国会議員白書トップ参議院議員平山幸司>委員会発言一覧(全期間)

平山幸司 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

平山幸司[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書

このページでは平山幸司参議院議員が委員会や各種会議で行った質問や答弁などの発言の冒頭部分と会議録本文へのリンクを一覧化しています。平山幸司参議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

21期(2007/07/29〜)

第168回国会 行政監視委員会 第2号(2007/11/05、21期、民主党・新緑風会・日本)

○平山幸司君 民主党・新緑風会・日本の平山幸司と申します。  先般の参議院選挙におきまして、青森県民の皆様の大きな期待と重い責任を背負っての質問となります。直近の民意、さらには国民に一番近い立場の議員として質問をさせていただきたいと思います。  今日は、我々が訴えてまいりました三つの柱と七つの提言、特に三つの柱であります年金、農林漁業、子育てに関しまして、これまでの政府、政治、行政の対応がどうであったか。先般の参議院選挙の結果を見ますと、国民の皆様は我々の三つの政策を支持いたしました。逆を言えば、これまでの政府が行ってきた政策に対して国民の不満が大きく出た結果であったと言っても過言ではないと思……

第169回国会 国土交通委員会 第12号(2008/05/29、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○平山幸司君 民主党・新緑風会・国民新・日本の平山幸司です。  海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案につきまして、長浜委員に続きまして質問をさせていただきたいと思います。多少重複する点もあると思いますけれども、その辺は御理解いただきたいと思います。  冒頭、ここ最近、数日間特にありますけれども、原油高の高騰ということで、昨日も、私地元は青森県でありましたので、八戸の海にかかわる皆さんが、これ漁業団体でありましたけれども、この原油高大変だと、何とかしてもらいたいというお話もありました。  そういった意味で、世界に対して海洋立国としてやっていくんだという試みの中で、これまでの経緯も含めて、こ……

第170回国会 国土交通委員会 第5号(2008/11/27、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○平山幸司君 民主党の平山幸司です。  前回は冬柴大臣のときに質問をさせていただきまして、その後、お二人ほどなぜか替わりまして、今日、しかしながら、金子大臣に質問をさせていただく機会を得ましたことを感謝申し上げます。  観光庁設立の際の懇親会でも非常に、私、観光業に携わっておりましたので、大臣のお話、見識高く紳士的な尊敬できる、我が方の長浜ネクスト大臣も本当に紳士で大変尊敬しているわけでありますけれども、大臣の大変立派な姿勢を評価して質問させていただきたいと、このように思います。  そこで、長期優良住宅に関してですが、少し基本に立ち戻って、この長期優良住宅の目的ですね、この目的を、非常に大切だ……

第171回国会 国土交通委員会 第2号(2009/02/12、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○平山幸司君 民主党の平山幸司です。  平成二十年度における地方道路整備臨時交付金の総額の限度額の特例に関する法律案について、広田委員に続きまして質問をさせていただきます。  私の方からも、今通常国会において参議院国土交通委員会開催冒頭の質問となりますので、本法案を始め、これに関連した国土交通省全体にかかわる質問をさせていただきたいと思います。  この法律案の内容としては、揮発油税の収入額の予算額とあるものを、当初予算における揮発油税の収入額の予算額とすると。極めてシンプルなものでありながら、ちょっと分かりづらい。その背景には、これまでの道路政策の歴史とともに様々なものが複雑に絡み合っていると……

第171回国会 国土交通委員会 第11号(2009/04/21、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○平山幸司君 おはようございます。民主党・新緑風会・国民新・日本の平山幸司です。  会派として、本法律案に関しまして最後の質問になりますので、恐らくそういうことになると思います。よって、三月中旬からずっと衆議院から始まってこの法律案の議論がなされてきたと思います。  早速ではありますけれども、改めて大臣の方に、五十五年間ですか、続いたこの法律案が大きく方向転換するということに対しまして、政治的そしてまた歴史的にも、さらには国の統治機構の在り方等々も含めまして、本法律案の意義や重要性について大臣の考えを簡潔にお願いします。
【次の発言】 新しい方向に向かうということで、大きな責任をまず感じている……

