのWTOに対する考え方そのものがどのように変わったか、あるいは変わらなかったのか、お聞かせをいただきたいと思います。

第151回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(2001/03/28、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今回の特措法の改正につきましては、これまでの第一次、第二次、第三次と続いた格差是正でありますとか自立発展の基礎、あるいは特色ある地域としての整備という流れの中で進められてきていることでありまして、特に第三次産業総体が二倍、その中でも観光・リゾート・サービスについては三倍の伸びを示しているわけでありますから、今回の改正について大筋において私どもも賛成をする立場であります。  その中で、幾つかの質問をする前に、これまで橋本大臣は総理のときにも基地の問題について大変御努力をなされました。私は、やはり基地の整理、縮小というものがあって、清算をすべきも……

第151回国会 農林水産委員会 第3号(2001/02/27、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 委員派遣の御報告を申し上げます。  去る二月十九日、佐賀、長崎両県におきまして、有明海ノリ被害等の実情を調査してまいりました。  派遣委員は、太田委員長、岸理事、三浦理事、谷林理事、岩永委員、風間委員、須藤委員、三重野委員、岩本委員、そして私、郡司の十名でございます。なお、陣内孝雄議員が現地参加されました。  有明海地域は全国ノリ生産の約四割を占め、その生産高はおおむね四百五十億円程度となっております。  ところが、今シーズンのノリ養殖の生産状況は、本年二月八日までの共販実績の累計で見ますと、二百三十億二千万円となっております。これは対前年同期と比べますと四一%の減収であり、かつて……

第151回国会 農林水産委員会 第5号(2001/03/22、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  大臣にはさきに所信を説明いただきまして、まずそれの質問をするのが順序だと思いますけれども、きょうは前例にしないという形、日程の中でのことでございますので、委嘱について質問をさせていただきたいと思っております。  まず、一月六日に省庁の再編、所によりましては統合ということもあったわけでございますけれども、農林水産省につきましては再編に伴う統合というものはございませんでした。そのことによって、これまで農水省として行ってきたことを振り返りながら、しなかったということについてのメリットというものがあるんでしょうか。ありましたらばお話しをいただきたい……

第151回国会 農林水産委員会 第6号(2001/03/27、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  きょうは大臣所信に対するということでございまして、私、大臣のホームページやら可能な限りで大臣の発言をなさっている雑誌等も読まさせていただきました。特に意を強くしましたのは、環境問題に前々から非常な関心を持っておられまして、そのような取り組みをされてきたというようなことでございます。  それで、ごろ合わせのようで恐縮でございますけれども、大臣のお名前が谷津大臣ということでございまして、環境の問題にとってその谷津という地形が大変重要なものだというような認識で若干質問をさせていただきたいと思います。  まず、この谷津田でございますけれども、私は今……

第151回国会 農林水産委員会 第8号(2001/04/03、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、ただいま可決されました農林漁業金融公庫法の一部を改正する等の法律案に対し、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党、社会民主党・護憲連合及び無所属の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     農林漁業金融公庫法の一部を改正する等の法律案に対する附帯決議(案)   食料・農業・農村基本法を踏まえ、農業経営に意欲と能力のある者を幅広く確保することにより、効率的かつ安定的な農業経営を広範に育成し、地域の特性に応じた望ましい農業構造を確立することが求められている。   よって、政府は、本法の施行に当たり、次の事項の実現に努め、我が国農業の……

第151回国会 農林水産委員会 第11号(2001/05/24、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  きょうから武部大臣と論戦を交わさせていただいて、法案審議、それぞれ慎重にやっていきたいというふうに思っております。  私は三年前に初当選をいたしましたので、この間、五人の大臣と話をするような機会に恵まれております。それがどうのこうのということは私の方から別に申し上げませんけれども、この五人の所信の中で、大臣の所信はこれまでと相当変わってきているというような感じを率直に言って持っております。  それは、構造改革を進めなくてはいけない、改革をきちんとやるんだと、そういうような決意になっているわけでありまして、先ほどこの辺は岩永委員の方からも若干……

第151回国会 農林水産委員会 第12号(2001/05/29、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。谷林委員に引き続いて、農業者年金について質問をしたいと思います。  まず、私ども民主党は、大臣御存じのことと思いますけれども、衆議院におきまして対案を提出し、同様に審議をいただいたところであります。内容について改めて細かく述べることはないと思いますけれども、年金制度という社会保障政策の手段を用いて農業経営の近代化あるいは農地保有の合理化に資するという手法、年金を用いての構造改革政策の推進、これは事実上失敗をしたと私どもは見ているわけであります。  しかしながら、農村におきます地域の定住化あるいは活性化等を含めまして農村の振興を進める場合には所得政……

第151回国会 農林水産委員会 第13号(2001/05/31、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  大臣に、土地改良にかかわる質問と、直接の関係になりますかどうか、きょうの新聞で、大臣が所信の中でも述べられておりました構造改革について私案をどうもまとめつつあるというようなことがございましたけれども、それについて可能であればちょっとお話をいただきたいなというふうに思っております。  私、この問題も、構造改革ということにつきまして、若干、自分の考えなりも述べさせていただきたいと思いますけれども、そもそも農業がいつも構造改革という場合には、低位に置かれているものを、その格差を是正しようと、そういうところがこれまでの農業における構造改革というよう……

第151回国会 農林水産委員会 第14号(2001/06/05、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、民主党・新緑風会を代表して、土地改良法の一部を改正する法律案に対し、修正の動議を提出いたします。その内容は、お手元に配付されております案文のとおりでございます。  その趣旨について御説明申し上げます。  二十一世紀は、環境の時代とも言われております。  農業生産の基盤の整備は、自然環境に人為的に作用を加えるため、その事業にかかわる区域や周囲の環境に対して一定の負荷を与える可能性があります。  このため、政府案の「環境との調和」では、一定の環境基準を設けて環境を良好な状態に保つ「環境の保全」と異なり、土地改良事業のあり方そのものを環境に合わせようとするだけであります。  そこで……

第151回国会 農林水産委員会 第15号(2001/06/07、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党及び社会民主党・護憲連合を代表して、農業協同組合法等の一部を改正する法律案に対し、修正の動議を提出いたします。その内容は、お手元に配付をされております案文のとおりでございます。  これより、その趣旨について御説明申し上げます。  近年、我が国の農業及び金融をめぐる情勢は急激に変化しており、農協系統組織の体制整備・体質強化を行うことが重要な課題となっております。  このため、政府原案におきましては、組合員の多様なニーズに対応した事業運営が確保されるよう、組合の業務執行体制を強化するための各種の改正が行われております。  しかしながら、……

第151回国会 農林水産委員会 第17号(2001/06/14、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。うまくいった質問の後でございますので、精いっぱい頑張らせていただきたいと思います。  まず、自給率についてお尋ねをしたいと思いますが、食用水産物の自給そのものということではなくて、食料・農業・農村基本法で言う、全体の自給率を四五%まで高めようという目標に向かって大臣が努力をされているわけでありますけれども、この四五%という自給率の中で占める水産の関係といいますか割合といいますか、そのことについて大臣にまずお尋ねをしたいと思います。
【次の発言】 今、重量ベースということがございまして、漁業生産量そのものが最大時一千二百八十二万トンから、六百六十八……

第151回国会 農林水産委員会 第21号(2001/06/21、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  まず大臣に、昨日明らかになりました諮問会議の内容、その中で、大臣がこれまで口にされておりました都市と地方の対流でありますとか、いろんな思いが大臣の努力によって随分盛り込まれたというようなことを聞いておりまして、敬意を表したいというふうに思っております。  それから、本日、法案の審議に先立ちまして、競馬産業を取り巻く状況についてまず冒頭質問をさせていただきたいというふうに思っております。  御存じのように、昨今、中央競馬の方の関係につきましては、馬もそうでありますし、騎手の皆さんも大変スター的なものが出てまいりまして、一般のスポーツ紙などでも相……

第151回国会 農林水産委員会 第24号(2001/06/28、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  この後、次期の国会まで一般質疑がないというようなことでございまして、法案に先立ちまして、ひとつ有明海干拓のことについてお聞きをさせていただきたいと思っております。  まず、農村振興局長の方にお尋ねをしたいと思いますが、前段のノリ被害の第三者委員会というのが水産庁の中に設置をされ、一定の役割を終えております。今回、新たに再評価第三者委員会ということで発足をし、第二回の委員会、視察も含めて行われていると思いますけれども、その委員会の運営につきましてどのような形をとられているかをお聞かせいただきたいと思います。


19期(2001/07/29〜)

第152回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(2001/09/20、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  冒頭、米国で同時多発テロが起こりまして、テロそのものは、これはもう不正、そして正義に反するものでございますから許せないものでありますし、邦人を含んでまだ多くの方が行方不明でございますので、哀悼の意を表したいと思っております。  そして、きょう、閉会中、狂牛病に関する審査が行われるということになりました。これは、国民の関心の大きさ、あるいは危機管理の問題、食の安全の問題からして当然開かれるべきものであって、昨年の雪印に続く農水委員会での閉会中審査ということになるんだろうというふうに思っております。  雑音でございますが、この間、委員長初め理事の……

第153回国会 農林水産委員会 第2号(2001/10/25、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司と申します。  きょうは、大変お忙しい中、貴重な御意見をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。  先ほど来からの話にありますように、限られた時間でございますので、それぞれにお聞きをしたいと思いますので、簡潔にお答えをいただければと思っております。  まず、小沢参考人の方にお聞かせをいただきたいと思いますが、OIEとそれから欧州委員会の判定の基準などが若干統合されるということがありまして、それも聞きたかったのでありますが、そのことはまた別の機会にいたしまして、きょうは一点、私ども、古い文献からどうも読む癖がございまして、先生御指摘のように、スクレイピー……

第153回国会 農林水産委員会 第5号(2001/11/27、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  九月二十日に閉会中審査が行われまして、BSEについてお尋ねをいたしました。あの時点はまだ最終確定がなされる前でございましたので、その後のことについて、きょう、改めてお尋ねをさせていただきたいと思います。  まず、大臣にお尋ねをしたいと思いますが、二頭目が見つかったということでございますけれども、九月二十日の時点で、私、今後は出るんでしょうか、私は出ると思いますがということに対して、その前日のレクチャーでは実は農水省の方がもう出ないということを言ったんで、それはおかしいという話をして、大臣のお答えをお聞きしましたところ、出さないような努力をする……

第154回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(2002/10/03、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  まず最初に、大臣就任、御苦労さまでございます。  今日は、この一年間の農水委員会に関することにつきましては大変な一年でございました。ただ、大変だったなということで終わらせないための、改革すべきところは改革をすべしという流れもできつつあるかと思っております。  本来でありますれば、全般について大臣からお考えをお聞きをしたいわけでございますが、臨時国会が始まりましたらば、またチームとして一つ一つについてもお尋ねをしたいということでございまして、今日のところは、この後の質問にかかわりはありますが、食の安全、そして特に先ほど来出ておりました無登録農……

第154回国会 農林水産委員会 第3号(2002/03/20、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日は、委嘱審査ということで、米にかかわる問題についてお聞きをしたいというふうに思っております。  今、BSEが大変話題になっておりますが、瑞穂の国でございまして、国にとってはやっぱり米の問題というのが基本のところに据わってくるのかなという感じがしておりまして、逆に言いますと、BSEの対策、私は不十分だなと思うところがあるんですが、それは裏返して言うと、基本のところの米の政策がまだいまだしっかりしていない、そこに釣られてBSEの方も決められないような形になってきているんじゃないかと、そんな思いがしているんであります。しかも、ガイドラインとか生……

第154回国会 農林水産委員会 第9号(2002/05/21、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 委員長の御配慮で着席のままさせていただくことに御礼を申し上げたいと思います。  民主党・新緑風会の郡司でございます。  今、大臣から言及がございましたBSEの四頭目が発生をしたということ、それから、昨日、大臣が下関の方においでになったということでございますので、それらも含めまして質問をさせていただきたいというふうに思っております。  まず、四頭目のBSEでございますけれども、今、大臣から言及がございましたような点がございました。私は、昨年の三頭と違いまして、マスコミもあるいは国民の方もということにもなるのかもしれませんが、冷静に受け止めていただいているのかなということでございまして……

第154回国会 農林水産委員会 第12号(2002/06/04、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日は実質的にBSE新法に関する質疑ということでございますので、これまで大臣の方にも何度かお尋ねをしてまいりましたが、議員提案という形でまとまったということでございます。野党四党としてもこの中身については担ってきたという自負もあるものですから、これまでの確認したいことを含めて幾つかの質問をさせていただきたいと思っております。  まず、皆様のお手元に資料をちょっと配らせていただいておりますけれども、ここには、ここ一、二年発生をいたしました日本、ドイツ、イタリアのBSEの発生状況の表がございます。発生をしてから日本の場合にはまだ九か月目でございま……

第154回国会 予算委員会 第7号(2002/03/07、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  関連質問でありますけれども、BSE中心にお尋ねをしたいと思います。  まず、武部大臣にお尋ねをしたいと思いますが、今回三頭発生をしたBSE、これらの措置については家畜伝染病予防法に基づいての処理が行われていると思いますけれども、このBSEというのは伝染病なんでございましょうか。
【次の発言】 このBSEは人に感染をするんではないかということが大変な不安を呼び起こしているわけでありますけれども、人と同じような病気の中で、ヤコブ病というのがあります。従来型のものがあって、医原性については今和解の方向で話合いがされているわけでありますが、日本では……

第154回国会 予算委員会 第17号(2002/03/26、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 おはようございます。民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日は三人の参考人の方においでをいただきまして、それぞれについて質問をさせていただきたいと思いますけれども、まず冒頭、皆様方から思いのたけを最初に語っていただくという時間がございませんので、恐縮でございますけれども、お許しをいただきたいと思っております。  まず最初に小野寺参考人の方にお聞かせをいただきたいと思いますが、検討委員会の委員もなされているということでございまして、既に九回ほど会合が持たれ、報告の案というものが二十二日には発表されております。これまでの九回の会合を振り返ってみて、現在のところの率直な御感想からお聞……

第154回国会 予算委員会 第19号(2002/04/04、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  BSEに関連した質疑をさせていただきたいと思いますが、まず、官房長官、大変、時間をやりくりをしていただきまして、ありがとうございました。  今、報告をお聞きをしたわけでございますけれども、お聞きをしてどのような受け止め方をなさっていらっしゃいますか、官房長官、そして厚生労働大臣、農水大臣の方からお聞かせをいただきたいと思います。
【次の発言】 報告の受け止めについてお聞かせをいただきましたが、農水大臣に重ねてお伺いをしたいと思います。  今現在、自分のお考えの中で、この報告は報告として、役所なり役人に対して何か言いたいことがございましたら、この場でお聞……

第156回国会 農林水産委員会 第11号(2003/05/22、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  法案審査に先立ちまして、WTOについて質問をさせていただきたいと思っております。  WTOはもう農水委員会にとって欠くべからざる課題であると思いますけれども、なかなか単独の審議というものが時間がございませんので、冒頭お願いをしたいと思っております。  基本的に私はWTOで農業交渉そのものを入れるのは反対でございまして、やめろというようなことを常々自分では言っているんでありますが、しかし、現下のところそういうことにはもちろんなっていない。そして、いろんなところでもって政策が立案をされ、法律になり予算が執行されるという中でありますけれども、どう……

第156回国会 農林水産委員会 第16号(2003/06/10、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  本日は、主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律等の一部を改正する法律案の審議ということでございます。昨日は、同僚の信田委員が本会議で大臣の方に質問をいたしました。  この委員会の中にいらっしゃる委員の方々はそうではないと思いますが、大多数の議員の方、本会議場で主要食糧という言葉を聞くと、これはもうお米のことだなというふうに思っている方が多いんではないかと思います。  農水省でいうと、主要食糧というのは何と何ということになりますのか。それから、この主要食糧というような言い方、決め方をほかの国もしているんだろうか。もしあるとすれば、その国では……

第156回国会 農林水産委員会 第18号(2003/06/26、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  今日は、七月一日に食糧庁が廃止になるということ、もう決まっておるわけでありまして、過日成立をしました設置法の関係もあった形の中での質問をさせていただきたいと思いますが、一つは、食糧管理特別会計、このことについてまず質問をさせていただきたいと思います。財務省の方、おいでで──ありがとうございます。  御存じのように、国の予算、予算委員会の方で成立をしたわけでありますけれども、八十一兆八千億。しかしながら、特別会計の方を加えますと、純計でもって歳入で二百四十五兆円ぐらいですかね、歳出の方で見ますと二百三十二兆円ぐらいの額になるわけでありますけれ……

第156回国会 予算委員会 第4号(2003/01/30、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、民主党・新緑風会を代表して、平成十四年度一般会計補正予算外二案に対し、反対する立場から討論を行います。  現下の我が国の状況を見ると、かつて経験したことのないデフレ経済が日本全土を覆い尽くし、失われた十年を過ぎてもなおその先に、一点の明るさも見いだすことができない閉塞感に支配されている状況と言っても過言ではありません。  しかるに小泉内閣は、景気回復はおろか、経済・雇用状況を悪化させ、二・五兆円もの税収不足を招いておきながら、経済失政に対する反省も謝罪もないまま、国民に負担を押し付けようとしております。  また、小泉総理は、我が民主党の菅直人代表が国債発行三十兆円枠などの公約……

第156回国会 予算委員会 第16号(2003/03/24、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  予算の審議も最後に近くなってきたということでございまして、イラクの問題も大変重要なんでありますけれども、今日のところは、関連の高橋議員にそちらを譲りまして、それ以外のところについて質問をさせていただきたいと思います。  ちょっと通告と変わりますけれども、法制局長官、お時間の都合があるそうなんで、まず最初にお尋ねをしたいと思いますが、茨城県の日立港に北朝鮮の船が座礁をいたしました。その後、おいでになっておりますけれども、総務省あるいは国土交通省、外務省等々ともいろんなことで話をしてまいりましたが、県としては、今回の事例にかんがみて、今後このよう……

第156回国会 予算委員会 第17号(2003/03/28、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 私は、民主党・新緑風会を代表して、ただいま議題となりました平成十五年度予算三案に対し、反対の立場から討論を行うものであります。  まず、討論に当たり、イラク問題に対する小泉内閣の姿勢を厳しく糾弾するものであります。  去る三月二十日、米英合同軍は新たな国連決議のないままイラクに対する先制武力攻撃を開始いたしました。仏独ロなど多くの国が反対し、アナン国連事務総長や国連査察委員会のブリクス委員長までもが査察継続を求めたのにかかわらずであります。かかる行為は、国連憲章の精神に真っ向から反対するものでもあります。政府がこうした米国の武力行使を支持することは、対米追従外交にほかならず、断固反……

第159回国会 農林水産委員会 第3号(2004/03/16、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  大変今日は、例年になくといいますか、今年一番のぽかぽか陽気でございまして、午睡にちょうどいい時間なんでありますけれども、お付き合いをお願いをしたいというふうに思います。  大臣の所信に沿った形で質問をさせていただきたいと思いますが、そういいながら、一番最初のだけ、この中に字句が記載をされていないことについてお聞きをさせていただきたいと思います。  まず、自給率の問題でございますが、食料・農業・農村基本法が制定をされ、基本計画が策定をされ、その中でも、年月を区切って、二十二年だったと思いますけれども、四五%に高めていこうというような目標がござい……

第159回国会 農林水産委員会 第12号(2004/04/20、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  競馬法の改正の質問に入る前に大臣にちょっと要望をしておきたいと思いますが、ここ数日来、BSEの牛肉買上げ事業に関しましてマスコミでいろいろ報道がされております。特に、大阪の食肉事業協同組合の副会長が逮捕されるということに及びまして、特定の政治家の名前が取りざたをされたりしております。さらにはまた、この逮捕された副会長と一緒に課長補佐、農水省の課長補佐の方が焼却場に一緒に出向いたとか、いろいろな報道がありますけれども、これは捜査の段階でございますから軽々に発言をすることは大臣の方も控えていらっしゃると思いますが、少し落ち着いた時点で、このこと……

第159回国会 予算委員会 第6号(2004/03/09、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 関連質疑をさせていただきます。  民主党・新緑風会の郡司彰でございますが、予算委員会独特の片道方式でございますので、思いはあるんですが、余り述べずに質問を続けてさせていただきたいと思いますが。  まず、先ほど来議論になっておりましたイラク特措法に基づく自衛隊のイラク派遣についてでありますけれども、予算書の関係でお聞きをしたいと思います。  十五年度は予備費の閣議決定をなされていると思いますが、どのような額になっておりますでしょうか。
【次の発言】 合わせますと、現在まで二百六十八億円余が出ているかと思うんですが、この関係につきましては、今後、予算書の予備費の使用調書として国会の方に……


20期(2004/07/11〜)

第160回国会 環境委員会 第1号(2004/08/05、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  議事に先立ち、一言ごあいさつを申し上げます。  去る七月三十日の本会議におきまして環境委員長に選任されました郡司彰でございます。(拍手)  公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、委員の皆様方の御指導、御協力を賜りますようお願いを申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に愛知治郎君、小泉……

第161回国会 環境委員会 第1号(2004/10/26、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、山本保君、吉村剛太郎君、山東昭子君、愛知治郎君、小泉顕雄君、清水嘉与子君、田中直紀君及び加藤修一君が委員を辞任され、その補欠として高野博師君、大野つや子君、西田吉宏君、竹中平蔵君、関口昌一君、阿部正俊君、狩野安君及び魚住裕一郎君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御……

第161回国会 環境委員会 第2号(2004/10/28、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二十六日、魚住裕一郎君が委員を辞任され、その補欠として加藤修一君が選任されました。  また、昨二十七日、福山哲郎君が委員を辞任され、その補欠として白眞勲君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第161回国会 環境委員会 第3号(2004/11/25、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十月二十八日、白眞勲君が委員を辞任され、その補欠として福山哲郎君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣府沖縄振興局長東良信君外十二名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境及び公害問題に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次……

第161回国会 環境委員会 第4号(2004/12/02、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 委員派遣に関する件についてお諮りいたします。  閉会中の委員派遣につきましては、その取扱いを委員長に御……

第162回国会 環境委員会 第1号(2005/03/08、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、環境及び公害問題に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境及び公害問題に関する調査を議題といたします。  まず、環境行政の基本施策について、小池環境大臣から所信を聴取いたします。小池環境大臣。
【次の発言】 次に、平成十七年度環境省予算及び環境保全経費等の概要について説明を聴取いたします。高野環境副大臣。

第162回国会 環境委員会 第2号(2005/03/15、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働大臣官房審議官黒川達夫君外九名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境及び公害問題に関する調査を議題とし、環境行政の基本施策に関する件及び公害等調整委員会の業務等に関する件について質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第162回国会 環境委員会 第3号(2005/03/18、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  委嘱審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁長官官房審議官吉田英法君外十四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 去る十六日、予算委員会から、本日一日間、平成十七年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、総務省所管のうち公害等調整委員会及び環境省所管について審査の委嘱がありました。  この際、本件を議題といたします。  本件の説明につ……