第171回国会 国土交通委員会 第16号(2009/05/26、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○平山幸司君 民主党・新緑風会・国民新・日本の平山幸司です。  最初に、前回歴史的大転換期に当たる道路特定財源の一般財源化というお話を本院においてさせていただきましたけれども、その際、道路臨時交付金の廃止、それに代わって地域活力基盤創造交付金というものがつくられる。これは私の認識では、法的根拠はなく、毎年の予算措置であるという認識でありました。地域活力基盤創造交付金、町づくりとも非常に、今回の法案とも関連してくると思いますけれども、大臣はこの際、ここに議事録ありますが、地域活力基盤交付金は恒久法というふうに言われましたけれども、その根拠を、ちょっとこれは通告していないんですけれども、お伺いした……

第174回国会 国土交通委員会 第4号(2010/03/30、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○平山幸司君 おはようございます。民主党の平山幸司です。  ただいま大臣から御説明がございました国の直轄事業維持管理負担金廃止法案について質問をいたします。与党での質問は初めての機会となりますので、まず簡単な答えやすい質問を五、六問させていただきたいと思いますので、大臣始め政務官の皆さん、よろしくお願いいたします。  それでは、冒頭、本法律案の位置付けと評価についてお伺いしたいと思います。  国会に提出するすべての法案は各々重要だと認識いたしておりますけれども、国交省の関連法案も今回十本以上ですか、提出される予定となっております。しかしながら、この法律案、歴史的観点から見た場合の意義について、……


22期(2010/07/11〜)

第177回国会 国土交通委員会 第8号(2011/04/19、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 おはようございます。民主党、青森県選出の平山幸司です。  ただいま趣旨説明がございました都市再生特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、質問いたします。  まず初めに、都市再生法施行後約十年弱、この間、我が国の社会情勢、経済情勢もかなり変化しておりますけれども、これまでの都市再生事業の効果若しくは評価を簡潔にお願いいたします。
【次の発言】 ありがとうございます。  今答弁にもありましたように、およそ大都市に関しては評価があるということで、さらに、そういった意味では国際競争力も含め、推進を力強くしていただきたいと、このように思います。  一方で、私の地元青森県でありますけれ……

第177回国会 災害対策特別委員会 第3号(2011/04/06、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  この度の東北地方太平洋沖地震、我が青森県にも大きな被害がありました。また、あらゆるものを共有する東北地方は、未曽有の大震災により壊滅的な打撃を受けたわけでございます。  まずは、この度の震災によりお亡くなりになられた方に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災地の皆様にお見舞いを申し上げます。さらには、地震からもうすぐ一か月、この間、昼夜を問わず復旧復興に総力を挙げ未曽有の大震災と向き合ってきた全ての皆様に、この場をお借りし、敬意と感謝を申し上げます。  副大臣にお伺いいたします。今報告がございましたけれども、震災から一か月、政府の具体的な対応、対……

第177回国会 災害対策特別委員会 第6号(2011/05/02、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 四月二十五日、宮城県において、東日本大震災による被害状況等の実情を調査してまいりました。  参加者は、ツルネンマルテイ委員長、友近聡朗理事、加治屋義人理事、岡崎トミ子委員、加賀谷健委員、轟木利治委員、平山誠委員、吉川沙織委員、愛知治郎委員、青木一彦委員、金子原二郎委員、熊谷大委員、佐藤正久委員、若林健太委員、秋野公造委員、山本博司委員、寺田典城委員、山下芳生委員及び私、平山幸司の十九名であります。  現地調査の概要を御報告いたします。  平成二十三年東北地方太平洋沖地震は、三月十一日の午後二時四十六分に発生した三陸沖を震源とするマグニチュード九・〇の地震であり、宮城県北部において……

第177回国会 災害対策特別委員会 第10号(2011/06/15、22期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○理事(平山幸司君) ただいまから災害対策特別委員会を開会いたします。  ツルネン委員長から委員長辞任の申出がございましたので、私が暫時委員長の職務を行います。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、小熊慎司君及び佐藤正久君が委員を辞任され、その補欠として上野ひろし君及び松下新平君が選任されました。
【次の発言】 委員長の辞任の件についてお諮りいたします。  ツルネン委員長から、文書をもって、都合により委員長を辞任したい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。よって、辞任を許可することに決定いたしました。  ……

第177回国会 予算委員会 第16号(2011/05/20、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 民主党、青森県、被災地出身の平山幸司です。  震災から二か月少し、まずは、この度の震災によりお亡くなりになられた方に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災地の皆様と関係する全ての皆様にお見舞いを申し上げます。  被災関連、特にこれから極めて重要な、未来に希望が持てる復旧復興政策という観点から、菅総理に質問をいたします。  菅総理、現在、被災地はもとより、被災地以外の東北地方は、広範囲にわたって今回の震災で経済活動の根幹である人、物、金の動きが萎縮状態にあります。これまで、がんばろう日本、がんばろう東北の掛け声で何とか乗り切ってきたわけでございますが、東北地方の人々の暮らしは極……