第162回国会 環境委員会 第4号(2005/03/31、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。小池環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時四分散会

第162回国会 環境委員会 第5号(2005/04/05、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、島田智哉子君が委員を辞任され、その補欠として藤本祐司君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、総務大臣官房総括審議官荒木慶司君外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律案を議題といたしま……

第162回国会 環境委員会 第6号(2005/04/07、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、藤本祐司君、紙智子君、河合常則君及び西島英利君が委員を辞任され、その補欠として島田智哉子君、市田忠義君、竹中平蔵君及び西田吉宏君が選任されました。
【次の発言】 湖沼水質保全特別措置法の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。小池環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本件に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会

第162回国会 環境委員会 第7号(2005/04/12、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  湖沼水質保全特別措置法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、文部科学省研究振興局長清水潔君外十二名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 湖沼水質保全特別措置法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。

第162回国会 環境委員会 第8号(2005/04/14、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、福山哲郎君が委員を辞任され、その補欠として尾立源幸君が選任されました。
【次の発言】 環境省設置法の一部を改正する法律案及び地方自治法第百五十六条第四項の規定に基づき、地方環境事務所の設置に関し承認を求めるの件の両案件を一括して議題といたします。  政府から順次趣旨説明を聴取いたします。小池環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  両案件に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会

第162回国会 環境委員会 第9号(2005/04/19、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十四日、尾立源幸君が委員を辞任され、その補欠として福山哲郎君が選任されました。  また、昨十八日、福山哲郎君が委員を辞任され、その補欠として松下新平君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境省設置法の一部を改正する法律案及び地方自治法第百五十六条第四項の規定に基づき、地方環境事務所の設置に関し承認を求めるの件の両案件の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、総務大臣官房総括審議官荒木慶司君外六名を政府参考人として出席を求……

第162回国会 環境委員会 第10号(2005/04/21、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、松下新平君、秋元司君及び二之湯智君が委員を辞任され、その補欠として福山哲郎君、竹中平蔵君及び西田吉宏君が選任されました。
【次の発言】 廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。小池環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時六分散会

第162回国会 環境委員会 第11号(2005/04/26、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、京都大学環境保全センター教授酒井伸一君、ジャーナリスト高杉晋吾君、環境NGOアジア環境連帯最高顧問江口雄次郎君及び廃棄物処分場問題全国ネットワーク事務局長大橋光雄君を参考人として出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の一部を改正する法律案を議題とし、参考人から意見を……

第162回国会 環境委員会 第12号(2005/05/10、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁生活安全局長伊藤哲朗君外五名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。

第162回国会 環境委員会 第13号(2005/05/12、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、中村博彦君及び小池正勝君が委員を辞任され、その補欠として竹中平蔵君及び西田吉宏君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房地域再生推進室長兼内閣府地域再生事業推進室長滑川雅士君外八名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第162回国会 環境委員会 第14号(2005/05/17、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、小池晃君、岡田直樹君及び林久美子君が委員を辞任され、その補欠として市田忠義君、西田吉宏君及び大久保勉君が選任されました。
【次の発言】 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。小池環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時六分散会

第162回国会 環境委員会 第15号(2005/05/19、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十七日、大久保勉君が委員を辞任され、その補欠として林久美子君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣参事官森本英香君外五名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法……

第162回国会 環境委員会 第16号(2005/06/07、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、福岡大学法学部教授浅野直人君、NPO法人気候ネットワーク代表・弁護士浅岡美恵さん、日本電気株式会社エグゼクティブ・エキスパート(全社環境戦略担当)山口耕二君及びNPO法人地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)専務理事早川光俊君を参考人として出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第162回国会 環境委員会 第17号(2005/06/09、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣参事官森本英香君外十二名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 大石正光君、時間が来ております。

第162回国会 環境委員会 第18号(2005/06/14、20期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十日、河合常則君が委員を辞任され、その補欠として西田吉宏君が選任されました。  また、昨十三日、西田吉宏君及び高野博師君が委員を辞任され、その補欠として二之湯智君及び浮島とも子君が選任されました。
【次の発言】 動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  提出者衆議院環境委員長小沢鋭仁君から趣旨説明を聴取いたします。小沢衆議院環境委員長。
【次の発言】 以上で本案の趣旨説明の聴取は終わりました。  これより質疑に入ります。──別に御発言もないようですから……

第163回国会 農林水産委員会 第2号(2005/10/25、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  今国会から農林水産委員会の委員になりましたので、大臣に幾つかの項目で基本的な考え方をお聞かせをいただきまして、これからのまたそれぞれの質問に生かしていきたいなというふうに思っております。  まず、大臣の岩永ウエブというところを読まさせていただきました。タイトルがすばらしいですね、「改革のど真ん中から」ということになっておりまして、正に改革の申し子と言われる大臣のそのとおりだなという感じしておりますが、最初に、改革ということについて、特に小泉改革についての大臣の思いをお聞かせいただきたいと思います。

第164回国会 農林水産委員会 第1号(2006/02/03、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  大臣には、まず最初に、責められるというのは米国側ではないかという発言に対して大臣はどうお考えかということをお聞きをしたいと思っておりましたけれども、昨日来、予算委員会等、今回の委員会の話を聞いておりまして、おおよそ重なる部分については避けていこうということで割愛をさせていただきたいと思っております。  ただ、これまでどうもアメリカ側の圧力があったんではないかというような言い方も相当されておりますし、また一方で、これはアメリカ側の圧力をうまく使って日本側が責任を回避するために乗ってそれにしているんではないかというような言い方をしているマスコミ……

第164回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(2006/07/20、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日は閉会中の審査でございます。したがいまして、与野党の理事の方々、大変な御努力をされて、当然テーマが定められているわけでありますけれども、そのテーマに先立ちまして一つ別な質問をさせていただければと思っております。  それは三浦副大臣の地元でございますが、熊本県の川辺川ダムについてでございまして、この事業がどのようになっているかはもう既に御案内のとおりだと思いますけれども、私ども民主党は常々、このダム事業につきまして四つの目的があるというふうに言われているけれども、そもそもダムそのものがなくても四つの事業そのものはでき得るんではないかというこ……

第164回国会 農林水産委員会 第3号(2006/03/16、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  今日は、中川大臣に所信を伺いましたので、それに対して質問をさせていただきたいなというふうに思っております。  私、八年前に国会に参りましたときの農水大臣が中川大臣でございまして、数えてみましたら、また十人目で農水大臣にお返りになったということでございます。この間、私自身も、また私の党もでございますけれども、顧みて、反省すべきを反省をし、謝罪すべきは謝罪をして新しく取り組むと、その辺が肝心なところだということにようやく立ち至りましたので、今日は、これまでのところ、振り返らなければいけないところを振り返ると、そのような視点で質問をさせていただき……

第164回国会 農林水産委員会 第7号(2006/04/18、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。本日は一般調査ということでございますので、普段なかなか議論をすることの機会が少ない森林・林業について議論をさせていただきたいというふうに思っております。  まず、森林・林業基本計画でございますけれども、平成十三年の十月に制定をされまして五年が経過をしようとしております。今年の十月には新たな基本計画が作られる、そのための議論を既にされているんではないかというふうに思いますけれども、大臣、どのような基本的な方針で議論をされているのか、教えていただければと思います。
【次の発言】 川下サイドのニーズにこたえるような形をつくっていかなければいけないとい……

第164回国会 農林水産委員会 第9号(2006/05/30、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日から三法の審議が始まるということでございますので、大変重要な法案だというような話を常々聞かされておりますけれども、まず最初に、この担い手経営安定新法、大臣のお考えの中では戦後の農政の中でランキングを付けると大体何位ぐらいに位置する法案なのかということについて、お聞かせをいただければと思っています。
【次の発言】 戦後、度々農政の改革というものが行われてきたわけでありまして、今、大臣がおっしゃいましたほかにも、農地改革ですね、いわゆる農地解放など、GHQの時代に行われたこともあり得るわけでございまして、私の思いからすると、一九五五年にガット……

第164回国会 農林水産委員会 第12号(2006/06/08、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司と申します。  今日、四人の参考人の方に大変ためになるお話を伺いまして、これからの審議の示唆をいただいたんではないかなというふうに思っております。  限られた時間でございますので、それぞれからお話を伺いたいと思いますけれども、まず川井田参考人にお伺いをしたいと思います。  鹿児島県のJAの会長でいらっしゃいますから、私の方からお話をするようなことは今更何よというようなことなのかもしれませんけれども、協同組合という組織でございます。社会的にあるいは経済的に弱い立場といいますか、そういう階層の方々がまとまって向上を図っていこう、そういうような組織であるというふうに……

第164回国会 農林水産委員会 第13号(2006/06/13、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  今日は、議事日程を見ますと採決までということでございますので最後の質問になるわけでございますけれども、前の主濱委員が品目ごとについても細かく質問をいたしましたので、私は別な観点から質問をさせていただきたいと思っております。  まず最初に、大臣にお伺いをしたいと思いますが、自作農主義の原則ということについて少しお話をし、大臣のお考えをお聞かせいただければと思っております。  一九六一年の旧の基本法、制定をされましたときから選択的拡大、規模拡大、あるいは構造改革ということは常に言われてきたところであります。なぜそれが余り進まなかったのかといえば……


21期(2007/07/29〜)

第167回国会 行政監視委員会 第1号(2007/08/10、21期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから行政監視委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。  去る八月七日の本会議におきまして行政監視委員長に選任をされました郡司彰でございます。何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、松下新平君、木俣佳丈君及び亀井郁夫君が委員を辞任をされ、その補欠として内藤正光君、私、郡司彰及び長谷川憲正君が選任をされました。
【次の発言】 これより理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は六名でございますが、現在理事が四名欠員となっておりますので、その選任を行いたいと存……

第168回国会 農林水産委員会 第1号(2007/10/18、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  議事に先立ち、一言ごあいさつを申し上げます。  去る九月十日の本会議におきまして農林水産委員長に選任をされました郡司彰でございます。  本委員会の運営につきましては、委員各位の格別の御指導、御協力をいただきまして、公正かつ円満に行ってまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、渡辺孝男君、岩城光英君、轟木利治君、西田昌司君、長谷川大紋君、古川俊治君、谷博之君、小川勝也君、ツルネンマルテイ君、友近聡朗君、中谷智司君、中村哲治君、長浜博……

第168回国会 農林水産委員会 第2号(2007/10/25、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働省医薬食品局食品安全部長藤崎清道君外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 委員長の指示に従ってください。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後四時まで休憩いたします。  ……

第168回国会 農林水産委員会 第3号(2007/10/30、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農業者戸別所得補償法案を議題といたします。  発議者平野達男君から趣旨説明を聴取いたします。平野達男君。
【次の発言】 以上で本案の趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後三時三十九分散会

第168回国会 農林水産委員会 第4号(2007/11/01、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農業者戸別所得補償法案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、農林水産省総合食料局長岡島正明君外二名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農業者戸別所得補償法案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。

第168回国会 農林水産委員会 第5号(2007/11/06、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農業者戸別所得補償法案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働省医薬食品局食品安全部長藤崎清道君外四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農業者戸別所得補償法案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 時間が来ておりますので、青木愛さん。
【次の発言】 舟山委員。舟山委員。

第168回国会 農林水産委員会 第6号(2007/11/08、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、佐藤昭郎君が委員を辞任され、その補欠として岩永浩美君が選任されました。
【次の発言】 農業者戸別所得補償法案を議題といたします。  本日は、参考人として北海道農民連盟委員長西原淳一君、東京大学大学院農学生命科学研究科長・農学部長・農業資源経済学専攻教授生源寺眞一君及び財団法人日本農業研究所理事・研究員岸康彦君に御出席いただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多忙のところ本委員会に御出席をいただき、誠にありがとうございます。  ただい……

第168回国会 農林水産委員会 第7号(2007/12/06、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日までに、山本博司君、西田昌司君、藤原良信君、青木愛君及び米長晴信君が委員を辞任され、その補欠として澤雄二君、市川一朗君、水戸将史君、広田一君及び姫井由美子君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣府大臣官房審議官梅溪健児君外五名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第168回国会 農林水産委員会 第8号(2007/12/13、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、広田一君、横峯良郎君及び姫井由美子君が委員を辞任され、その補欠として青木愛君、藤原良信君及び米長晴信君が選任されました。
【次の発言】 鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律案を議題といたします。  提出者衆議院農林水産委員長宮腰光寛君から趣旨説明を聴取いたします。宮腰衆議院農林水産委員長。
【次の発言】 以上で本案の趣旨説明の聴取は終わりました。  これより質疑に入ります。  質疑のある方は御発言願います。

第168回国会 農林水産委員会 第9号(2007/12/18、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣参事官今城健晴君外十名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 いや、時間ですから。
【次の発言】 後日、理事会にて検討いたします。

第168回国会 農林水産委員会 第10号(2008/01/15、21期、民主党・新緑風会・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  請願の審査を行います。  第一二二九号食の安全と自給率向上、地域農業の振興に関する請願を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。  本請願につきましては、理事会において協議の結果、保留とすることに意見が一致いたしました。  以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時四分散会

第169回国会 農林水産委員会 第1号(2008/02/20、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、米長晴信君及び高橋千秋君が委員を辞任され、その補欠として川崎稔君及び芝博一君が選任されました。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、農林水産に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働省医薬食品局食品安全……

第169回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(2008/09/18、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、谷合正明君、澤雄二君及び金子恵美君が委員を辞任され、その補欠として風間昶君及び福山哲郎君が選任されました。  また、去る十二日、草川昭三君が委員に選任をされております。おめでとうございます。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官福富光彦君外四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第169回国会 農林水産委員会 第2号(2008/03/18、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、川崎稔君及び芝博一君が委員を辞任され、その補欠として米長晴信君及び高橋千秋君が選任されました。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題といたします。  平成二十年度の農林水産行政の基本施策について、農林水産大臣から所信を聴取いたします。若林農林水産大臣。
【次の発言】 以上で所信の聴取は終わりました。  本件に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時十五分散会

第169回国会 農林水産委員会 第3号(2008/03/25、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁長官官房審議官小野正博君外十三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査のうち、平成二十年度の農林水産行政の基本施策に関する件を議題といたします。  本件につきましては既に説明を聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。

第169回国会 農林水産委員会 第4号(2008/03/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、川崎稔君、横峯良郎君及び梅村聡君が委員を辞任され、その補欠として米長晴信君、藤原良信君及び一川保夫君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  水産加工業施設改良資金融通臨時措置法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官兼行政改革推進本部事務局次長青木一郎君外四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第169回国会 農林水産委員会 第5号(2008/03/31、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  独立行政法人緑資源機構法を廃止する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官兼行政改革推進本部事務局次長青木一郎君外三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 独立行政法人緑資源機構法を廃止する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取をいたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願いま……

第169回国会 農林水産委員会 第6号(2008/04/08、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  生糸の輸入に係る調整等に関する法律を廃止する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明及び衆議院における修正部分の説明を聴取いたします。若林農林水産大臣。
【次の発言】 以上で本案の趣旨説明及び衆議院における修正部分の説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その日時、人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございま……

第169回国会 農林水産委員会 第7号(2008/04/10、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  生糸の輸入に係る調整等に関する法律を廃止する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、農林水産省生産局長内藤邦男君を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 生糸の輸入に係る調整等に関する法律を廃止する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。

第169回国会 農林水産委員会 第8号(2008/04/24、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働省医薬食品局食品安全部長藤崎清道君外四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。若林農林水産大臣。

第169回国会 農林水産委員会 第9号(2008/05/08、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法案を議題といたします。  本案に対する質疑は既に終局いたしておりますので、これより討論に入ります。──別に御意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。  森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法案に賛成の方の挙手を願います。
【次の発言】 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  この際、主濱君から発言を求められておりますので、これを許します。主濱了君。
【次の発言】 ただいま主濱君から提出されました附帯決議案を議……

第169回国会 農林水産委員会 第10号(2008/05/13、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、舟山康江君が委員を辞任され、その補欠として梅村聡君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁長官官房審議官小野正博君外九名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第169回国会 農林水産委員会 第11号(2008/05/20、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、亀井亜紀子君が委員を辞任され、その補欠として亀井郁夫君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、文部科学大臣官房審議官布村幸彦君外九名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第169回国会 農林水産委員会 第12号(2008/05/22、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、亀井郁夫君及び高橋千秋君が委員を辞任され、その補欠として亀井亜紀子君及び木俣佳丈君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働省医薬食品局食品安全部長藤崎清道君外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第169回国会 農林水産委員会 第13号(2008/05/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁長官官房審議官小野正博君外三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質……

第169回国会 農林水産委員会 第14号(2008/06/10、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、文部科学大臣官房審議官田中敏君外十四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題といたします。  アフリカ開発会議及び若林農林水産大臣の欧州出張の結果について、政府から報告を聴取いたします。若林農林水産大臣。
【次の発言】 以上で報告の聴取は終わりました。  これより質疑を……

第169回国会 農林水産委員会 第15号(2008/06/20、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、西岡武夫君が委員を辞任され、その補欠として一川保夫君が選任されました。
【次の発言】 これより請願の審査を行います。  第一〇三三号食の安全と自給率向上、地域農業の振興に関する請願外十八件を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、保留とすることに意見が一致をいたしました。  以上のとおり決定することに御異議ございませんか。

第170回国会 農林水産委員会 第1号(2008/11/11、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、市川一朗君が委員を辞任され、その補欠として佐藤昭郎君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤昭郎君を指名いたします。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  ……

第170回国会 農林水産委員会 第2号(2008/11/13、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、高橋千秋君が委員を辞任され、その補欠として相原久美子君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣府大臣官房審議官岡田太造君外十六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第170回国会 農林水産委員会 第3号(2008/12/09、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、相原久美子君及び一川保夫君が委員を辞任され、その補欠として高橋千秋君及び松浦大悟君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官福富光彦君外十六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 農林水産に関する調査を議題といたします。  事故米穀の……

第170回国会 農林水産委員会 第4号(2008/12/11、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、松浦大悟君、大久保勉君及び亀井亜紀子君が委員を辞任され、その補欠として梅村聡君、青木愛君及び亀井郁夫君が選任されました。
【次の発言】 農業協同組合法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  発議者平野達男君から趣旨説明を聴取いたします。平野達男君。
【次の発言】 以上で本案の趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会

第170回国会 農林水産委員会 第5号(2008/12/24、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、亀井郁夫君及び梅村聡君が委員を辞任され、その補欠として亀井亜紀子君及び一川保夫君が選任されました。
【次の発言】 これより請願の審査を行います。  第一四三号燃油などの高騰から道民の暮らしを守るための特別支援策等に関する請願外二十六件を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、いずれも保留とすることに意見が一致をいたしました。  以上のとおり決定するこ……

第171回国会 農林水産委員会 第3号(2009/03/17、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 民主党・新緑風会・国民新・日本の郡司でございます。農林水産委員会として、新しく大臣になりました石破大臣に質問をさせていただきたいと思っております。  昨日、質問の内容についてはあらかじめお話をさせていただきましたが、考えてみましたらば、どうも順番を逆にした方がよろしいかなと思いまして、そのようにさせていただければなと思っております。  大臣の所信をお聞かせをいただきました。通常の形と少し異なっているような形にまとめられているんではないかなというふうに思っておりまして、特に後段のところでございますけれども、多分に大臣が自らの思いをお述べになったような形で付記されているようなことになっ……

第171回国会 農林水産委員会 第5号(2009/04/02、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 御質問いただきましたことでございますけれども、特定の政党のために利用してはならない旨の規定でございますが、消費生活協同組合法、中小企業等協同組合法等に置かれておりますけれども、その趣旨は、特定の政党による介入を受けたり特定の政党への傾斜を強めたりすることによりましてその行う事業が阻害をされ、またその組合員等が政治的見解の相違を理由に相互に排斥し合うというようなことが起こった場合に基盤が弱体化をするんではないか、そのことを防止するためにあるんだというふうに言われております。  このような規定は農林水産業分野の法律には置かれていないわけでございますけれども、農協等の団体についてもその性……

第171回国会 農林水産委員会 第8号(2009/04/14、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 民主党・新緑風会・国民新・日本の郡司でございます。  今日は米三法について質問をさせていただきたいと思っております。  米三法でございますけれども、例えば、MA米がなかりせばとか、あるいはまたBSEの教訓が生かされていたらばとか、あるいはまた規制緩和のことに関しましては入口の緩やかさがあったのならば出口の方をもう少ししっかりしておけばよかったのではないかとか、いろいろとあるんだろうというふうに思っております。そういう観点から、WTO、MA米について大臣の方からお考えをまずお聞かせをいただきたいなというふうに思っております。  昨年の七月、日本の方で四%、二%、プラス二%、計八%だと……

第171回国会 農林水産委員会 第9号(2009/04/16、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  前回に引き続きまして、三法について質問をさせていただきます。  まず最初に、今回の発端になりました、これはおかしいぞと認定をした四社に対しまして違約金の請求を行いましたが、三月十七日までに納入のあった島田化学工業以外の三社については、現在どうなっておりますか。
【次の発言】 今回の法の提出の内容は、罰則を強化をしようという形になっております。結果として倒産その他のことがあったらば、これは罰則を強くすれば事件が起こらないんだと、こういうような意味合いもあろうかと思いますけれども、現実問題として起こった場合に、何らそれが果たされていないという実態を放置をし……

第171回国会 農林水産委員会 第16号(2009/07/02、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 民主党・新緑風会・国民新・日本の郡司でございます。  本日は委員会がもしかすると開かれない可能性もあるかなと昨日の段階では心配をしておりました。党役員人事がもしあった場合には石破大臣、農林水産大臣としてももちろん大事な大臣でございますけれども、選挙を仕切る枢要な地位にでも行ってしまうのではないかとちょっと心配をしておりました。  昨日来いろんな話、新聞等も党役員人事断念だとかというふうな話がございますけれども、一言ございましたら、どうぞ。
【次の発言】 ちょっとそのような話を申し上げましたのは、実は六月十八日に次官が発言をされたことについていろいろと報道がされております。昨日の党役……

第171回国会 予算委員会 第10号(2009/03/10、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 与謝野大臣、石破大臣、今日はお越しをいただきまして、両名とも初めての質問でございます。私の質問は極めて平易なものばかりでございますので、後ほど議事録を読んで私にも分かるような答弁をお願いをしたいなというふうに思っております。  まず、予算の審議でございますが、私ども、特に私自身はまだ与党の経験がございません。これからの勉強のためにも、予算の編成をなされて当初予算として計上されるまでどのような流れがあるのか、その中で大臣のお考えというものがこの予算書にはどのような形で反映をされてくるものなのか、財務大臣それから石破大臣にもお尋ねをしたいなと思っております。