第178回国会 災害対策特別委員会 第1号(2011/09/13、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第179回国会 災害対策特別委員会 第1号(2011/10/20、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第179回国会 災害対策特別委員会 第2号(2011/10/26、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 十月四日、和歌山県及び三重県において、平成二十三年台風第十二号による被害状況等の実情を調査してまいりました。  参加者は、松下新平委員長、牧山ひろえ理事、加治屋義人理事、加賀谷健委員、高橋千秋委員、那谷屋正義委員、平山誠委員、吉川沙織委員、青木一彦委員、鶴保庸介委員、若林健太委員、秋野公造委員、渡辺孝男委員、上野ひろし委員、山下芳生委員及び私、平山幸司の十六名であります。  現地調査の概要を御報告いたします。  平成二十三年台風第十二号は、日本の南海上を発達しながらゆっくり北上し、九月三日に高知県東部に上陸後、四国地方、中国地方を縦断して四日未明に日本海へ進みました。紀伊半島では……

第179回国会 災害対策特別委員会 第5号(2011/11/30、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 十一月十日、福島県において、平成二十三年七月新潟・福島豪雨による被害状況及び復旧状況等の実情を調査してまいりました。  参加者は、松下新平委員長、牧山ひろえ理事、加治屋義人理事、小坂憲次理事、那谷屋正義委員、平山誠委員、吉川沙織委員、岩城光英委員、秋野公造委員、渡辺孝男委員、小熊慎司委員及び私、平山幸司の十二名であります。  現地調査の概要を御報告いたします。  平成二十三年七月二十七日から三十日にかけて、朝鮮半島から関東の東に停滞した前線に向かって非常に湿った空気が流れ込んだことで、大気の状態が不安定となり、新潟県及び福島県を中心に記録的な大雨を降らせました。二十七日から三十日……

第180回国会 国土交通委員会 第11号(2012/08/28、22期、国民の生活が第一)

○平山幸司君 国民の生活が第一、青森県選出の平山幸司です。よろしくお願いいたします。  まず、国交大臣へ御就任の羽田大臣には、国土交通行政での積極的なリーダーシップを是非発揮していただきたいと心から期待するところでございます。  早速ですけれども、質問に入らせていただきます。  まず、都市の定義について質問いたします。  本法律案の第一条に、この法律は、社会経済活動その他の活動に伴って発生する二酸化炭素の相当部分が都市において発生しているものであることに鑑み、都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針の策定について定めるとありますけれども、この場合の都市とはどの程度の規模の都市を念頭に置いている……

第180回国会 災害対策特別委員会 第1号(2012/01/24、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第180回国会 災害対策特別委員会 第3号(2012/02/27、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 一月十八日、鹿児島県及び宮崎県において、桜島及び霧島山・新燃岳の噴火による被害状況等の実情を調査してまいりました。  参加者は、松下新平委員長、牧山ひろえ理事、加治屋義人理事、小坂憲次理事、ツルネンマルテイ委員、秋野公造委員、渡辺孝男委員、山下芳生委員及び私、平山幸司の九名であります。  現地調査の概要を御報告いたします。  まず、桜島につきましては、平成二十三年に過去最高となる九百九十六回の爆発を起こし、平成二十四年に入っても、その活動を活発化させております。年間降灰量も、平成二十三年は四百五十八万トンを記録し、平成二十二年の五百四十三万トンに続き大量の降灰が続く状況にあります……

第180回国会 災害対策特別委員会 第5号(2012/03/23、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 私は、ただいま可決されました豪雪地帯対策特別措置法の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会、公明党、みんなの党及び日本共産党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     豪雪地帯対策特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   平成十八年豪雪、平成二十二年度豪雪及び今冬の大雪による被害に見られるように、近年、我が国における豪雪被害は、多くの犠牲者を始めとする甚大な人的被害及び社会的、経済的被害をもたらしており、豪雪地帯における市民生活は極めて厳しい状況にある。豪雪地帯における安全で安……

第180回国会 災害対策特別委員会 第6号(2012/06/15、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 去る五月十七日、茨城県において、平成二十四年五月に発生した突風等による被害状況等に関する実情を調査してまいりました。  参加者は、松下新平委員長、牧山ひろえ理事、加治屋義人理事、小坂憲次理事、加賀谷健委員、小見山幸治委員、那谷屋正義委員、吉川沙織委員、青木一彦委員、岡田広委員、若林健太委員、秋野公造委員、渡辺孝男委員、山下芳生委員及び私、平山幸司の十五名であります。  現地視察の概要を御報告いたします。  竜巻発生時の五月六日の気象は、日本の上空約五千五百メートルに氷点下二十一度以下の強い寒気が流れ込む一方、東日本から東北地方の太平洋側に暖かく湿った空気が流れ込んだため、東海地方……

第180回国会 災害対策特別委員会 第9号(2012/07/27、22期、国民の生活が第一)

○平山幸司君 国民の生活が第一、青森県選出の平山幸司です。どうぞよろしくお願いいたします。  まずは、私の方からも、七月の各地の大雨により犠牲になられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。  早速ですが、初めに、多発する災害に対する防災担当大臣の取組について質問をさせていただきます。  昨年の東日本大震災以来、およそ十六か月が経過します。この間も日本列島は災害が多発しております。災害は生命と財産にかかわるものとして国の迅速な対応が求められているということを、これまでも本委員会において再三私は申し上げさせていただきましたし、大臣ももう認識を共有していると……

第180回国会 東日本大震災復興特別委員会 第10号(2012/08/27、22期、国民の生活が第一)

○平山幸司君 国民の生活が第一の青森県選出、平山幸司です。  まずは、被災地選出でもある初代の平野復興大臣に、これまでの東日本大震災の復旧復興への御奮闘に心から敬意を表したいと思います。  実は、私も昨年の六月二十日、参議院の本会議にて復興基本法案に対する賛成討論を行わせていただき、その際、復興庁の早期の設置を強く提唱いたしました。よって、復興庁に対し自分自身としても特別な思いがございます。復興基本法案成立後、結果的におよそ半年を過ぎた今年の二月に復興庁が設置、それから半年が経過します。  そこで、まず、復興庁設置からこれまでの所管大臣としての客観的な評価を簡潔にお伺いしたいと思います。

第182回国会 農林水産委員会 閉会後第1号(2013/01/24、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  先ほどの大臣の挨拶でも、現場の立場に立ってというお話がございました。私も同じように、青森県から選出された全国畜産農業協同組合連合会の山内正孝会長を始め、元全国農協中谷副会長、そのほか地元の現場の農林漁業に携わる多くの皆さんにも話を聞いて、現在の農林水産問題全般に関し、意見交換をさせていただいております。  その中で五点ほど重要なテーマが話題になりました。  まず一点目は、牛の白血病に関する問題。そして二点目、輸入牛肉緩和問題、この委員会でも今取り上げられております。三点目、幅広く農業者の評価を得ている戸別所得補償制度継続への不安の問題。四点目、昨年に……

第183回国会 災害対策特別委員会 第3号(2013/05/29、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。よろしくお願いいたします。  今日は、二年連続でこれ非常に苦しみました豪雪に関しまして、松下政務官も当時災害対策特別委員会の委員長で共にこの豪雪にも対応をさせていただきましたけれども、これから夏に向かう時期ではありますけれども、早くから対応することがまず防災、減災につながると、こういう観点から、あえて豪雪について質問をさせていただきたいと思います。  まず、大臣の方に、国土強靱化担当大臣ということでもございまして、豪雪は、災害にもやっぱり対応するという意味で国土強靱化というものを打ち出しておりますけれども、豪雪に関して何か特別な対応というものは考えられて……

第183回国会 災害対策特別委員会 第4号(2013/05/31、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。よろしくお願いいたします。  まず、今日は、災害対策基本法等の一部を改正する法律案、そして大規模災害からの復興に関する法律案に関しての質疑で、もう先ほど来、随分と議論がありますので、私の方から、まず基本的な部分として大臣に、この災害対策基本法のまずこれまでの評価、目的と効果という面も含めながらのこれまでの評価と、さらに今回の改正に関しましての重要なポイントを少しお話しいただければと思います。
【次の発言】 五回目の改正ということで、今回は大改正ということで、大臣の方からも、災害のこれまでの教訓を生かして減災、そしてまた自助、公助、共助等々もろもろの考え方……

第183回国会 災害対策特別委員会 第5号(2013/06/07、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。どうぞよろしくお願いをいたします。  四人の参考人の皆さんには、大変貴重なお話をいただきまして、本当にありがとうございました。  私の方から二、三点、お伺いをさせていただきたいと思います。  これまでの議論の中でお話しになった、重なった部分もあるかもしれませんけれども、改めてお伺いをさせていただきたいと思います。  まず一点目に、四人の参考人の皆さん全てにお伺いをしたいと思います。  今回の法律改正若しくは新しい法案を作るというのは、東日本大震災を受けてやはり必要な点ということで法律改正若しくは新しい法案を議論しているということだと思います。その中で、こ……