第171回国会 予算委員会 第22号(2009/05/21、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 民主党の郡司彰でございます。  総理とは初めての質疑でございますので、補正の関係、重複をするこれまでの重ねての質問もあろうかと思いますが、お答えをいただきたいなと思っております。  まず、この補正の編成でございますけれども、本予算のときには三段ロケット、この予算の成立が景気対策には重要なんだと、こういうようなお話でございましたが、余り日を置かずに補正の編成ということになったわけでありますけれども、いつごろから新たな補正を作らなければいけないんだというようにお考えになったのか、そしてそのことを与党の中でありますとかあるいは大臣の皆さんとか事務方の方にお伝えをしという、その総理の考え方……

第173回国会 環境委員会 第2号(2009/11/24、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 加藤委員のお尋ねは、今一般的に言われておりますのは、平成十三年、日本学術会議において取りまとめた評価を指しているのかなというふうに思っておりまして、そこによりますれば、二酸化炭素の吸収が例えば一兆二千四百億でありますとか、あるいは表面の浸食防止が二十八兆二千六百億円等、あるいは表面の崩壊防止、これが八兆四千四百億円、洪水緩和が五兆五千七百億円、そして水資源の貯留でございますけれども八兆七千四百億円、そして水質の浄化では十二兆八千百億円でございまして、合計をいたしますと約七十兆円というふうに森林の機能としては評価を受けているものというふうに理解をしております。

第173回国会 農林水産委員会 第1号(2009/11/12、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) この度、農林水産副大臣を拝命をいたしました郡司彰でございます。  赤松大臣を補佐いたしまして、山田副大臣、そして佐々木、舟山両政務官とともに我が国の農林水産業発展のために尽くしてまいる所存でございます。  委員長を始めとする委員各位の皆様方の御支援をお願いを申し上げまして、ごあいさつと代えます。  どうもありがとうございます。

第173回国会 農林水産委員会 第2号(2009/11/17、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 米価の下落ということが一方であるではないか、政府の買入れというものも考えてみるべきではないかというような御質問だというふうに思っております。  十月十五日現在の二十一年産米の予想収穫量、これも御案内のとおりでございますけれども、主食用米穀等生産量八百三十一万トンの見込みでありまして、二十一年七月の基本指針において見通した向こう一年間の需要見通し八百二十一万トン、約十万トンぐらい上回るような数字になるだろうというふうに言われております。  このような需給状況を反映をいたしまして、二十一年産の米価については、全農取引の主な銘柄の相対契約価格などは若干弱含みというような数字を示……

第173回国会 農林水産委員会 第3号(2009/11/19、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 御質問をいただきました。  先日、種子島の方にお伺いをさせていただきました。そして、これはもう野村委員がよく御存じのところの地域、そして内容もよく御存じのことだと思いますけれども、私も初めて伺わさせていただいて、サトウキビが北限の地である、それからまた、種子島方式と言われるような、沖縄などと比べますとという言い方をすると大変恐縮なんでありますけれども、大変に圃場もきれいにされていて、農村の景観的にも非常に美しいような形の耕作をなされている、放棄地も少ない、頂上に至るまで耕すような形を取っている。大変に島でお暮らしの方々の甘味作物に対する熱意というものも感じさせていただきま……

第174回国会 環境委員会 第10号(2010/05/11、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 今委員が御指摘がございましたように、この諫早湾の干拓事業に関しましては長年の歴史がございます。その中で、昭和五十七年でございますけれども、大きな災害が発生をすることに伴って中断をされていた事業が行われるということになりました。そのことが平成の九年に締め切られたというようなことになったわけでございますけれども、それに伴ってというような見方をすることが多い方々によって、諫早湾のその潮受け堤防を開門をしていただきたい、このような裁判が、佐賀地裁を始めとして四件ほど今行われているということになっているのは御存じのことだというふうに思っております。  そのような中で、佐賀地裁におけ……

第174回国会 決算委員会 第7号(2010/04/26、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 概要、大臣の方からお答えをしたとおりでございます。  個別、大蘇ダムの関係につきまして見ますと、工事が始まりましてから三十三、四年が経過をしているわけであります。その間も、当たり前のことでございますけれども、受益者たる農家の方々が必要だということで始まった工事でありますから、早急に水の供給、通水というものを行うようなことを今年からまず行っていきたい、このようなことで地元の方と調整をさせていただいているところでございます。  今田んぼがちょうど水が必要な時期にもなってきておりまして、あの地域は、先ほど大臣がお話をしたように、大変に土壌からすると水がたまりにくいというそのもの……

第174回国会 国土交通委員会 第7号(2010/04/13、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 草川委員から御指摘がございました取りまとめの中では、平成二年から十年間の間に農業集落が約五千ほど消滅をしたという記載があるというふうに思っております。  その中山間地の集落でございますけれども、農業生産活動を通じまして、食料の供給だけではなくて、防災の、予防などの国土保全、あるいはまた水源涵養等の多面的な機能を有しているというふうに思っております。このため、中山間地等と平地との農業生産条件の不利を補正をすることを目的といたしまして、今年度から実施をする第三期の中山間地直接支払制度におきましては、小規模あるいはまた高齢化集落について、集落連携により農用地の保全を図るための加……

第174回国会 財政金融委員会 第5号(2010/03/23、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 今、大門委員御指摘になされましたとおり、いわゆる都市農地というものは減少をしているわけでありますけれども、これまた御説明の中でございましたように、市街化区域といいますのは、十年以内に計画的にあるいは優先的に市街化を図るべき地域ということでございますので、その原則からいたしますれば、農地が減少をするということは結果として導き出される数字なのかなというふうに思っております。  ただし、そこの自治体と生産者の方で契約を結んで農業を続けていこう、生産緑地に指定をした、その地域について見れば保全をされている状態が一方では続いているのではないか、このように分析をしているところでありま……

第174回国会 総務委員会 第18号(2010/05/20、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 今のそれぞれのやり取りをお聞きをしておりましたけれども、一義的には大臣の発言のことでございまして、私の方からそのときの心中、胸中まで推し量ることができないわけでありますけれども、今それぞれのいただいた議論のような経過の中でのやり取りであったというふうに理解をしております。
【次の発言】 そのときの総務省あるいは原口大臣とのやり取りについて、私自身、今ここで答える材料を持ち合わせておりません。
【次の発言】 その時点で正式な対策会議の中でそのような話がされたということではございませんので、私自身はそのことについてここで答弁をする材料を持ち合わせてはおりません。

第174回国会 農林水産委員会 第1号(2010/02/19、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 世界の食料の需給の見通しということと、それによります国内への影響ということの御質問をいただいたというふうに思っております。  今お話がございましたように、世界の食料の長期的な見通しということになりますと、FAO等が昨年の秋に発表いたしましたように、二〇五〇年におきましては、これまでの生産量プラス七〇%の生産量がなければ世界の食料というものは不足をするだろうというような予測値が出されているところでもございます。  近年だけを見ましても、二年前には異常な穀物価格の高騰がございました。これまで後進国、途上国と言われていたところの経済的な発展等もありまして、まさに食の事情というも……

第174回国会 農林水産委員会 第3号(2010/03/16、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 御質問をいただきました公共建築物木材利用促進法案、今準備をさせていただいております。  もう御存じだと思いますけれども、私どもの国は大変に木材の需要が潜在的にございます。実際にもございます。そしてまた、戦後植林をされました国に植わっている木材が大変に伐期を迎えておるということがございます。ですから、そのようなものをきちんと路網などを整備をすることによって、まず川上、そして川下のところまできちんと流通をするような体制を整えることによって国産材の利用率を高めていこう、そのことが前提にあるということは間違いのないところでございます。  したがいまして、法案の中には文面として、今……

第174回国会 農林水産委員会 第4号(2010/03/19、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 二十二年度予算でございますけれども、まさに先ほど大臣から御説明を申し上げましたし、今それぞれのやり取りの中でも出てまいりましたけれども、農林漁業の再生を図っていこう、そのために戸別所得補償制度のモデル事業を今年は予算の中に組み込ませていただきました。さらに、農山漁村の活性化でありますとか、同じような地域における六次産業化、そして食の安全に対する予算というものも重点的に配分をしていこう、このようなことにしているわけであります。  また、そのうち公共事業につきましては、大変厳しい予算の中で縮減を図らせてもいただきましたけれども、地域の創意工夫を生かした農山漁村地域の総合的な整……

第174回国会 農林水産委員会 第6号(2010/04/01、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 大久保委員からの御指摘をいただきましたように、今回、農業改良資金法案、提出をさせていただいております。  中身につきましては、今御指摘がございましたように、農業改良資金助成法あるいはまた農業経営基盤強化促進法、そして農業信用保証保険法の三法を一括をして提案をしているところでございます。これは、どうしてこのような改正を行うのかということにつきましては、大きくは二つあろうかというふうに思っております。  一つは、政権が替わりまして、その政権が公約として掲げてきましたところの問題でございますけれども、農政の大転換を図っていこう、そして食料自給率を向上させていこう、さらに、地域の……

第174回国会 農林水産委員会 第7号(2010/04/08、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 立場を変えたような形で私の方からの答弁になりますけれども、これまでの農政の反省というようなことが「まえがき」にも触れておるわけでありますけれども、もちろん御存じのように、農業、農村というものが所得あるいは雇用の問題等々含めまして、高齢化等を含めまして厳しい現状に直面をしているということは、これは御存じのことだろうというふうに思っております。結果として見れば、これまでの農政というものがこうした流れを的確に止めることができなかった、あるいは反転をして増収であるとか、あるいはいろいろな形の活力を生み出すという形までは行っていなかった、そのことを重く受け止める必要があるという旨の……

第174回国会 農林水産委員会 第8号(2010/05/13、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 私の方からお答えをさせていただきたいと思いますが、防疫のこれまでの体制が十分であったかということだというふうに思っております。  今考えられる対策、そして十六年にでき上がりましたその方針に基づいて行っているわけでございますけれども、今のところその区域内に閉じ込めるという当初の目的については達しているのではないかというふうに思っております。  しかも、小委員会等の見解によりますれば、風等によって拡散をするというようなことは現在のところ考えにくい、人と物によって伝播をするというような可能性が高いというようなことからすれば、現在の対策においてその範囲内に閉じ込めているということ……

第174回国会 農林水産委員会 第9号(2010/05/18、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)【政府役職】

○副大臣(郡司彰君) 今委員が御指摘のように、衆議院の方で修正をされたという形で、先ほど来から修正案の提案者も同席をしていたわけでございます。その中で今お話にあったような点もございます。  私どもからも申し上げさせていただければ、木造建築物に係る規制の見直し規定を追加をする、あるいはまた住宅や土木工作物、木質バイオマスなど、より幅広い分野での木材利用の促進を目指すということも加えさせていただいたというふうに思っております。  これまた御案内のとおりでございますけれども、そうした理念的なものも含めて修正をなされましたが、閣法として提出をするにはそれなりの要件というものもございまして、まさにその内……


22期(2010/07/11〜)

第176回国会 農林水産委員会 第3号(2010/11/05、22期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。今日は急な集中審議ということになりました。TPPについて幾つかの質問をさせていただきたいというふうに思っております。  まず、菅総理が所信表明でTPP参加の検討をということを表明をしたのが十月一日のことでございました。その後、七日の日でございましたけれども、参議院の本会議におきまして私が代表質問に立たせていただきました。そこでも質問をさせていただきましたが、まだ巷間、TPPという言葉自体が皆様の耳にはなじんでいないような時期ではあったのかなというふうに思っております。  それから一か月たちましたけれども、少なくても、この国会内におきましては、今年……

第177回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2011/06/15、22期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日は、私も、被災地の方々が一日も早く復旧復興に力を注がれるように、そのような思いで質問をさせていただきたいなというふうに思っております。  まず、官房長官にお尋ねをしたいと思います。  法案の審議ということになりましたけれども、三月十一日、震災が起こりましたときに、当日の気象庁は、東北地方太平洋沖地震、このような命名をしたというふうに思っておりますが、四月一日、持ち回り閣議におきまして、今一般的に使われている東日本大震災、このような呼称に変わったというふうに思っております。  したがいまして、若干の認識の、時間的なものも含めて、変わってきた……

第177回国会 東日本大震災復興特別委員会 第13号(2011/08/01、22期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。残りの時間、同じように復興の関連につきまして御質問をさせていただきたいと思っております。  御存じのように、今日から八月でございます。中旬のお盆の時期には震災から六か月目を迎えることになりますし、また基本法が成立をしてから既に四十日が経過をしております。  この間、総理におかれましては、六月の二十五日に「復興への提言 悲惨のなかの希望」を構想会議から受け取り、そして先週二十九日にはそれに基づく基本方針を決定をしたと、このような流れになっているんだというふうに思っております。そして、それを六月の二十日に成立をした東日本大震災復興基本法が法的な裏付……

第180回国会 決算委員会 第4号(2012/07/30、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 御指摘がありましたように、百九十のダムについて点検をさせていただきました。四十四という数字も出させていただきました。幾つかに分類をされておりましたけれども、そのうち約十三については問題を解決をすることができたのではないかなというふうに思っております。  今御指摘がありました東郷ダムを含めまして技術的な問題が五つ、それから、ダムはできたけれども、それから用水に至るまでの端末のところまでまだ工事が県の事業その他で行われているところが五つございます。それ以外のところが二十一ございまして、これらについて今後ともやっていかなければいけない。  特に、東郷ダムについては、水の浸透な……

第180回国会 決算委員会 第6号(2012/08/20、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 主濱委員から御指摘をいただいた関係でございますけれども、お米だけではなくて、日本の状況から考えると、なかなか関税そしてコストの面からいって太刀打ちできないという作物は多いのかというふうに思っております。その中で、お米の関係、今、先ほど二十三年の比較をなさいましたけれども、比較的単価が高かったということからすれば、平均をするとやはり三倍ぐらいの価格差というものがあるのではないかなというふうに思っております。  したがいまして、今の状態でそのまま関税が撤廃をするということになればお米に対して大きい影響が出るというのは、これはそのとおりであろうというふうに思っておりますし、一……

第180回国会 東日本大震災復興特別委員会 第9号(2012/08/03、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) ただいま委員の方から御指摘がありましたように、環境省が放射能にかかわることに関しましては主に取り仕切ることになっております。したがいまして、今言われましたように、まずやらなければいけない、人が住んでいる、健康に害を与えない範囲のところをやりましょうという形で今環境省が進めておりまして、私どもも技術的な支援でありますとか、実はマンパワーも出していきながら、そのようなことをやらせていただいております。  それだけではなくて、全体、県土七割ということでございますし、三十キロ圏内の十二市町村ぐらいに限っても十三万ヘクタールという大変大きな面積を有しております。そこに業としての林……

第180回国会 東日本大震災復興特別委員会 第10号(2012/08/27、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 基本的なところについては、両大臣からお話があったとおりでございます。  農林水産の関係でございますから、そのことに限らせてお話をさせていただければ、確かに遅い時期がございました。そして、特に福島の場合には、請求をする方々がその地に住んでいられないというような条件も重なりましたから大変に支払が遅れたことがございましたけれども、昨年来から徐々に先ほどの話がありましたような形でもってスピード感を持つようにさせていただきました。現在のところ、全体からいえば七四%、福島に限って言いますれば八一%のところまでスピード感を持って支払をするような形になってきております。  これは、委員……

第180回国会 農林水産委員会 第3号(2012/03/22、22期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 委員派遣の御報告を申し上げます。  去る二月二十日及び二十一日の二日間、農業及び林業の実情を調査し、もって今期国会への提出を予定されている株式会社農林漁業成長産業化支援機構法案等の審査に資するため、岐阜県及び愛知県に委員派遣を行いました。  派遣委員は、小川委員長、金子理事、野村理事、山田理事、徳永委員、長谷川委員、横山委員、小野委員、紙委員及び私、郡司の十名であります。なお、小見山幸治議員及び渡辺猛之議員が現地参加されました。  以下、その概要について申し上げます。  一日目は、まず、岐阜県恵那総合庁舎を訪れ、岐阜県、中津川市及び恵那市から、六次産業化、小水力発電、鳥獣被害対策及……

第180回国会 農林水産委員会 第7号(2012/06/14、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 農林水産大臣を拝命いたしました郡司彰でございます。  我が国の農林水産業、農山漁村が大きな転換期にある中で、農林水産大臣を拝命し、その任務の重大さを痛感しております。これまで農林水産副大臣や農林水産委員長など一貫して農政に携わってきた経験を生かして、農林水産業、農山漁村を再生するとともに、消費者の皆様に安全な農林水産物を供給することに全力を傾けてまいる考えでありますので、よろしくお願いを申し上げます。  以下、当面する主な課題と取組方針について申し上げます。  その第一は、東日本大震災からの本格的な復旧復興など、災害対策を進めることです。一日も早く農業、林業、水産業が再……

第180回国会 農林水産委員会 第8号(2012/06/19、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 早速、中谷議員の方から質問をいただきました。  私の思いというものは幾つかありますけれども、今この時期的なものを考えれば、やはり震災からの復興ということは一番最初に考えていかなければいけない、これは何の関係をするものでありましても同じように思っておるところでありまして、ここのところについてはきちんと行っていく。そして、農林水産業ということに関しまして言えば、やはり私は、大変に裾野が広いといいますか、それぞれの地域に密着をしているというようなことが一つの特徴ではないかなというふうに思っております。  私は、あるところでお話をさせていただいたときに、農林水産業というのはやは……

第180回国会 農林水産委員会 第9号(2012/08/28、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 今委員から御指摘がありましたような経過の中で、もう御存じだと思いますけれども、明日二十九日に再度検討委員会で地元の方々の御意見を聞くということになっておりますから、もう少し前向きな形での検討ということにもなるんだろうというふうに思っております。  これまでも、連携を密にしろということでございましたけれども、先ほど言いました技術指針、それからまた、実際には、環境省の形の中に組み込む形で林野庁の職員の方それからOBの方等も既に福島の方のところに入ってお手伝いをさせていただいております。  それとは別に、この除染ということとは別にしても、やはり温暖化対策としての間伐であります……

第180回国会 予算委員会 第21号(2012/06/13、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) 読まさせていただきます。  この質問が、TPPに対して党の方のPTの中でメリット、デメリットということを含めて結論を出すんですかというようなことでございました。  これに対しまして、非常に微妙ですね、昨日まで、私、TPPの、経済連携PTの役員の側におりました。そのときの役員会の議論も存じております。六月の二十一日まで、これは会期末でありますけれども、何らか、そこで一回きちんと物事を区別するようなことにしないといけませんという発言をしたのは私でございます。
【次の発言】 ちょっと何とも言いづらいところがあるんですが、つまり、あの、何年も掛けて議論を出るまでやるんだというよ……

第180回国会 予算委員会 第22号(2012/07/10、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) お答えをしたいと思います。  今、細野大臣からありましたように、主に環境省の仕事として行っている、その中で農林水産省の役割でございますけれども、まず、農地あるいは森林等の除染についての技術の開発でありますとか、あるいは実証実験などを行いまして、その成果をまず公表することをしております。  それから、廃棄物の処理でございますけれども、これは減容化ということの技術が大変必要になってくる、このことについても取り組んでおりまして、その一時保管用の施設でございますけれども、これは既設のものございます、それから仮設のものもございますけれども、いずれにしても、焼却等について環境省と連……

第180回国会 予算委員会 第23号(2012/07/24、22期、民主党・新緑風会)【政府役職】

○国務大臣(郡司彰君) お答えをさせていただきます。  今委員から御指摘がありましたように、働きかけがどちらからなされたのかといえば、それは中国側から先になされたという事実も確認をされております。その後の展開につきましては、農林水産省がルール作りをする、レールを引くというような形の中で接触をいたしました。  今御指摘がありましたように、事務的に詰めなければいけないところで若干の手違い等がございました。したがいまして、今のところでは、頓挫といいますか、中断をしておりまして、今後どのようにするかは、民間の団体であります協議会等としっかりと検討しながら、そしてまた、相手方であります中国の農業部等とも……

第183回国会 農林水産委員会 第7号(2013/05/21、22期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 おはようございます。民主党・新緑風会の郡司でございますけれども、林大臣になりまして初めての質問をさせていただきたいというふうに思っております。  御存じのことかもしれませんけれども、政権交代まで大臣を務めさせていただきました。その間に、もう少し余裕があればこういうことに取り組みたいなということが幾つかございましたけれども、その一つの食の問題について今日は質問をさせていただきたい、このように思っているところでございます。  まず一つ目でございますけれども、食の問題といいますといろいろな切り口があろうかというふうに思っておりまして、国内でも、例えば安全の問題であるとか、あるいは病気にか……


23期(2013/07/21〜)

第184回国会 東日本大震災復興特別委員会 第1号(2013/08/07、23期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(郡司彰君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任をされました郡司彰でございます。  委員会の運営に当たりましては、公平かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどをよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は八名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に熊谷大君、高階恵美子君、福岡資麿君、若松謙維君……

第185回国会 農林水産委員会 第4号(2013/11/14、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司彰でございます。今日は、今国会になりまして初めての質問をさせていただきたいと思います。  法案に先立って、食品の虚偽表示のことについて大臣にお尋ねをしたいなというふうに思っております。  十二日でありましょうか、農林水産省の方から食品表示の適正化に向けた取組方針を大臣の発言としてなされたということで、適正な取組の内容が発表されているわけでありますけれども、私は、その中で、違反が多く報告をされる食材、エビというような表現がございました。このエビについて、これまで虚偽表示のことについては前回の委員会で徳永委員の方から当然なすべき質問がなされておりますので、切り口を変えて御質……

第186回国会 農林水産委員会 第12号(2014/05/20、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  今日は、今委員長からありました経営所得安定、そして日本型直接支払、多面的機能の関係でございますけれども、政府は一貫して新しい農業・農村政策ということで、これまでも農地中間管理機構の創設、そして経営所得安定対策の見直し、さらには水田フル活用と米政策の見直し、そして日本型直接支払制度の創設ということを一体でうたってきておるというふうに思いますので、それらを含めた質問をさせていただければなというふうに思っております。  まず、大臣にお尋ねをしたいと思いますけれども、衆議院で審議が行われまして修正がなされました。そのことについての御感想をお聞かせいただきたいと……

第186回国会 農林水産委員会 第14号(2014/05/29、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 はい、聞いております。  民主党の郡司でございます。今日は四人の公述人の方の御意見、貴重な問題点を惹起をしていただいたなと思って感謝をしております。時間が非常に短くなっているようでありますので、大変恐縮でございますけれども、長岡市長さんと山本公述人に、お二人にだけお尋ねをさせていただきたいと思います。  まず市長さんでございますけれども、独自のアグリビジネススクール、五十一名が就農をされているということで、成果が上がっているなというふうに思いますけれども、五十一名の方の内訳、市の内外の方、どういう比率なのか、それから特色としてどういうことが出ているのか、もしお分かりになれば。  そ……