第183回国会 災害対策特別委員会 第6号(2013/06/12、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。よろしくお願いいたします。  災害対策基本法改正及び大規模災害の復興法案に関しまして、今日まで本委員会で質疑、そしてまた、参考人からもその必要性と評価の声もありました。特に、東日本大震災という経験をして、その反省に立って今後の大規模災害に迅速に対応していこうということで、我々も賛成して、国民の生命、財産を守るという重要な責任を果たしていきたいと、こう考えております。本法案を一日も早く成立させることに協力していきたいと、こう考えております。  そこで、前回から災害関連ということで、豪雪のことに対しましてこれまでも質問をしてきました。今日も、豪雪に関しまして……

第183回国会 農林水産委員会 第2号(2013/03/21、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  早速ですが、先ほど来出ておりますTPP交渉参加問題に関しまして林農林水産大臣に質問をいたします。  大臣にまず、今回のTPP交渉参加表明は、自民党の選挙公約と合致していると考えておりますか、その点をお答えください。
【次の発言】 今の大臣の答弁からは、共同声明も含めて選挙公約六項目と合致しているんだというような大臣の認識でありますけれども、我々の認識はそれとは全く異なります。  といいますのも、三月の十二日、安倍総理が交渉参加表明をするのではないかという緊迫した状況の中で、都内で青森県選出の国会議員に対し農協から要請活動がありました。この際の要請書を……

第183回国会 農林水産委員会 第3号(2013/03/26、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  水産加工資金法の延長ということでございます。まず冒頭に、この水産加工資金法のこれまでの評価というものを改めて大臣の方にお伺いしたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございます。  融資の効果がはっきり出ているということで、趣旨説明の中にもありましたように、水産加工業をめぐる厳しい状況が続いていると先ほど来あります。また、東日本大震災により被災した水産加工業者が本資金を利用しているということでございますので、復興を後押しするという意味で、我々も強く支援していきたいと思いますので、是非力強く推し進めていただきたいと思います。  そこで、今日は水産関連……

第183回国会 農林水産委員会 第5号(2013/04/25、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  本法律案、先ほどもお話がありました平成十一年のケルン・サミットにおいて、対外債務の大きい重債務貧困国に対してその負担を軽減する国際合意がなされたことを踏まえて、米穀債権を含むODA債権の免除を行うことが提案されております。対象国はマダガスカル、マリ、モザンビーク、シエラレオネ、タンザニアといったアフリカ諸国ですけれども、そもそもこれら対象国に対して政府米を輸出するという契機となったのはどのような背景によるものなのか、これをまずお伺いしたいと。  そしてまた、これらの国々が債務を返済できなくなったその理由について政府はどのように考えているか、これが二つ……

第183回国会 農林水産委員会 第6号(2013/05/09、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  今日は平成二十五年度の農林水産予算の、関連した質疑ということでございますので、大臣の方に、冒頭、今回の予算の中に、民主党政権時代につくりました農業者戸別所得補償、この関連の予算というのが盛り込まれているかどうか、ちょっとお伺いしたいんですが。
【次の発言】 名称を変えてということですけれども、中身は一緒という理解でよろしいですか。その制度の中身自体は一緒という理解でよろしいでしょうか。
【次の発言】 それでは、大臣に、今年度も継続しているということでございますので、この民主党政権時代に成立した、まあ名前が変わっているということでありますが、制度はほぼ……

第183回国会 農林水産委員会 第7号(2013/05/21、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  今日もTPP問題に関しまして質問をしたいと思います。  先週、五月の十五日、予算委員会で安倍総理と、そしてまた林大臣にもお伺いをしましたけれども、もう一度確認をさせていただきたいと思います。  自民党の聖域なき関税撤廃を前提とする限り交渉参加に反対という政権公約ですけれども、これは、交渉参加に当たりTPPは聖域なき関税撤廃を前提としていないということを確認したので、安倍内閣としては既に公約を果たしていると、こういう理解でよろしいでしょうか、大臣にお伺いいたします。
【次の発言】 そうしますと、TPP交渉に参加し、例えば交渉の結果、農林水産物について全……