第186回国会 農林水産委員会 第15号(2014/06/03、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司彰でございます。前回に引き続きまして、新しい農業・農村政策について質疑をいたしたいと思っております。  前回、いろいろなやり取りをさせていただく中で、時間の配分の関係で詰め切れないような部分が相当ございました。その中の幾つかについて今日もまた質問をさせていただきたいと思いますが、それ以外に、例えば人口減少と自給率の関係について、答弁では、生産量が一定だといたしましても需要が落ちていけば結果的にそこは消費に回らないという形で、自給率にどういう影響があるかというのをアプリオリに上がる、下がるということを申し上げるのはなかなか難しい、こういうような答弁もございました。  私は……

第186回国会 農林水産委員会 第18号(2014/06/19、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司彰でございます。  法案の質疑に先立ちまして、私も環境大臣のことについて一言触れておきたいなというふうに思っております。  先ほどもありましたけれども、あの発言は農林水産省にも本当に大きな関係があるんだというふうに思っています。つまり、貯蔵施設の選定に当たっては、多くが国有林というところが対象の地域になっている。そして、環境省が実際にやっている除染の事業は、多くの人たちが林野庁の方からお手伝いに行っている。こういう状況の中で、これまで農林水産省が培ってきた数々の努力というものを無にするということと、あわせて、もちろんでありますけれども現地の方々の心を踏みにじるようなもの……

第187回国会 農林水産委員会 第3号(2014/11/06、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 西川大臣に初めて質問をさせていただきます。民主党の郡司彰でございます。  質問に入ります前に一言だけ申し上げておきたいと思いますが、政策的な課題、委員会の法案の前に、大臣に対する個人的な問題、課題というものが残されております。このことについては今日私自身からは触れませんけれども、これからもただすべきはしっかりただしていくということを前提に、今日は米の問題に特化をして質問をさせていただきたいと思います。  まず、大臣のこれまでの米に対する概算金に対する発言というものが何度かございました。これ、下野新聞の十月一日でございますけれども、大臣が実態よりも低いぞというようなことを述べたという……

第189回国会 農林水産委員会 第4号(2015/04/07、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  今日は林大臣に質問をさせていただきたいと思いますが、前西川大臣に一度も質問をする機会がございませんでした。したがって、前回の大臣と同じ林大臣に質問するようなことになりましたけれども、国会に来てどのぐらいの大臣がいらっしゃったかというと、多分二十人を超える農林水産大臣にお会いをしていたのかなという感じがいたしますけれども、その中で二度お目にかかっている方が、中川大臣、それから若林大臣、そして林大臣と、三人目でございまして、前お二人と同じように実績を上げられるようにということで御期待を申し上げたいと思います。まず、予算の関係でございますけれども、……

第189回国会 農林水産委員会 第5号(2015/04/14、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  国会の役割は、政権、内閣への批判とそれから検証だろうということで、その趣旨に沿った質問をさせていただきたいなというふうに思います。  基本計画でございますけれども、「まえがき」、そして第一、第二、第三というような分け方になっておりますが、その「まえがき」のところで、一ページのところでございますけれども、真ん中辺りから「農業生産の現場では、」というような文言がございます。大臣が前回の委員会でお読みをいただいた説明資料の方はもっと簡潔な表現になっておりますので、そちらをお借りすれば、百ヘクタールを超える大規模経営の出現、これは明るい展望を切り開く……

第189回国会 農林水産委員会 第14号(2015/08/04、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  今日は、農協法の審議ということで質問をさせていただきたいなというふうに思います。大臣の方から法律案の提案理由説明を受けました。そのときの紙をカッターで切り取りましてお持ちをしておりますので、この内容に沿ってお聞きをしたいなというふうに思っております。  まず、一枚目のところにございます、農業協同組合が事業を行うに当たって農業所得の増大に最大限の配慮をしなければならないというようなことについてお話を伺いたいというふうに思っております。  衆議院で私どもは、この法案に対して結果としては反対の立場を取らせていただきました。対案も出させていただきましたが、残念……

第189回国会 農林水産委員会 第15号(2015/08/18、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  今日は、貴重な御意見をそれぞれの方からいただき、ありがとうございました。  時間の関係で簡潔に質問を始めさせていただきたいと思います。  まず、香川参考人にお尋ねをいたしたいと思います。  先ほど来から、御自分の単協も大変有数なところだというふうに聞いておりますし、全体の農協としての改革への挑戦をおまとめになられたということでございまして、大変御苦労だなというふうな感じがしております。  今回の農協法の審議全体に遡って、例えば二〇〇〇年の頃には食料・農業・農村基本法という新しい基本法が作られました。農業団体というのは、食料の安定供給、多面的機能の発揮、……

第189回国会 農林水産委員会 第17号(2015/08/25、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  今日は農協法の審議ということでございますけれども、残る審議の回数というものも限られてきているような日程感をお聞きをしております。したがいまして、これまでのところで、質問をして時間があれば改めてというようなことで申し述べておいたようなことを中心に質問をさせていただきたいというふうに思いますし、概括的なことについてもお聞きをしていきたいなというふうに思っております。  まず最初に、お配りをしております日本農業新聞のモニター調査というのは、お配りになっておりますでしょうか、このことについてお尋ねをしたいというふうに思いますが、この七月十四日というような日にち……

第190回国会 農林水産委員会 第2号(2016/03/10、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  同じ党でこういうことを言うとおかしいかもしれませんが、小川議員の質問、大変勉強になりましたし、生物多様性国家戦略を具体化するというのは、いろんなところでいろんなことがあるんだなということを今改めて感じさせていただきました。  森山大臣、御就任おめでとうございます。初めて質問をさせていただきます。私ども、野党という立場でございますので、政策、法案に対しては厳しい批判の目でより良い内容のものを作っていきたいというふうに思いますと同時に、森山大臣にはしっかり頑張っていただきたいなというふうに思っております。先日、所信表明をお聞きをしておりまして、少……

第190回国会 農林水産委員会 第3号(2016/03/23、23期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司でございます。  今日は委嘱審査ということでございまして、午前中に大臣の方から予算の説明をお聞きをいたしました。所信のときには六ページまでにTPPという言葉が五回出てまいりましたが、今回は一回も出てこないということでありますけれども、総じて関係をする予算が散らばっているのではないかなということで、今日はTPPの大筋合意と基本計画、そしてその予算についてお尋ねをしたいというふうに思っております。  まず最初に、このTPPに対する農水省の評価、全体として国内生産への影響は少ないというようなものだというふうに理解をしておりますが、そのような理解でよろしゅうございましょうか。

第190回国会 農林水産委員会 第5号(2016/04/05、23期、民進党・新緑風会)

○郡司彰君 民進党の郡司でございます。  漁船損害等補償法及び漁業災害補償法の一部を改正する等の法律案、参議院先議でございますけれども、今日、質疑をさせていただきたいなというふうに思っております。  この二つの法案にも関わりがあることになってくるんだろうというふうに思います。いつものことでございますが、十月の五日にTPPが大筋合意をされました。今回のこのTPPによりまして、水産関係、魚種、海藻ごとに、即時、六年、十一年、十六年までの段階的な関税撤廃や削減が決まったというふうに思っております。全体でいうと、輸入額の三割をTPP加盟国で占めている、そしてまた即時というものの中には、干しのりでありま……

第190回国会 農林水産委員会 第7号(2016/05/12、23期、民進党・新緑風会)

○郡司彰君 民進党の郡司でございます。  今日は森林の関係を中心に質問させていただきたいと思っています。  まず、国会に十八年前に来ることになりまして、その当時、農林水産委員会でスーパー林道というものの是非などが議論をされておりました。そのうちに、関係者の話を聞きますと、スーパー林道はともかくとして、作業道、要するに林道、路網の整備というものは、これは大変に重要なんだと、こういうような話を大分聞かされました。  したがって、一般質疑のときなどには、路網の整備をすべきではないかということを何度か質問をさせていただきまして、当時の民主党としても、山の問題をきちんと考えてみよう、森林・林業の再生プロ……


24期(2016/07/10〜)

第191回国会 議院運営委員会 第1号(2016/08/01、24期、各派に属しない議員)【議会役職】

○副議長(郡司彰君) 一言御挨拶申し上げます。  今般、皆様の御推挙により副議長に選任をいただき、その重責に身の引き締まる思いがいたします。微力ながら、伊達議長を補佐し、議院の円満なる運営のため懸命に取り組んでまいる所存でございます。  松山委員長を始め、本委員会の皆様の一層の御指導と御鞭撻を心からお願い申し上げまして、御挨拶といたします。  今後とも、どうぞよろしくお願いを申し上げます。  ありがとうございました。


25期(2019/07/21〜)

第200回国会 農林水産委員会 第2号(2019/11/07、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○郡司彰君 立憲・国民.新緑風会・社民会派の無所属議員の郡司でございますけれども、今日は、大臣の所信に対しての質問をさせていただきたいなと思っております。  その質疑に入る前に一言だけ申し上げておきたいと思いますが、予算委員会での通告漏えいの問題がありました。伴って、私どもの委員会でも簡素な通告ということをしておりますけれども、これ、必ずしも私どもが望んでいる行政監視の在り方に合致するということではない部分もあります。しかし、今回の責任は内閣にあって、対処は与党側が握っているわけでありますから、速やかにその方のことを計らっていただきたいなというふうに思っております。  それでは質問に入らせてい……

第201回国会 農林水産委員会 第8号(2020/04/02、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○郡司彰君 共同会派の郡司でございます。  今日は、今ほどの大臣のお話にもありましたけれども、コロナの対策というようなことで会場も変わっておりますけれども、限られた時間で集中の審議ということでございますので、基本計画に絞って質問をさせていただければなというふうに思っております。  まず冒頭お話を伺いたいのは、二十五日の日に農政審高野会長から答申を受けられたということでございまして、そのときに会長からは、要約すれば、国民の理解を得ることが第一の課題なんだというようなお話があったそうでございますけれども、このことに関しまして大臣の感想なりお考えをお聞かせいただきたいと思います。



各種会議発言一覧(参議院)

18期(1998/07/12〜)

第145回国会 予算委員会公聴会 第1号(1999/03/04、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司でございます。  先ほど来の両先生のお話を貴重にお聞きしておりました。お述べになったこと以外にも大変お詳しいということですので、そのような観点から若干質問をさせていただきたいと思っております。  森本先生の方にお伺いをしたいと思いますけれども、今のガイドラインの法案を含めまして一方の準備がされておるわけでありますけれども、さきの大戦の反省も踏まえまして、一朝事があったその後半世紀にわたってまだ解決をされないような課題が現在まで残っているというふうなことがございます。  そのようなことを考えますときに、今北朝鮮の問題が非常に例示として多く挙げられているわけであり……

第151回国会 共生社会に関する調査会 第5号(2001/04/02、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 先ほど、四名の方のお話を聞かせていただきまして、正直なところ女性の視点というものを十分に理解していないなということがありましたけれども、それと同時に、大変な調査会に配属になったなというような感じがいたしました。  といいますのは、きょうのこのメーンテーマであります保育ということに関しましても、これはもう社会全体の問題に連なっているということが非常に多いわけでありまして、そういう意味で大変だなというような意識でございます。  それから、私個人のことでちょっと恐縮でございますけれども、私自身は母子家庭で、母が保育士ということでずっとその中で育てられましたので、率直な意見から言うと、男性……

第151回国会 共生社会に関する調査会 第6号(2001/05/14、18期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 家の問題というのは、女性の話の場合によく出てくるんですけれども、今、仕事の中で家というのが下について職業がよくわかるなというのは、例えば農家とか商家とか、落語家なんというのもありますけれども、大体その二つぐらいが大きいんだろうと思うんです。  そうしますと、農家の方や商家の方というのは、今の議論とちょっとなじまないかもしれないけれども、実質的には労働もしているわけです。しかしながら、世間の税の問題とかその他のところになると必ずしもそれが出てこないというような仕組みの中で働いている人というのがたくさんいらっしゃるんですね。そういう人たちが税制の問題、社会保障というだけではなくて、今そ……