第183回国会 農林水産委員会 第10号(2013/06/13、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。よろしくお願いいたします。  今日は、食品製造過程の管理の高度化に関する臨時特別措置法ということで、これまで議論があったと思います。多少重なる部分もあるかもしれませんけれども、よろしくお願いいたします。  まず、今回の法案で、HACCPの導入を一気に目指すことが困難な中小事業者が導入に至る前段階の衛生・品質管理の基盤となる施設や体制の整備といった高度化基盤整備の取組も支援の対象にするとされております。  そして、私の地元青森県八戸では、東日本大震災の津波被害を受け八戸市が復旧工事を進めてきた八戸港館鼻地区のHACCP対応型荷さばき施設が震災から一年半余り……

第183回国会 予算委員会 第4号(2013/02/20、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。小沢一郎代表率いる生活の党の考え方を軸に、TPP交渉参加問題について、国民、特に地方の立場に立って質問をいたします。  このTPP交渉参加に関しては、日本の食料安全保障、その他幅広い分野に大きな影響を与えるものとして、日本の良き伝統文化、社会構造を脅かすという懸念が、あらゆる業界団体、国民、特に地方を中心に本委員会でも上がっております。一方で、アメリカのオバマ大統領がさきの一般教書演説で初めてTPPを取り上げ、早期の交渉妥結に意欲を示しております。  安倍総理、明日から訪米し、オバマ大統領とこの重要なTPP交渉参加問題に関し会談し、近いうちに何らかの決断……

第183回国会 予算委員会 第15号(2013/05/08、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  冒頭、今日は本来、国民に広く国会の議論を理解していただくためのテレビ入りの審議予定でありましたけれども、先ほど来指摘があるように、政府・自民党が提出した予算の審議に自民党が中心に審議拒否をし、予定のテレビ入りは中止となったということ、前代未聞のこの自民党の姿勢を総理は自民党総裁としてまずどのように考えているか、改めてお伺いしたいと思います。
【次の発言】 そこで、今回のこの問題になったことに関しまして確認をちょっとさせていただきたいと思うんです。  それは、総理は、昨日でもおとといでも、この川口委員長と会って、中国の行動や内容に関して直接お伺いはした……

第183回国会 予算委員会 第18号(2013/05/15、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  早速ですが、TPP問題について質問をいたします。  昨年暮れの総選挙で自民党は、TPPに関する選挙公約六項目を掲げました。二月の二十日、総理の訪米前ですね、前日、オバマ大統領との会談を予定し、交渉参加に踏み切るのではないかといった緊迫した場面でも、この本予算委員会で質問をさせていただきました。  改めまして、この自民党のTPPに関する選挙公約六項目について、非常に大事な部分ですので、総理にその箇条書を簡潔にお答えいただきたいと思います。
【次の発言】 今、政権公約と政策集というふうに分けましたが、この点は後ほどやりたいと思いますけれども、パネルを御覧……



各種会議発言一覧(参議院)

22期(2010/07/11〜)

第180回国会 共生社会・地域活性化に関する調査会 第2号(2012/02/08、22期、民主党・新緑風会)

○平山幸司君 民主党・新緑風会の平山幸司です。  ただいまは、三名の参考人の皆様、本当に大変貴重なお話、ありがとうございました。事前に資料も興味深く見させていただきまして、本当にありがとうございます。  私の地元でありますけれども、青森なんでありますが、現在、青森に限らず地方においては高齢化が進んでおりまして、特に独り暮らしの高齢の皆さんに対する支援というものが、これがこの先も更に重要になってくると、このように感じているわけでございます。  そして、今、たった今日もそうでありますけれども、記録的な豪雪ということで大変な思いをしているのでありますが、特に独り暮らしの高齢者の方が大雪で買物に行けな……

第183回国会 予算委員会公聴会 第1号(2013/05/02、22期、生活の党)

○平山幸司君 青森県選出の平山幸司です。  三人の公述人には、貴重なお話をいただきまして、ありがとうございました。  冒頭で小幡公述人の方から、株高と人柄で世の中が明るくなっているというお話がありまして、一方では、金融政策はこれはリスクが高いというお話ですね。永濱公述人には、ガソリンや小麦、電気料金が上がっているのはこれは円安の副作用ではないというお話で、なるほどなと思いました。また、上念公述人には、正しい情報を見抜く力ということで、現実を見るというお話、非常に重要だなと感じました。  そこで、この現実を見るという部分で、私、青森県の選出でございますので、先ほど横山委員からも少しありましたけれ……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/13

平山幸司[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書



■著書
2020年10月新刊