19期(2001/07/29〜)

第153回国会 共生社会に関する調査会 第1号(2001/11/05、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 先ほど小泉さんの方から、共生というのは男女で、生態系は含まないのかという話がありまして、私も三年前に共生社会というのを聞いたときに、生態系その他も含めるのかなと思ったことがございました。  それで、今なぜそのような話をちょっとさせていただいたかというと、生態系のことを考えると、必ずしも共生ということがみんな仲よくしましょうということにはなっていなくて、例えば、今、コグチバスでも、これはともに生きないということの選択も生態系の中ではあるわけですね。男女の場合にはいかにも共生ということが当たり前の言葉から始まっていて、それがもうにしきの御旗で、そのこと自体に異議を挟むことが、これは余り……

第153回国会 共生社会に関する調査会 第4号(2001/12/03、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司と申します。おくれて参りまして、十分に御意見をお聞かせいただくことができませんで、恐縮でございました。  多分、谷村参考人の関係になるかと思いますけれども、実は自分自身のことも含めてなんでありますが、虐待といいますか、親の方にトラウマといいますかそういうものが蓄積されていたり、重い軽いはあるにしても何かしらある、それでそれが出てくるというようなことも考えられると思うんですね。  それで、数字等見させていただきますと、実母の方が大変にウエートが高いというようなことがあったりして、そういうことからいうと、私は自分で産んだことがないのでよくわかりませんが、例えば母親……

第155回国会 共生社会に関する調査会 第1号(2002/11/11、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 児童虐待もDVも本質的には同じ問題があるんだと思いますが、分かりやすくDVのことでいいますと、被害者は法や裁判によって救済をされる。救済をされたといっても、心のケアの問題や何かが出てくる。  加害者と言われる人たちの更生プログラムというのが言われておりますけれども、このプログラムというのは、例えば加害者の方がいろんな優位性を持ってやったとかという、いろんなことはあるかもしれませんけれども、自分も悪かったなと思っているかもしれない、あるいは悪くなかったなというふうに思っているかもしれない。その更生のプログラムというのは、再びそういうことを起こさないということに対してのプログラムなのか……

第156回国会 共生社会に関する調査会 第2号(2003/02/12、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 今日はありがとうございます。  それで、ちょっと誤解を招くかもしれませんけれども、ちょっと品性の少ない質問になるかもしれないんですが、実は今の皆さん方のお話を聞くと、だれもがそうだろうなというふうに思うんだろうと思うんですね。  ところが、現実はなかなか遅々として進んでこないというようなことがございまして、例えば、こういうような皆さん方がやっている基本法、それから具体的なその技術に当たるまでのものを作る、そういう社会ができるということに対しては必ず予算が付かなければいけない。その予算が付くということに関して、先ほどお話を聞いていても若干私もそういうものも感じたんですけれども、こうい……

第156回国会 共生社会に関する調査会 第5号(2003/04/16、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 どうも御苦労さまでございます。  戒能参考人にちょっとお尋ねをしたいと思いますけれども、読ませていただいた資料の最後のページですけれども、半括弧の九番のところで、「被害者の権利、苦情処理制度、」、その後に「男性の脱暴力学習、教育による被害再発、拡大防止と未然防止」と、この辺の関係なんですけれども、今までの議論のことも非常によく分かりますし、起こってからの対処の問題、不十分な点がある。その前段の未然の防止ということが、この法律の中でいうと例えばどういうような形のものが加えていったらいいのか、それは多分に一つの省庁だけでは済まないことも多くあるだろうと思いますけれども、その辺のところに……

第156回国会 内閣委員会、厚生労働委員会、農林水産委員会連合審査会 第1号(2003/05/14、19期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  この法案は私もいろいろ思いがございます。ただ、限られた時間でございますので早速具体的な質問に入らせていただきますが、まず谷垣大臣にお聞きをしたいと思います。  衆議院におきまして二点の修正がなされました。これは、当然もうこちらに送られてきましたときにはこの二点の修正を含めての提案でございます。特にこの牛肉のトレーサビリティー、「国の内外における」ということに関しまして、これらを十分にこれからも生かしていく、その決意というふうなことで改めてお聞かせをいただきたいと思いますが。
【次の発言】 亀井大臣にお聞きをしたいと思います。  衆議院の方で……


20期(2004/07/11〜)

第161回国会 憲法調査会 第5号(2004/11/24、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党の郡司彰でございます。  それでは、憲法における司法の在り方につきまして、私の考え方を申し述べさせていただきます。  申すまでもなく、我が国の統治の仕組みは三権分立であり、その下で三つの機関が相互にバランスを保ってチェックをし合う、この仕組みは民主主義を推進していく上で極めて重要な仕組みであります。問題は、その仕組みが本来想定されたような機能を十分に果たしているかどうかであります。  我が国の歴史は、明治以来、行政が圧倒的な権限と力を握り統治してきたことは間違いありません。戦後、民主主義政治に切り替わり、立法府を国権の最高機関と位置付け、司法府、行政府とともに三権分立の機構が……

第161回国会 憲法調査会 第6号(2004/12/01、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 時間が限られているようですので、簡潔に申し上げたいと思いますが。  一つの議論として、これは二院制の在り方というよりも、立法府の在り方といいますか、民主主義のコストとして、大体、例えば国の予算でありますとかGDPでありますとか、そういうものの議論というものもどこかで必要なんではないかなと。  例えば、ちょっと話が違うようですけれども、議員年金をどうしようという話もありますけれども、いろんな理由がありますが、例えば年金が廃止をされて、それならば一生涯議員をやっていこうなんということになりますと、これは正常な入替えというふうなことも可能ではないようなことも出てくるわけでございます。  ……

第161回国会 憲法調査会二院制と参議院の在り方に関する小委員会 第1号(2004/11/05、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 今日は、当たり前の話ですけれども、制度というのは裏側で存在意義そのものの話になるんだなということを再確認をしたような話を聞かせていただいたなと思っております。  それで、私は、一つは、先生がいらっしゃれば、先生がおっしゃったようなシミュレーションで七月の結果はどんなふうになるのかなというのがちょっとお聞きをしたかったというようなところもありますけれども、党議拘束という話が出てまいりました。  そして、先ほど田先生の方からも緑風会のときの話が出されておりまして、私ども資料でしかこれはもう知るすべがないんでありますけれども、緑風会の、特殊なこの時代の背景の中でもちろんあったわけでありま……

第161回国会 憲法調査会二院制と参議院の在り方に関する小委員会 第2号(2004/11/19、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 やはり私も、この二院制考える場合には、選挙制度と無関係に考えるというのはちょっと無理があるのかなと。やはり解散がない、六年間という任期の中で立法府として何をできるかというふうなところから考えると、先ほど皆さんから出ていますように、決算でありますとか行政監視でありますとかというところに行き着くような感じがするんですね。  もう一つ、私は、何にも勉強しないで国会に来たという感覚でおりますと、請願というものがあるんですけれども、それの扱いというものが非常に粗略に扱われているなというのを感じておりました。  いつも、例えば一千万であろうと数が少なかろうと、会期の最後のところでもって、このよ……

第162回国会 憲法調査会二院制と参議院の在り方に関する小委員会 第2号(2005/02/16、20期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 民主党・新緑風会の郡司彰でございます。  今日の参議院と政党の関係、そしてまた構成の在り方・選挙制度に沿いまして、私の考え方を述べさせていただきたいと思っています。  まず、大きく今回の部分に関しては、憲法の新たに加える、あるいは改正をするということではなくて、現実の問題として活性化をどう図るかというような観点で私はいいのではないか、そのように考えております。  まず参議院と政党との関係でございますけれども、これまでの議論の中で、衆議院に比べ政党と距離を置いた方が望ましい、あるいはまた政党の枠にとらわれないことに意味があるんではないかというような意見がございまして、私もそうだという……


21期(2007/07/29〜)

第171回国会 国際・地球温暖化問題に関する調査会 第1号(2009/02/10、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 いろいろと現在までの、そして現在の状況をお聞かせをいただいてありがとうございました。二つほど質問をさせていただきたいと思っております。  一つは、古谷審議官の方にお聞きをしたいと思いますけれども、ちょっと年代、はっきりしておりませんが、さかのぼってこの表を見させていただくと、十四年の改正のときかなというふうに記憶をしておりますけれども、本会議のNPO改正についてのやり取りの中で、当時は宮澤大蔵大臣だったですよね、が、NPOの方々全部を指しているんではないけれども、うさんくさいような人たちというような表現があったというふうにちょっと記憶をしております。  多分にNPO、NGOという活……

第171回国会 国際・地球温暖化問題に関する調査会 第3号(2009/02/25、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 いろいろ今日のお二人の参考人の話も聞かせていただいたりしながら考えていたんですけれども、なぜ必要かとか、そういうような議論というのが余りなじまないのかなというような感じがしております。  私自身の感覚からいうと、このような国会の中でNGOの話をする場合には、例えば、なぜ日本でNGOで、俗っぽく言うと、生活をしているような人たちが増えないんだろうか、あるいはまた、若い人たちでそこに入っていく人たちが少ないんだろうか。例えば、学校教育でそれを教えるとかというよりも、制度の面で、休学をしてそのような活動に行っているときには復学をするときにそれを可能にするような制度をきちんとつくってあげる……

第171回国会 国際・地球温暖化問題に関する調査会 第5号(2009/04/08、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 三人の参考人、本当、大変に参考になりました。ありがとうございました。  こういうことが問題になってからしばらくたつわけでありまして、いろんな知識、資料を私どもも目にしたり聞いたりすることが多くなって、それなりの知識を蓄えてきているのかなというような感じがしております。  そういう中で、排出権の取引でありますとか、あるいは森林吸収源でありますとか、このごろはまた新たに水田吸収源はどうだとか、マイナスにカウントされるポイントの問題とは別に実質的にどうしていくのかという問題があるんだろうというふうに思っておりますし、先ほどから言われておりますように、国といいますか政府といいますか、強い意……

第171回国会 国際・地球温暖化問題に関する調査会 第7号(2009/06/17、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○郡司彰君 題名が「主な論点」ということで、整理をするということでもありませんし、調査会としての提言にまとめるという形でもないということでありますから非常に難しいのかもしれませんけれども、そもそも地球温暖化という名前を冠した調査会をつくった目的からすると、このままでよいのではないかとかということではないんだろうというふうに思うんですね。ですから、そこに向けてどれだけ建設的な意見が多々出され、どのような形でみんなの思いが幾らかでも一つになっていくかというような過程が調査会としては求められたはずでありますんで、そういうような形で整理をするということがやっぱり当たり前なのかなというちょっと感じがいた……


22期(2010/07/11〜)

第177回国会 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 第6号(2011/04/27、22期、民主党・新緑風会)

○郡司彰君 本日は三参考人のお話、ありがとうございました。  それぞれにちょっとお聞きをしたいと思いますが、まず、田中先生の書かれたものをちょっと事前に読まさせていただきました。大変気になったといいますか、心に留まったものがありまして、「亡くなる直前の短期間に、医療や介護サービスが主となり生活が従となるような場所に移ることはあっても、数年にわたってそうした生活に制限の強い施設に移らずにすむような方策をつくらなければなりません。」という文言でございました。  それで、その後、実際に先生のお話を聞いて思い出した方がありました。今井澄議員という参議院議員がおりました。若くしてお亡くなりになりましたけ……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

郡司彰[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書